今日は主イエスの復活を祝う礼拝です。キリスト教は、イエス・キリストは復活したと宣べ伝えるところから始まりました。今日読んだ聖書は、イエス様の弟子のペトロの説教です。この説教の中で、ペトロは、32節でこう語ります。

「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です」。

このペトロの説教を読みながら、神さまのささやく声を聞く思いがしました。

「あなたも、主イエスの復活の証人である」

との声です。<あなたも>つまり、私も、皆さんも、です。皆さんは、言うでしょう。私は復活したイエス様に会っていないと。私たちはイエス様の弟子たちのように直接、復活したイエス様に出会ってはいません。しかし、わたしもあなたも、主イエスの復活の証人です。ペトロが語ったように、私たちも「神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です」と証言したいと思います。

人は言うでしょう。復活なんて、そんなことあり得ないし、信じることはできないと。しかし、私たちは直接自分で見ていないこと、経験していないことを信じています。たとえば、徳川家康という人物がいたと信じています。彼に直接会ったことがないのに、彼が存在していたことを信じています。なぜ、信じることができるのでしょうか。彼が存在したこと、彼の業績を語る歴史的資料がいくつもあるからです。しかもそれらの資料に信頼性があるからです。資料という間接的な証拠によって、私たちは自分が直接見たことのないことについて信じることがあります。他の人が信じているからというのも信じることができる理由となります。主イエスの復活を信じることについては二つ問題があります。

第一の問題は、主イエスの復活を伝える聖書の信頼性の問題です。イエス様の復活を伝える資料は、聖書しかありません。だからもし、聖書が信頼できない書物であるなら、聖書が語る主イエスの復活も信じる根拠が乏しいことになります。聖書が信頼できる書物か否かは、各自が判断することになります。しかし聖書が、世界のベストセラーの書物であることは、これが信頼できる書物であることを示しています。

第二の問題は、復活という出来事が起こりうるか否か、という問題です。復活は、死んだ人が生き返ったということではありません。生き返るのであれば、また死にます。復活は、死んだ人が、死なない者になることを意味します。イエス様は死んだ人を生き返らせる奇跡を行った例外がありますが、死んだ人が生き返ること自体、あり得ないことです。まして死なない者になるなどということも考えられないことです。そのような復活という出来事が起きたかどうかです。多くの人は信じられないと言います。自分の理性、知性では納得できないからです。物事の最終的な判断基準が自分にある人は、復活は信じられないでしょう。その人は結局、自分が信じられることは信じるが、自分が信じることのできないことは信じないことになります。

十字架につけられたイエス様が救い主であることは、ユダヤ人には躓きであり、ギリシャ人には愚かなものです。コリント一2:9にこう書かれています。

「目が見もせず、耳が聞きもせず、/人の心に思い浮かびもしなかったことを、/神は御自分を愛する者たちに準備された」。

神は、人間の心に思い浮かびもしないことをなさるのです。人間が信じがたいことを神はなさると聖書は告げるのです。旧約聖書のイザヤ書にもこう書かれています。

「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なり/わたしの道はあなたたちの道と異なると/主は言われる。天が地を高く超えているように/わたしの道は、あなたたちの道を/わたしの思いは/あなたたちの思いを、高く超えている」(イザヤ55:8〜9)。

神を信じるとは、人間の思いを超える<こと>を信じることです。ですから、信仰は神の賜物と言われます。神さまが、信じさせてくださるのです。「求めなさい、そうすればあたえられる」とあるように求めれば、神さまは信じさせてくださいます。

復活という出来事が起こりうるかどうか、答えは簡単です。聖書が告げる神は、全能の神です。つまり神さまは御自分がしようと思えば、何でもできるのです。神さまが欲すれば、欲したとおりになるのです。神さまが、十字架で死んだイエス様を復活させようとしたので、主イエスは復活されたのです。全能の神を信じるなら、復活を信じることに困難はありません。復活が信じられないということは、神が全能であることを信じられないということです。全能の神を信じることができないということです。全能の神を信じる人は、ためらうことなく、主イエスの復活を信じるでしょう。信仰は神の賜物です。私は若いとき、何人ものクリスチャンの女性とお見合いしました。その時、私は信仰を持っていませんでした。見えない神を信じる、死んだ人間の復活を信じる、とても不思議に思えました。何で信じられるのだろうと思いました。でも私が神を信じたとき、何のためらいもなく、復活を信じることができました。神さまに導かれれば、主イエスの復活は信じることができるのです。

さて、今日の聖書はペトロの説教です。このペトロの説教は特別な出来事が起きたときになされた説教です。何が起きたのでしょうか。2章1節に<五旬祭の日が来て>とあります。この五旬は50を意味します。つまり過越の祭りから50日後の五旬祭の日ということです。この過越の祭りの時、イエス様は十字架について死にました。死んで三日目にイエス様は復活されました。復活して40日後にイエス様は天に帰りました。天に帰るとき、神の約束されたものを待ちなさいと弟子たちに命じられました。そしてそれから10日後、つまりイエス様が復活してから50日後に神の約束されたものが弟子たちに与えられました。弟子たちの上に聖霊が降ったのです。弟子たちは聖霊に満たされて神の偉大なみ業を語り出しました。しかも外国語で。弟子たちはガリラヤ出身で外国の生活経験はないので、外国語を知らないのですが、聖霊に導かれて、自分の知らない外国語で神のみ業を語るという不思議な出来事が起きたのです。そんな弟子たちの姿を見て、ある人たちは、弟子たちが朝から酒に酔っていると嘲笑いました。そこでペトロは何が起きたのかを語り出したのです。

