今日の聖書で主イエスが泣いたと書かれています。主イエスが泣いた、涙を流したという箇所は、あと一カ所あります。主イエスが親しくしていたマルタとアリアの姉妹の弟ラザロが死んだ時です。主イエスが泣いたこと、そこに主の愛が示されています。

28節を読みます。

「イエスはこのように話してから、先に立って進み、エルサレムに上って行かれた」。

主イエスはエリコの町から、エルサレムに向かって進まれるのです。イスラエルは丘陵地帯が沢山あります。エルサレムは、丘陵の上にある町です。エリコからエルサレムへは、ずっと登り坂が続きます。登り切ったところがオリーブ山です。オリーブ山の東側にベトファゲ、ベタニアの村があります。エリコから歩いて行くと、最初にベタニア村、少し行くとベトファゲ村があると思われます。ベタニア村に近づいた時、主イエスは、弟子たちに命じます。

「向こうの村へ行きなさい。そこに入ると、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、引いて来なさい」(30節)。

さらに31節。

「もし、だれかが、『なぜほどくのか』と尋ねたら、『主がお入り用なのです』と言いなさい」

と続けて話されます。

二人の弟子は、<向こうの村>に行きます。この村は、恐らく、エルサレム寄りにある村だと思います。二人の弟子は、主より先に行って、ロバの用意をするのです。弟子たちがろばを弾いてくると、弟子たちは自分たちの服をロバの背中におきます。そして主イエスはロバに乗ります。服をロバの背中におく、それはロバに乗る人への敬意を示したものです。この時、イスラエルは、過越の祭りの時でした。イスラエルには、三つの祭りがあり、その時、人々はエルサレムに巡礼の旅をします。ですから、主イエスと弟子たち一行のそばには、巡礼に向かう人たちが沢山いたと思われます。主イエスはガリラヤにいた時、病人をいやし、悪霊を追い出すなどして、多くの人々に知られていました。人々には主イエスに対する期待があったのです。つまり、主イエスはメシアとして、イスラエルの王として、イスラエルにローマ帝国からの独立をもたらすという期待です。

旧約聖書には預言者たちが語った記録があります。イスラエルは神の民、神に信頼し、神の教えに従って生きる神の民でした。しかし、彼らはしばしば、神に逆らう歩みを続けました。すると預言者が現れ、悔い改めて神に立ち帰り、神に従うようにとの説教をしたのです。イスラエルの民が悔い改めないと神は懲らしめのために、外国にイスラエルを侵略させます。その苦しみの中で、イスラエルの民は悔い改めるのです。

旧約聖書を読むと分かりますが、イスラエルの民は、神に逆らい、懲らしめを受けて悔い改めるということを繰り返しました。外国の侵略に苦しみ、その支配に苦しむことも繰り返されました。すると預言者が登場し、民に語ります。いつの日か、イスラエルは、外国の支配から解放され、神は、イスラエルを苦しめた諸国を裁くという、預言がなされます。神に逆らったイスラエルの民は、その罪のゆえに、神の裁きを受けて苦しみましたが、神はイスラエルの民を憐れみ、イスラエルに独立と平和を与えると約束し、イスラエルを苦しめた諸国を裁くという約束が預言者によってなされました。

主イエスが登場し、奇跡を行い、大いなる力を主イエスが見せた時、人々は、イエスが救い主メシアであり、預言者を通してなされた約束を実現すると信じたのです。主イエスの時代、イスラエルは、ローマ帝国の支配下にありました。人々はイエスが、ローマ帝国からの独立、解放をもたらすメシアであると期待したのです。そしてこれは、単なる独立ではなく、神の国が現れる時として期待したのです。

19章の11節以下で主イエスはたとえを語られました。たとえを語った理由が次のように書かれています。

「イエスは更に一つのたとえを話された。エルサレムに近づいておられ、それに、人々が神の国はすぐにも現れるものと思っていたからである」(11節)。

主イエスは、神の国はまだ現れないのだ、と人々に教えようとされたのです。でもこの主イエスの話を聞いたのは一部の人だけです。ガリラヤから来た人々には、イエスに対する期待、神の国が実現する期待があったのです。

