聖書には不思議な言葉があります。「大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう」。「わたしは弱いときにこそ強い」。本当でしょうか。先日、映画を見ました。「青い鳥」。学校におけるいじめを問題とした映画でした。重松清という作家の短編小説の映画化です。主題歌が印象的でした。インターネットで何回も聞きました。主題歌の中にこんな言葉がありました。「大丈夫、そんなに弱くない」。<あなたは、そんなに弱くない>との励ましの言葉だと思います。しかし聖書は、全く違うことを言っています。

わたしが今日皆さんに告げたい福音はこれです。<自分のみじめさの中にこそ、喜び、平安がある>。

主イエスは、自分は正しい人間だとうぬぼれ、他人を見下している人々に対して、たとえを話されました。そのたとえの中に、ファリサイ派の人が登場します。ファリサイ派とは、律法、つまり神の戒めを熱心に学び、実行する人々のことです。彼は心の中で言います。

『神様、わたしはほかの人たちのように、奪い取る者、不正な者、姦通を犯す者でなく』。

彼は言うのです。<私は罪を犯す他の人たちと違います。私はモーセの十戒をきちんと守っています>。モーセの十戒とは、神さまがイスラエルの民に与えた十の戒めです。その中に、盗むな、姦淫するな、殺すな、などの戒めがあります。さらに彼は言います。

「徴税人のような者でもないことを感謝します」。

徴税人は、当時イスラエルを支配していたローマ帝国の手先となって、税金を集める仕事をしていました。彼らはしばしば不正を働き、私腹を肥やしました。神の教えを守らない人々の代表でした。<徴税人のように、神の教えを守らない者でないことを感謝する>というのです。続けて、

「わたしは週に二度断食し、全収入の十分の一を献げています」。

敬虔な信仰者として生きていると誇らしげに神に告げるのです。彼は、他の人と自分を比較して、自分を誇りに思っているのです。自分はこれでよい。自分は立派な信仰者だと思っているのです。彼は、「私を憐れんでください」と神に祈るでしょうか。どう思いますか。たぶん祈らないと思います。このファリサイ派の人が求めるものは、神の憐れみではなく、彼の信仰に対する報いです。ファリサイ派の人は、信仰者としての自分に誇りを持っています。彼は少しも自分をみじめだとは思っていません。

あなたは思うかも知れません。<十戒なら自分も守っている。盗むな、人を殺すな、姦淫するな、むさぼるな。それくらいなら、自分も守っている>。あるいは<信仰者として、礼拝を守り、献金も献げている。信仰者としての務めを果たしている。ファリサイ派の人のように、うぬぼれるつもりはないが、自分は信仰者として、今のままで良いと思う>。<自分は、まあ、ましな信仰生活を送っている>。あなたはそのように思っていないでしょうか。信仰者としての自分のあり様に誇りを持っていないでしょうか。あなたは「神さま、わたしを憐れんでください」と祈りますか。祈っていないとしたら、それはなぜですか。

もう一人、徴税人が登場します。彼は、遠くに立って祈ります。神に近づく資格がないと思っているのです。彼が目を天に向けようとしないのも、神の前に出る資格がないと思っているのです。胸を打ちながら祈ります。彼は悔い改めの心から祈ります。

「罪人の私を憐れんでください」。

これは、あれやこれやの罪を犯しました。その一つ一つを赦してください、との祈りではありません。「罪人のわたし」と言っています。彼は、自分の存在全体が罪で汚れていると感じているのです。それ故、自分は神さまに顧みていただく資格はないと考えています。自分が罪で汚れたままで生きていくことが苦しいのです。神の憐れみにすがるしか生きるすべがないのです。

旧約聖書詩篇32篇。私たちは礼拝の交読詩篇でよく読みます。自分の犯した罪で悩んでいる人の告白が書かれています。

「わたしは黙し続けて/絶え間ない呻きに骨まで朽ち果てました。御手は昼も夜もわたしの上に重く/わたしの力は/夏の日照りにあって衰え果てました。わたしは罪をあなたに示し/咎を隠しませんでした。わたしは言いました/『主にわたしの背きを告白しよう』と。そのとき、あなたはわたしの罪と過ちを/赦してくださいました」。

彼は罪を犯し、罪意識にさいなまれ、悶々と苦しんでいたのです。自分の罪を誰もいないところで、人に聞かれる心配のないところでも神に告白することは簡単ではありません。その苦しみは、肉体にひどい影響を与えました。「骨まで朽ち果てました」と言うのです。彼は、ついに神に罪を告白しました。すると神は彼の罪を赦されました。彼は、赦されたよろこびに包まれます。徴税人は、「罪人のわたしを憐れんでください」と祈りました。主イエスは、

