人生を旅で例えるなら、私たちの前には二つの旅が用意されています。一つは神の国を目指す旅。登山者が頂上をめざして山に登るように、神の国を意識して、神の国をめざして生きる旅です。神さまの祝福に満ちた旅です。今ひとつは、自分の幸せを求める旅。悔いの無い人生を求めて生きる旅。自分の願い通りになるかならないか、分からない旅です。皆さんはどちらを歩んでいますか。

私たちが信じる神さまは、罪に対して怒り、罪を裁かれる神です。びっくりしないでください。神さまは御自分のことを自己紹介されたことがあります。旧約聖書出エジプト記34:6〜7です。

「憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す。しかし罰すべき者を罰せずにはおかず、父祖の罪を、子、孫に三代、四代までも問う者」。

この自己紹介の後半では、<しかし罰すべき者を罰せずにはおかず>とあります。

今日読んだ聖書の最初の段落は、エルサレムの滅亡に関するものです。21章5節以下で、主イエスは、エルサレム神殿の崩壊を予告されました。エルサレム神殿の素晴らしさに心を奪われた人々が、神殿の見事さを語っているのを聞いた主イエスが話されるのです。

「あなたがたはこれらの物に見とれているが、一つの石も崩されずに他の石の上に残ることのない日が来る」。

この神殿崩壊は、紀元70年に実現しました。主イエスの死後、約40年のことです。当時、イスラエルの民はローマ帝国に反抗して独立運動を起こしました。今日の聖書に<山に逃げなさい、都の中にいる人は立ち退きなさい。都に入るな>とあります。これには理由があります。ローマに抵抗した人々は、神の都エルサレムは、神が守ってくださると信じ、エルサレムに留まり、抵抗したのです。しかしローマ軍に包囲され、やがてエルサレムに留まった人たちは殺され、捕虜となり、神殿は破壊されたのです。

イスラエルの民は、神が送った救い主を受け入れるどころか、十字架につけて殺してしまったのです。エルサレムを神が守ってくださるから大丈夫というのは、偽りのメッセージです。だから山に逃げよ、都に入るなと主イエスは語られたのです。このエルサレム崩壊は、神の怒りがくだった結果であると主イエスは語ります。

<罪に対して神の怒りがくだる>というと、なんか恐ろしい感じがします。また、そんなことあり得るのか、と思われるかも知れません。しかし、旧約聖書に、たとえばノアの洪水の物語があります。創世記6章にこう書かれています。

「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。主は言われた。『わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する』」(創世記6:5〜7)。

こうして洪水により地上に生きている生き物は皆滅ぼされました。

あるいはソドムとゴモラの町の滅亡の物語もあります。

「主は言われた。『ソドムとゴモラの罪は非常に重い、と訴える叫びが実に大きい。わたしは降って行き、彼らの行跡が、果たして、わたしに届いた叫びのとおりかどうか見て確かめよう』」(創世記18:20〜21)。

そして神は天から硫黄の火を降らせ、ソドムとゴモラの町を滅ぼしました。

これらの物語は、神さまが罪に対して怒り、これを裁く方であることを私たちに教えています。そしてこのエルサレムの町の滅亡もまた、神さまの怒りによるのであると主イエスは語りました。

ルカ福音書は、悔い改めを一つのテーマとしています。代表的なのは、放蕩息子の物語(15章)。徴税人ザアカイの物語(19章)。

「言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる」

(13:3,5)と主イエスは語っています。

聖書が告げる救い、それは滅びからの救いです。罪からの救いとは、滅びからの救いです。でも聖書は、罪を犯す人間の滅びがどのようなものかは、あまり語りません。ただ<滅びのあること>を警告しています。

今日の聖書の次の段落は、主イエスの再臨を語ります。主イエスはもう一度この世界においでになります。主イエスがもう一度この世においでになることを<再臨>と呼びます。

クリスマスを迎える期間を教会では、アドベントと呼びます。アドベントの期間、ろうそくを灯します。日曜日ごとに灯すろうそくの数を一本ずつ増やします。そしてクリスマスの日、用意した4本のろうそくが皆灯ります。このアドベントとは、キリストが<おいでになる>ことを意味します。

クリスマスは、キリストが二千年前にこの世においでになったことを祝う祭りです。そしてこのアドベントの時、イエス・キリストがもう一度おいでになることを待ち望む時でもあるのです。

