わたしが牧師として最初に遣わされたのは、三重県の鳥羽教会でした。ある時、一組のクリスチャン夫妻が鳥羽教会で礼拝生活を送らせて欲しいと申し出られました。やがて鳥羽教会の教会員となり、教会に仕え、奉仕をしてくださるようになりました。その御夫妻の奥様は、自分のことを語る時に、こうおっしゃいました。

「わたしは、イエス様に出会いました」。

明るく、はっきりとおっしゃるので、戸惑いを覚えました。あたかも、顔と顔を合わせるように、主イエスに出会ったかのような口ぶりだったからです。この姉妹の言葉は、忘れることができません。

エリコの町にザアカイという徴税人がいました。彼は金持ちであったと説明されています。徴税人は、税金を集めるのが仕事です。集めた税金の一部を自分のものにして私腹を肥やす徴税人が多かったと言われます。だからこそ、金持ちになったということができます。神の戒め、律法を守るユダヤ人の目に、外国人は汚れていると映りました。外国人は律法を知らず、律法を守らないからです。徴税人は、外国人、つまりローマ帝国の役人と仕事の上で関わるので、律法を守る人からは、汚れていると見なされ、罪深いと見なされていました。主イエスがエリコの町に入りました。徴税人のザアカイは主イエスを見たいと思いました。ところが彼は背が低く、群集にさえぎられて主イエスを見ることができませんでした。そこで彼は、先回りしてイチジク桑の木に登り、主イエスを見ようとしました。ちょうどそこを通りかかった主イエスは、上を見上げて言います。

「今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」(5節)。

ザアカイは喜んで主イエスを自分の家に迎えます。

主イエスがザアカイの家に入るのを見た人々がつぶやきます。<罪深いザアカイの家にイエスは入った>と非難したのです。罪深いザアカイとつきあえば、自分の身に汚れをもたらすことになるからザアカイの家に入るなんてもってのほか、というわけです。するとザアカイは、立ち上がって主イエスに言います。

「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します」(8節)。

これを聞いた主イエスは、語ります。

「今日、救いがこの家に訪れた」(9節)。

ザアカイは救われたと宣言されたのです。さらに主イエスは続けて言われます。

「人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである」(10節)。

ザアカイは、<失われた者>でしたが、今や、主イエスに見いだされ、救いに入れられたというのです。

主イエスは、ザアカイのことを

「救われた」

というのですが、ザアカイは、どのように救われたのか、なぜ救われたと判断できるのか、その理由は書かれていません。ザアカイの心についても何も書かれていません。では主イエスは、なぜ、ザアカイが救われたと考えるのか。今日の聖書の箇所が投げかける問いです。

ルカ福音書の18章で、金持ちの議員が主イエスのところに来て、永遠の命を得るためにはどうしたらよいですか、と質問をしました。するとイエスは、

「あなたに欠けているものがまだ一つある。持っている物をすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい」(18:22)。

と答えました。その金持ちの議員は、自分の財産を全て売り払い、貧しい人に施すことができず、悲しみを抱きながら、主イエスのもとを去りました。しかし、このザアカイは、財産の半分は貧しい人に施すと言ったのです。この発言が、ザアカイに彼の救いをもたらしたのでしょうか。それとも、ザアカイが救われているから、施すとの決心が生まれたのでしょうか。このザアカイの言葉は、彼が救われていることのしるし、と考えるのがよいのではないでしょうか。でもなぜ、主イエスは、ザアカイは

「救われた」

と宣言されたのでしょうか。

<人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである>と主イエスは言いました。<人の子>はメシア、救い主を意味する言葉です。メシアである主イエスは、<失われた者を捜して救うために来た>と語り、今、失われた者が見いだされ、彼が救われたと主イエスは宣言したのです。ザアカイは見失われた人だったのです。この見失われていたザアカイが見いだされ、救われたというのです。どういうことでしょうか。

ザアカイは、 <主イエスと出会った>のです。これが答えです。<主イエスと出会った>、これが、ザアカイが救われた理由です。いちじく桑の木に登っているザアカイと主イエスは出会いました。<ザアカイが主イエスと出会った>という時の出会いは、ただ顔と顔を合わせる出会いではなく、もっと深い意味の出会いです。

