今日の聖書に一人の議員が登場します。彼はイスラエル社会の中にあって有力な人であり、信仰深く、さらに大変な金持ちでした。その彼がイエス様のもとに来て、

「何をすれば、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか」

と質問をしました。彼は、永遠の命を受け継げるという確信が欲しかったのだと思います。イスラエルの人々は、神さまの御支配が完全に現れる新しい世が来る、と信じていました。永遠の命を受け継ぐとは、その新しい世に迎えられることを意味します。その時には神さまの裁きもあり、救いに入れられることが永遠の命を受け継ぐことになります。この議員は、自分が永遠の命を受け継ぐという確かさが欲しかったのです。私たちだって、死んだら、神の国に迎えられるという確かさを持つことができるのなら、その確信を持ちたいと願うのではないでしょうか。

18節。「ある議員がイエスに、『善い先生、何をすれば永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか』と尋ねた」。彼は、自分の努力で、永遠の命を獲得できると考えています。永遠の命を受け継ぐとは、神の国に迎えられることと言い換えてもよいと思います。どんな努力をすれば、神の国に迎えられるのでしょうか。何をしたら、神の国に迎えられるという確信が得られるのでしょうか。彼はイエス様に質問をしました。するとイエス様は、次のように答えられました。

「『姦淫するな、殺すな、盗むな、偽証するな、父母を敬え』という掟をあなたは知っているはずだ」。

信仰者としてすべきことは、神さまの戒めを守ることだ、そうではないか、と言って、イエス様は、モーセの十戒を引用します。信仰者としてすべき最良のこと、それは、神の戒めを守ること以外にはない、といっているように思えます。この議員が、

「そういうことはみな、子供の時から守ってきました」

と言います。するとイエス様が言います。

「あなたに欠けているものがまだ一つある。持っている物をすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい」。

この議員に欠けている<一つ>のことって何でしょうか。十戒を守るだけでは不十分で、あともう一つ、自分の財産を売り払って貧しい人に施しをすればよいということなのでしょうか。イエス様は、人間が努力をすれば、その報いとして永遠の命が与えられる、神の国に迎えられるとは教えていません。今日の聖書のすぐ前の段落で、イエス様はこう教えました。

「子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない」。

子供のように神の国を受け入れる人が神の国に入ることができる、つまり永遠の命を受け継ぐことができるとおっしゃっているのです。イエス様が、この議員に<あなたに欠けているものがまだ一つある>とおっしゃった時、それは、考え方を変えるべきだとおっしゃっているように思えます。つまり自分の努力、自分の行いによって永遠の命を得ることができるという考え方を捨てなさいということです。自分の財産をすべて売り払って、貧しい人に施しをしなさいという命令、これは簡単に実行できることではありません。事実、この議員は、これを聞いて非常に悲しんだとあります。実行できないからです。イエス様は、自分の行いによって永遠の命を得ようとすることは無理だとおっしゃっているのです。

議員が悲しむのを見てイエス様は語ります。

「財産のある者が神の国に入るのは、なんと難しいことか。金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい」。

これを聞いた人々は、

「それでは、誰が救われるのだろうか」

と言いました。自分の持ち物をすべて売り払い、貧しい人に施さなければ、永遠の命を得られないというなら、誰も得ることはできません。するとイエス様は

「人間にはできないことも、神にはできる」

と言われました。

ルカ福音書の19章に、ザアカイという徴税人が登場します。彼は、

「わたしは財産の半分を貧しい人々に施します」

と言っています。ザアカイがなぜ、財産の半分を貧しい人々に施します、と言うことができたのでしょうか。律法学者とか、ファリサイ派と呼ばれる信仰深い人々からは、罪人と軽蔑されていた徴税人ザアカイが、財産の半分を施すのです。しかし、十戒を子供の頃から守ってきた議員は、財産を売り払って貧しい人に施すことができません。財産の半分なら売り払うことができたのでしょうか。たぶんできないと思います。徴税人ザアカイと、この議員との違いは何なのでしょうか。その答えは、27節です。

