神さまを信じないこと、それが罪です、と言われたらどう思いますか。聖書が問題にする罪、それはイエス・キリストを信じないこと、神を信じないことです。驚かれますか。

主イエスはヨハネ福音書でこう語っています。

「わたしが来て彼らに話さなかったなら、彼らに罪はなかったであろう。だが、今は、彼らは自分の罪について弁解の余地がない」(15:22)。

イエスの話を聞いたなら、イエスを信じないことは罪だというのです。

「だれも行ったことのない業を、わたしが彼らの間で行わなかったなら、彼らに罪はなかったであろう」。

でもイエスの業を見た以上、イエスを信じないことは罪だというのです。主イエスのことを聞いたことがないなら、罪はないのです。しかしイエスのことを聞いたなら、そして信じないなら、罪だというのです。強引な話しに思えるかもしれません。

しかし主イエスの話されたこと、なさったことを聞く人は、主イエスを信じるのが自然で、信じない理由がない、と神さまは考えておられます。信じないとすれば、その人に理由があると神さまは考えておられるのです。そして、この罪は裁かれるのです。あなたはなぜ、主イエスを信じなかったのか、と神の法廷で問われるのです。

主イエスを信じれば、安心してよいのでしょうか。今日の聖書で主イエスは、<弟子たちに向かって>警告しています。律法学者たちに気をつけなさい。何故なら、律法学者たちは、人一倍厳しい裁きを受けるからとあります。神さまが裁きを行う神であると知ることは、私たちを神を畏れる者にします。これは、大きな恵みです。この恵みについて聖書に聞きましょう。

主イエスは言いました。

「律法学者に気をつけなさい」。

これは、どういう意味でしょうか。律法学者たちがどんな人たちであるのかが、描かれています。

彼らは、長い衣をまとって歩き回りたがる。

とあります。この長い衣は、彼らが律法学者であることを示すものと思われます。これを身につけて歩くとどうなるのでしょうか。人々は、あの人は律法学者だ、神の教えを学んでいる立派な信仰者なんだと考え、尊敬の態度を現すのです。そうやって人々が自分たちのことを尊敬の目を持ってみてくれ、また尊敬の態度を表してくれるのを喜ぶのです。

「また広場で挨拶されること、会堂では上席、宴会では上座に座ることを好む」。

これもまた人々から一目置かれる待遇を受けることを好むとあります。あるいは見せかけの長い祈りをします。これは、いかにも信仰深そうに見せることを意味しています。

主イエスの目に映る律法学者は、自分が敬虔な信仰者であることを誇り、人々からもそのように認められ、立派な信仰者として敬われることを喜んでいるのです。自分は敬虔な信仰者であると見せびらかし、人々から尊敬を受ける者であることを誇りとする律法学者の姿が描かれています。

主イエスは、このような信仰者になるなと警告しているのでしょうか。47節で、このような律法学者たちは、人一倍厳しい裁きを受けるとあります。この人一倍厳しい裁きは、自分を良く見せようとする罪に対するものなのでしょうか。違うような気がしませんか。律法学者に気をつけなさいと主は警告します。自分を良く見せようとする、人から敬われようとする、それは表面に現れてきたものです。自分を良く見せようとし、人々から尊敬を受けようと考える、その背後に隠された罪を主イエスは見ているのではないでしょうか。

そもそもイエスの目に映った律法学者たちの姿とはどのようなものだったのでしょうか。主イエスは、ある時、中風を患って体が動けない人に対して、

「あなたの罪は赦された」

と宣言しました。すると律法学者たちは、主イエスのことを<神を冒?している>と考えました。そこで主イエスは、罪を赦す権威を持っていることを知らせよう、と言って、その病人をいやしました。これを見た人々は非常に驚き、神を賛美しました。しかし律法学者たちは、主イエスを、神を冒?する者とする考えを変えませんでした。このような驚くべき癒やしを行うなんて、この人は誰なんだろうとは考えなかったのです。

ある時、主イエスは、徴税人に招かれて宴会の席に着きました。すると律法学者たちは、主イエスが徴税人や罪人たちと一緒に飲んだり食べたりすることを非難しました。別な時、主イエスが、安息日に病気を癒やされると安息日の戒めを破っていると非難しました。

