今日読んでいただいた聖書の最初の言葉はこうでした。

「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です」。

この手紙を書いたパウロは、ローマの教会に宛てた手紙では、次のように書いています。

「わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシャ人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」。

いずれにも、<神の力>という言葉が出てきます。十字架の言葉は、私たち救われる者には神の力、福音は、信じる者すべてに救いをもたらす神の力、とパウロは書いています。腕力が強ければ、喧嘩に勝つし、重い物を持ち上げることができます。権力という力を持つ人は、人を支配し動かすことができます。風の力は、帆を張ったヨットを動かすことができます。電力、電気は、様々な力を発揮します。家電製品を動かし、電車を動かします。停電になれば、私たちの生活に支障が生じます。私たちの生活は電気の力なくして成り立ちません。力そのものは目に見えませんが、力の働きは、目に見える形で現れてきます。では、十字架の言葉のもつ神の力は、どのような働きをし、どのように、目に見えるものとなるのでしょうか。

パウロがこのコリントの信徒への手紙を書いた理由の一つは、コリント教会の中に、争い、分裂があったからです。この問題の解決のために手紙を書くのですが、パウロは、キリストの十字架から語り始めます。クリスチャンが物事を考える原点、それはキリストの十字架です。教会が問題に直面した時、考える原点、それもキリストの十字架です。問題が起きることを悲しむ必要はありません。問題は、私どもが原点に返って考えることを促し、私どもを成長させるきっかけを作ります。教会に問題が起きることを恐れる必要はありません。パウロも、キリストの十字架について語ることを通して、コリント教会を育てようとしているのです。

パウロは最初に知恵について語ります。私たちが何によって神を知ることができるかを確認するためです。詩篇111:10にこうあります。

「主を畏れることは知恵の初め」。

真の知恵は、神を教え、神を敬うように導くものなのです。北陸学院の建学の基となる聖書の言葉です。パウロは、まず預言者イザヤの言葉を引用します。19節。

「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、/賢い者の賢さを意味のないものにする」。

神は、人間の知恵を滅ぼし、人間の賢さを意味のないものにする、というのです。神を知ることへと導かない人間の知恵、賢さは意味がない、愚かなものだと神は見ているというのです。次の21節には、こう書かれています。

「世は自分の知恵で神を知ることができませんでした」。

どんなに知恵のある人も、その知恵によって神を知ることはできなかったというのです。あるいは人間の理性は、どんなに優れたものであっても、神を知ることはできないとの意味です。人間の知恵は、神を知るように人を導くことはできません。逆に人間の知恵は、人を誇るように導き、人を高慢に導くのです。

古代ギリシャでは、哲学が盛んでした。哲学者は、神がいかなる存在かを考えるのです。そのようにして考え出された神は、まことの神ではありません。私たちは、神のほうから、御自分がいかなる方かを示していただかないと神を知ることはできません。人間はいくらでも、神を考え出すことはできますが、それは偶像、実際には存在しない神なのです。しかし人間は、自分の知恵を誇り、神を知っていると誇るのです。コリント教会の問題の原因がここにあります。教会に起こる問題の原因の多くが、ここにあります。人間は、自分の知恵を誇り、神を知っていると誇るのです。

世の知恵、人間の知恵は、神を知るように人を導くことができません。21節.

「それは神の知恵にかなっています。そこで神は、宣教という愚かな手段によって信じる者を救おうと、お考えになったのです」。

人間の知恵では神を知ることはできないから、神を知るには、教えてもらうほかありません。宣べ伝えることによって、聞くことによって、人は神を知ることができるのです。それは、神の知恵にかなっています。自分の知恵で神を知ることができるという愚かさを捨てさせるからです。神を知るには、聞かなければならないのです。聞くためには、宣べ伝える人がいなければならないのです。神は、宣べ伝える人を用い語らせ、人がこれを聞くことによって神を知ることができるようにされたのです。しかも、十字架につけられたキリストを宣べ伝えることによって神を知ることができるようにしたのです。そして十字架の言葉は神の力です。十字架につけられたキリストを信じる者には、神の力が働くのです。この神の力は、キリストを信じる人を罪と死の支配から解放します。

このことを聖書から確認したいと思います。まず、罪の支配からの解放について、パウロは、次のように語っています。

「それともあなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを」(ローマ6:3)。

洗礼を受けるということは、キリストに結ばれることだ、というのです。そしてキリストの死にあずかることだというのです。さらに続けてパウロは述べます。

「わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです」(6:4)。

洗礼を受けるとは、キリストに結ばれること、キリストに結ばれるとは、キリストと共に死に、キリストと共に復活し、新しい命に生きることであるというのです。キリストと共に死ぬことについてパウロはさらにこう述べています。

「わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。死んだ者は、罪から解放されています」(6:6〜7)。

キリストの死は、信じる私たちを罪の奴隷から解放する力があるのです。このように力強くパウロは救いについて語ります。

次に死からの解放です。キリストは十字架で死んで三日目によみがえりました。キリストは死に打ち勝ったのです。私たちは復活の希望を与えられました。死に打ち勝つ希望について、ヘブライ人への手紙にはこう書かれています。

「ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした」(ヘブル2:14〜15)。

イエス・キリストが人となり、十字架で死んだのは、<死の恐怖に捕らわれ、恐れおののいている人たちを解放するためだった>というのです。死の恐怖を知る人は、死を恐れ、生きることに空しさを感じます。しかし、私たちは、復活の希望、神の国の希望、永遠の命の希望を与えられます。同時に、神から、生きる目的を知らされ、これに喜んで生きるようになります。