「人間にはできないことも、神にはできる」。

ザアカイはイエス様に出会ったのです。彼は、救い主であるイエス様に出会ったのです。議員は、イエス様に会いましたが、救い主であるイエス様には出会っていません。ここに違いがあります。

もしこの議員が悲しむのではなく、正直に自分の気持ちをイエス様に告げたらどうなったと思いますか。つまり<わたしは、全財産を売り払うことはできません。もったいなくてできません>。<自分の富を惜しむ心がわたしにはあります>と正直に打ち明けたらどうなったでしょうか。

<自分の富を惜しむ心があるようじゃ、永遠の命は無理だね>とイエス様はおっしゃるのでしょうか。イエス様は別な時、こんな事を述べています。

「もし、だれかがわたしのもとに来るとしても、父、母、妻、子供、兄弟、姉妹を、更に自分の命であろうとも、これを憎まないなら、わたしの弟子ではありえない。・・・、自分の持ち物を一切捨てないならば、あなたがたのだれ一人としてわたしの弟子ではありえない」(14:26、33)。

自分の財産を売り払うとの話しは、この議員だけではなく、すでに弟子たちに向かってもイエス様は話されているのです。

イエス様は文字通り、財産を売り払って施すことを教えているのでしょうか。イエス様は、この教えを通して、これを聞いた人の心がどこにあるのかを知らせようとしているのです。イエス様は別のところで次のように教えています。

「自分の持ち物を売り払って施しなさい。擦り切れることのない財布を作り、尽きることのない富を天に積みなさい。そこは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない。あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ」(12:33〜34)。

この議員が<自分の富を惜しむ心がわたしにはあります>と正直に打ち明けたら、

「人間にはできないことも、神にはできる」

とおっしゃるイエス様は、何と返事をされるのでしょうか。

イエス様が何とおっしゃるのか、わかりません。たとえば、こう言うかも知れません。

「富を惜しむ心が捨てられないのですね」。

すると議員は言います。

「富を惜しむ心を捨てよと言われても、くずを捨てるように、ぽいっと捨てられません。富を惜しむ心を自分ではどうすることもできません」。

そしたら、こう言えばいいのです。

「イエス様、私を憐れんでください」。

「人間にはできないことも、神にはできる」とおっしゃるイエス様は、神の憐れみを恵みとして与えてくださるでしょう。

ここにペトロが登場します。議員とイエス様のやりとり、金持ちが神の国に入るのはむずかしいと述べたイエス様に反応した人々とのやりとりを聞いていたペトロが口を挟みます。

「このとおり、わたしたちは自分の物を捨ててあなたに従って参りました」。

いかにもペトロらしい発言です。彼は誇らしげに語ったのではないでしょうか。するとイエス様はさらに続けます。

「はっきり言っておく。神の国のために、家、妻、兄弟、両親、子供を捨てた者はだれでも」。

自分の財産だけではなく、今度は、<神の国>のために大切な家族をも捨てるべきことを語ります。そのように捨てた人には何が与えられるのでしょうか。

「この世ではその何倍もの報いを受け、後の世では永遠の命を受ける」。

なにがなんだか分からなくなってしまいそうです。そもそも<神の国のため>ってどういうことでしょうか。イエス様が神の国の福音を宣べ伝えたことを思い起こしてください。神の国は近づいた、神の国はあなたがたのただ中にあるのだ、とイエス様は宣べ伝えました。どういうことでしょうか。