つまり、律法学者たちは、主イエスのすることをみな、批判しているのです。主イエスの行動は間違っていると非難しました。律法学者たちは、自分たちは神の教えをよく知っているとの自負、誇りがありました。その誇りのゆえに、主イエスの行動を理解しようとせず、また理解できず、非難したのです。律法学者たちは、自分たちは、神の教えをよく知っているとの傲慢さから、主イエスを神から遣わされた者であることを信じることができませんでした。いや、信じることを拒んだのです。ここに彼らが裁かれる罪があります。

またある時イエスは、律法学者たちを責めたことがあります。

「あなたがたは杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側が強欲と悪意に満ちている。愚かな者たち」。
「あなたたち律法の専門家は不幸だ。人には背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ」。

主イエスから非難された時、律法学者たちは、自分を顧み、反省し、あるいは悔い改めることはしませんでした。人からの苦言を受け入れず、自分を改めようとしませんでした。自分は間違っていないとの思い上がりがありました。ここに彼らが裁かれる罪があります。

律法学者たちは、自分たちは、神のこと、聖書に書かれていることはよく知っていると自負し、うぬぼれ、他者の苦言に耳を傾ける謙遜さを持っていませんでした。このようなうぬぼれのゆえに、人一倍厳しく裁かれると主イエスは語ったのではないでしょうか。

主イエスは、弟子たちに向けて<律法学者に気をつけなさい>と警告しました。このことは、弟子たちも同じ過ちに陥る可能性があることを示しています。弟子たちはやがて、イエス・キリストを宣べ伝え、人々に教える者となります。

ある時、弟子のペトロが過ちを犯しました。その時、使徒パウロが、ペテロを諫めたことがあります。ペトロが福音の真理にのっとってまっすぐ歩いていないのを見たとき、皆の前でペトロを責めたのです(ガラテヤ2章)。パウロは、多くの人々の面前でペトロを批判したのです。その時、ペトロがどうしたかは聖書に書かれていません。謙遜に悔い改めたのか、しぶしぶパウロの批判を受け入れたのか、分かりません。

弟子たちも、そして私たちも、自分たちは、神の教えを良く知っているとの自負を持ち、それ故、自分に向けられた言葉を受け入れず、素直に悔い改めることをしないことが多々あります。そのことを主イエスは警告しています。

私たちも時に、心を頑なにして悔い改めをしないことがあるのではないでしょうか。神の言葉を受け入れないことがあるのではないでしょうか。しかも、それでいいと居直ってしまうことがあるのではないでしょうか。

そこで考えたいことがあります。聖書には、<イエスを信じる者を神は義としてくださる>とあります。イエス・キリストを信じる者は、その罪が赦され、神はその人を正しい者と認めてくださるという教えです。救いのメッセージです。イエス・キリストの十字架の死、それは、私たちのための罪の償いの死だったと信じる者は、その罪が赦される、その人は正しい人間、義なる人間と認められるという救いのメッセージです。神は私たちを義としてくださる方です。

しかし同時に、私たちが、神を義とすることも大切なのではないでしょうか。私たちが神を義とすることです。パウロは言います。神がイエス・キリストをこの世に送られたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、主イエスを信じる者を義となさるためです(ローマ3:26)。私たちが信仰によって義とされると同時に、神は御自分が正しい方であることを明らかにしたというのです。

つまり、私たちは、信仰によって義とされると同時に、神を義とするのです。神を正しい方とするのです。神を正しいと認める、これは傲慢なことではありません。何故なら、私たちは、案外、神を正しい方としていないからです。

神さまの教えをむずかしい、無理だと言っては、実行しません。あたかも、あなたは正しい方ではありません。だから私たちは従わないのです、と言っているかのようです。神を正しい方とする、それは徹底して神に信頼することであり、神に従順になるということです。神が正しい方なら、なぜ逆らうことができるでしょうか。神が正しい方なら、神に逆らうことは罪です。しかし私たちは、神さまに従うことを拒むのです。そして、あたかも自分は正しいかのように、そこに居直るのです。神を正しい方としていないのです。

だから、神を義とする信仰、これこそ大切な信仰です。律法学者たちには、この信仰がありませんでした。そして自分に対する自負、誇りがあるために、自分を変える思いがなく主イエスの言葉を受け入れることができなかったのです。

