私が小さい頃、祖母が亡くなりました。そして私は、人間は死ぬ者であることを知りました。そして私は死の恐怖を感じる子供となりました。どうしたら死の恐怖から自由になれるのか、子供にそんなことが分かるはずがありません。死を考えないように生きるしかありません。しかし夜の闇の中で、死の恐れにとらわれ、震えおののく時を過ごすこともありました。いつか死ぬと思うと、空しさを感じました。何か物事を達成したとしても、それで何なの、という思いがありました。死の恐怖は、私から生きる喜びを奪いました。今日の聖書に、<死のトゲ>という言葉があります。私にとって、死のトゲ、それは恐れであり、このトゲに刺された人は、死の恐怖を味わうのです。死のトゲ、それは痛みであり、このトゲに刺された人は、心が痛み、生きる喜びを持つことができません。今日の聖書の52節で、

「死者は復活して朽ちない者とされ」

とあります。この肉体は、必ず朽ち果てますが、私たちは、死んでも、朽ちないものに復活するとあります。ここに死に対する勝利があります。生きることの喜びの回復があります。今日も神さまの語りかけに聞きたいと思います。

死というのは、肉体に起きる単なる出来事ではありません。死は支配者です。死は私たちを支配しています。死は力を持っているのです。私たちはだれもが死にます。死に逆らって生き続けることはできません。死は私たちを支配し、私たちは死から逃げることはできません。死こそ絶対的な力を持った君主であり、私たちは、死の支配下に置かれているのです。そればかりではありません。死は、私たちに恐れや不安を与え、私たちを支配します。人はだれもが死ぬのであり、死は自然なものであると語る人がいます。自然なものと受けとめて、死の恐れを感じない人がいるかも知れません。死の恐怖を知る者としては、死が自然なこととは到底思えません。

創世記の最初に興味深い物語があります。神は御自分に似せて人を造られました。男と女とに創造されました。神は彼らをエデンの園に住まわせました。そして命じます。

「エデンの園にあるすべての木から取って食べなさい」。

同時に一つの警告を与えます。

「ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう」。

そこに蛇が登場し、女に話しかけます。

「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか」。

女は蛇に応えます。

「私たちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神さまはおっしゃいました」。

蛇は女に言います。

「決して死ぬことはない」。

それで女は、善悪を知る知識の実を食べ、男にも木の実を与え、共に食べたのです。すると彼らは自分たちが裸であることを知り、イチジクの葉をつづり合わせ、腰を覆いました。その同じ日、主なる神がエデンの園の中を歩く音が聞こえてくると、男と女は、神を避け、木の間に隠れました。彼らは神を避けたのです。神と共に生きることができなくなりました。彼らは神との交わりを失ったのです。彼らは死んだのです。

肉体の死ではありません。霊的な死です。神との交わりという非常に大切なことが、人間から失われたのです。神なしに生きる、聖書はそれを<死>と考えるのです。肉体の死ではなく、精神的な死でもなく、霊的な死です。霊的に死んだ人は、神を信じないし、信じようともしません。霊的に死んだ人は、やがてその肉体が死にます。使徒パウロはこう語ります。

「一人の人によって罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。すべての人が罪を犯したからです」(ローマ5:12)。

最初の人アダムが、神に背いて罪を犯し、その肉体が死んだように、今、すべての人が罪を犯し、死ぬようになりました。聖書は、死を罪の結果と教えています。死は自然なことではないのです。

人は死を恐れます。小さいころの私は、自分が死ぬと、自分の存在がなくなる。しかし世界はいつものように存在している。つまり、世界から自分が見捨てられる、と考えたのです。すると私の心は恐れで震えたのです。聖書によれば、死は、罪の結果として、神に見捨てられるということなのです。十字架につけられたイエス様が死ぬ直前、

「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」

と叫びました。イエス様は人々を罪から救うために、人間の罪を一身に負われたのです。神に見捨てられるというとてつもない恐れ、苦しみを味わわれたのです。死は罪の結果なのです。

56節で、

「死のとげは罪であり」

とあります。死は罪というトゲを持っているのです。人が罪を犯すと、人は神から遠ざかってしまいます。罪は人を神から遠ざけるのです。エデンの園においてそうであったように人は神を避けるようになるのです。そして人は神から離れ、神なしに生き、霊的に死んだ者となります。さらに肉体も死ぬ者となります。

罪とは何でしょうか。

「罪の力は律法です」

とあります。律法は、神の掟を意味します。罪とは、神の掟に背くことです。神の掟を知っている人は、神の掟を破ったとき、自分が罪を犯したと知ります。神の掟を知らない人は、罪を犯しても、自分が罪を犯したと知ることはありません。でも神の掟を知ると、自分が罪を犯したことを知ることができます。

