神さまの教え、戒めは人間に幸いを与えるためにあります。ところが、人は、進んで、喜んで、これを守ることができません。むしろ、人は、神さまの教え、戒めを守らなければならない、と考えるのです。しかし、神の教えを守る幸いを得ることができず、守らなければならないと考え、信仰生活を窮屈なものにしてしまいます。時には、神の教え、戒めは、むずかしい、と自己弁護します。どうしたら、進んで、喜んで、神の教えを守ることができるのでしょうか。「しなければならない」「してはならない」という生き方はよく知っていても、喜んで、進んで、神の教えを守る生き方が分からないのです。皆さんはどうでしょうか。

16節にこう書かれています。

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい」。

これは、わかりにくい言葉です。説明を要する言葉です。「霊」は聖霊のことです。聖なる霊、神の霊のことです。神の霊の導きを受ける、どういうことなのでしょうか。どうすれば、導きを受けることができるのでしょうか。

18節にはこう書かれています。

「しかし、霊に導かれているなら、あなたがたは、律法の下にはいません」。

律法の下にいないとはどういうことでしょうか。逆に律法の下にいるとはどういうことでしょうか。律法とは神の教え、神の掟のことです。ですから、律法の下にいないということは、神の教え、戒めを守らなくてもよいということです。神の教えを守らなければならないと考える必要はないということです。

私たちは、「してはいけない」「しなければならない」という生き方に縛られています。世間体を考え、人の目を恐れ、すべきこと、してはならないことを弁えます。私たちは小さい頃から、大人から、「してはいけない」「しなければならない」と言われ続けました。そして信仰を持ち聖書を読むと、そこに「してはいけない」「しなければならない」と書かれています。霊の導きに従うとき、律法の下にはいません。つまり、「してはいけない」「しなければならない」という束縛から自由になるのです。だから私は言うのです。神の教えは守っても守らなくてもいいんです。守らなければならないと考えて不自由を感じるなら、窮屈さを感じるなら、守らなくていいんです。

なぜ、守らなくていいのでしょうか。私たちは、イエス・キリストを信じることによって救われるのであって、律法の実践、つまり神さまの教えを実行する報酬として救われるわけではないからです。主イエスを救い主と信じるなら、その信仰のゆえに救われるのです。だから、神の教えは守らなくても、救われるんです。守らなければならないと考えて不自由を感じるなら、窮屈さを感じるなら、守らなくていいんです。ガラテヤ5:13にこう書かれています。

「兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです」。 「この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです」

この自由とは、神の教えを守らなければならないという束縛からの自由です。この自由をたっぷり味わって欲しいと思います。その後で、考えて欲しいのです。神さまはなぜ、教えを与えるのか。戒めを与えるのか。

では、霊の導きに従うと、何が起こるのでしょうか。人は喜んで、進んで、神の教えを守り、従う人になるのです。ローマの信徒への手紙8章4節にこう書かれています。

「霊に従って歩むわたしたちの内に、律法の要求が満たされる」。

これは神様の約束です。聖霊に導かれるとき、私たちは、喜んで、進んで、律法の要求を満たすようになるのです。それは、自分の力で、喜んで、進んで神の教えに従うことができるようになることではありません。喜んで、進んで神の教えに従うには、聖霊に「導かれる」ことが必要なのです。私たちは聖霊の導きを必要とします。聖霊の導きなしに、自分の力で、喜んで、進んで神の教えに従うことはできません。どうすれば、聖霊の導きに従うことができるのか、どうすれば、喜んで、神の教えに従うことができるのか、多くの人が分からないでいます。聖書を教える者の責任も大きいと思います。

そこでまず、<信仰によって歩む>ことを学びたいと思います。ガラテ3:26にはこう書かれています。

「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです」。

これは神さまの宣言です。主イエスを信じるあなたは、神の子であるとの神の宣言です。だから、私たちは祈りにおいて、天の父、と呼び、祈っています。さらにローマ8:14にはこう書かれています。

「神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです」。

これは、聖霊に導かれることが、神の子とされる条件であると述べているのではありません。主イエスの弟子のペトロが説教をしました。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」。

主イエスを信じている者は聖霊を受けています。主イエスを信じる者の心に聖霊は住んでおられます。聖霊は、私たちを導こうと待っておられるのです。だから、私たちは神の子として、聖霊を受けた者として、聖霊の導きを求め、導かれるのです。そして聖霊の導きを与えられると、神の子とされている、と実感することができるのです。

私たちは<信仰によって>歩みます。つまり、神の子とされていることを信じ、聖霊が与えられていることを信じ、一歩を踏み出すのです。信じて歩み出すと、信じたことが本当だと分かるのです。神の約束を信じて踏み出すと、約束が実現するのです。そこで信仰者は、聖霊の導きによって歩む努力をします。

では聖霊はどのように私たちを導くのでしょうか。聖霊の導き、それは、聖書を神の言葉、真理の言葉と悟らせることにあります。私たちが聖書を読むとき、人生の知恵、教訓を読むのではありません。心地よい言葉、参考になる言葉を読むのではありません。それ以上のもの、真理の言葉、神の言葉を見いだすのです。人を導き、人を生かす、神ご自身の言葉を見いだすのです。そのために私たちは、聖霊の導きを祈り求めるのです。

