今日の聖書に神の国という言葉が出てきました。神の国というのは神さまが王様の国のことを言います。神さまは王様として、神の国に住む人たちを守ってくださいます。また王として、神さまは言葉を与え、人々を生かしてくださいます。目には見えませんが、神さまは、私たちの王様です。私たちは神さまの国に生きているのです。私たちはこの王様を、天の父なる神様とか天のお父様と呼んだりします。神さまを王様として生きることは幸せなことです。今日はこのことをお話しします。

今日読んだ聖書に次のように書かれていました。

「イエスに触れていただくために、人々は乳飲み子までも連れて来た」。

<乳飲み子>とはお母さんのお乳を飲む子供、つまり赤ちゃんのことです。イエス様にお祈りをしていただくために、赤ちゃんを連れてきた人たちがいたのです。たぶん赤ちゃんのお母さんでしょう。赤ちゃんが病気にならず、丈夫で元気に育つように、イエス様にお祈りをして欲しかったのです。するとお弟子さんたちが、お母さんたちを叱ったのです。イエス様は忙しいし、イエス様の邪魔をしてはいけません、と叱ったのです

するとイエス様は言われました。

「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである」。

イエス様は、赤ちゃんをわたしの所に連れて来なさい、とおっしゃったのです。

「神の国はこのような者たちのものである」

とイエス様は理由を話されました。どういうことでしょうか。

赤ちゃんは自分の力で生きていくことができません。赤ちゃんはお腹が空いたら泣くことしかできません。お母さんがお乳を飲ませてくれるまで泣き続けます。お母さんがお乳を飲ませてくれないと赤ちゃんは生きていけないのです。赤ちゃんのように自分の力で生きていけない人こそ、神の国にふさわしい人だ、神の国は、自分の力で生きていけない人のものだとイエス様はおっしゃるのです。だから、赤ちゃんをわたしのもとに連れてきなさいとイエス様は教えられました。赤ちゃんは、お母さんがいなければ生きていけません。そして私たちには、王様である神さまが必要なのです。

赤ちゃんはお父さんやお母さんに守られて大きくなっていきます。お父さんやお母さんは、赤ちゃんを守り、赤ちゃんが大きくなるために、何でもします。まず、住むおうちを手に入れます。食べるものや着るものを用意します。子供を学校に行かせます。子供が大人になるために、できる精一杯のことをお父さんやお母さんは、子供のためにするのです。お父さん、お母さんのお陰で赤ちゃんや子供たちは安心して生きていけます。安心して大きくなっていきます。そして私たちは、神の国の王様である神さまに守られて毎日を生きています。王様である神さまは、私たちを病気から守り、自動車事故から守り、毎日元気で過ごせるようにしてくださいます。神さまが私たちのことを心配してくださり、私たちは安心して生きることができます。私たちは目に見えませんが、神の国に生きているのです。王である神さまは、神さまの国に住む一人一人の人間を大切にしてくださるのです。王である神さまは、神さまの国に住む一人一人の人間を守り、生かしてくださるのです。

イエス様はおっしゃいました。

「空の鳥を見なさい」。

鳥は自分で働くことはしませんが、神さまが食べ物を与えてくださっているので、鳥は何も心配しないで生きています。神さまは、鳥よりももっともっとあなたがたのことを大切に思い、あなたがたのことを守ってくださいますと、イエス様は教えられました。イエス様は「野の花を見なさい」と言いました。野の花はきれいに咲いているでしょ。神さまは、野の花がきれいに咲くようにしてくださっています。神さまは、野の花よりももっともっとあなたがたのことを大切に思い、あなたがたのことを守ってくださいます、とイエス様は教えられました。

神さまに守っていただいて生きる、それが神の国に生きるということです。人は大人になると、自分で仕事をしてお金を稼ぐようになります。自分で選んだ人と結婚生活を始めます。自分の家を建てたり、子供を育てたりしているうちに、自分の力で生きていると考えるようになります。自分の力で生きることができることをうれしく思うようになります。自分ってなかなかやるじゃない、と自分を誇るようになります。そうすると神さまなんかいなくたって大丈夫と考えるようになります。しかし、神さまなんかいなくても大丈夫だと考える人間は、実は、いつも何かを心配して生きています。心配はあっても、自分の力で生きていることが、幸せだと思うんですね。

イエス様は教えられます。

「はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこにはいることはできない」。

神さまなんかいなくても大丈夫だと考える人は、いつも何かを心配しています。それで少しは神さまに助けてもらおうと考える人もいます。自分の力で生きるけど、自分の力の足りないところは神さま助けてもらおうとするのです。しかしイエス様は<それは違うよ>とおっしゃるのです。子供のように神の国を受け入れる人でないと、神の国に入れないというのです。

赤ちゃんは、お母さんがいなければ生きていけないように、王である神さまがいなければ生きていけないと考える人だけが、神さまの助けを受けることができます、とイエス様は教えるのです。赤ちゃんがお母さんのお乳を必要としているように神の国に住んでいる人は、王様の言葉、神さまの言葉を必要としています。神の国に住んでいなければ、王様の言葉を聞くことはできません。王様の言葉がなければ生きていけません、と言う人、その人が神の国に入る人、神の国に生きる人なのです、とイエス様は教えられたのです。

神さまは、聖書を通して、沢山のことを教えてくださいます。私たちがご飯のように必要としているのは、王様の言葉、神さまの言葉です。この神さまの言葉は、どのように生きていけばよいかを教えてくれます。赤ちゃんがお乳を必要とするように、神の国に住む私たちは、神さまの言葉がなければ生きていけないと考えています。

神さまは、王様として、私たちのことをいつも心にかけてくださいます。そして、聖書を通して、私たちに語りかけ、私たちの手とって、こっちに行こう、と道を教えてくれます。この神さまの助けをいつも、どんな時も求めて生きる人は、いつも神さまを王様とし、神さまの国に生きています。その人は、死んでも、神さまの国に生き続けます。神さまを王とし、神さまの愛に生かされる人が幸せな人です。

祈り
天の父なる神様、今日も神さまを礼拝することができ感謝します。神の国に住む者として、いつも神さまの言葉を求めることができますように。神さまの言葉がなければ、生きていくことができないことを教えてください。多くの人は自分の力で生きていけると思っています。そしていつも何かを心配しています。神さまの国に住む人は、いつも心が安心です。いつも喜んで毎日を過ごすことができます。これからも神さまの国に住むことができるように助けてください。イエス様の御名により祈ります。