今日は召天者を覚えて礼拝を献げます。Aさんは、病院で晩年を過ごし、天に召されました。病院で寝たきりの生活を長く送られました。御自分の死が遠くないことを意識されながら最後の日々を過ごされました。Bさんは、体調を崩して病院に入院されました。80才を過ぎていますから、入院をすれば、もしかしたらという気持ちは抱かれたと思います。Cさんは、通勤途中に倒れ、その後意識不明の状態が続き、亡くなりました。Cさんにとっては突然の死といってよいと思います。

誰もがいつの日にか、自分が死ぬことは知っています。私たちもいつの日にか、この世を去ることは確実です。信仰を全うして、神さまのもとに行きたいと願うものです。

信仰を全うするためには、忍耐が必要となります。そして忍耐とは、希望に生きることです。忍耐は、ただ我慢することではありません。聖書が教える忍耐は、希望を抱きつつする忍耐です。

実際、私たちは様々な忍耐を強いられているのではないでしょうか。私たちは高齢化社会に生きています。教会にも高齢の方たちが多くいらっしゃいます。老いの形は人さまざまです。元気で老いを過ごしていても思い通りにならない人生を忍耐しています。思いがけない病気で介護を必要とする身になり、介護を受けなければならないという我が身を忍耐します。またいつまで続くか分からない老いた伴侶の介護を忍耐します。伴侶を失い、寂しさに耐えながら、気力を振り絞って生きている人もいます。老いて時間があるけど、すべきこともなく、何をしてよいのかわからず、生き甲斐のない日々を忍耐します。老いの日々の中にあって、私たちは、それぞれが忍耐の日々を送っているのではないでしょうか。

忍耐を強いられるのは、お年寄りだけではありません。人は様々な重荷を負います。子供のことで重荷を負っている人たちがいます。子供とどのように接したら良いのか、分からないことがあります。子供の将来がどうなるのか分からず、不安を感じ、希望を見いだせずに忍耐の日々を送る人もいます。労働時間が長く、仕事がきつくて忍耐を重ねている人もいます。多くの人が様々な重荷を負い、忍耐を強いられています。

信仰は、私たちに忍耐する力を与え、また希望を与えます。今日も聖書に聞きましょう。

エルサレム神殿の素晴らしさを人々が語っているのを主イエスが聞きます。すると主イエスは、この神殿が崩壊する日の到来を告げます。

そこで弟子たちは、いつ起こるのか、その時には、どんなしるしがあるのかと主イエスに尋ねます。すると主イエスは、様々な異変が起きることを告げます。

でも

「世の終わりはすぐには来ない」

と話されます。主イエスは、終わりが来るとき、どんなことが起きるのか、終わりの日の出来事に焦点をおくのではなく、その前にクリスチャンに対する迫害が起きることに重点を置いています。主イエスは、迫害に遭うことを覚悟するように述べます。同時に迫害に遭って裁判を受けるとも、何も心配する必要はないと励まします。そして<忍耐によって、あなたがたは命をかち取りなさい>と命じます。

<命をかち取る>とは信仰を貫き通すことを意味します。迫害の中にあって、殺されることもあるかも知れませんが信仰を貫き、神の国に迎えられるようにしなさいとの教えです。

私たちは、迫害の中でも貫くことができるような信仰を持てないと思うかも知れません。小さなことに忠実な人は大きなことにも忠実なのです。小さなことに忠実な信仰に生きればよいのです。そうすれば迫害のあったとき、神さまが導いてくださいます。大切なことは、小さなことに忠実に生き、終わりの日に備えて生きることです。◇

しかし、終わりの日、終末というのは絵空事に思える人もいるでしょう。終末のことを真剣に考えようとしてもどう考えたら良いのか分からない、と言う人もおられるでしょう。

聖書は終わりの日に、神さまが人間を裁くことを告げています。聖書が告げる救いとは、この神の裁きにおける救いを意味します。この裁きで、命か滅びかが決められるのです。でも、その日が来るまで私たちが救われるかどうか分からない、というのではありません。

イエス・キリストを信じる者は救われるという約束が私たちには与えられています。私たちは救いの約束を信じ、神さまの裁きを恐れることなく、この世の歩みを続けることができます。

救いの約束を受けた者として、私たちは、神の国に迎えられるのにふさわしい歩みに励みます。神さまは、終わりの日の救いを約束されるだけではなく、この世に生きる時も、私たちに祝福を約束してくださっています。それ故、救いの約束を受けた者として生きるとは、この神の祝福を受けて生きるということです。これが終末に備える生き方となります。

