今日は教会総会が行われます。総会において、今年度の計画、予算が審議されます。今日から2013年度の教会の歩みが始まります。そこで今年度の主題聖句を説教に取り上げ、この御言葉に聴きたいと思います。

取り上げたのは、コリントの信徒への手紙です。コリントはギリシャの町です。使徒パウロはこの町で約一年半イエス・キリストを宣べ伝えました。使徒言行録の18章に書かれています。そしてできたのがコリント教会です。教会ができたといっても、教会堂を持つ教会ができたわけではありません。信仰者は、いくつもの信徒宅に集まって、信仰を養ったのです。

パウロは、他の地域にキリストを宣べ伝えるためにコリントを離れます。パウロが去った後、アポロという聖書に詳しい雄弁家がコリントに来ました。アポロはコリント教会の人々を教え、導いたのです。このことは使徒言行録19章に書かれています。やがてパウロのもとに手紙が届きました。そこには、コリント教会に争いがあると書かれていました。誰を教会の指導者にするかという争いです。

ケファというのは、イエス様の弟子であったペトロのことです。ペトロがコリントで伝道したのかどうか分かりませんが、誰を指導者にするか、で争いがありました。教会に一致がないのです。教会が一つでないのです。この争いを解決するためにパウロはこの手紙を書いています。この手紙の1章10節にこう書かれています。

「さて、兄弟たち、わたしたちの主イエス・キリストの名によってあなたがたに勧告します。皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし、思いを一つにして、固く結び合いなさい」。

心を一つ、思いを一つにしなさいとパウロは忠告をしています。

今日の聖書では、教会が一つになるために知っておくべきことを二つ、パウロは述べています。一つは、コリント教会の信者たちの信仰の未熟さです。信仰が未熟だから、そのような争いが起きると述べます。3章1節を読みます。

「兄弟たち、わたしはあなたがたには、霊の人に対するように語ることができず、肉の人、つまり、キリストとの関係では乳飲み子である人々に対するように語りました」。

ここで注目すべきことは、<霊の人>と<肉の人>と呼ばれる人がいることです。そして<肉の人>と呼ばれる人は、<キリストとの関係では乳飲み子である>と言われています。信仰者であるけど乳飲み子、幼子、子供だというのです。<霊の人>はどのような人かは書かれていませんが、キリストとの関係では大人の人ということができます。「信仰に成熟した人」(2:6)ということができます。

2節を読みます。

「わたしはあなたがたに乳を飲ませて、固い食物は与えませんでした。まだ固い物を口にすることができなかったからです。いや、今でもできません」。

赤ちゃんは、最初、乳を飲みます。その後、離乳食を食べます。歯が生えていないので固いものを食べることができません。パウロが、<あなたがたに乳を飲ませて、固い食物は与えませんでした>と言うとき、それはまだコリント教会の人々が信仰者としては幼いことを意味しています。パウロが伝道をして教会ができました。キリストを信じたばかりの人はまだ幼く、固い食物は食べられません。だから乳を飲ませ、固い食物は与えませんでしたとパウロは語ります。

パウロがコリントを去り、アポロが来て、教会を指導しました。アポロが去り、別な指導者が来てコリント教会を教えたことと思います。だから、コリント教会の人々は、少しは成長しているとパウロは考えていたのです。しかし、教会の中に、争い、不一致があると聞いて、今でも固い食物を食べることができない、信仰者として幼い、とパウロは語ります。3節は

「相変わらず肉の人だからです。お互いの間にねたみや争いが絶えない以上、あなたがたは肉の人であり、ただの人として歩んでいる、ということになりはしませんか」。

ねたみや争いがある、それは<ただの人として歩んでいる>つまり信仰を持たない人と同じだというのです。4節。

「ある人が『わたしはパウロにつく』と言い、他の人が『わたしはアポロに』などと言っているとすれば、あなたがたは、ただの人にすぎないではありませんか」。

争い、不一致があることは、信仰を持たない人と同じだというのです。<肉の人>はキリストを信じている人ですが、まだ乳飲み子、信仰者としてはまだ未成熟だというのです。ねたみや争いがある、それはあなたがたの信仰が未熟であることを示していると諭しているのです。

コリント教会の人々が知るべき第二のことは、5節です。

「アポロとは何者か。また、パウロとは何者か。この二人は、あなたがたを信仰に導くためにそれぞれ主がお与えになった分に応じて仕えた者です」。

アポロもパウロも神に仕える者であり、それぞれ分に応じて仕える者であり、彼らは、コリント教会の人たちの信仰を成長させるために、神から遣わされていることを知るべきだというのです。6節

「わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です」。

神があなたがたの信仰を成長させてくださるのであり、パウロもアポロもそのために用いられる者だというのです。そしてパウロは言います。

「ですから、大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です」。

成長させる神を知ることが大切であり、神さまによって成長させていただくことが重要であると教えます。

<肉の人>の特徴を確認します。彼らは3節によれば<ただの人として歩んでいる>のです。4節によれば<ただの人にすぎないではありませんか>。つまり肉の人の特徴は、この世の、神を信じていない人と変わりがないということです。この世の人の考え方や価値観に生きているのです。聖書を学ぶことによる成長がない、というのです。信仰者らしさが見受けられないということです。

<霊の人>の特徴は何でしょうか。それはねたみを持たず、争わず、心と思いを一つにすることができるということです。パウロはフィリピ教会宛の手紙では次のように述べています。

