人というのは、分かっていなくても分かっている振りをしたがるようです。そして分かっているつもりになってしまうと、自分が分かっていないことに気づかなくなることがあります。

ヨハネ福音書の九章で主イエスは生まれつき盲人の目を開きました。盲人の目が見えるようになったのです。盲人の目を主イエスが開いたのは安息日でした。ファリサイ派の人々が盲人に質問します。

「お前は、目を開いた人をどう思うのか」。

ファリサイ派というのは、神さまの教えを熱心に学び、また実践している人々のことです。彼らは、自分たちは神さまのことはよく知っていると考えていました。モーセの十戒にこうあります。

「安息日に心を留め、これを聖別せよ。いかなる仕事もしてはならない」。

この日を特別な日とし、仕事をするなというのです。一週間の七日目を安息日とし、これを仕事をしない日としたのです。神さまは、労働からの休みを取るように命じたのです。いくら盲人の目を見えるようにしたといっても安息日の戒めを守っていないのだから、イエスは、神から来た人ではない、とファリサイ派の人々は考えました。

ところが目を開かれた盲人は言います。

「生まれつき目が見えなかった者の目を開けた人がいるということなど、これまで一度も聞いたことがありません。あの方が神のもとから来られたのでなければ、何もおできにならなかったはずです」(ヨハネ9:32〜33)。

盲人であった人は、イエスは神から来た人だと主張します。

そして主イエスは言うのです。

「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」(ヨハネ9:39)。

生まれつき見えない盲人は見えるようになり、神のことは知っていると主張するファリサイ派の人々は、神のことが見えなくなりました。神が遣わされた救い主である主イエスを認めることができなくなったのです。見えると主張する者が見えなくなったというのです。そして主イエスは言います。

「見えなかったのであれば、罪はなかったであろう。しかし今、『見える』とあなたたちは言っている。だから、あなたたちの罪は残る」。

神を知らないのに知っているとうぬぼれるファリサイ派の人に対し、あなたたちの罪はある、指摘したのです。

イエス・キリストを世界に宣べ伝えたパウロはこう語りました。

「わたしたちの福音に覆いが掛かっているとするなら、それは、滅びの道をたどる人々に対して覆われているのです。この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし、神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光が見えないようにしたのです」(コリント二4:3〜4)。

イエス・キリストが救い主であるという福音は、すべての人に明らかになっているわけではない、滅びの道をたどる人には覆われている、見えないようにされているというのです。その理由として、この世の神、言い換えると、富、名誉、快楽、権力、仕事など、この世の事柄を第一にする人は、目がくらまされ、キリストが私たちの素晴らしい救い主であるという福音の光が見えないようにされているというのです。目がくらまされているので、人々は主イエスが救い主であることがわからなくなっているというのです。

日曜日の午後、繁華街に行くと人々が楽しそうにしています。人々は、主イエスを信じなくても、生きていけるって言っているように見えます。しかし人々には、主イエスを信じなければ生きていけないということが隠されているのです。生きるとは、神を知って生きることであり、神を愛し、人を愛して生きることです。このことがなければ、生きているとは名ばかりの歩みと主イエスはおっしゃいます。自分の目が開かれて主イエスを信じるようになった今、世の多くの人々の目が閉ざされ、福音の光が見えなくされていることを知ります。以前の自分がそうだったからです。今日の聖書は、見えない人が見えるようにされるという話しです。

道端で物乞いをしている盲人がいました。人が沢山通る物音がしたので、

「これは何事ですか」

と聞きます。すると

「ナザレのイエスのお通りだ」

との答えを聞きます。

この盲人は、生まれつき目が見えませんでした。彼は闇の世界に生きていたのです。文字通り目が見えない世界、そしてそれ故、希望のない闇の世界に彼は生きていました。しかし<ナザレのイエスのお通りだ>と知らされました。彼の闇に一筋の光が射し込んだのです。真っ暗な闇に光が射し込みました。