イエス様は、病気で苦しんでいる人、悪霊に取り憑かれて苦しんでいる人を癒やされました。神の国がここにある、神さまの御支配がここにあると、いやしをもって示されたのです。しかも、神さまの御支配は、恵みとして与えられていることを示されたのです。イエス様は求める者に無条件に癒やしを与えられました。神の恵みを受けなさい、神の御支配のもとに来なさい。これがイエス様の語られた福音です。父親の財産の内、自分が受け継ぐべき財産を父からもらい、それをもって家を出て、それを使い果たして落ちぶれて、そして家に帰ってきた息子を喜んで迎える父。ここにも、受け入れる価値のないと思える人をも迎える神の愛が示されています。この愛の神のもとに来なさい、この神のおられるところに神の国がある。神の国に来なさい。イエス様は、この神の国を求めなさいと教えられました。神の恵みに生きるように教えられました。神さまのご支配の中に生きるように教えられました。神の御支配は恵みとして与えられるのです。私たちは神の恵みによって神の国に今、生きることができるのです。

ザアカイは、イエス様と出会い、神の国に迎えられました。すると富を惜しむ心は消え、彼は、財産の半分を喜んで、貧しい人々のために施す人に変えられたのです。この議員も、「富を惜しむ心を持つわたしを憐れんでください」とイエス様に語るなら、イエス様は彼を導かれたでしょう。

富を惜しむ心、それは、自分の人生の安心を自分の手に持ちたいと考える心です。何かがあっても、富があれば安心だと考えているから、富を手放せないのです。富を手放し、困難なことが起きたらどうするのか。不安ではないか。しかしイエス様は、神に信頼しなさいと言います。神さまのご支配の中に生きることを願うようにイエス様は導かれるでしょう。神さまのご支配の中に生きるなら、恐れ、不安、思い煩いは消えるのです。信仰に生きるとは、神さまのご支配の中に飛び込むことです。

実は、私たちもあの議員のように、様々な捨てられない心を持っているのではないでしょうか。人を赦せない心、人を恐れる思い、神を信頼しきれない心、人をねたんでしまう心、人の欠点を見てしまう心、自分をよく見せようとする心。一つくらい、このような心があってもたいしたことはないと思うかも知れません。そうではありません。私たちの信仰をむしばむのです。何故なら、神様の恵み、神さまのご支配の中に生きることを妨げるからです。

「神さま、憐れんでください」

と言えず、結局、自分の力で生きる歩みから離れられなくなるからです。

人間は、自分の無力さ、罪深さ、みじめさ、頑なさ、不信仰を知っているのに、神の前にそれを打ち明け、神の助け、神の恵みを受け取ろうとなかなかしません。自分の無力さ、惨めさ、罪深さを認めるのは、敗北のような気がするのでしょうか。

「神さま、憐れんでください」

と言えないのは、プライドのせいでしょうか。それとも、神のご支配の中に飛び込み、神にゆだねることに恐れ、不安を感じるのでしょうか。

イエス様が十字架の上でみじめな姿をさらして死んだのは、何のための死だったのでしょうか。救い主なら自分を救ってみろとののしられながら、無力な者として死んだのは、誰のための死だったのでしょうか。罪人と数えられ、神に見捨てられる死を遂げたのは、私たちのための死でした。私たちの惨めさ、無力さ、罪深さ、頑なさ、不信仰を背負ってイエス様は死なれたのです。神の恵み、神の御支配は、私たちを導き、私たちを救います。たとえ無力であっても、弱さを誇ることができます。たとえ罪深くても、不信仰でも、神の子とされます。たとえみじめでも、神の子として愛されます。たとえ頑なな心でも、打ち砕かれ、謙遜な心が与えられます。神様の恵み、ご支配の中に飛び込みさえすれば、よいのです。

私たちを生かすのは、富ではなく、神の恵みです。私たちを生かすのは、私たちの力ではなく、神の御支配です。私たちの喜びは、家族ではなく、神の御支配です。私たちが神の国を求め、神の国に生きるのなら、

「この世ではその何倍もの報いを受け」

と約束されます。私たちは家族と新しい関係を築き直し、祝福を受けるでしょう。私たちは、自分の富を施しに使い、献げることに喜びを与えられるでしょう。神さまの御支配に生きることを喜びとしていく時、この世の命を終えても、神の国に迎えられるという希望は、確信に変えられていくのです。