神の掟を<律法>と呼びます。<罪>を意味するギリシャ語は、聖書で、単数形と複数形の両方が使われています。複数形で使われるときは、それは個々の具体的に神の掟に背いた行為を指します。しかし、罪という言葉が単数形で用いられるとき、それは、一種の力を意味します。死が人間を支配したように、罪もまた人間を支配するのです。人間を支配する力を罪は持っているのです。ですから、罪を犯さない人間は一人もいません。罪の支配から逃げることのできる人、罪の力に打ち勝てる人は一人もいません。

使徒パウロがこんな事を述べています。

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

パウロは人間の心の中に罪が住んでいると言います。人間の心に働きかける強力な力としての罪をパウロは知っているのです。

56節に

「罪の力は律法です」

とあります。罪は、律法によって力を振るうというのです。罪は神の掟によって力を振るうというのです。奇妙ですね。罪は二つの仕方で、神の掟を用いて人に罪を犯させます。

第一に、神の掟に対する違反を促します。エデンの園にいた人間、アダムとエバは、善悪を知る知識の木の実を取って食べてはいけないと命じられました。「取って食べてはいけない」と言われると食べたくなる思いが湧いてくるのは事実です。そこに蛇が食べても死にませんというので、彼らは食べてしまいました。罪は神の掟を利用して人間に罪を犯させ、人間を神から離れさせ、霊的な死に導くのです。

第二に熱心に神の掟を守らせ、罪を犯させます。人は神の掟を熱心に守り、自分の正しさを誇るようになります。そして、自分は神の教えをこれだけ守っていると誇り、高慢になります。この人々は、神の掟を守らない人を見下す特徴があります。福音書に登場する律法学者、ファリサイ派の人々が該当します。イエス様はこのような人を、神の心からかけ離れていると批判しました。

このようにして、罪は神の掟を利用して、人間に罪を犯させ、人間を神から離れさせ、神なしに自分の力で生きるように導くのです。人間は、神の前に罪を犯す者となり、神の怒りを受ける者となってしまいました。神に見捨てられる者となったのです。死と罪に支配されてしまいました。そして人は死んで滅びることとなりました。生きていても、生きる喜びを失い、死を恐れつつ、空しさの中に生きているのです。そして死んで神の怒りによって滅びるのです。これが人間の置かれた悲惨な情況です。神なしに生きる人間は、直面する問題に対して、どのように対処していいか分からず、悩み苦しみます。これが人間の置かれた悲惨な情況です。

しかし幸いなことに、救い主、イエス・キリストがおられます。イエス様の十字架の死と復活は、死の支配と罪の支配を打ち砕いたのです。支配者としての死は敗北したのです。ヘブライ人の手紙の言葉を使えば、イエス様の十字架の死と復活は、

「死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさった」(ヘブル2:15)

のです。罪の支配も打ち砕かれました。

「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです」。

このような告白をする人間、罪の支配下にある惨めさを味わい知った人にとって、罪の支配からの解放は、この上もない喜びです。

「死よ、お前の勝利はどこにあるのか。死よ、お前のとげはどこにあるのか」。

この告白を共にできるのです。それ故、

「わたしたちの主イエス・キリストによって勝利を賜る神に感謝しよう」。

テサロニケの信徒への手紙一にこうあります。

「神は、わたしたちを怒りに定められたのではなく、わたしたちの主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです」(テサロニケ一5:9〜10)。

私たちは<主と共に生きる>者とされたのです。私たちはこの世においても主と共に生きる者とされています。この世を去っても、主と共に生きる者とされています。私たちは神の国に迎えられ、神と共に生きる者となります。大事なのは、神と共に生きること、主と共に生きることです。私たちが神と共にあることは、私たちが死んだとしても、変わりがありません。詩篇に素敵な言葉があります。

「後の世に語り伝えよ、この神は、代々限りなく私たちの神、死を超えて、私たちを導いて行かれる、と」(詩篇48:14)。

そこでこのように勧めが為されます。

「わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい」。

生活のすべての面で、神と共に生きるのです。どんな時も生活の中で、神と共にある者として、いかに生きるか、振る舞うかを考えて生きるのです。そのために聖書を読み、神さまの導きを受けるのです。これがすべての信仰者にとって、主の業に励むということです。

神に召されて、特別な主の業に励むこともあります。その時、私たちの歩みは、空しく終わることはないのです。私たちが何を成し遂げたのか、どれほどのことを成したのかではなく、神と共に生きる、ここに人の歩みのまことの価値があるのです。

「主に結ばれているならば、自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです」

とあります。<知っているはず>とありますが、これは。私たちはこのように信じて生きる者ですとの告白です。

祈り
天の父、イエス・キリストの十字架の死と復活、 そこに示されたあなたの救いのみ業を感謝します。 あなたは、わたしどもを 死の支配と、罪の支配から解放してくださいました。 この大いなる恵みに感謝します。 救い主なる神様と共に いつも、どこでも共に生きることができるように助け導いてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。