「イエスが進んで行かれると、人々は自分の服を道に敷いた」(36節)。

王が通るのを歓迎して、敬意を示した行動です。

「イエスがオリーブ山の下り坂にさしかかられたとき、弟子の群れはこぞって、自分の見たあらゆる奇跡のことで喜び、声高らかに神を賛美し始めた」(37節)。

弟子たちは主イエスのなさった奇跡を喜び、人々にも告げたと思います。主イエスと一緒にエルサレムに向かっている人々は、ローマからの解放を与えるメシアと一緒に行進しているという思いから、喜びの声を上げ、神をたたえたのです。

「主の名によって来られる方、王に、/祝福があるように。天には平和、/いと高きところには栄光」(38節)。

するとファリサイ派のある人々が、主イエスに向かって言います。

「先生、お弟子たちを叱ってください」。

イエスを王として崇め、歓呼の声を上げながら行列を作っている姿は、ローマ帝国に対する反逆と見られかねないのです。イエスは、私たちをローマから解放してくださるメシアだと叫び、喜ぶのですから、反逆の疑いをもたれかねません。なお一層、ローマの支配が厳しくなることを恐れたのです。

オリーブ山を降り、エルサレムに近づき、神の都が見えた時、恐らく神殿が見えたのではないかと思います。主イエスは、都のために泣いたとあります。

主イエスはどのような気持ちで、ロバに乗り、エルサレムに向かっていたのでしょうか。人々はイエスに対して期待を持っていました。しかし主は、エルサレムで自分がどのような目に遭うのか知っていました。イスラエルをローマから解放するわけではありません。13章で、既に主は話しておられます。

「わたしは今日も明日も、その次の日も自分の道を進まねばならない。預言者がエルサレム以外の所で死ぬことは、ありえないからだ。エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、自分に遣わされた人々を石で打ち殺す者よ、めん鳥が雛を羽の下に集めるように、わたしはお前の子らを何度集めようとしたことか。だが、お前たちは応じようとしなかった」(13:33〜34)。

主イエスは、御自分が人々から拒否され、殺されることを知っていたのです。主は御自分がエルサレムで殺されることを知りながら、人々の歓呼の声の中をエルサレムに向かっているのです。御自分の働きは、だれにも理解されていないのです。人々の無理解に囲まれながら、主はなおエルサレムに向かうのです。

主イエスは、馬ではなく、ロバに乗っています。馬は戦いの時に用いられます。早く走れます。戦いに必要な乗りものです。ロバは、重い荷物を運ぶのに用いられ、人を乗せもします。普段の毎日の生活で用いられます。ロバに乗られる主イエスは、戦争に勝利するメシアではありません。主は人々の無理解に囲まれながらエルサレムに向かいます。人々がどうであれ、主は、メシアとして断固としてエルサレムに向かうのです。ロバに乗ることについては、預言者が語っているのです。

「娘シオンよ、大いに踊れ。娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者高ぶることなく、ろばに乗って来る雌ろばの子であるろばに乗って」(ゼカリヤ9:9)。

人々が自分のことを理解していなくとも、主イエスは、断固として、メシアとして振る舞うのです。やがてエルサレムで死を迎えるのを覚悟して。結果は全て神にゆだねているのです。結果は全て神にゆだねる、それは神に用いられる者の歩みの特徴です。

預言者たちは皆、そうです。彼らが神に立ち帰るように人々に語る時、彼らの言葉を人々が聞き入れたとは思えません。神さまは預言者イザヤに、あなたがいくら語っても、人々は聞いても理解しないし、受け入れないだろうと告げました。預言者エレミヤは、何度もいのちの危険に見舞われました。それでもなお、預言者たちは、神から与えられた使命に励んだのです。結果は全て神にゆだねたのです。

