目に見えない神を信じる、それは簡単なことではないと思います。私は若い頃、何人もの女性とお見合いをしました。紹介されるのは皆、クリスチャンでした。目に見えない神を信じることができることを不思議に思いました。その後、私は教会に行くようになりましたが、自分が罪人であると言われても、理解できませんでした。真面目に生きているし、善良な人間として生きているとの思いがありました。十字架で死んだ人が救い主だなんて、理屈に合わないように思いました。おまけにイエスが十字架で死んで復活したと聖書は告げます。死者が復活することを信じるなんて、理性を犠牲にしなければならないのか、とさえ思いました。しかし今、私は信じています。神さまの導きと言うほかありません。神さまは、私の目を開いてくださったと信じています。

今日の聖書で、主イエスは御自分が殺されること、三日目に復活することを弟子たちに語りました。しかし、弟子たちには、それが何のことか分からなかったとあります。彼らには、この言葉の意味が隠されていて、理解できなかったというのです。聖書が告げることが分からない、信じられない、ということがあるなら、それは、私たちに隠されているから、ということです。そして神様は、隠された意味を私たちに明らかにしてくださる神様です。主イエスの死と復活の意味、これは、あなたには明らかにされているのでしょうか。それとも、まだ隠されたままなのでしょうか。明らかにされているとしたら、それは何によって知ることができるのでしょうか。

エルサレムに近づいた主イエスは、御自分の死と復活について弟子たちに告げます。主イエスが御自分の死と復活について語るのは、これで三度目です。ガリラヤでの伝道を終えて、エルサレムに向かおうとする直前に、二度、主イエスは弟子たちに語っています。そしてエルサレムに近づいた今、弟子たちに語ります。なぜ、三度も語るのでしょうか。それは事柄が重大だからです。主イエスご自身が殺されるのです。何も知らされないままで、主イエスの死に直面したら、弟子たちはどうなるのでしょうか。思いがけないことが起きるのです。あってはならないことが起きるのです。弟子たちは途方に暮れることでしょう。主イエスは予告をして、弟子たちが戸惑わないようにしたのです。さらに今日の聖書では

「人の子について預言者が書いていたことはみな実現する」

と述べて、ご自身の死が、実は、神さまの計画の中にあることを教えています。主イエスが死んでも、その死には意味があり、神さまの計画であることを後で弟子たちが知ることができるように、主イエスは、御自分の死の備えをしているのです。

34節で、<彼らにはこの言葉の意味が隠されていて>とあります。この時点では、弟子たちは、イエスの死と復活の意味を理解することはできません。<隠されていた>と書かれています。

皆さんの中には、イエスが弟子たちに御自分の死と復活の意味について語ればいいのに、と思う方もおられるでしょう。これについては、何事にも時があるという聖書の言葉を思い起こしたいと思います。主イエスが二度目の予告を告げた時、このように書かれています。

「弟子たちはその言葉が分からなかった。彼らには理解できないように隠されていたのである」。

弟子たちには隠されていたので、理解できなかったと繰り返されています。隠されているとはどういうことでしょうか。たとえば、信仰に入る前、私は自分が罪人であることは分かりませんでした。赦しを必要とする人間であることが分かりませんでした。自分のことなのに、自分に関する大切なことが隠されていたのです。

あるいは、主イエスが死んでしまったので、自分の故郷エマオ村に向かって歩いている二人の弟子がいました。イエスが死んだ以上、彼らは何をしたらいいのか分かりません。故郷エマオ村に戻り、以前の仕事に戻るしかありません。その弟子たちの目の前に主イエスが現れ、主イエスは弟子たちと共に歩き、話しをされるのです。しかし弟子たちは、それが主イエスであると気づきません。目の前に主イエスを見ているのに、主イエスだと分からないのです。目の前にいるのが主イエスであることが、弟子たちには隠されているのです。聖書には、興味深い言葉があります。<彼らは見るには見るが認めず、聞くには聞くが、理解できず>。正に隠されているということです。

日本基督教団の信仰告白の中に、次の文章があります。

「主イエス・キリストによりて啓示せられ、聖書において証しせらるる唯一の神は」。

ここで<啓示>という言葉があります。これは、覆いが取り除かれて、隠されていたものが見えるようになることを意味します。つまり人間には隠されていて知ることができないもの、つまり神がいかなる方であるかを主イエスは見えるようにしてくださった、つまり、神がいかなる方であるかを明らかにしてくださったというのです。主イエスは神を啓示してくださった、と信仰告白は告げているのです。そして、私たちは、この神を信じるのです。

福音書には、ファリサイ派と呼ばれる信仰者たちが登場します。彼らは主イエスに反発し、主イエスを殺そうとさえします。彼らには、主イエスが誰であるのか隠されていたということができます。

主イエスの弟子たちには、主イエスの死と復活の意味が隠されていました。では、いつそれが明らかになったのでしょうか。それは弟子たちが復活された主イエスに出会ってからです。エマオ途上にあった二人の弟子たちに、主イエスは語ります。

「モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された」(ルカ24:27)。

さらに弟子たちが集まっているところに主イエスは現れ、弟子たちに話されます。そのことが次のように書かれています。そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。