イエスの邪魔をするなと制止する人たちがいましたが、彼は<憐れんでください>と叫び続けます。するとイエスは、

「何をしてほしいのか」

と聞き、盲人は、

「目が見えるようになりたいのです」

と答えます。すると

「見えるようになれ」

と主エスが言います。驚いたことに彼は目が見えるようになり、主イエスが言います。

「あなたの信仰があなたを救った」。

この盲人の信仰とは何なのでしょうか。彼は、主イエスは盲人の目を開くことができると信じたのです。これは大胆な信仰です。どう思いますか。私たちの常識を越えることを信じたのです。皆さんの中には、これは極端な信仰だと思う方がいるかも知れません。信じるにしても行きすぎだと思うかも知れません。自分はそこまでは信じないし、信じられないというかも知れません。しかし彼は、主イエスの全能を信じただけのことです。そして本気に信じ、行動に移したのです。人が何を信じているのかは、その人の行動を見れば分かります。彼は、イエスは自分の目を見えるようにすることができると本気で信じたのです。彼は闇の世界に生きていました。その彼の闇に一筋の光が射し込んだのです。彼は本気で信じたのです。それ故、イエスの邪魔をするなと制止する人がいても、あきらめません。あきらめない、これは本気で信じていることの現れです。何をして欲しいのか、というイエスの問いに対して、

「主よ、目が見えるようになりたいのです」

と自分が求めることをはっきり言い表しました。つまり

「あなたは私の目を見えるようにすることができます」

と信仰を言い表したのです。この信仰が、盲人を救いました。つまり目が見えるようになりました。そして彼は主イエスに従う人になりました。

彼は<目が見えるようになる>という点では、全く無力でした。自分の力で、目が見えるようにすることはできませんでした。生まれつき見えないのです。何かをすれば見えるようになるというものではありません。彼にできることは、主イエスの憐れみにすがることしかありませんでした。彼はあきらめずに、主イエスの憐れみにすがり、目が見えるようになりたいのです、とはっきり希望を述べました。そして目が見えるという恵みを受けました。自分の無力さを知り、あきらめることをせず、主イエスの憐れみにすがる、これは私たちにとって模範となるのではないでしょうか。

聖書には、神さまの教えが色々書かれています。神さまの教えって行うのはむずかしいよね、とつい私たちは口に出します。永遠の命をどうしたら手に入れることができるか、と主イエスのもとに来た人がいました。主イエスは彼に<財産のすべてを売って貧しい人に施し、わたしに従いなさい>とお答えになりました。この人は大金持ちで、財産をすべて手放すことができず、悲しみながら主イエスのもとを去りました。むずかしいと言って、あきらめたのです。<私には財産を惜しむ心があります>と正直に打ち明け、主イエスに<憐れんでください>と願い、それでもなお永遠の命が欲しいのですと言ったなら、主イエスは憐れんでくださったのではないかと思います。

私たちも、この盲人を模範にしたらよいのではないでしょうか。神の教えに従えない、自分の無力さを知り、主イエスの憐れみにすがり、従えるようになりたいのです、と願いを語り、あなたにはそれでおできになります、との信仰を言い表すのです。皆さんはどう思いますか。

私たちは案外、<罪の闇>の中に生きているのではないでしょうか。いくら主イエスでも、神さまでも、私を神さまの教えに従える人間に変えることはできないだろうという不信仰、従いなさいと聖書は言うけど、別に従順な人間にはなりたいとは思わないという頑なさ、神の教えに従うとか、従わないとか、そんなことはどうでもよいとする怠惰。不信仰、頑なさ、怠惰という罪の闇にあなたは住んでいないでしょうか。そのことにあなたは気づいていないのではないでしょうか。どうでしょう。

神の教えに従おうとしない、神の教えを知ってはいても行動しない。私たちは罪の闇の中に生きているのではないでしょうか。神の教えは、神さまの愛から出た教えです。神さまは、私たちを愛するから、教えを与えます。神の教えは、私たちが幸いな歩みをするための道しるべ、なのです。