主イエスは泣きました。なぜでしょうか。エルサレムの町が崩壊するからです。敵の侵略を受け、町が崩壊するからです。それはメシアとしてこられた主イエスを受け入れなかった結果としてもたらされるのです。主イエスが死んだ後、自分はメシアだと宣言し、ローマ帝国からの独立を勝ち取ろうという独立運動を何人もの人が行いました。ローマ帝国は、反乱を弾圧し、エルサレムの町も神殿も破壊されることとなります。主はそうなることを知って泣かれたのです。

イスラエルは神の愛した民、神の民でした。

「あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた」(申命記7:6)。

神の愛する民イスラエル。神殿がある神の都、それが破壊されるのです。イスラエルの民が、メシアを拒み、破滅に向かっている姿を見て、主イエスは泣かれたのです。

主イエスはメシアとして来られました。主イエスは神の国を宣べ伝えられました。神の御支配のもとに生きる時、平和があること、神こそ、イスラエルを守る方、自由を与える方であると宣べ伝えられたのです。

しかし、宗教指導者たちは、主イエスを拒みました。主イエスの殺害を企み、十字架につけたのです。信仰深くあるべき者たちが、自分たちは信仰深いと思いつつ、神に逆らい、滅びに向かうのです。神は、主イエスは、救おうとする者たちから背を向けられるのです。そしてイスラエルの民は、滅びに向かうのです。何と切ないことでしょう。愛する者が自分に背を向けて、滅びに向かっていく、何と悲しいことでしょう。主イエスは泣かれたのです。

愛する家族がなかなか信仰に導かれない、そんな経験をだれもが持っています。愛する家族は死んだ後どうなるのでしょうか。復活された主イエスはこう言われました。

「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける」(マルコ16:16)。

信じない者は滅びの宣告を受ける、とあります。信じない家族は皆滅びるのでしょうか。

こんな言葉が聖書にはあります。

「信者でない夫は、信者である妻のゆえに聖なる者とされ、信者でない妻は、信者である夫のゆえに聖なる者とされているからです」(コリント一7:16)。

信じようとしない者が、救われるのか滅びるのか、何とも言えません。確かなことは、主イエスを信じれば救われるということです。愛する家族がなかなか信仰を受け入れないという悲しみを私どもは持ちます。

主イエスは救い主として、すべての人を救おうとされます。しかし、救いに入ろうとしない人々がいるのです。この人々が滅びるのを見て、主イエスは泣かれるのです。主イエスの涙は、私たち人間に対する愛に他なりません。主イエスは、私どもが、救いに入ること、神が与えようとされる救いを受け取ることを願っています。

神を信じる者は、神が与えるものとは違うものを期待することがあります。主イエスは無理解な弟子たち群集に囲まれています。神は私どもを救おうとされます。救われるとはどういうことなのでしょう。神は救いの恵みとして何を与えようとされているのでしょうか。私どもはそれを本当に受け取っているのでしょうか。

ロバに乗っているイエスを王と崇め、神を賛美している人たちは、主イエスを理解していませんでした。主イエスに勝手な期待を持っていたのです。主イエスのそばにいて、主イエスを賛美していながら、主イエスを理解していないのです。そこに主イエスの悲しみがありました。主イエスがさし出す救いが受け取られない悲しみ、それが主イエスの悲しみです。家族の救いを考えると、同じ悲しみを私どもは抱きます。しかし同時に、私どもが神の与える救いをどれほど受け取っているのか、神を悲しませていないか、考えさせられるのです。確かなことは、神が私どもを愛し、救いを与えてくださっていることです。

祈り
天の父なる神、 愛する者が背を向けて滅びに向かっている、何と悲しいことでしょうか。 私どもは、あなたが与えたもう救いの中に日々生きることができることを感謝します。 神さまを正しく知り、神さまの御心を知り、 神さまが与えてくださる救いが何であるかを知ることができますように。 あなたの救いを喜び、救われた喜びを証し、あなたをたたえる者とならせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。