27節で主イエスの再臨が述べられます。

「そのとき、人の子が大いなる力と栄光を帯びて雲に乗って来るのを、人々は見る」。

<雲に乗ってくる>。そんなことがあり得るのかと思う方もいらっしゃるでしょう。これは、旧約聖書のダニエル書にある表現を借りたものです。聖書には、別な聖書の箇所を引用して、物事を表現することがよくあります。

「夜の幻をなお見ていると、/見よ、<人の子>のような者が天の雲に乗り/<日の老いたる者>の前に来て、そのもとに進み、権威、威光、王権を受けた。諸国、諸族、諸言語の民は皆、彼に仕え/彼の支配はとこしえに続き/その統治は滅びることがない」(ダニエル書7:13〜14)。

<人の子>のような者が雲に乗ってきて、<日の老いたる者>、つまり神の前に進み出て、権威、王権を受けます。そして諸国民は彼に仕え、彼の支配はとこしえに続く,というのです。これは、主イエスが再臨し、神の国が実現し、主イエスの支配が永遠に続くことを的確に表しているのです。そこでダニエル書の表現を引用しているのです。

主イエスは語ります。

「人の子が来たら、身を起こして頭を上げなさい」。

人々が不安に陥り、おびえ、恐ろしさの余り、気を失うとき、頭を上げなさい、というのです。それは、<解放の時が近い>、つまり、救いの時が近いからです。神の国がいよいよ実現するのです。神に敵対する者が皆、裁かれ、滅ぼされ、神さまの御支配が完全に打ち立てられるのです。私たち、イエスを信じる者には、これは救いの時です。救いが完全に実現する時です。喜びにあふれて頭を上げるのです。

最初に神さまは、罪に対して怒り、裁かれる神であるとお話ししました。罪とは何でしょうか。神さまを信じないことです。神さまを認めないことです。神なしに生きることです。神さまを大切にせず、神さまの心を重んじないことです。何故なら、神さまは私たちの造り主だからです。

もともと私たちは、自分が罪人であることを知りません。鏡で自分の顔を映し出さない限り私たちは、自分の顔がどのような顔か、知ることができません。聖書は人間の罪を映し出す鏡です。聖書がなければ、私たちは自分が罪を犯す者であることを知ることができません。神さまは、聖書を通して、私たちの罪を教えます。神さまは私たちに、私たちの罪を突きつけ、罪人であることを示すのです。その時、私たちは自分が滅びても仕方のない存在であると知らされます。

私は牧師になって、自分を守るために嘘をつきました。それはささやかな嘘です。だれにも害を及ぼしません。嘘をついたときは、平然としていました。しばらくして家に帰る道すがら、天から雷が落ちたかのように、自分が罪人であることを思い知らされました。そして日々の生活の中でも、繰り返し自分の罪を知らされます。

しかし神は、

「憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す」

かたです。

神は、救い主としてイエス・キリストをこの世に送り、罪人を救おうとされました。滅びに値する私が、イエス・キリストの十字架の死のお陰で罪赦され、救いを与えられました。そして主イエスを、自分の主として仰ぎ、この方に従う信仰の歩みを始めます。これが信仰者の歩みです。

真剣に信仰に生きる人に、神さまは罪を示してくださいます。これは一度限りのことではありません。罪が示される都度、私たちは、赦しという神さまの恵みに深く感謝し、感謝して生きる信仰の歩みを新たにします。そして主イエスを、自分の主として仰ぎ、この方に従う信仰の歩みを深めていきます。このような歩みをする人は、主がおいでになるとき、頭を上げるのです。救いが到来するからです。神の国に迎えられるからです。

私たち信仰者は主イエスが永遠に支配される主の再臨を待ち望みます。クリスマスの時期に読まれる聖書の箇所があります。天使ガブリエルが乙女マリアに救い主を身ごもると告げる話しです。天使ガブリエルはマリアに語ります。

「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい」。

ここまではよく聞きます。その後が大事です。天使は続けます。

「その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」。

天使ガブリエルは言うのです。<主イエスの支配は終わることがない!>クリスマスは、救い主が生まれたことを喜ぶだけではなく主イエスの御支配が永遠であることを喜ぶのではないでしょうか。主イエスを信じる私たちには、主イエスが再臨し、神の国が到来し、主イエスの支配が打ち立てられることが喜びとなるのです。

皆さんは、神の国の到来が待ち遠しいですか。主イエスが永遠に支配されることが待ち遠しいですか。信仰を持ち、主イエスを主とする歩みをする中で、神の国を待ち望む思いが育てられたのではないでしょうか。