ペトロが語ったことは三つあります。一つは、イエス様の地上での働きです。イエス様は、人々の病気を癒やしたり、人々から悪霊を追い出したり、奇跡を行いました。それはイエス様が神から遣わされて活動したことを意味しているとペトロは語ります。そして十字架で処刑されて死にますが、それは神さまの計画の中にあったことだと語ります。

ペトロが語った二つ目のことは、イエス様が復活したことです。ペトロは旧約聖書にある詩篇16篇を引用します。そこには、27節、

「あなたは、わたしの魂を陰府に捨てておかず、/あなたの聖なる者を/朽ち果てるままにしておかれない」

とあります。陰府とは、死んだ人が行くところと人々が考えていた場所です。神さまは、イエス様の魂を陰府に捨て置くことはしない、イエス様の亡骸が朽ち果てるままにはしないと書いてある、つまりこれは、イエス様が復活することを意味しているとペトロは言うのです。

31節では、この詩篇の作者のダビデは、キリストの復活を前もって知っており、キリストについて、この詩篇16で書いているとペトロは説明します。ダビデとは、イスラエルの王で、イエス様が生まれる千年前の人です。そんな昔のダビデがキリストの復活を知っていたというのは、解釈として無理があるんじゃないかと私たちは思います。イエス様の死と復活に直面した弟子たちは、イエス様の死と復活が何を意味しているのか、どんな意味があるのかを知るために、聖書(旧約聖書)を調べたのです。旧約聖書から、イエス様の死と復活の意味を探ろうとしたのです。イザヤ書53章には、イエス様の十字架の意味が分かります。ペトロは、詩篇16篇を引用し、主イエスの復活が何のためであるかを知ったのです。神さまは、イエス様を復活させ、

「命に至る道」

を示されたのだというのです。

ペトロが語った三番目のことは、天に上げられたイエス様の働き、つまり聖霊の注ぎです。33節では、

「それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです」。

復活した主イエスは、天におられる神の右にあげられ、そこから約束された聖霊を注がれました。今、弟子たちが聖霊に満たされて外国語で神のみ業を語っているのは、この約束された聖霊が注がれたという出来事なのだ、とペトロは説明したのです。イエス様が復活したからこそ、天に上げられ、聖霊を注がれたのだと語ったのです。聖霊の注ぎ、それはイエス様の復活があったからこそであると語るのです。弟子のペトロは、復活したイエス様と直接会っています。だから「神はこのイエス様を復活させられたのです。私たちは皆、そのことの証人です」と語ることができました。そして今、この聖霊の注ぎ、これもまたイエス様の復活の証拠であるとペトロは語るのです。復活があるから、聖霊の注ぎがあり、聖霊の注ぎがあるのは、復活があるからです。聖霊の注ぎを受けた、そのこともまた弟子たちがイエス様の復活の証人である理由の一つとなります。

私たちは直接、復活したイエス様に会ってはいません。復活したイエス様の目撃者ではありません。しかし、私たちも、イエス様の復活の証人となることができます。何故なら、イエス・キリストが<わたしのうちに生きている>からです。使徒パウロは述べました。

「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(ガラテヤ2:20)

パウロは、クリスチャンを迫害する人でした。しかし復活したイエス様に出会い、イエス様を宣べ伝える人になりました。彼は、自分の内に、キリストが生きているという経験をしたのです。イエス様が復活したからこそ、自分のうちに生きているという体験をしたのです。

イエス様が、わたしのうちに生きておられるという出来事は、信仰が成熟した人に起きる出来事ではありません。信仰者の目指すべき目標でもありません。むしろ信仰者の出発点です。イエス・キリストがわたしのうちに生きておられると信じ、信仰の歩みを始めるのです。もう一度言います。イエス・キリストがわたしのうちにおられるというのは、信仰生活の目標ではなく、信仰生活の出発点なのです。ヨハネ福音書14章20節にはこう書かれています。

「かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる」。

かの日とは、聖霊が与えられる日のことです。聖霊が与えられるとは、イエス様が私のうちに来てくださることだとヨハネも語っているのです。私たちがイエス様を救い主と告白し、洗礼を受けるとき、私たちは聖霊が与えられます。

「悔い改めなさい。めいめいイエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます」(使徒2:38)。

そしてイエス様が私たちのうちに住んでくださるのです。

別な点から考えます。昔イスラエルの人々は罪を犯したとき、赦しを得るために、動物をいけにえとして献げました。イエス様は罪の償いのためにいけにえになりました。イエス様は、救い主として、信じる者の心に住み、信じる者を生まれ変わらせるのです。動物のいけにえには、人間の心を変える力はありません。イエス様は、いけにえとなって十字架で死にましたが、復活し、信じる者の心に住み信じる者を新しく生まれ変わらせます。もしイエス様の復活と信仰者の生まれ変わりがなければ、十字架上のイエス様といういけにえは、動物のいけにえと何ら変わることがありません。

私たちの内にイエス様が生きておられます。<わたしの内にイエス様が生きておられる>と私たちが告白するとき、私たちは、イエス様の復活の証人なのです。これはとても素晴らしいことです。パウロはこの素晴らしさを知るなら、富も名誉も権力も、皆くずに等しい、と述べています。あなたはイエス・キリストが復活されたことの証人なのです。喜ばしい知らせです。

祈り
天の父なる神様、 イエス様が復活されたこと、 それは言い換えれば 主イエスが私たちのうちに住んでくださるということです。 私たちもまた、主イエスの復活の証人です。 主の復活の証人として生きるチャレンジに生きる者としてください。 日々御言葉を慕い求め、 私のうちに主が生きてくださいますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。