今日はペンテコステです。ペンテコステとは、ギリシャ語で数字の50を意味します。主イエスが死んで復活してから50日が過ぎたときに一つの出来事が起きました。ペンテコステの出来事と呼ばれます。2章1節に「五旬祭の日が来て」とあります。「旬」は10を意味します。そしてこの五旬祭の時に、聖霊が降るという出来事が起きました。教会にとっては大切な日です。なぜなら、イエス・キリストを力強く宣べ伝える教会が誕生したからです。イエス様の証人となって生きる信仰者が生まれたからです。

私たちは三位一体の神を信じ、父、子、聖霊なる神を信じています。聖霊なる神の働きについて、私たちはどれほど知っているのでしょうか。私自身、伝道を考えるとき、伝道と使徒言行録1章8節の言葉を結びつけずに考えることはできません。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

この聖霊の力を受けることが少ないので、私たちの伝道は実りが少ないし、伝道の不振があるのではないかと考えるのです。聖霊が降り、力を受けるということは、どういうことなのか、どうしたら私たちの生活の中で現実となるのか、私にとっては大きな課題でした。この点について先輩の牧師が話すのを聞いたことがありません。もしかしたら、聖霊の働きを経験として知らない牧師もいるのかもしれません。聖霊について語ることはできても、それは単なる知識として語るだけなのかも知れません。牧師たちの説教を聞いていて、「聖霊」という言葉が出てくることが何と少ないことか、という印象を私は持っています。

私は聖霊を求め、聖霊について書いてある本を読みあさりました。どうしたら聖霊を受け、力を与えられるのか。祈りました。幸い、私は聖霊から力を与えられ、イエス様の証人とされるという恵みを与えられました。それまでの聖霊を求める歩みは、試行錯誤でした。でも聖書を読み直し、聖霊を受けて力を与えられるとはどういうことなのか、どうすればいいのか、理解できるようになりました。今日は、使徒言行録を読みながら、聖霊の与える力について聖書に聞きたいと思います。

ペンテコステの日に何が起きたのでしょうか。イエス様の約束が実現したのです。イエス様は、弟子たちに約束しました。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

イエス様の約束を受けて弟子たちは祈っていました。心を合わせて祈っている彼らの上に聖霊が降りました。聖霊が弟子たちの上に降り、弟子たちは力を受けました。弟子たちは語り出したのです。

「すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした」。

弟子たちは自分の知らない外国語で話し出したのです。しかも神の偉大な業を語り出したのです。

「話をしているこの人たちは、皆、ガリラヤの人ではないか。どうして私たちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか」。

人々は驚いています。奇妙な現象といえば、奇妙な現象です。神の働きです。そして2章の14節以下で、弟子のペトロは、十字架の上で死んだイエス様を神はよみがえらせたこと、このイエス様こそ救いの神メシアであることを証言しました。ペトロは主イエスの証人となったのです。これがペンテコステの出来事でした。まず、エルサレムにおいて、弟子たちはイエス様の証人となったのです。

ここで皆さんは、疑問に思うかも知れません。弟子たちは、聖霊に操られているのではないかと。

「霊が語らせるままに話し出した」

とあるからです。聖霊が弟子たちの口、舌を勝手に動かして話させたのではありません。語るべきことを聖霊が与え、そして弟子たちは語り出したのです。聖霊が語るべきことを与えたとき、弟子たちは自ら語ったのです。私たちは、語った方がよいと知りながら、勇気がなく、恐れに捕らわれ語れないことがあるかも知れません。聖霊が力を与えるのです。聖霊が勇気を与え、語らせてくださるのです。聖霊は信仰者の意志や自由を奪って人間を操ることはしません。信仰者の意志を無視して、また意志に反して、導くことはしません。聖霊は人格を持つ神です。私たちは、聖霊の導きを恐れる必要はありません。むしろ私たちは聖霊の働きをこちらから祈り求めることが大切です。1節で

「一同が一つとなって集まっていると」

とあるように、弟子たちは祈り、聖霊を待ち望んでいたのです。そこに聖霊が降り、彼らは力を受けたのです。

聖霊は誰に降るのでしょうか。聖霊は誰を導こうとされるのでしょうか。聖霊が降った人は力を受け、イエス様の証人となるとの約束が語られています。つまりイエス様の証人になることを願う人に聖霊は降るということです。このことはとても大切なことです。聖霊なる神には目的があるのです。信仰者を導き、イエス様の証人にするという働きをされるのです。イエス様の証人と言っても、誰もがイエス様のことを宣べ伝える人になるわけではありません。神さまは、私たち一人一人にふさわしい形で、私たちにふさわしい方法で私たちの置かれた場所で、私たちをイエス様の証人にしてくださいます。このことを願うなら、神さまは、私たちに聖霊を与え、証人にしてくださいます。イエス様の約束は、すべての人に与えられている約束です。

私が聖霊を求めていたときに教えられたことが一つあります。それは

「見ないで信じる者は幸いである」

とのイエス様の言葉です。キリスト教には、いくつも教派があります。その中で、ペンテコステ派と呼ばれる教会があります。この教会では、聖霊が降ると異言を語ると教えられます。異言とは、「異なる言葉」の意味で、自分の知らない外国語で話すことを意味します。今日の聖書に、弟子たちが他の国々の言葉で語り出したとあります。これと同じことが自分の身に起きると信じるのです。聖霊が降った証拠として異言を語ると教えられているのです。これは<見て、信じる>信仰です。しかし、聖霊を与えられ、異言を語り、聖霊の力を与えられた信仰者の働きは目覚ましく20世紀の初頭に誕生したペンテコステ派の教会の働きは全世界に及んでいます。