以上述べたように、キリストの死は、私たちを罪の支配、死の支配から自由にする力があるのです。<十字架の言葉は、私たち救われる者には神の力です>とは、キリストの十字架の死は、救われる者たちに対して、罪と死からの解放、自由を与える力がある、ということです。

この救いを体験した者として、パウロは自分のことを語っています。まず、罪の支配から自由にされた者として彼は、

「わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(ガラテヤ2:19〜20)。

<キリストがわたしのうちに生きている。生きているのは、もはやわたしではありません>と述べます。罪に支配された古い<わたし>は死んで、もはや存在していないのです。今生きているのは新しい<わたし>、キリストが自分のうちに生きている<わたし>なのです。洗礼によってキリストに結ばれ、罪から解放され、キリストがわたしのうちに生きていると言えるほどに、罪の力から解放されているのです。キリストに結ばれているのです。

死の支配から自由にされた者として彼は、

「わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。けれども、肉において生き続ければ、実り多い働きができ、どちらを選ぶべきか、わたしには分かりません。この二つのことの間で、板挟みの状態です。一方では、この世を去って、キリストと共にいたいと熱望しており、この方がはるかに望ましい。だが他方では、肉にとどまる方が、あなたがたのためにもっと必要です」(フィリピ1:21〜24)。

パウロは言うのです。この世を去ってキリストと共にいることを切に願うが、地上で生きていて、まだ福音宣教の働きをすることにも意義がある。どちらを選んだら良いか、板挟みになっている。でもこの世を去ってキリストと共にいる方を切に望む、と死を越える希望を生き生きと具体的に語っています。

十字架につけられたキリストを信じるとは、キリストと私たちを結びつけ、私たちを罪と死の支配から解放し、私たちを生かしてくださる神を信じることなのです。まことの神とは、このように私たちを救う神なのです。

23節を読みます。

「わたしたちは、十字架につけられたキリストを宣べ伝えています。すなわち、ユダヤ人にはつまずかせるもの、異邦人には愚かなものです」。

つまり、キリストの十字架の死が神の力であることはだれもが受け入れるとは限らないということです。十字架につけられたキリストを信じることは、ユダヤ人にとっては躓かせるものです。木にかかって死ぬ者は、神に呪われた者とユダヤ人は信じます。十字架にかかって死ぬとは、正に神に呪われての死とユダヤ人は信じます。ユダヤ人にとって、十字架の死が救いをもたらすなんて、信じられない話しです。またギリシャ人、つまり理性を重んじる者にとっても、十字架の上ではりつけで処刑された者が救い主だなんて、ばからしい、愚かな話しでしかありません。

では私たちはどうなのでしょうか。キリストを救い主と信じ、罪の支配、死の支配から自由にされているのでしょうか。

あなたはキリストが、あなたを罪の束縛から自由にしてくださると知っていますか。人を赦せるようになりましたか。自分のことだけを考えるのではなく、他の人のことを考えることができるようになりましたか。用事があれば礼拝を休んでいませんか。あなたは神を第一にして、礼拝を守ることができるように生活を整えていますか。

あなたは死の恐れから解放されましたか。あなたは余命を宣告されても、希望をもって自分の死を受け入れることができますか。

またあなたは、神さまのことを本当に知っているのでしょうか。あなたは礼拝の中で、使徒信条を告白し、<我らの主、イエス・キリストを信ず>と告白しています。あなたは、イエスがあなたの主であることを本当に知っていますか。あなたの人生の主人公は誰ですか。あなたですか。イエス・キリストですか。あなたの日々の歩みが、どれほどキリストに倣い、キリストに従う歩みになっているのでしょうか。他の人があなたの生活を見て、キリストに従っている人だと分かるような生活になっているのでしょうか。

十字架につけられたキリストを救い主と信じ、この神の力が私たちに働くなら、それは私たちの歩みの変化となって現れると思いませんか。

罪の支配、死の支配から自由にされたら、その喜びをあなたは知るはずです。今まで犯していた罪を神の力によって克服できた喜びがありますか。人を赦せた喜びがありますか。自分のことより、他の人のことを考えることができて、自分の心が変えられたと知って喜んだことがありますか。死の恐れから解放され、死を越える希望により、自分の死を受け入れることができるようになりましたか。受け入れることができる幸いを人に語ることができますか。生きることは決して空しくなく、神に仕えて生きる喜びを受け取りましたか。

パウロがコリントの町に来て伝道した時、パウロは、恐れにとりつかれ、ひどく不安でした。なぜなら、コリントに来る前、アテネの町で伝道したのですが、失敗したのです。そこでパウロは、コリントの人たちが、人の知恵によってではなく、神の力によって信じることを願いました。こう書いてあります。

「わたしの言葉もわたしの宣教も、知恵にあふれた言葉によらず、“霊”と力の証明によるものでした。それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした」(コリント一2:4〜5)。

信仰は、神の力によって与えられるものなのです。神の力、即ち、聖霊の導きによって信じる時、キリストの十字架のもつ神の力が、あなたを変えます。あなたの信仰の歩みを変え、それが見えるようになります。宣べ伝えられた言葉をそのままに信じることができるように聖霊の導きを祈り続けるなら、私たちの信仰の歩みが、あなたの信仰の歩みが、神の力が現れる歩みとなります。祈ります。

祈り
天の父、私たちの目を開き、 キリストの十字架の死による救いの恵みがどのようなものであるのか、悟らせてください。 頭で理解するだけではなく、心で信じることができるように導いてください。 罪と死の支配から、キリストが私たちを自由にしてくださった恵みに生きることができるように助けてください。イエス・キリストの御名により祈ります。