さらに聖霊は、私たちが聖書の言葉を自分の考え方の土台とするように導いてくださいます。聖霊は人格を持つ方なので、無理強いをしません。聖霊は、私たちの祈りに答え、働いてくださいます。ですから、聖霊の導きを願い求めることが大切になるのです。私たちの祈りに答え、聖霊は導いてくださいます。聖書を神の言葉と悟り、神の言葉を自分の考え方の土台とするように導いてくださいます。

その結果、私たちの心は、神さまに近づきます。私たちの心は、主イエスに似ていきます。私たちは、主イエスが考えるように考え、主イエスが感じるように感じ、主イエスが振る舞うように、行動するようになります。私たちは主イエスに似た者とされていくのです。さらには、聖書を読み、思い巡らすとき、聖霊は、私たちの具体的な毎日の生活に対する導きを与えてくださいます。あなたが、自分の抱える問題に向き合い、毎日少しずつ聖書を読み、思い巡らすなら聖霊は、必ず導きを与えてくださいます。その結果、私たちは、喜んで、進んで、神の教え、戒めを守って生きるようになるのです。うれしく、感謝なことです。神の導きを人に伝えたくなります。

16〜17節をもう一度読みます。

「わたしが言いたいのは、こういうことです。霊の導きに従って歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからです。肉と霊とが対立し合っているので、あなたがたは、自分のしたいと思うことができないのです」。

ここには肉と霊の対立ということが書かれています。<肉>とは何のことでしょうか。これは、罪に傾く人間の性質を指しています。だれもが、この罪に傾く性質を持っています。皆さんも自分の心に湧いてくる思いを知れば、罪に傾く性質があることが分かるでしょう。

聖書の言葉は、神の御心を表しています。罪に傾く心から生まれてくる考えと、聖書から教えられる考えは、対立するのです。<肉>があの人は赦せないといえば、<聖霊>は、赦しなさいと言います。<聖霊>は思い煩うのはやめなさいと言うと、<肉>は無理だと言います。この対立の結果、私たちは、<自分のしたいと思うことができない>というみじめさを味わいます。パウロは、ローマの信徒への手紙でこう述べています。

「わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

ここに人間の惨めさがあります。私たちの罪に傾く人間の性質である<肉>は罪に支配されているのです。しかし、霊の導きに従うとき、私たちは、神の教えを行う者にされていきます。罪に勝利する者とされていくのです。

そしてもう一つ大切なことがあります。信仰者に対する第一の戒めは、神を愛しなさい、です。神を愛するとは、神に対して特別な感情を抱くことではありません。では神を愛するとは、どういうことでしょうか。

「神を愛するとは、神の掟を守ることです」(ヨハネ一5:3)。

どうして神を愛することが、神の掟を守ることになるのでしょうか。愛するとは、相手の心を大切にすることです。ですから、神を愛するとは、神の心を大切にすることです。それ故、神を愛するとは、神の教えを守ることです。

そもそも神は、私たちにとって素晴らしい神です。まず、私たちの罪を赦し、私たちを神の子とし、父となってくださいます。私たちの祈りを聞いてくださいます。神は、私たちを愛し、私たちを育て、私たちの人生を導いてくださいます。神さまは、素晴らしい方なので、この方のおっしゃることには素直に従えるのです。そうです。神の愛を実感するなら、私たちは、喜んで、進んで、神の教えに従うのです。実感というのは、時が過ぎれば薄れていきます。そこで私たちは神の愛を信じ続けるのです。

そもそも、神の戒めは、私たちを幸いへと導くものです。私たちを祝福するために戒め、教えが与えられています。戒め自体が、祝福をもたらすものなのです。神の教え、戒めは、神の愛のしるし、現れなのです。大切な教えを与えてくださっている、ここでも神の愛を実感することができます。私たちは、日々、聖書を読み、神の導きを聞き取り、従うことを繰り返していると、神の愛を確かなものとして感じ、神の愛をさらに強く信じることができるようになります。聖書を思い巡らす中で、祈りの答えを聞くこともできます。聖書を読み、神さまとの交わりを通して、私たちは、神の愛を確かなものと確信していきます。そうすると、喜んで、進んで、神の教えに従う者となっていきます。<肉>に対して勝つことができます。

神を愛し、神に信頼する心が、神の教えを進んで、喜んで守る心となります。そして一つだけ、心に留めるべきことがあります。私たちの心の中に潜んでいる、神に対する不信感、恨みです。私たちは辛いこと、苦しいこと、祈りが聞かれなかったことがあると、神を恨みます。その結果、神に対して信頼すること、神を愛することに抵抗する心が生じるのです。あなたが神さまを愛せないのは、あなたの心にある隠された、気づかない恨み、不信感があるからかも知れません。それ故、神に対する不信感を捨て、神を赦すことが大切になります。私たちが辛いこと、苦しいことを経験するのは、神さまが私たちに意地悪をしているのではありません。その逆で、私たちを導こうとしているのです。繰り返します。私たちを導き、教えようとしているのです。私たちは自分の思い通りにならないので、なぜ、私は苦しむのですか、と神に抗議をします。神の愛は、時に厳しさを伴うのです。「神は愛する者を鍛え、子として受け入れる者をむち打たれるからである」(ヘブル12:6)とあります。神はいつもあなたを愛し、あなたを導こうとしているのです。神の愛を信じ、聖霊の導きを求めるなら、あなたは、喜んで、神を愛し、神に信頼し、神に従う者とされるのです。

祈り
天の父、あなたを愛する者へ、私どもを変えてください。 聖霊の導きを求める者へと変えてください。 喜んで進んで、あなたに従う者へと変えてください。 何よりも、喜んであなたに従うことを願う者へと変えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。