主イエスがもう一度おいでになる、それは喜ばしいことです。昨日、地区信徒大会があり、

「御国を目指して歩む」

という題で講演がなされました。私は今週、説教の準備で、神の国を目指すことを思い巡らしていました。私は、自分が神の国の到来、主イエスの永遠の支配を待ち望んでいることを確認しました。

私自身、なぜ、主イエスの御支配を待ち望んでいるかを紹介します。私はイエスを主と仰ぎ、このお方に従う生活を心がけています。そして主が再臨し、真の主として支配されることがうれしいです。すべての人に対して、イエスが、主であることが明らかになるのです。フィリピの信徒の手紙にこう書かれています。

「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、『イエス・キリストは主である』と公に宣べて、父である神をたたえるのです」(2:6〜11)。

すべての舌が<イエス・キリストは主である>と崇め、神をたたえる時、私も共に、神さまをたたえたいです。この世において、イエスを主と告白し、主に従って生きているので、イエスは主である、とたたえたいです。

テモテ二4:7〜8にこう書かれています。

「わたし自身は、既にいけにえとして献げられています。世を去る時が近づきました。わたしは、戦いを立派に戦い抜き、決められた道を走りとおし、信仰を守り抜きました。今や、義の栄冠を受けるばかりです。正しい審判者である主が、かの日にそれをわたしに授けてくださるのです。しかし、わたしだけでなく、主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます」。

死を間近にしたパウロが述べています。<今や義の栄冠を受けるばかりです>。義の栄冠を受けることを彼は喜んでいるのです。<主が来られるのをひたすら待ち望む人には、だれにでも授けてくださいます>とあります。私たちにも授けられるのです。富も名誉も、権力も、地上で得た幸福は、死んだら消えてなくなります。しかし、私は、神さまから<義の冠>をいただくのです。

マタイ25章にタラントのたとえがあります。そこでは主人に忠実な僕が、ほめられます。私も、<忠実な良いしもべだ、よくやった>と神さまからほめられたいです。イエスを主と仰ぎ、主に仕えて歩む人生は、成功の人生ではありません。忍耐強く、祈りに励み、人を愛し、教会を愛し、神を愛する歩みです。自分の思い通りになることは少ないです。人から認められ、尊敬されることは少ないかも知れない。これだけのことをしたと、自分の働きを誇ることなどできないかも知れない。ただ神さまのみ心がなるように願い、神の御心を行って歩みます。<忠実な良いしもべだ、よくやった>と神さまからほめられた時、自分の人生がこれでよかったのだ、とあらためて喜びに包まれます。

もちろん、この世の歩みにおいても、神さまとの交わりに生き、神さまと一緒に生きる歩みは喜びに満ちています。

コリント一13:2

「わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。だがそのときには、顔と顔とを合わせて見ることになる。わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる」。

今はおぼろげにしか見えないのです。神さまが本当に神さまであることがおぼろげにしか見えないのです。ですから時に神を疑い、信じられなくなるときもあります。でも私たちは神が神であることを信じ、この神の前にひれ伏して生きています。そして神の国が到来したとき、神をはっきり見ることができるのです。なんという幸い、なんという喜び、感激があることでしょうか。その他にもまだ、神の国、神の御支配、主イエスの御支配を待ち遠しく思う理由があります。

最初に二つの旅があることをお話ししました。自分の幸福、悔いのない人生を生きる旅。もう一つは神の国を目指す旅。

神の国を目指す旅は、登山に似ています。山頂を目指して一歩一歩山道を上っていくのです。山頂に着いた時、登ったという達成感があります。山頂に着いたとき、思いがけない展望に感動します。一緒に登った人と喜びを分かち合うことができます。人それぞれに山頂に着いたときの喜びがあります。この喜びを心の中に抱いて、人は山道を登るのです。そのように私たちは、神の国に迎えられるときの喜びを待ち望みつつ、人生を生きるのではないでしょうか。神の国を待ち望む者としてふさわしい歩みをしていきましょう。御国を目指す人生の旅をしましょう。

祈り
天の父、主が再びおいでになる時を待ち望みます。 そしてすべての者が、主イエスは主であるとたたえることを待ち望みます。 そして私たちも共に、主をたたえたいです。 私たちが、神の国を目指す旅をすることができるように導いてください。 この旅をしている者を励ましてください。 イスラエルの民が約束の地を目指して旅をしていたとき、 困難に陥ると不信仰に陥りました。 私たちがいつも信仰に生きることができるように支えてください。 そしてあなたをたたえつつ、 神の国を目指す旅をすることができるように助けてください。 イエス・キリストの御名により、祈ります。