しかしこの罪の闇に光が射し込んだのです。イエス・キリストが十字架で死に、復活されたのです。主イエスの弟子たちは、主イエスが御自分の十字架の死と復活について話された時、彼らはその意味が分かりませんでしたし、その意味が彼らに隠されていました。盲人の目が開いたという今日の物語は、弟子たちの目が開かれる、私たちの目が開かれるという約束の物語です。これ以降、主イエスは奇跡を行いません。この後、主イエスはエルサレムに行き、十字架で亡くなります。今日の奇跡物語が最後です。主イエスの十字架の死の意味、復活の意味に、閉ざされていた目が開かれ、十字架の死と復活の意味を知ることができるようになるとの約束がここにあります。

パウロは祈っています。

「どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように。そして、神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟らせてくださるように」(エフェソ1:17〜18)。

パウロは、エフェソ教会の人たちのために、神さまが彼らの目を開いてくださるようにと祈っています。目が開かれ、信仰者にどんな希望が与えられ、神さまが約束してくださっているものが、どれほど素晴らしいものかを悟らせてくださるようにと祈っています。皆さんは、どんな素晴らしい希望を受け取りましたか。皆さんは、どんな素晴らしい恵みを受け取りましたか。パウロに、あなたの祈りが聞かれました。私は、こんな希望、こんな恵みが与えられましたと、報告することができるのでしょうか。

心の目が開かれるとどうなるのでしょうか。神さまの全能に信頼するようになり、全能の神に信頼する行動に踏み切るようになります。あなたが神の全能を信じていることが、他の人に分かるようになるのです。

「わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です」(フィリピ4:13)。

あなたは聖書の言葉に基づいて行動するようになります。

あなたは、神さまが自分を変えてくださることを信じ、変えられることを願い、変えられた人になります。そしてあなたは次の聖書の言葉を喜んで口にするようになります。

「だから、キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです」(コリント二5:17)。

あなたは次の聖書の言葉に基づいて行動するようになります。

「だから、以前のような生き方をして情欲に迷わされ、滅びに向かっている古い人を脱ぎ捨て、心の底から新たにされて、神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しく清い生活を送るようにしなければなりません」

(エフェソ4:22〜24)。

あなたは神さまの教えに従うことを喜びとし、進んで従うようになります。

キリストの十字架の死と復活、それは、罪の闇の中にいる私たちが、その闇から、キリストの光の中に生きるようになることを意味しています。

「あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい」(エフェソ5:8)。

すでに信仰を得ているとしても、私どもの心の目が開かれているとは言えません。主イエスの十字架の死と復活の意味について、目が開かれているとは限りません。目が閉ざされているから、古い人間に留まり、新しい人になれるという希望を持てずに、罪の闇の中に閉ざされたままで生きているのです。イエス・キリストの十字架の死と復活、それは罪の闇に射し込む一筋の光です。決して打ち消されることのない光です。<主よ、憐れんでください>と祈り、<何をしてほしいのか>とのイエス様の言葉に対して、<主よ、見えるようになりたいのです>と願うなら、そして<あなたにはそれがおできになります>との信仰を言い表すなら、神の業があなたの上に現れるのです。そして主イエスは言われます。<あなたの信仰があなたを救った>。

目が開かれた盲人は、イエスに従ったと書かれています。目が開かれたあなたは主イエスに従う人になるのです。そしてあなたを見る人は、神をたたえるのです。このようなことが起きると約束されているのです。

祈り
天の父、私どもを神さまを信じる人にしてください。神さまの憐れみを求める人にしてください。自分の力の限界に直面して、あきらめるのではなく、あなたの力によって、私どもを信仰の世界に生かしてください。私どもの目を開き、神さまを深く知ることができるようにしてください。イエス・キリストの御名により祈ります。