主イエスは、エルサレム神殿で民衆に教え、福音を宣べ伝えています。十字架の死の時が迫っています。ぶどう園と農夫のたとえを語り、御自分の死を覚悟しています。そこに思いがけなく、復活論争が生じます。主は弟子たちに御自分が苦難の死を遂げ、復活することを三度も語っておられました。そしてこの場面での復活論争です。

私たちは、主イエスの復活を信じます。同時に、私たち自身の復活を信じます。聖書は、霊魂の不滅を語りません。あくまでも体の復活を語ります。使徒信条には、からだのよみがえり、を信じるとあります。今日も、聖書に聞きましょう。

ここにサドカイ派の人々が登場します。サドカイ派とは神殿に仕える祭司たちのグループです。イスラエルにおける宗教指導者のグループの一つです。もう一つの宗教指導者のグループは、ファリサイ派、律法学者たちです。サドカイ派とファリサイ派の大きな違いは、復活信仰にあります。サドカイ派は復活を信じません。ファリサイ派は信じます。

今日の聖書で、サドカイ派の人たちは、主イエスに問を出します。28節。

「先生、モーセはわたしたちのために書いています。『ある人の兄が妻をめとり、子がなくて死んだ場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄の跡継ぎをもうけねばならない』と」。

これは旧約聖書、申命記25章に書かれています。そこではこうあります。

「兄弟が共に暮らしていて、そのうちの一人が子供を残さずに死んだならば、死んだ者の妻は家族以外の他の者に嫁いではならない。亡夫の兄弟が彼女のところに入り、めとって妻として、兄弟の義務を果たし、彼女の産んだ長子に死んだ兄弟の名を継がせ、その名がイスラエルの中から絶えないようにしなければならない」。

七人の一番上の兄が妻をめとり、子を得る前に死んでしまった。そこで次男が兄嫁と結婚しますが、弟も子を得る前に死んでしまった。次々と弟たちが結婚しますが、皆、子を得る前に死んでしまった。では、復活があるとするなら、復活した時、その女性は、だれの妻になるのか、という問いです。夫を複数持つことは律法では許されていません。答えるのがむずかしい問いです。サドカイ派の人々は、この質問をして、ファリサイ派の人々を困らせるのです。そして今、主イエスに質問をします。

そして主は答えます。

「この世の子らはめとったり嫁いだりするが、次の世に入って死者の中から復活するのにふさわしいとされた人々は、めとることも嫁ぐこともない」。

死者が復活するのは、この世ではなく、次の世でありそこでは、結婚というものは存在しない、これが主の答えでした。

さらに、復活する人について、

「この人たちは、もはや死ぬことがない。天使に等しい者であり、復活にあずかる者として、神の子だからである」。

天使に等しい者であり、めとることも嫁ぐこともないと答えられたのです。復活した時、私たちはどんな姿になるのか、それはわかりません。主イエスは、天使に等しい者と語られます。少なくとも、この地上の姿とは異なる者になると告げています。パウロは、霊の体を持つ者になると教えています。それがどういうことかについて、詳細は分かりません。私たちは、復活した時、体を持ち、私が他の人たちと区別され、私が私であることが明確な形で復活するということだけが私たちに知らされています。

主イエスは37節でこう語ります。

「死者が復活することは、モーセも『柴』の個所で、主をアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神と呼んで、示している」。

死者が復活することは、旧約聖書にはほとんど書かれていません。それなのに主イエスは、モーセが死者の復活を示しているというのです。どういうことでしょうか。

主イエスが引用したのは出エジプト記の3章です。神は、

「モーセよ、モーセよ」

とモーセに声をかけ、<わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である>と名乗りを上げます。イスラエルの民を奴隷の地、エジプトから導き出すために、神はモーセを用いようとし、名乗りを上げるのです。<わたしはアブラハムが信じた神、イサクが信じた神、ヤコブが信じた神>と名乗りを上げるのです。アブラハム、イサク、ヤコブは、イスラエル民族の先祖です。こう名乗りをあげれば、今自分に声をかけた神がいかなる神であるのか、モーセは理解できます。<わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である>。この神の言葉が、本当に死者の復活を物語るのでしょうか。

そこで主イエスは言います。

「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ」(38節)。

あたかも主イエスは、三段論法で復活を証明しているように見えます。つまり、神は生きている者の神である、そして神はアブラハムの神である。だからアブラハムは生きている。これが三段論法です。アブラハムは、昔死んだが、今生きている、というわけです。それは復活があることを証明している、というのです。

皆さんは、この説明で、死者の復活を納得することができますか。主イエスの説明に納得できたでしょうか。私は納得できません。アブラハムもイサクもヤコブもずっと前に死んだのです。でも彼らは、神を信じていました。その神が今、モーセの前に現れたと聖書は告げているのです。神はモーセに自己紹介をしたのです。<わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である>。これは自己紹介の言葉であり、それ以上の意味はないように思えます。しかし主イエスは、死者の復活を語る言葉としています。

そこで主イエスは、理由を示すのです。

「すべての人は、神によって生きているからである」。

これが理由? わかりにくい。納得は、・・・できません。この部分は、わかりにくいのです。

口語訳聖書ではこうなっています。

「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である。人はみな神に生きるものだからである」。

新改訳聖書ではこうなっています。

「神は死んだ者の神ではありません。生きている者の神です。というのは、神に対しては、みなが生きているからです」。

文語訳では、

「神は死にたる者の神にあらず。生ける者の神なり。それ神の前には皆生けるなり」。

<神によって生きる><神に生きる><神に対しては、生きている><神の前に生きる>。肝心の理由を示す言葉が、わかりにくいのです。どう日本語に訳すか、むずかしいのです。