それはたとえば、<人生の師匠と仰ぐ人と出会った>という時の出会いです。石川県出身の野球選手で国民栄誉賞を受賞した松井秀喜選手は、巨人軍に入団し長島監督と出会いました。彼は人生の師匠に出会い、その指導を受け、国民栄誉賞を受賞するほどの野球選手になったのです。松井選手にとって長島監督との出会いは、彼の野球人としての成長に大きな影響をもたらしたのです。これと同じように、主イエスとの出会いは、ザアカイに変化をもたらしました。その変化は、ザアカイが自分の財産を貧しい人に施すと語ったことに現れています。主イエスとの出会いが、ザアカイに救いをもたらしたのです。

ここで<出会い>ということの持つ意味に目を向けたいと思います。創世記12章にアブラムという人物が登場します。彼は父親のテラと共に、カルデアのウルという町に住んでいました。ところがその父は、アブラムを連れてカナンのハランという町に移り住んだのです。父はやがてその町で死にます。創世記12章にこう書かれています。

「主はアブラムに言われた。『あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい』・・・」(12:1)。

この時、アブラムは、自分に語りかける声を聞いたのです。アブラムは、その声の主が誰かは知りません。ただ彼に<わたしが示す地に行きなさい>という促しが心に刻まれたのです。これは彼の思いではなく、彼の外から来た思いです。この命令には実は約束が伴っていました。

「わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。あなたを祝福する人をわたしは祝福し/あなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る」(12:2〜3)。

アブラムは、この声を無視することができたし、聞き流すこともできました。しかしアブラムは、この声に応じたのです。その命令に彼は従ったのです。これがアブラムと神との出会いです。

彼が聞いた言葉、それは人間が語るものでないことは明かです。人間は、そのようなことを語ることはできません。アブラムは、これを神からの言葉と受けとめ、それに応えたのです。しかし神といえども、それがどんな神かは分かりません。それに応答していいのかどうか、軽はずみに応答していいのかどうか、アブラムが悩んだかどうかは、分かりません。ただ結果として彼は、外から来た声、外から来た言葉に応答したのです。そして、神とのつきあい、神との関わりが生じたのです。彼は神の声を聞き、それに応答したのです。アブラムにとって神を信じるとは、神の声、神の語ったことに応答して生きることでした。信仰とは、神との交わりに生きることです。信仰がこのようなもの、つまり神との交わりであると誰が考えることができたでしょうか。

彼が住んでいた町、ウル、あるいはハランの町で、人々は何らかの神を拝んでいたことと思います。その時、アブラムがどんな信仰を持っていたのか、聖書は書いていません。アブラムについて私たちが知ることができるのは、彼が、自分が聞いた声の主を神とし、その語りかけに応答したことです。神の約束を信じ、神の命令に従うことを決心したのです。これがアブラムと神との出会いであり、アブラムの信仰です。信仰というのは、このようなものだと誰が知っていたでしょうか。その後、何回か神はアブラムに語りかけます。そしてアブラムは、神の語りかけを聞いて応答して生きるのです。時には、神に向かって語りかけをします。信仰とは、神との交わりであることを私たちはアブラムの歩みから知るのです。

旧約聖書の出エジプト記にモーセという人物が登場します。彼もまた神と出会ったのです。彼はイスラエル人の息子でしたが、エジプトの王家の一員として育てられました。成人になったある時、イスラエルの人が、エジプト人からひどい仕打ちを受けていた時、モーセはそのエジプト人を殺したのです。当時、イスラエル人は、エジプト王の奴隷だったのです。奴隷を管理するエジプト人を殺したモーセは、逃亡します。そして長い年月が過ぎます。

彼は羊を連れて、ホレブという山の麓に来ます。すると声がするのです。

「モーセよ、モーセよ」。

この声が文字通り、肉声として彼に聞こえたのか、彼の心に響いたのか、それは分かりません。彼の外から来るその声はさらに言います。

「私は、あなたの父の神である」(出エジプト記3:6)。
「今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民、イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」

(3:10)。

その声は神の声です。モーセになすべき務めを与えようとしているのです。この神の呼びかけに答えるか否か。そのような務めは私には<できません>とモーセは抵抗します。神との会話がなされたのです。神は言います。

「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、私があなたを遣わすしるしである」。

モーセは、神の声に従います。これがモーセと神との出会いです。

神との出会いは、すでに神を信じる者にも与えられます。パウロという人物は、神に対する熱心さから、クリスチャンを迫害していました。その復活された主イエスがパウロに現れ、語りかけます。

「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」。
「主よ、あなたはどなたですか」

とパウロが答えると、

「わたしはあなたが迫害しているイエスである」

と復活した主イエスが答えます。そして主イエスを宣べ伝える使命を与えられ、彼はこれに答えます。彼の生き方は一変します。彼は、イエスと出会い、イエスを主としたのです。彼は、イエスの僕となったのです。これがパウロと主イエスとの出会いです。