「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と」。

主イエスは御自分の死と復活の意味について弟子たちに話されたのです。弟子たちは、きっと聖書を読み直し、確認したことでしょう。使徒言行録には、弟子たちの上に聖霊が降ったことが書かれています。聖霊が降り、聖霊に満たされたペトロが説教します。

「このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです」(使徒2:23〜24)。

神の計画の中で、主イエスは十字架につけられ、そして復活したとペトロは告げました。さらに

「だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです」(2:36)。

それでは、イエスの死と復活の意味は、私たち一人一人には、いつ明らかにされたのでしょうか。あるいは、まだ隠されたままなのでしょうか。主イエスを信じているあなたには、イエスの死と復活の意味は、明らかにされたのでしょうか。それともまだ隠されたままなのでしょうか。どう思いますか。

明らかにされた、イエスの死と復活の意味を知っているというなら、そのことをあなたはどう説明しますか。明らかにされたら、何が起きるのでしょうか。あなたは言うかもしれません。<イエス様の十字架の死のお陰で、私は罪を赦されたと信じています。イエス様が復活され、死を打ち破ったお陰で、私自身の復活、永遠の命を信じています。イエス様の死と復活の意味を私は理解していると思います>と。確かに、あなたは主イエスの十字架の死と復活の意味を理解しているのかも知れません。

しかし、私には、その答えは十分な答えとは思えないのです。あなたにとってイエスという方が誰なのかが言い表されていないからです。主イエスが御自分の死と復活を最初に予告した時、主イエスはこう語りました。

「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている」(ルカ9:22)。

さらに主イエスは続けて次のように語られます。

「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである」。

自分の十字架を負い、わたしに従いなさいと主は語られるのです。自分の命を救いたいと思うものは、それを失うので、命を得るためには、私のためにあなたの命を失え、とおっしゃるのです。主イエスご自身、十字架を背負い、十字架で処刑されて死にました。主イエスは、自分の命を救おうとはせず、神さまに従い、自分の命を失う道を選ばれたのです。その主イエスは、御自分の死と復活を予告した後、自分について来たい者はこうしなさい、と語られたのです。一言で言えば、<わたしの歩みに倣いなさい、わたしに従いなさい>と語られたのです。なぜ、主イエスの歩みに倣い、従うのでしょうか。それは、イエスが私どもの<主>だからです。

主イエスの死と復活の意味が明らかにされる時、明らかにされることがあります。イエスが<主>であること、このことが明らかにされるのです。イエスはわたしの主、あなたの主であることが明らかにされるのです。私たちが礼拝で告白している使徒信条は、こう述べます。

「我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず」。

イエスの死と復活の意味が明らかにされるとは、イエスが主であることが明らかにされることを意味します。主イエスの死と復活の意味が明らかにされた人は、イエスを主と崇めて生きるのです。そして自分の十字架を背負って生きるようになるのです。

自分の十字架を背負うとは、主イエスに従う歩みの中で生じる困難に直面して生きることを意味します。主イエスに従うとは、主イエスの教えに従うということです。その時、この世との戦いが生じます。その困難から逃げることをせず、主の助けを求め、主に助けられつつ歩むのです。

「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(ヨハネ16:33)。

と主イエスは励ましてくださいます。

主は

「わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところにわたしに仕える者もいることになる」

と教えられました。主に従うとは、主のおられるところに自分もいようとすることです。主のおられるところに私たちがいるなら、主イエスが私たちを助けてくださるのは確実です。

イエスの死と復活の意味が明らかにされる時、イエスが、わたしの主であり、あなたの主であり、私たちの主であることが明らかにされるのです。聖霊が弟子たちの上に降ったその日、ペトロはイスラエルの人々に語りました。

「だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです」(使徒2:36)。

また主イエスが誕生される夜、天使が羊飼いたちに告げました。

「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである」(ルカ2:10〜11)。

イエスを主と崇め、主イエスに従う人、その人こそ、十字架の意味と復活の意味が明らかにされた人です。イエスが主であるから、私たちはこの方に倣い、この方に従うのです。

イエスが主であること、これは私たち、そして全世界に隠されています。そこで教会は、イエスが主であることを世界に向かって宣べ伝えています。イエスが主である、これが福音です。イエスがわたしの主である、これが福音です。主イエスに従って生きることができる、これが福音です。旧約聖書には、<主なる神>という言葉が何度も出てきます。神は信じる者たちの<主>なのです。神を主と崇め、主なる神に従う、これが神を信じる者としての歩みなのです。イエスがわたしの主である、イエスがあなたの主である、これが福音です。イエスが主であると信じ、主である主イエスに従う、これが幸いなのです。これが喜びなのです。

イエスが主であると信じる。それ故、私たちは主に従うのです。そして自分の十字架を背負うのです。自分の命を主のために、福音のために捨てようとするのです。なぜ、このような歩みをするのでしょうか。聖霊が、私たちにイエスが主であることを示してくださるからです。

「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです」(コリント一12:3)。

とあります。イエスが主であることを神が明らかにしてくださる、これは恵みです。自分の十字架を負う、これが恵みです。

神様の導きを求めれば、神さまはあなたに<イエスが主である>ことが明らかにしてくださいます。<イエスがあなたの主である>という、この素晴らしい恵みは、求めれば、与えられます。主イエスに従う歩みが導かれます。

祈り