イエス・キリストを信じる者は、それだけで救われると今日の聖書は述べます。イエス・キリストを信じるなら、神さまはその人を義とし、正しい者と見てくださいます。<それでいいのって>思う人もいるかも知れません。やっぱり、神さまの教えを守らないと、正しい者と見てもらえないのでは、と考えるかも知れません。神様の恵みを得るためには、神さまに喜ばれることをしなければと思うかも知れません。神さまは、イエス様を信じる人を、喜んで受け入れ、正しい者と見てくださいます。神さまの教えを守らなくても、イエス様を信じる人を神さまは、正しい者と見てくださいます。

今日読んだガラテヤの信徒への手紙は使徒パウロが書いたものです。パウロは、イエス様のことを宣べ伝える務めを神から与えられ、神から派遣されました。神から遣わされてイエス・キリストを宣べ伝える人を使徒と呼びます。パウロが伝道してできたガラテヤの教会に問題が発生しました。それは救いに関わる問題でした。イエス様は神様のことをイスラエルの人々に語りました。つまりユダヤ人に向けてイエス様は神様のことを語りました。やがてイエス様が十字架の上で亡くなり、復活をされ、天に上げられると、イエス様が救い主であることを弟子たちが宣べ伝え始めます。最初の信者はユダヤ人たちでした。教会の最初のメンバーはユダヤ人だったのです。やがて教会にはユダヤ人でない人たちも加わってきます。弟子たちはユダヤ人だけではなく、すべての人にイエス・キリストを宣べ伝え始めたからです。教会の中にユダヤ人とユダヤ人でない人たちがいます。そこで問題が発生しました。ユダヤ人たちは、もともと自分たちは神の民であると信じていました。彼らは律法を守ることに熱心でした。特に安息日の戒め、割礼、食物規定を守ることに熱心でした。なぜならば、これらのことを守ることによって彼らは自分たちが神の民であると自覚したからです。

彼らがこのように律法を守るには理由があります。旧約聖書にはイスラエルの民の歴史が書かれています。イスラエルの民は、大国の侵略に苦しみました。大国の侵略によってイスラエルの国は滅びました。その時、イスラエルの有力者たちは捕虜となってその大国に連れて行かれました。彼らは異国の地で生活をすることになります。彼らは安息日に礼拝を守り、食物の規定を守り、割礼を施し、自分たちは神の民であるとの自覚を持ち続けたのです。この自覚を失えば、彼らはたちまち、支配民族に同化し、やがて歴史の中で消えてゆきます。イスラエルの民は神の民として、特に安息日の戒め、食物の規定、割礼を守ることをとても重要に考えていたのです。

主イエスを信じたユダヤ人は、神の民であるという自覚は持ち続けました。ガラテヤの教会にはユダヤ人もまたユダヤ人でない人々もいました。ユダヤ人でない人たちのことを異邦人と呼びます。そのガラテヤの教会にユダヤ人キリスト者の教師がやってきます。すると彼らは、私たちは神の民であり、律法を守る必要があると教えたのです。律法を守る必要があるのか否か、教会の中に混乱が生じました。パウロはガラテヤの教会に手紙を書いて、この問題について解決を示しています。パウロの答えは16節にあります。

「人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされるのです」。

「義とされる」は、神の目に正しい者と認められるとの意味です。つまり神に受け入れられる者となることを意味しています。パウロはイエス・キリストを信じれば、それだけで神に受け入れられる、と語ります。つまり安息日とか割礼とか食物規定を守る必要はないと教えているのです。

神様に受け入れられ、救われるのに必要なことはイエス・キリストを信じることだけです。イエス・キリストを信じるだけで、神に受け入れられるのです。神に受け入れられる、つまり救われるのです。人が救われるには、イエス・キリストを信じるだけでいいのです。

