親しい人を亡くした人にどのような慰めの言葉をかけたらよいのか。これはむずかしいです。私たちは語るべきふさわしい言葉を持ち合わせません。パウロは、私たちに励まし合いなさいと述べています。死を越える希望を持つ者として、いつも互いに励まし合う、それが教会です、とパウロは語っているように思えます。

13節にこうあります。

「兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい」。

テサロニケ教会に何があったのでしょうか。<眠りについた人>という表現は、まず<死んだ人>を意味します。テサロニケ教会で亡くなった人がいたのです。テサロニケ教会の人たちの信仰について、この手紙の最初でパウロはこう述べています。

「偶像から離れて神に立ち帰り、生けるまことの神に仕えるようになり、更にまた、御子が天から来られるのを待ち望むようになった」。

テサロニケの人たちは、主イエスが再びこの世界においでになることを待ち望んでいるのです。主イエスが再びおいでになることを<再臨>と言います。15節には、

「主が来られる日まで生き残るわたしたちが」

とあるように主イエスの再臨は近いうちに起きると、テサロニケの信仰者は考えていたのです。主イエスが再臨したとき、すでに死んでしまった信仰者たちはどうなるのか、という疑問が生じます。生きている信仰者は主イエスと会うことができるのに、死んだ人はそれができません。先に死んだ信仰者は祝福から漏れるのではないか、との心配があったのです。その疑問に対して、パウロは語ります。パウロは、13節で

「次のことを知っておいて欲しい」

と語ります。大切なことをまず知っておいて欲しいというのです。

「イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています」。

気づきにくいことですが、<イエス>とあります。この手紙の他の箇所では、主イエス、主イエス・キリスト、キリスト・イエス、キリストという表現が用いられています。この箇所は、ただの<イエス>なのです。つまりこれは地上に生きた一人の人間を指している言葉です。ナザレ出身のイエス、彼は病人を癒やすなどの奇跡を行い人々の注目を集めた人物でしたが十字架で死んだのです。そして復活したのです。

このイエスの死、それは私たちを罪から救うための死でした。罪は裁かれなければなりません。罪の刑罰としての死をイエスは死んだのです。このイエスの死のお陰で、私たちは罪赦され、罪のとがめを受けない者とされました。そのイエスが復活したと、私たちは信じます。パウロも

「わたしたちは信じています」

と述べ、イエスが救い主であることを確認します。14節はさらに続きます。

「神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます」。

<イエスと一緒に導き出してくださいます>はわかりにくい表現ですが、主イエスを信じて死んだ人たちをも、神は復活させるとの意味です。まず、主イエスを信じて死んだ人は復活することをパウロは告げます。

さらに15節。

「主が来られる日まで生き残るわたしたちが、眠りについた人たちより先になることは、決してありません」。

ここには、イエスの再臨が近いうちに起きることが前提とされています。そして、イエスの再臨の日に生きている者たちが、眠りについた人たちより先になることはない、というのです。<先になる>とは何を意味しているのでしょうか。それは16節以降に書かれています。

「すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます」。

主が天から降ってこられるのです。次に

「すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます」。

キリストを信じて死んだ人たちが復活し、そして生きている信仰者たちと一緒に主イエスに出会うというのです。主イエスの再臨の時、すでに死んだ人は見捨てられることなく復活し、主イエスのもとに迎えられるのです、とパウロは教えます。こうして、主イエスを信じて死んだ人のことを心配する必要はないと告げます。

そして17節

「このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります」

と述べます。わたしたちは、いつまでも主と共にいる、これが信仰者の希望だとパウロは告げるのです。これこそ、信仰者の真の希望だというのです。この希望があるから、

「希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいて欲しい」とパウロは語ったのです。<希望を持たないほかの人々>とは、主イエスを信じず、復活の希望を持たない人たちのことです。

愛する家族を亡くし、悲しみの中にある人に慰めの言葉をかけるのはむずかしいです。復活の希望を持たない人は、どのように慰められるのでしょうか。復活の希望を持たない人は、どのように慰めるのでしょうか。

などと語ったりします。これらは根拠のない言葉です。人間の願望を述べたに過ぎない言葉です。復活の希望を持たない人は、これぐらいしか語る言葉を見いだせないのです。しかし、私たちには、復活の希望があります。だから、希望を持たない人たちのように嘆き悲しまないで、とパウロは語ります。

でもこれは<「嘆き悲しんではいけない」>と述べているのではありません。復活の希望を信じるなら、嘆き悲しむのは不信仰だと述べているのではありません。復活の希望があるから嘆き悲しむな、というのは人間の心を無視した発言です。人間であれば、親しい人、愛する人を亡くせば、悲しいのです。辛いのです。それは人間の自然な気持ちです。悲しいけれど・・・、辛いけれど・・・、それにもかかわらず、復活の希望を持つ者として生きるのです。真の希望、神が共にいますことを知って生きるのです。このようにパウロは述べています。

テサロニケの人たちの信仰についてパウロはこう述べています。

「あなたがたはひどい苦しみの中で、聖霊による喜びをもって御言葉を受け入れ、わたしたちに倣う者、そして主に倣う者となり、マケドニア州とアカイア州にいるすべての信者の模範となるに至ったのです」(1:6)。

そして彼らは、

「御子が天から来られるのを待ち望むようになった」(1:10)