神さまの祝福を考えるとき、私たちは、祝福と幸福の違いを知る必要があります。神様の祝福と私たちが考える自分の幸福とは違うものです。私たちはこうなったら自分は幸福になると考えます。そしてその幸福を求めて人生を生きるわけですが、思い通りに幸福になれるとは限りません。

神さまの祝福を受けて生きることが、真の幸いであると聖書は教えています。終末との関連で言えば、主イエスは、三つのことを教えておられます。一つは、神様から与えられた賜物を生かしなさい、との教えです。私たち、一人一人には、神様から与えられた賜物、能力があります。それをいかに用いたか、それが最後の審判で問われるのです。二番目は、目を覚まして祈っていなさい、です。終わりの日がいつ来てもいいように備えていなさいとの教えです。三番目は、忍耐です。終末との関連で言えば、この三つが神さまの祝福を受ける道となります。

今日は特に、忍耐をテーマとしています。忍耐することを人はいやがります。いやがっても、忍耐の必要がなくなるわけではありません。忍耐すべきことは、私たちを襲ってくるのです。

聖書にこんな言葉あります。

「愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい」(ペトロ一4:12)。

私たちが忍耐を強いられる試練、重荷、苦しみが到来しても驚くな、というのです。さらに<キリストの苦しみにあずかる>ことと考えて喜びなさいというのです。とんでもない教えでしょうか。到底、受け入れることができるとは思えない教えかも知れません。しかし、こう教えるのは、神さまなのです。これは真実な教え、真理なのです。真面目に受けとめる価値があるのです。その結果、我慢しなければならないという牢獄から解放されて喜びが与えられるのです。真理はあなたがたを自由にするのです。我慢から喜びへと解放されるのです。

使徒パウロは述べています。

「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません」(ローマ5:3〜5)。

苦難は忍耐を生む、これは分かります。苦しみに直面すれば、忍耐を強いられます。次に忍耐は練達を生み出すとあります。忍耐は信仰者の信仰を磨くのです。信仰者の人格を練り上げるのです。さらに忍耐は希望を生み出し、神さまに信頼する信仰を育てるのです。忍耐を通して、信仰は本物とされていくのです(ペトロ一1:7)。

皆さんに紹介したいみ言葉があります。

「わたしたちの主イエス・キリストの父である神、慈愛に満ちた父、慰めを豊かにくださる神がほめたたえられますように。神は、あらゆる苦難に際してわたしたちを慰めてくださるので、わたしたちも神からいただくこの慰めによって、あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができます」(コリント二1:3〜4)。

私たちは苦難の中にあって、神さまから慰められます。この慰めの経験が、他の苦難の中にある人たちを慰めることになるというのです。私たちの苦難は、無駄ではないのです。苦しんでいる他の人たちの慰めにつながるというのです。他の人たちに役立つというのです。そして、苦難を用いてくださる神さまを私たちはほめたたえるようになるというのです。ここに苦難の素晴らしい意義があります。

私たちには希望があります。神さまは、私たちを慰めてくださる、神さまは、苦難からの逃れの道を用意してくださる、神さまは、私たちを導いてくださるという希望があるのです。

この希望を得る秘訣は、神さまへの祈りです。神さまと自由に会話する祈りです。自分の願い通りの人生を送ろうと神にあれこれの願いを告げる祈りではなく、正直に自分の気持ちを伝え、自分の願いを伝え、神さまの導きを求める祈りです。この神さまとの交わりが、信仰者に力を与えるのです。喜びを与えるのです。この交わりの中で、神さまは道を示してくださいます。

神さまに信頼するとは、私たちはもう何もしなくてよい、ということではありません。聖書を読むことを通して、神さまの導きを与えられ、その導きに私たちは身をゆだねるのです。聖書を読み、思い巡らし、何事も神さまに祈り、神さまとの交わりに生きる。これが信仰者の希望の砦です。この希望に生きる人こそ、忍耐の中にあって神さまを待ち望みます。この希望に生きる人こそ、自分の試練を通して、神さまのみ心が行われることを願う人です。この希望に生きる人こそ、自分の試練の中にあって、神さまの御名を崇める人です。この人こそ、神の国にふさわしい人、命をかち取る人です。

祈り
天の父なる神さま 忍耐の中にある人たちを慰め、励ましてください。 あなたによって力を与えられ、生きていくことのできることを教えてください。 忍耐の中にあっても、喜びつつ、日々を過ごすことができるように導いてください。 そして生きて働かれる真の神さまを崇めることができるように助けてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。