このようなガラテヤ教会における問題は、私たちの問題ともなります。私たちは聖書から、イエス・キリストを信じれば正しい者とされるイエス・キリストを信じれば、救われると教えられています。しかし、神に喜ばれることをしないと、救われないのではないか神の教えをきちんと守らなければ、神に受け入れられないのではないかそんなことを時に考えるのです。特に物事がうまくいっていないと、神さまの教えを守っていないから、こうなったのだと考え、自分を責めたりするのです。あるいは、聖書を読むことや祈ることも少ない、これでは神さまに喜ばれない、受け入れてもらえないなどと考えるのです。こうして、神さまの教えを守らなければならない、信仰者としてふさわしく振る舞わなければならないと考え、守らないから、ふさわしい振る舞いをしないから、神様の恵みが少ないのだ、とか神さまが顧みてくださらないのだ、などと考えてしまうのです。

こうして、信仰者は、こうしなければならない、ああしてはならない、と窮屈な信仰の歩みをすることになります。<イエス様を救い主と信じていれば、神さまの教えを守らなくても、神さまはわたしのことを愛し、わたしのことを受け入れてくださると信じる>と言い切ることにためらいを感じる人が多いのです。このためらいは捨てるべきです。

パウロはもともと律法を熱心に守る人でした。十字架につけられたイエス様を救い主と信じるなんて、間違いもはなはだしい、木につけられて死んだ者は神に呪われた者であって、そんな者を救い主と信じるなんて、神を冒?することだと考えて、クリスチャンを迫害していたのです。その彼が、突然、イエス・キリストを救い主と宣べ伝え始めたのです。彼に何が起きたのでしょうか。なぜ、イエス・キリストを信じるだけでいいのだと、言い切れたのでしょうか。イエス様を信じるだけでなく、律法を守ってもいいじゃないかという意見に対して、なぜ、強く否定するのでしょうか。パウロは、律法を行うことを主張する人に対して、神に呪われるがよいと、この手紙の最初に書いています。

パウロにとって決定的な体験は、復活したイエス・キリストに出会ったことです。コリントの信徒への手紙の一15章でパウロはこう書いています。

「最も大切なこととして私があなたがたに伝えたのは、私も受けたものです。すなわち、キリストが聖書に書いてあるとおり、私たちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また聖書に書いてあるとおり、三日目に復活したこと、そしてペトロに現れ、その後12人に現れ、そして最後に、わたしにも現れました」。

復活したイエス・キリストとの出会い、これが彼の信仰に決定的な変化をもたらしたのです。十字架にかけられ、神に呪われた者が、救い主となったのです。以前の彼にとって迫害の対象となった人間になったのです。何が起きたのでしょうか。

「神に対して生きるために、律法に対しては、律法に死んだのです。私はキリストと共に十字架につけられています」(19節)。

「律法に死んだ」というのは、律法との関係はなくなった、つまり律法の支配のもとにはいないとの意味です。つまり、律法を守らなければならないという義務から解放されたという意味です。神に対して生きるために、つまり神の支配の下に生きるために、律法の支配から解放されたというのです。信仰に生きるとは、神が共におられることを信じて生きることであり神さまの御支配の下に生きることです。律法の支配の下に生きることと、神の御支配の下に生きることは対立するのです。パウロは言うのです。律法の縛りから自由になってこそ、神の御支配の下に生きることができるのだと。神の御支配の下に生きるから、律法の縛りから自由になるのだと。以前のパウロは、律法を守ることに生き甲斐と誇りを感じていましたから、180度の転換をしたことになります。なぜ、それが可能となったのでしょうか。

「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしのうちに生きておられるのです」(20節)

これ、これです。キリストがわたしのうちに生きている、これがパウロの信仰の体験です。キリストがわたしのうちに生きていると信じて生きる、これこそ信仰なのです。律法を守って生きる信仰とのなんという違い。キリストがわたしのうちに生きていることの素晴らしさと比べたら、律法を誰よりもきちんと守ってきたという誇りなど、くずに等しいとさえ述べるのです。わが内に住まわれるキリストと共に生きる時、律法の縛りは消えてなくなるのです。私たちは、安息日の戒め、割礼、食物規定にもともと縛られていませんが、隣人を愛しなさいと言う、神の戒めを与えられていて、これを守らなければならない、という律法の縛りを感じることがあります。礼拝に出なければ、聖書を読まなければ、祈らなければ、という縛りを感じることがあります。でもこのような縛りから、私たちは自由になったとパウロは告げるのです。この自由こそ、救いに他なりません。

