山を登る人は、自分が頂上を目指していることを忘れません。途中にきれいなお花畑があったり、景色がきれいなところがあり写真を撮ることに夢中になったとしても、やがて頂上を目指して歩み出します。信仰者の歩みは、神の国を目指す歩みです。神の国をいつも意識して歩む、それが信仰者の歩みです。そこには、神さまがいつも共にいてくださることから来る、喜びや平安、励ましや慰めがあり、神さまに対する感謝、賛美があります。悔い改め、罪の赦しを得る幸いもあります。神の国とは、神さまの御支配であり、この世にあって神さまの御支配を信じて歩み、終わりの日に、神さまの御支配が完全に現れるのを待ち望んで生きる、それが信仰者の歩みです。

今日の聖書で主イエスは、たとえを語っています。たとえを語る目的が11節に示されています。

「人々がこれらのことに聞き入っているとき、イエスは更に一つのたとえを話された。エルサレムに近づいておられ、それに、人々が神の国はすぐにも現れるものと思っていたからである」(11節)。

主イエスがザアカイの家に行った場面の続きとなっています。主イエスはエルサレムに近づいておられ、主イエスが神の都エルサレムに入ったら、神の国が実現すると思っている人々がいたのです。主イエスは、神の国が到来するのはまだ先なので、人々の期待の間違いを指摘しようとされたのです。

主イエスの語られたたとえは、実は、二つのたとえが混じっています。二本の糸が、撚(よ)り合わされて一つの糸になるように、二つのたとえが、撚(よ)り合わされているのです。この二つのたとえを一つずつ、見ていきます。

第一のたとえは、王の位をめぐるものです。12節にこうあります。

「ある立派な家柄の人が、王の位を受けて帰るために、遠い国へ旅立つことになった」。

14節には、

「しかし、国民は彼を憎んでいたので、後から使者を送り、『我々はこの人を王にいただきたくない』と言わせた」。

しかし、この使者を送ったことは何ら成果をもたらすことはありませんでした。王の位を受けて、帰ってきたのです。すると27節。

「ところで、わたしが王になるのを望まなかったあの敵どもを、ここに引き出して、わたしの目の前で打ち殺せ」。

このたとえは何を意味しているのでしょうか。これは主イエスの再臨を意味しています。主イエスは、今、エリコの町にいます。そしてエルサレムに入ります。エルサレムで、主イエスを憎む人々によって、十字架につけられることとなります。14節の、使者を送って、この人を王にいただきたくないと言わせたことは、即ち、主イエスを十字架につけたことを意味します。主イエスは十字架で死んで、三日目によみがえります。復活された主イエスは何をしたのでしょうか。使徒言行録にこう書かれています。

「イエスは苦難を受けた後、御自分が生きていることを、数多くの証拠をもって使徒たちに示し、四十日にわたって彼らに現れ、神の国について話された」(1:3)。

復活した主イエスは、弟子たちに、神の国について話されたのです。そして天に上げられたのです。使徒言行録は続けます。

「イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。イエスが離れ去って行かれるとき、彼らは天を見つめていた。すると、白い服を着た二人の人がそばに立って、言った。『ガリラヤの人たち、なぜ天を見上げて立っているのか。あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになる』」

(1:9〜11)。

主イエスはもう一度、この世界においでになります。これを主イエスの再臨と呼びます。

再臨した主イエスは、何をなさるのでしょうか。<裁き>をなさるのです。マタイ福音書にはこう書かれています。

「人の子は、栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、その栄光の座に着く。そして、すべての国の民がその前に集められると、羊飼いが羊と山羊を分けるように、彼らをより分け、羊を右に、山羊を左に置く」。

すべての国民を右と左に分ける、つまり裁くのです。右と左に人々は分けられるのです。救いに入れられる人と滅びに追いやられる人に分けられるのです。

今日の聖書では、王の位を受けようとする人を憎んだ人たち。この人たちは、主イエスを憎み、十字架につけた人たちです。再臨した主イエスは、自分を王として認めなかった人を打ち殺せと命じるのです。主イエスが

「打ち殺せ」

と命じることに違和感を感じるかも知れません。これは、主イエスを王と認めなかった人が、滅びることを意味します。これは、主イエスを救い主と認めない人々の滅びを語っています。

第二のたとえは、王の位を受けようとした人のしもべたちのたとえです。この人々は、しもべとして主人に仕え、裁きで報いを得る人々です。王の位を受けるために出発する前、この人は、しもべたちに命じます。13節