そこで主イエスのおっしゃりたいことを考えてみます。人は皆、神と関わって生きるものだ、だから、神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神であるとおっしゃっているように思えます。日本語としては、分かりやすくなりましたが、内容を理解する上ではまだわかりにくいです。

信仰は、神を中心に物事を考えます。私たちの見方を転換するのです。神は人と関わるものだ、と言ったらどうでしょうか。神は人と関わるものだ。だから、神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのである。

つまり、こうなります。人は死んだら、神との関わりはなくなってしまうのでしょうか。人は死んだら、神とは関係なくなり、神に見捨てられた状態になるのでしょうか。

主イエスは語っています。

「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている」(15:4)。

私たちが死んだら、主イエスにつながっていることはできなくなり、私たちは主イエスと切り離されてしまうのでしょうか。

そうすると神は、人間が生きている時だけの神となります。神ってそういうものなのでしょうか。神さまは死んだ者と関係を持つことができないのでしょうか。死んだ者との関わりを持つことができるからこそ、神なのではないでしょうか。人の生死を超えて、神さまは人と関わってくださる、と主イエスはおっしゃっているのではないでしょうか。

アブラハムは確かに死にました。しかし、神さまが人と関わる神であるゆえに、人の生死を超えて人と関わってくださる神であるので、神さまが、わたしはアブラハムの神と言われる時、アブラハムは生きているのです。つまり死者の復活を示しているというのです。

同じことを、使徒パウロも述べています。ローマの信徒への手紙8章。

「だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。・・わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」。

そうです。<死も、神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない>のです。神は、私たちが死んだ後も、私たちを離さないのです。主イエスは、私たちが死んだ後も、私たちとつながっていてくださるのです。人間の目に私たちが死んでも、神の目には、私たちは生きているのです。主イエスは、弟のラザロを亡くしたマルタに言います。

「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか」。

<わたしはアブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である>。これは神が、モーセに対して名乗りを上げた時の言葉です。この神の言葉が死者の復活を示していると、主イエスは理解したのです。

主は、なぜ、このような理解に達することができたのでしょうか。それは主イエスが、神との関わり、神との交わりに生きたからではないでしょうか。神を父と呼び、子として父なる神との深い交わりに生きたからではないでしょうか。主イエスは、神との交わり、神との関わりは、死を越えるものであることを知っていたのではないでしょうか。

人間は短い人生を生きる存在です。命には限りがあります。しかし神は、永遠の存在です。永遠の存在である神が関わってくださる時、永遠の神様との交わりに生きる時、この交わりは、人間の死で断ち切られることはないのです。そのことを主イエスはご存じだったのではないでしょうか。だから、<わたしはアブラハムの神>と神が言われた時、神との関わりに生きたアブラハムは、死んでも生きていると主イエスは考えられたのです。死者の復活を示す言葉として、この神の名乗りの言葉を受けとめたのではないでしょうか。

現代の人にとって、死者の復活なんて、愚かなことでしょう。でもわたしの目に、現代の人は何の根拠もないのに自分は天国に行くと考えているように思えます。信仰者として神との交わり、神との関わりを大切に生きていくと、この交わり、関わりが、人間の死で断ち切られるとは思えなくなるのです。人間と人間の交わりは、人間の死によって断ち切られてしまいます。夫婦であれ、親子であれ、死は、二人のつながりを分断します。しかし、神と人間の交わりは断ち切られることがないのです。それは、私たちの交わりの相手が神様だからです。

神様が神であるのは、ここに理由があるということもできるのではないでしょうか。神様と私たちのつながりは、何ものによっても引き裂かれないのです。死も、私たちの主イエス・キリストによって示された神の愛から、私たちを引き離すことはできないのです。この引き離すことはできない、これは必然的に復活として現実になるのです。神は生きている者の神、そしてあなたの神、あなたを復活させる神なのです。

神との関わりに生きる者、神との交わりに生きる者は、神を愛することに喜びを見いだします。神に愛されていることに平安を見いだします。人を愛し、人に愛されることを一番大切なことと考えるようになります。神との関わり、神との交わりに生きる時、神とのつながりが断ち切られず、決して消えることのないことを知るようになります。何と幸いなことでしょう、神との交わりに生きる人は。神さまは、私たち一人一人を神さまとの交わりに生きるように招いておられるのです。神さまはあなたを、神さまとの交わりに生きるように招いておられるのです。

祈り
天の父なる神 御子イエス・キリストによる救いを与えてくださり、感謝します。 信仰とは、あなたとの交わりに生きること、 そしてこの交わりは、永遠であることを知り感謝します。 天の父、 この地上にあって、あなたとの交わりをいよいよ深める歩みを為すことができるように導いてください。 あなたを愛することに喜びを見いだすことができますように。 あなたに愛されていることに平安を見いだすことができますように。 人を愛し、人に愛されることを一番大切なことと考え、また喜びとすることができますように。 復活を信じ、死の恐れから解き放たれ、喜びをもって地上の歩みをすることができるように、 神の国を目指して、日々歩むことができるように、導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。