「私が今、生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰によるものです」。

とあります。神の子、イエス・キリストに対する信仰によって、私は今生きているとパウロは語ります。イエス・キリストがわたしのうちに生きているとの信仰によって、私は今生きている!イエス・キリストがわたしのうちに生きているという、新しい出来事が起きているのです。イエス・キリストを信じる者は、罪が赦され、神の目に正しい者とされるだけではないのです。イエス・キリストを信じる人は、新しい人になったのです。その人の内にイエス・キリストが生きておられるのです。

イエス・キリストを信じるあなた、あなたは、以前は、礼拝に出ていませんでしたが、礼拝に出るように、しかも毎週礼拝に出席するように変えられました。あなたは、以前は、聖書も読まず、祈りもしなかったのに、今は聖書を読み、祈るように変えられました。あなたは、以前は、自分のことしか考えなかったのに、隣人を愛することを意識するようになりました。あなたは新しい人にされたのです。あなたは生まれ変わったのです。あなたが聖書を読み、聖書の言葉が、あなたの心に宿ります。言い換えると、イエス・キリストがあなたのうちにおられるのです。聖書の言葉によってあなたが生きようとするとき、あなたの内にキリストが生きておられるのです。祈りにおいても、「主よ」とキリストに呼びかけ、祈ることができます。主よと呼びかけ、キリストとの親しい交わりの中に生きることができます。あなたが認めさえすれば、キリストはあなたのうちに生きておられるのです。

キリストが私と共におられる。わたしのうちに生きておられる。キリストとの交わりに生きることができる、これこそ義とされた恵みです。キリストとの交わりに生きるこれこそ義とされた人の生き方です。これが神の子キリストに対する信仰によって生きるということです。この信仰に生きたパウロは、キリストを知ることは、本当に素晴らしいことだと語っています。

これがパウロの生き方を決定的に変えたのです。復活のキリストはパウロに出会っただけではなくパウロのうちに住んでくださったのです。そしてそれは、今も信仰者の身に起きることです。あなたの身に起きることです。あなたが認めさえすれば、キリストはあなたのうちに生きておられるのです。

「私は神の恵みを無にはしません」(21節)。

神さまは、イエス・キリストを信じる者の罪を赦し、正しい者としてくださり、それに加えて、新しく造り変え、キリストを内に住まわせてくださるのです。イエス・キリストを信じる者に、この恵みを備えておられるので、律法を守らなければならないという思いは見当違いも甚だしいです。神に喜ばれようとするなら、この恵みを受け取ることです。

「律法のお陰で義とされるとすれば、それこそキリストの死は無意味になってしまいます」(22節)

律法を守って神の前に正しい者、神に受け入れられる者になろうとするなら、キリストの死は無意味になります。神の備えた恵みの道を無視するのですから。私たちにとって大切なことは、律法を守り、律法の縛りに生きるのではなく、キリストがわたしのうちにおられることを信じて生きることです。キリストを私に内に住まわせて生きることです。つまり、神の恵みに生きることです。?

祈り
天の父なる神様、イエス様を信じる者をあなたは受け入れ、神の子として愛してくださることを感謝をします。聖書を読まなくても、祈らなくても、あなたの教えを守らなくても、あなたが私たちを愛し、受け入れてくださり、救いに入れてくださることを感謝します。この神様の恵みに堅く立つ者としてください。イエス様を信じる者の内にイエス様は生きてくださいます。この恵みも感謝をもって受けとめることができますように。私たちの内に、イエス様が生きておられる現実を認め、感謝し、あなたをたたえることができますように。イエス・キリストの御名により祈ります。