神との出会い、主イエスとの出会い、それが人の生き方を変えます。そして信仰が生まれます。信仰者としての歩みが始まります。その出会いは、一度限りのものではありません。信仰者としての歩みの中で、何度となく、神との出会いが起きるのです。

説教の準備の中で、私自身と主イエスとの出会いについて、考えさせられました。わたしはなぜ、神の教えに従い、神の約束を頼みとするのか。信仰者だから、神の教えに従うのが当然だからなのか。信仰者だから、神の約束を頼みとするのが当たり前だからなのか。つまり信仰者だから、聖書に書かれている文字に従うのか。わたしの抱いた答えは否、です。私の思いは単純でした。わたしは主イエスに出会った、だから、彼のように歩みたい、この方に従いたい。と思っているのです。自分の心のこのような思いに今回気づきました。信仰者はみな、何らかの形で神と出会っているのです。主イエスと出会っているのです。あなたも出会っているのです。

イスラエルの王、ダビデは、姦淫と殺人の罪を犯し、罪を赦す神と出会いました。主イエスの弟子のペトロ。彼もまた、三度主イエスを裏切った、その裏切りを赦す主イエスと出会いました。神と出会うたびに、人は新たな思いで、信仰に歩む者とされるのです。

私にとっての主イエスとの出会い、それはどのようなものだったのでしょうか。わたしの罪を贖い、わたしが神を信じて生きていくために、御自分の命を投げ出してくださった方との出会いでした。十字架の死に至るまで父なる神に従順に歩んだ方との出会いでした。神であるのにへりくだり、人となり、十字架の死を遂げられた方との出会いでした。そして私の証人となりなさいと、私たちに使命を与える方との出会いでした。そして十字架の死より復活され、今も共にいてくださる方との出会いです。そしてわたしは、主イエスのように生きていきたい、主イエスに倣って生きていきたいとの思いを与えられました。主との出会いを、感謝をもって受けとめる時、主と共に生きるようにされるのです。私たちの歩みが新たにされていきます。

ザアカイに戻ります。彼は神の目に失われた人間でした。つまり彼は神なしに生きており、その心は、神から遠く離れていました。主イエスが語られた放蕩息子のたとえにおいて、父の家を出て行った息子は、父にとって失われた子でした。その子が父の元に戻ってくる、それが救いです。ザアカイもまた失われた人でした。そのザアカイがイエスを見たいと願い、いちじく桑の木に登りました。主イエスが、

「今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」

と言われた時、彼は主イエスの言葉を喜びをもって受けとめました。彼は主イエスの言葉を受け入れ、主イエスを家に招き入れました。主イエスと出会い、主イエスとの交わりに彼は生きるようになったのです。救いとは、その本質は、神との交わりに生きることにあることを今回の説教の準備で教えられました。なぜなら、そこに信仰に生きる歩みが生まれるからです。信仰に生きる者は、神との交わりに生きることを第一とします。神との交わりに生きるから、神の教えを守って生きるようになります。信仰者の果たすべき義務として神の教えを守ることが信仰なのではありません。神との交わりに生きるから、神の教えに生きようとするのです。金持ちの議員は、神の教えは守っていたかも知れませんが、主イエスの呼びかけに応答することはなかったのです。しかしザアカイは、財産を貧しい者に施すと告白し、主イエスの呼びかけに答えているのです。ザアカイは主イエスと出会い、神のもとに帰ったのです。今や彼は、神との交わりに生きる者とされたのです。彼は救われました。自分の財産の半分を貧しい人に施しますとの言葉は、彼が救われたしるし、主イエスの言葉に従って生きる者となったしるしです。

そして神さまとの出会いは、私たちの前にあります。あなたが説教を聞く時、あなたは神の声を聞いているのではないでしょうか。あなたの応答を待っておられる神の言葉を聴いているのではないでしょうか。あなたが聖書を読む時、あなたは神の声を聞いているのではないでしょうか。あなたの応答を待っておられる神の言葉を聴いているのではないでしょうか。神との出会いは、日々新たに、私たちの前に備えられているのです。

祈り
天の父、 私たちは自覚していないかも知れませんが、神さまと出会っていますし、これからも出会うことができます。私どもがあなたとで会うのをあなたは待っておられると信じます。説教を聞く時、聖書を読む時、あなたと出会うことができますように、導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。