「そこで彼は、十人の僕を呼んで十ムナの金を渡し、『わたしが帰って来るまで、これで商売をしなさい』と言った」。

主人は自分が留守の間、しもべたちに<商売をせよ>と命じます。商売をして、主人の帰りを待つのです。15節。

「さて、彼は王の位を受けて帰って来ると、金を渡しておいた僕を呼んで来させ、どれだけ利益を上げたかを知ろうとした」。

留守の間のしもべたちが行った商売の結果を報告させるのです。16節

「最初の者が進み出て、『御主人様、あなたの一ムナで十ムナもうけました』と言った。主人は言った。『良い僕だ。よくやった。お前はごく小さな事に忠実だったから、十の町の支配権を授けよう』」。

主人は、しもべが忠実に商売して利益を上げたので、十の町の支配権を授けるというのです。主人は報いを与えるのです。主人は言いました。<お前はごく小さな事に忠実だった>。主イエスは、しもべたちの忠実さに報いられるのです。二人目のしもべも忠実さが認められ、五つの町の支配権を授けられます。ところが三番目のしもべは、商売をしませんでした。主人は銀行に預ければ利子をもらえるのにと、その怠惰を咎めました。彼が持っていた一ムナは取り上げられました。

このたとえは、主イエスが再臨されるまで、主イエスを信じる者たちは、主イエスの命令に従って、忠実に振る舞うことが教えられます。たとえの中のしもべたちは、商売をするように命じられます。

では私たちはどうなのでしょうか。言うまでもありませんが、新約聖書は、主イエスの再臨を語っています。そして主イエスが裁きを行うことを告げています。そして私どもは、使徒信条を礼拝ごとに告白しています。使徒信条は言います。

「かしこより来たりて生ける者と死ねる者とを裁きたまわん」。

主イエスが天から降ってきて、その時に生きている者、そしてその時には死んでいる者を裁かれる、このことを信じます、と私どもは告白しています。主イエスがいつ再臨されるのか、それは分かりません。分からないから、いつその時が来てもいいように備えるのです。

主イエスは、私どもにも語っておられるのではないでしょうか。主イエスの再臨を待つ間に、私どもがすべきことを。その主の声を私たちは聞くことができるし、聞くべきではないでしょうか。そうしてこそ、再臨された主イエスの裁きにおいて、あなたはよくやったと、おほめをいただき、信仰の歩みを全うしたことを喜ぶことができます。

主イエスは、私たちに、再臨を待つ間、何をしなさいとおっしゃっているのでしょうか。私の再臨を待つ間、これをしなさいと、語っている箇所はありません。ですから聖書から読み取る必要があります。たとえばマタイ福音書の28章の最後の部分。

「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(マタイ28:19〜20)。

世界中に福音を宣べ伝えなさいとお命じになります。使徒言行録の最初の部分

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

私たち信仰者は、クリスチャンと呼ばれます。つまり、イエス・キリストが救い主であると証言する者として生きるのです。信仰の歩みを通して、イエスは救い主であると伝えるのです。神を愛し、自分を愛するように隣人を愛する。これは大切な戒めです。これを実践して生きるのです。

「まず神の国と神の義を求めなさい」。

私たちは神の国を目指して主の再臨を待ちます。主イエスは、私たちが、救いを受けた者として生きることを期待しておられるのです。

主イエスは、私たちに語っておられるのです。一言で言えば、

「救いを受けた者として生きよ」。

そして再臨された時、私たちは問われるのです。<あなたは救いを受けた者として、どのように生きたのか>。そこで私どもは、救いを受けた者として、このように生きたと語ることができればよいのです。

もっと具体的に考えましょう。主イエスは最も大切な戒めは、

「神を愛し、自分を愛するように隣人を愛すること」

と教えられました。

信仰者としての生き方は様々ですが、信仰者としてあなたはどのように生きたのか、再臨した主イエスは私たちに問いかけるのです。たとえの中で、主人は、しもべたちに、一人一ムナを与えました。主イエスは、私ども一人一人に、信仰に生きる人生を与えてくださいます。また信仰に生きるための恵みも、私ども一人一人に与えてくださいます。どのように生きるか、私どもは期待されているのです。大きな働きをする人もおり、小さな働きをする人もいます。大事なことは、活動の大小ではなく、忠実に信仰に生きることです。神の恵みをいただき、神に生かされ、幸いな歩みをして、感謝し、神さまをほめたたえることです。山を登る人が頂上を意識して登るように、私どもは、再臨の主と出会う日を意識して、信仰によって生きるのです。再臨の主にどのように応えるのか、意識して生きるのです。そこに信仰者としての幸いな歩みが生まれてくるのです。

祈り
天の父、 山に登る人が頂上を目指して歩むように、 神の国を目指して歩むことができますように。 再臨の主と出会い、 このように信仰に歩みましたと感謝をもって 報告できるように導いてください。 終わりの日が来たら、裁きの座を見上げて、 わが力の限りに、心を高く上げることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。