使徒言行録の2章38節で、とても大切な約束が語られています。

「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」。

悔い改めて、イエス様を信じて洗礼を受け、罪を赦していただけば、賜物として聖霊を受ける、とあります。信仰者は、すでに、聖霊を与えられているのです。見ないで信じるのです。聖霊なる神様は、あなたの心に住んでおられるのです。私は、この聖書の言葉を知っていました。しかし、聖霊が与えてくれる力を感じていなかったので、もし聖霊様が私のうちにおられるのなら、しるしを見せてくださいと祈り続けました。ある時、しるしじゃない、信じるんだ、と教えられて気持ちが楽になったとき、神さまは、聖霊様が私のうちにおられることを教えてくださいました。皆さんは、自分の内に聖霊様がおられるかどうか、疑問に思うかも知れません。でも信じていいのです。イエス様を信じ、洗礼を受けたとき、聖霊を与えられるとの約束は実現しているのです。大切なことは、聖霊の働きを求めることです。聖霊様は、あなたに働きかける時を、今か今かと待っておられるのです。

聖霊が与える力とは、どのようなものでしょうか。聖霊を求めているのと同じ頃、ある祈りが鮮やかにかなえられ、私は、神は生きて働かれる神であると信じました。その時から、聖書の言葉は、真理であると確信するようになりました。聖書の言葉は、何よりも信頼できる真理であると信じるようになりました。真理である神の言葉を解き明かすのが説教ですから、私は、その時から、確信をもって説教をすることができるようになりました。聖霊は、聖書を神の言葉、真理の言葉であると信じるように私たちを導きます。この確信を与えられると、私たちは確信をもって、そして大胆に、聖書の言葉に信頼することができるようになります。聖書の言葉が真理であるからです。皆さんにとって、この世で一番信頼できるものはなんですか。私にとっては、聖書の言葉、つまり神さまの言葉です。聖書にこう書かれています。

「『人は皆、草のようで、/その華やかさはすべて、草の花のようだ。草は枯れ、/花は散る。しかし、主の言葉は永遠に変わることがない』。これこそ、あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです」(ペトロ一1:24)。

神の言葉は永遠に変わることなく信頼できる、それが福音だというのです。

その結果として、私たちは、聖書を土台にして物事を考え、行動するようになります。私たちの考え方、生き方を変える力が聖霊にはあります。聖霊の力によって、聖書の言葉を通して、私たちは変えられるのです。そして聖書の言葉は、私たちの日々の生活を導くものであることを私たちは知るようになります。そして実際に導きを受け取るようになります。そのために私たちは自分自身を知らなければなりません。

問題がないかのようにごまかすことはしないのです。自分と向き合うことができ、自分が神の導きを必要とするものであることを知る時、聖霊は、聖書の言葉を通して、あなたを導いてくださいます。聖霊は、時にあなたを悔い改めるように促すでしょう。あるいは、約束をもってあなたを励ますでしょう。あるいは慰めを与え、平安を与えるでしょう。あるいは命令によってあなたのすべきことを示すでしょう。あなたが自分の考えと努力で自分の問題を解決するのではなく、聖霊の導きが、神さまの方法で解決するでしょう。その時、あなたは、神さまを、イエス様をたたえるでしょう。自分の問題の解決も主イエスの証人となる形で与えられると信じ、神の導きを必要とするものであることを認めるなら、聖霊は聖書を通して導きを与えてくださいます。そしてその導きに従うことです。その時、神の言葉に従うことの幸いなことをあなたは知るでしょう。その時、神の言葉が、あなたの人生を導くことをあなたは知るでしょう。

さらに聖霊は、神の教えを実行する力を与えてくれます。聖霊に従うとき、神の教えに従うことができるのです(ローマ8:4)。このことを知っている信仰者は少ないかも知れません。多くの人が神に徹底的に信頼することをためらい、神の戒めは無理、むずかしいと言い訳して従わず神の教えは知識となって頭に留まるだけになってしまいます。その結果、私たちは、力の無い信仰者になりさがってしまうのです。聖霊の力だけが人間の限界を乗り越えさせるのです。

聖霊はあなたをイエス様の証人として生かす神です。あなたには、イエス様の証人として生きていきたいと願ったことがあると思います。それがうまくできないと落胆したこともあるでしょう。今も、イエス様の証人となることはむずかしいと思っているかも知れません。だから、伝道もできないと思っているかも知れません。待ってください。知ってください。求めてください。聖霊は、あなたがあなたらしく、イエス様を証しする人となることを願い、導かれる方です。聖霊の導きを求める人になり、聖霊の与える力を求めてください。聖霊の力を受け、イエス様の証人として生きることができる、これ神の約束です。イエス様の証人として聖霊に導かれる信仰者が、聖霊に導かれる教会を築き、聖霊に導かれる教会が、聖霊に導かれる信仰者を生み出すのです。

祈り
天の父なる神、どうか今、私たちに聖霊なる神への信頼を与えてください。聖霊なる神が、私たち一人一人に働いてくださることを信じ、その働きを経験させてください。イエス・キリストの証人となることを心から願うことができるように助け、導いてください。聖霊の導きに従うとき、私たちの歩みは祝福され、神さまをたたえるものとなることを教えてください。イエス・キリストの御名により祈ります。