主イエスは、神の言葉を語りました。そして私たちは神の言葉を聴きます。神は人を介して、人を通して語られます。どうしたら、人を通して語られる言葉を、神の言葉として聴くことができるのでしょうか。

律法学者たちは、主イエスの語る言葉を神の言葉と聞けませんでした。主イエスの語る言葉を聞きながら、神の言葉として受け入れませんでした。私たちもたとえば、説教者の語る言葉を聞きます。どうしたら説教者という人間が語る言葉を神の言葉として聞くことができるのでしょうか。

神は人を用いて語られる方であると信じ、説教者の語る言葉を聞けばいいのでしょうか。これは大切です。しかし私たちには問題があります。律法学者たちがそうであったように、自分を責めるような言葉、反省を迫るような言葉は聞きたくありません。自分を変えることを迫る言葉には耳を傾けたくないのです。自分の生き方が間違っているかもしれないと思わせる言葉、自分の生き方の吟味を迫るような言葉は、聞きたくないのが人間です。

神の言葉が語られているのです。どうしたら聞けるのでしょうか。聞きたくない言葉の中に、神の声が響いている可能性があります。それを聞き取るのは、謙遜な心です。それを聞き取るのは、神を義とする信仰、神の言葉はいつも正しいとの信仰です。この信仰がなければ、自分に都合の悪い言葉は、これは神の言葉ではないと言って聞き流すことができます。あるいは何が神の言葉であるかの判断は自分ができると考えもするのです。

律法学者たちは、自分たちが一番偉いと考えていました。だから主イエスを通して語る神の言葉に聞くことができませんでした。人は誰もが、自分を偉いものとするものです。その実例は、聖書の最初に既に見られます。アダムとエバです。神さまによって最初に造られた人間、それがアダムとエバです。神さまは、彼らをエデンの園に住まわせました。そして

「園のすべての木から取って食べなさい」

とお命じになりました。ただ

「善悪の知識の木の実からは決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」

と警告されました。しかしアダムとエバは、蛇の言葉に耳を傾け、取って食べてしまいます。神は取って食べると必ず死ぬと警告したが、蛇は取って食べても死なないと言った。きっと、死なないだろう。そう考えて食べたのです。自分を喜ばせる考え方を選び取るのです。そして神の考えよりも、自分の考えの方が正しいとしたのです。神よりも自分を上におく人間の傲慢、これが罪です。

この罪は裁かれるのです。神の法廷で、人は問われるのです。なぜイエスを信じなかったか。なぜ、神の言葉を受け入れなかったのか。なぜ、神を正しい神としなかったのか。神の国は、神を正しいとする人に開かれたものです。神を正しいとする人こそ、神の国にふさわしいのです。

神の絶対的正しさを信じる人こそ、神を畏れる謙遜な人ではないでしょうか。残念ながら、私たちは、謙遜な人間になれません。自分を神よりも正しいと考える高慢な人間です。神の前に悔い改めて、自分の生き方を変えることを拒む頑なな人間です。私たちは、神に逆らって歩む罪人です。

しかし感謝すべきことに、神はイエス・キリストを救い主として送ってくださいました。主イエスを信じる者は、主イエスと共に死に、主イエスと共に新たに生きるのです。私たちは、新しく生まれ変わります。神さまの子供として生きるようになります。神さまは、私たちに聖霊を与え、神の霊が、私たちの心に住んでくださいます。その結果、私たちは神の言葉を慕い求め、神様を畏れる者へと変えられます。私たちを裁かれる神を見上げる時、私たちは神を畏れる者へと変えられていきます。いや、既に変えられているのです。必要なことは、変えられていると信じて一歩を踏み出すことです。その時、変えられていることが実感できます。ありがたき、神の恵みです。

祈り
主なる神、 私たちがあなたを正しい神とすることができますように。 そしてあなたに対して全き信頼を持つことができますように。 自分を偉いものとすることのないように、 あなたの前にいつも謙遜となれますように。 正しいのはあなた一人です。 私たちは、悔い改めに生きるものです。 そしてあなたによって生かされるものです。 このことを感謝できますように。 私たちを生かしあなたをたたえることができますように イエス・キリストの御名により祈ります。