あなたも僕も、神様に造られた人間です。私たちは、神様のみ心によって生まれました。神様に造られた者として、私たちは、素晴らしい存在なのです。

しかし親から

「そんなことをしてはダメじゃない」

と怒られたり、

「友だちの田中君を見ならいなさい」

叱られたり、一郎君は野球が上手だし、はるかちゃんはきれいだし、私はのろまだし、僕は成績が良くないし、自分でも友だちの誰かと自分を比べて、自分には良いところが一つもないなあ、と感じたりしているうちに、自分が素晴らしい存在であることが分からなくなり、自分が素晴らしい存在であることを忘れてしまったりします。自分が素晴らしい存在であるなんて、誰も言ってくれなかったから知らなかったわ、と言う人もいるかも知れませんね。

あなたは、自分が素晴らしい存在である、そう思って、自分のことを喜べますか。そこで人間の素晴らしさがどこにあるかを聖書に聞きたいと思います。神さまが人間の素晴らしさをどこに見ているかを聖書から学びましょう。人間の素晴らしさはどこにあるのかを一緒に学び、上手にできない事が沢山あり、苦手なことが沢山ある私でも、自分を素晴らしい人間だ、と喜びたいと思います。

今日読んだ聖書には二つのことが書かれています。神さまは、人間を神さまに似せて造られたこと、そして人間は、この世界を支配するために造られたこと、この二つが書かれています。今日は、神さまに似せて造られたことを考えたいと思います。

神様は、こうおっしゃいました。

「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう」(26節)。

もし神さまが、こう言ったらどう思いますか。

「犬に似せて人間を造ろう、ネズミに似せて人間を造ろう。カエルに似せて人間を造ろう」。

うれしく感じますか。

神さまは、神さまにかたどって人間を造られました。神さまが粘土で人間を造ろうとするなら、御自分の姿を心の中で思いながら造るんです。神さまに似せて人間は造られたんです。神さまに似せて造られた、素敵でしょう!人間は素晴らしい存在なんです。神さまに似せて造られたのですから、最高でしょ!犬に似せて造られるよりも、ライオンに似せて造られるよりも鯨に似せて造られるよりも神さまに似せて造られたのですから、人間は最高です。そう思いませんか。

ある人に赤ちゃんが生まれたとします。その赤ちゃんを見た人は言うんです。赤ちゃんはお母さんに似ていますね、とかお父さんに似ていますね、とか。似ていますねと言われると、親はうれしくなるんです。

人間は、神さまに似せて造られました。あなたは神さまに似ているので、神さまはあなたのことを、うれしく思っているんです。君は神さまに似ているので、神さまは君のことを、うれしく思っているんです。この創世記の1章の最後にはこう書いてあります。

「神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった」。

神さまは、御自分が造ったものを見て、最高だ、と思ったんです。

ところが人間は、赤ちゃんから大人へと成長していく中で、自分の素晴らしさが分からなくなってしまいます。自分の素晴らしさを忘れてしまうんです。

親からほめられることが少なく、叱られることが多いと、自分はダメな人間なのかな、と思ったりします。人と自分を比べて自分は成績が良くないとか、私はきれいではないし、誰もわたしのことを好きになってくれない、などと思って、自分が素晴らしい存在であるなんて全然思えなくなってしまうことがあります。

神さまを信じるようになっても神さまの教えを守ることができなくて、神さまの目に自分が素晴らしい存在であるなんて信じられなくなります。あなたは自分のことをどう思っていますか。

人間の素晴らしさってどこにあるのでしょうか。人間の素晴らしさは、自分の中にはないんです。ピアノが上手で人からほめられるとか、サッカーでいつも試合に出ることができるとか、友だちが多いとか、人間の持っているものが、その人の素晴らしさをつくるのではありません。人間の素晴らしさは別なところにあるのです。

聖書を読んでみましょう。神さまは、人間を造った後、人間を祝福して

「産めよ、増えよ、地に満ちて、地を従わせよ」

と言いました。神さまは、人間に向かって語られたのです。人間は、神さまの声を聞いたのです。人間は、神さまの声を聞くことができるのです。ここに人間の素晴らしさがあります。神さまの語ることを聞くことができる、ここに人間の素晴らしさがあります。神さまに似せて造られた人間だけが、神さまの声を聞くことができるのです。

赤ちゃんが生まれるとお父さんやお母さんは、赤ちゃんに話しかけます。赤ちゃんはまだ、話しかけられた言葉は分かりません。でも赤ちゃんはお父さんやお母さんの言葉を聞き続けるのです。そして段々成長して、言葉を話せるようになり、話ができるようになります。人間も、神さまの言葉を聞いて、段々、神さまに話をすることができるようになります。それが人間の成長です。

神さまの声を聞いて生きる、そこに人間の素晴らしさがあります。神様に造られた人間は、色々です。美人、イケメンと呼ばれる人もいれば、そうでない人もいます。頭のいい人がいれば、そうでない人がいます。お金持ちの家に生まれる人がいれば、貧しい家に生まれる人もいます。人は皆、性格も違うし、能力も違います。不平等に見えます。しかし、だれもが神さまの声を聞くことができるのです。この点では、不公平はありません。だれもが神さまの声を聞いて生きることができるのです。

神様が人を造ったとき、男と女に造られたとあります。神さまに似せて造られた人間は、話すことができるし、聞くことができます。男と女は、互いに話をして、お互いの気持ちを理解し合って生きることを始めました。

人間の素晴らしさは、自分の気持ちや考えを伝えることができること、他の人が、自分の気持ちや考えを語るとき、それを聞くことができることに、人間の素晴らしさがあります。それは神様に似た者として造られているからです。私たちは、神さまの声を聞いて神さまの気持ちや考えを知ることができるし、また私たちは神さまにお話をして、自分の気持ちや考えを伝えることできます。神さまに聞いてもらうことができます。こうして神さまと一緒に生きることができる、そこに人間の素晴らしさがあります。犬や猫、鶏やライオンではできないことです。人間だけができるのです。

神様の声を聞いて生きる時、何が起きるのでしょうか。神さまは、私たちに色々なことを教えてくださり、助けてくださいます。だから安心して生きていけます。辛いことや苦しいことがあっても、神さまは共にいて励まし、慰め、助けてくださいます。また、神さまのために生きることを教えられ、本当の生き甲斐が与えられます。

神さまの声は、聞こうとする人には誰でも聞こえます。神さまは、私たちに語りかけてくださり、私たちの人生を導いてくださいます。お金持ちの人も、貧しい人も、健康な人も、病気の人も、男の人も女の人も、お年寄りも、若い人も、子供のいる人もいない人も、神さまは皆を導いてくださいます。その神さまの導きを知るとき、神さまって素晴らしいなとうれしくなります。そして、神さまの声を聞いて生きることができる自分をうれしく思います。自分は神さまが喜んでくださる素晴らしい存在なんだと分かるのです。神さまの声を聞いて生きる時、あなたは、そして君は、自分が素晴らしい存在であると知ることができるんです。うれしいですね。どうですか。

「あなたは素晴らしい人だよ」

という神さまの声、聞こえてきたでしょ。

祈り
 天の父なる神様、 あなたに似せて私たちを造ってくださり感謝します。 神さまの声を聞くことができることに人間の素晴らしさがあることを教えてくださり感謝します。 これからも、教会に来ますので、神さまの声を聞かせてください。 神さまの声を聞いて生きるところに、神さまの祝福があることを信じます。 イエス・キリストの御名により祈ります。