のです。彼らは、主イエスの再臨を待ち望み、すべての信者の模範となっていたのです。主イエスの再臨を待ち望む信仰は、信仰者にとって大切なものであることを知らされます。現代の私たちにとって、主イエスの再臨だとか、終末だとかは、絵空事に思えたりします。牧師でさえ、そのように考えることもあります。待ち望むことが少ない分、私たちの信仰に弱さが生じるかも知れません。だから私たちは、立ち止まって、再臨、終末について聖書に聞く必要があります。聖書にもとづいて考える必要があります。

主イエスの再臨について今日の聖書にこう書かれています。

「合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます」(16節)。

あるいは

「空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます」(17節)。

これらを読むと、そんなことあり得ないだろうと考えてしまいます。文字通り、このことが起きると考える必要はないと思います。大切なことは、どのような形で主イエスが再臨するかではなく主イエスの再臨の意味です。ヨハネ黙示録の一章にこうあります。

「見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る、ことに、彼を突き刺した者どもは。地上の諸民族は皆、彼のために嘆き悲しむ」。

再臨したイエス・キリストを、すべての人が見るのです。そして主イエスを信じなかったひとは、後悔し、嘆くというのです。彼らは不信仰のゆえに、裁きを受けるからです。

主の再臨、それは主イエスが救い主であることがすべての人に明らかになる時なのです。主イエスを信じて迫害を受け、死んだ人がいます。その人にとって、主イエスはまことの救い主であったことがすべての人に明らかになる、それはまことに喜ばしい時です。殉教の死を遂げたことがムダではなかったことが明らかになるのです。主イエスを信じ、イエスに従う歩みをしたすべての人にとって、喜ばしい日です。

主イエスの再臨と共に終末の時が来ます。終末の時とは、どんな時でしょうか。それは、神がまことに神であることがすべての人に明らかにされる時です。聖書は最後の審判を教えています。この審判の時は、まことの神がおられることがすべての人に示される時です。そして主イエスを信じる者にとっては、救いが現実となる時です。神を信じる者にとって、神が神であることが世界中に示される時、それはまことに喜ばしい時です。この世にあっては、私たちは神を信じます。終末の時は、神を見るのです。

そして、私たちの真の希望は、<私たちが神と共にいる>ことにあります。<私たちが神と共にいる>ことは、まことの希望なのでしょうか。素晴らしいことなのでしょうか。本当に素晴らしいことなら、信仰者はもっともっと、神と共にいること、神と共に生きることに熱心になるのではないでしょうか。神と共にいる、それは本当に希望なのでしょうか。あなたはどう思いますか。あなたは自分の力で物事を処理しようとしていませんか。あなたは、神様のみ心をどれほど関心がありますか。使徒パウロはこう語っています。

「わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは益なのです」(フィリピ1:21)。

続けて

「この世を去ってキリストと共にいたいと熱望しており」

と語ります。キリストと共にいることを切に願っているのです。そのパウロは、わたしたちの主キリスト・イエスを知ることの余りの素晴らしさに今では、他の一切を損失とみていますと述べます。富も名誉も、立派な信仰者であることも、くずに等しいというのです。キリストを知ることの素晴らしさのゆえに、生きているよりも死んでキリストと共にいる方がはるかに望ましいと述べるのです。地上にあっては、キリストが共におられることは信じるだけですが神の国にあっては、キリストが共におられることは目に見える現実なのです。パウロはキリストのゆえに、迫害を受け、苦しみの人生を送りました。その彼が、キリストと共にいることの、素晴らしさを語っているのです。

今日の聖書のもう少し先に次のように書かれています。

「主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです」。

主と共に生きる、それが信仰の目標です。神の国に迎えられる楽しみの一つに、親しい人・愛する人と再会できる楽しみがあります。しかし、私の記憶では、親しい人、愛する人に神の国で再会できると明確に書いてある聖書の箇所はありません。地獄でも親しい人・愛する人に会える可能性はあるのです。愛する人と再会できる場所が神の国なのではありません。いつまでも神と共にいるところが神の国なのです。神と共にいる、これが信仰者の真の希望です。

誰と一緒に生きることが幸せなのか。愛する人と一緒に生きることが幸せだった人は、その人との天における再会を待ち望みます。そして神と共に生きた人は、神との再会を待ち望みます。それ故、神の国で<自分が神と共にいる>ことは、大きな希望であり、喜びなのです。この希望の素晴らしさを私たちは十分理解することはできません。しかしこの地上において信仰生活を送るとき、神と共に歩む人は、神が共にいてくださることが希望であり、幸いであることを知っています。神と共に歩む人は、自分の心に、愛と喜びと平和が満ちていることを知っています。信仰者は、神の国で神と共にいることの素晴らしさを心に思い描きつつ今、神と共に歩むのです。

「ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい」(18節)。

教会は、神と共に歩もうとする信仰者の群れです。神と共に歩むべく励まし合う、これが教会です。あなたもわたしを励ましてください。あたしもあなたを励まします。

祈り
天の父なる神様、 主イエスの復活により、死を越える希望のあること、 あなたが私たちと共にいてくださることが真の希望であることを教えていただき感謝します。 この世においても神さまと共に歩む幸いの中に生かしてください。 そして神の国で、いつまでもあなたと共にいることの幸いに思いを向けることができるように導いてください。 あなたと共に生きる幸いを私たちが他の人たちにも語ることができるように 導いてください。 私たちが主イエスの証人として立つことができるように聖霊の力を与えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。