「そこで、あなたがたに幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、それに慈しみや憐れみの心があるなら、同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください」(2:1〜2)。

<霊の人>というのはキリストから励まされ、キリストの愛に慰めを受けている人です。<霊による交わり>つまり聖霊に導かれて信仰者の交わりを持つ人です。他者に対して慈しみや憐れみの心を持つことができる人です。この<霊の人>は教会の中でどのような働きをするのでしょうか。

エフェソ教会宛の手紙にこう書かれています。

「キリストにより、体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっかり組み合わされ、結び合わされて、おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、自ら愛によって造り上げられてゆくのです」(4:16)。

教会はキリストの体と呼ばれます。教会に属する<霊の人>は分に応じて働き、一つなる教会を築いていくというのです。教会は自分を主張する場ではなく、それぞれが分に応じて働き、キリストの愛を実現する愛の共同体なのです。パウロも、アポロもこの共同体を築くためにコリント教会の人々の信仰を成長させるために働いているのです。指導者には個性があり、その教会が必要とする導きを与えるために、神は必要な指導者を教会に与えるのです。だから、どの指導者がよいのか、と争うのは神さまの働きを無視することであり、教会を自分の居心地の良い場所にしようとすることであり、神の御心に反していることだとパウロは諭しています。

私たち信仰者は<肉の人>と<霊の人>を併せ持っています。仮に<肉の人>を黒、<霊の人>を白とすれば、私たちは皆、灰色なのです。黒っぽい灰色もあれば、白に近い灰色もあります。

「大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、成長させてくださる神です」(7節)。

この言葉を心に留めたいと思います。私たちが信じる神さまは、私たちを成長させてくださる神だというのです。そのためにパウロもアポロも神に用いられているのです。そして私、堀江明夫もまた神さまに用いられているのです。

あなたが信じる神、それはあなたを成長させてくださる神です。<神があなたを成長させてくださる神である>と知ることと、実際に<神によって成長させていただく>ことには、大きな違いがあります。この違いをヤコブの手紙ではこう述べています。

「行いのない信仰は死んだに等しい」。

<神がわたしを成長させてくださる神である>と知っているだけなら、その知識は役に立たない知識だというのです。知っているなら、成長させていただいてこそ、それは役に立つ知識となるのです。

考えてみると、私たちには大切なものが沢山あります。皆さんは、何を大切にして生活しておられるのでしょうか。あなたには、神さまよりも大切なものがありますか。神さまによって成長させていただくことよりも大切なものが、あなたにあるかも知れません。成長することがどれほど価値のあることか分からないし、成長していて素晴らしい信仰者だと思える人も周りにいないし、成長することが大切だとは思えないかも知れません。成長していて素晴らしい信仰者がいても、その素晴らしさにあなたは気づかないかも知れません。成長させてくださる神が大切だと言っても、どうしたら大切にできるのか分からない、と言う人もいるかも知れません。

このことに関してパウロは、フィリピ教会のために次のように祈っています。

「わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、本当に重要なことを見分けられるように」。

パウロは、フィリピ教会の人が本当に重要なことを見分けることができるようにと祈っています。

本当に大切なことを、本当に重要なことを知るためには、その第一歩は祈りにあります。

「神さま、本当に大切なことを見分けることができるように導いてください」

と祈り、神さまの前に自分の意志をはっきりさせます。これが出発点です。次に、何が本当に重要なのか、大切なのかを知るために、神さまの判断を学びます。つまり本当に大切なもの、重要なものが何か、神さまが教えていることを学ぶことです。たとえば、最も大切な戒めについては、イエス様は次のように教えています。神を愛することと隣人を愛することと教えられました。何が本当に大切なことか、何が本当に重要なことか、神さまの判断を学ぶのです。つまり聖書を学ぶということです。聖書を学ばないと、結局、自分の判断で何が大切か、重要かを決めることになります。それは<肉の人>の判断になってしまいます。

<霊の人>は、聖霊に導かれる人です。聖霊は聖書を通して働き、私たちを導きます。聖霊は、聖書の言葉が神の言葉であると私たちの心に教えてくれます。聖霊が働くとき、聖書の言葉が神の言葉になります。神さまの判断が、私たちの判断になります。イエス様を信じる人はだれでも、その心に聖霊が住んでおられます。その聖霊の導きを受けるか否か、聖霊に導いていただこうとするか否か、これはあなたの決断です。あなたが求めなければ、聖霊は導かれないでしょう。あなたが求めれば、聖霊はあなたを導いてくださるでしょう。

<霊の人>は、他の人を、愛をもって助け、励ます人です。キリストをかしらとする教会を一つにするために生きるという姿勢を持つ人です。今年度の教会の主題聖句は、

「わたしは植え、アポロは水を注いだ。しかし、成長させてくださったのは神です」。

成長させてくださる神を信じること、心と思いを一つとする教会を築くこと、そのために<霊の人>に向かって成長すること、神さまによって成長させていただくこと、これが今年度の私たちの目標です。

祈り
天の父なる神様、 あなたを崇めます。 聖書より今年度の目標を示され感謝します。 私どもを成長させてくださる恵みを豊かに受け取ることができますように。 私どもも、成長させてくださる神さまに信頼し、 愛することに成長し 心と思いを一つにすることに成長し、 信仰と愛に満ちた教会を築くことができるよう 助け導いてください。