「義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない」と語ります。

なぜ、徴税人が神の前に正しい者とされ、ファリサイ派の人は、正しい者とされなかったのでしょうか。その答えは、その答えは、・・・、 神さまが憐れみ深い方 だからです。私たちは、神さまの方から、神さまがいかなる方であるかを教えてくださらなければ、神さまのことを知ることはできません。神さまは、アブラハムに対しては、

「わたしは全能の神である」

と教えられました。イスラエルの民をエジプトでの奴隷状態から救い出した時、神は御自分について、こう告げられました。

「主、主、憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち、幾千代にも及ぶ慈しみを守り、罪と背きと過ちを赦す」。

神さまは、ご自身を、憐れみ深い神、罪を赦す神と宣言したのです。神がこのような神であれば、神が徴税人を正しいとしたことも理解できます。逆にファリサイ派の人は、自分は何とか立派に信仰に生きていますと語り、神さまの憐れみなど必要はないといっているように聞こえます。であれば、ファリサイ派の人が正しいとされなかったのも理解できます。

ところで、この「憐れんでください」という祈りは、どんな人の口から出てくる祈りなのでしょうか。詩篇を読めば分かります。

それが「神さま、わたしを憐れんでください」との祈りです。特に自分の罪に打ちのめされる時に出てくる祈りです。

姦淫と殺人の罪を犯したイスラエルの王ダビデが「憐れんでください」と祈りました。今日の交読詩篇で読んだ詩篇51です。「神よ、わたしを憐れんでください/御慈しみをもって。深い御憐れみをもって/背きの罪をぬぐってください。わたしの咎をことごとく洗い/罪から清めてください」。

彼は、神さまがしてくださらなければ、自分の心は罪の汚れから清まることはないと知っています。だから、「罪から清めてください」と祈っています。罪で汚れきった自分を憐れんでくださいと祈り、清い心を造ってくださいと祈ります。自分の存在全体が罪にまみれているとのみじめさに打ちのめされ、自分ではどうすることもできず、憐れんでくださいと祈ることしかできなかったのです。

この詩篇51。さらにこう書かれています。

「神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を/神よ、あなたは侮られません」。

徴税人の祈りは、まさに神の求めるいけにえでした。誇らしげに全収入の十分の一を献げていますとのファリサイ派の人の献げ物は、神さまの喜ぶものとはなりませんでした。

神の憐れみを必要としない人がいるのでしょうか。神は憐れみ深い方です。打ち砕かれた霊、悔いる心を侮られないかたです。あのファリサイ派の人は、神さまの憐れみを必要としていないのでしょうか。彼は自分の罪に気づいていません。でも主イエスはそれを指摘しています。「自分は正しい人間だとうぬぼれて、他人を見下している」と。彼は、自分の罪に気づかず、憐れんでくださいとは祈りません。この主イエスのたとえを聞いているファリサイ派の人々がいるのです。彼らはどうするのでしょうか。そして、あなたはどうされますか。あなたは「神さま、憐れんでください」といつ祈られましたか。あなたは「神さま、憐れんでください」と祈ることができますか。

憐れみを求める、それは自分の無力さ、自分のみじめさを認めることです。自分の罪深さを認めることです。しかし、人には、自分の惨めさ、無力さを認めたくない心があります。自分のみじめさを知っていても認めないのです。すると人は何をするのでしょうか。あのファリサイ派の人のように、他の信仰者と自分を比較して、自分はましな信仰者だと思いたくなるのです。あるいは、自分は礼拝を守り献金し、奉仕もする。信仰者として自分は、よくやっていると考えたりします。よくやっていると思えるように、努力をします。

自分のみじめさの中にこそ、喜び、平安があります。罪を悔いる魂、罪に打ちのめされる心を憐れんでくださる神がおられるのです。みじめな私どもを無条件で受け入れてくださる神がおられるのです。清い心を創造してくださる神がおられるのです。この神に身を寄せるとき、平安と喜びが満ちてくるのです。

祈り
天の父なる神、 私たちが正直に自分のみじめさを知る者となりますように。 自分を誇る誇りをすべて捨て あなたの目に映る真実の自分を受け入れることができますように。 ただあなただけを誇ることができますように あなただけがわたしを憐れみ、わたしの存在を喜び、 生かしてくださる神さまですから。 あなたの憐れみを受けることの中に 真の平安と喜びがあることを知ることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。