今日は放蕩息子の後半を取り上げます。イエス様がこのたとえを語った理由を確認しておきたいと思います。15章の最初に書かれています。

「徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、『この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている』と不平を言いだした。そこで、イエスは次のたとえを話された」。

徴税人や罪人と言われている人たちは、ファリサイ派や律法学者たちから、神の教えを守らない人たち、と見なされていました。このような人たちとイエス様が一緒に食事をしたり、話をしたりしていたので、何で、あんな連中とつきあうのか、とイエス様を非難したのです。

そこでイエス様はたとえを語られました。最初の二つは、いなくなった羊、無くなった銀貨を見つける話しです。見つけたら、友だちや近所の人たちと喜びを分かち合ったとあります。そしてこれは、罪人が悔い改めたときの神さまの喜びを表しているというのです。

先週は放蕩息子のたとえの前半を話しました。ある人に二人の息子がいました。弟息子は、父から相続する財産をもらい、それを金に換え、家を出て遠い国に行きましたが、そこで放蕩の限りを尽くし、生活に行きづまり、父のもとに戻ってきたことについて話しました。父のもとに戻る、それは神に立ち帰ることを意味します。そして息子が戻ってきたことを父は喜び、喜びを分かち合うべく、祝宴を開いたのです。ここから今日の聖書が始まります。

「ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた」(25節)

兄が畑での仕事を終えて帰ってきたのです。すると家の様子がいつもと違ってにぎやかです。音楽が聞こえ、人々が踊っている様子が伝わってきます。何事かとしもべに調べさせると事情が分かりました。弟が帰ってきて、父が祝宴を開いているとのことです。しかも肥えた子牛を屠ってごちそうが振る舞われているらしいのです。これを聞いて兄は怒り、家に入ろうとしませんでした。なぜ、この兄が戻る前に祝宴を始めたのかという疑問は残りますがこれはそのままにしておきます。すると父は兄息子のもとに行き、彼をなだめます。しかし兄は、父に不満をぶちまけます。

「このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる」(29節)。

真面目に働いている自分のためには何もしてくれないのに、あのどうしようもない弟のためには、子牛を屠る、それは不公平だ、と怒るのです。このたとえを読んだ皆さんの中にも、兄の気持ちはもっともだと思われる方もおられるでしょう。

しかし父は兄息子に言います。

「だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか」(32節)。

これはこれでそうだな、と思えます。父の立場からすれば、家出をした息子が帰ってきたのですから、喜ばしいことです。兄の立場に立てば兄の怒りは無理もない、父の立場に立てば、父の気持ちも分かります。しかし、兄の怒りが消えたわけではなく、兄は少しも納得していないと思います。

イエス様は、このたとえを通して、この父こそ、実は神さまであると述べているのです。神さまに背を向けていた者が、神のもとに帰ってくる、これこそ、神さまの喜びなのだ、とイエス様はおっしゃるのです。<私が徴税人や罪人たちとつきあうのは、彼らが神さまのもとに立ち帰ることを願ってのことなのだ、わたしの行動は、神様のみ心に沿ったものなのだ>とイエス様はおっしゃるのです。父の説明に兄息子が納得しなかったように、ファリサイ派や律法学者たちもイエス様の主張に納得しなかったでしょう。私たちは、イエス様のように、この父は神さまのことであると考えてさらにこのたとえに聞きたいと思います。

弟息子は、父のもとに帰りました。彼は自分の罪を自覚し、悔い改めて父のもとに戻りました。神に立ち帰ったのです。自分のことを責めることなく、喜んで迎えてくれた父の愛を深く感じました。彼は父と一緒にいることを喜びとしたでしょう。父のもとで父に仕えて働くことを幸いとしたことでしょう。

では兄はどうなのでしょうか。彼はいつも父と一緒にいました。彼は父のもとで父に仕えて働いていました。そのことは喜びとなっていないようです。

父は兄息子に言います。

「お前は、いつも私と一緒にいる」

私と一緒にいることが喜びになっているなら、弟が帰ってきたのを一緒に喜んでもらえるのではないか、そう言っているようです。父は兄息子にさらに言います。

「わたしのものは全部、お前のものだ」

おまえの弟はすべてを失って帰ってきた。でもここにあるものはすべて、お前のものだ。お前は豊かなのだ。弟を憐れみ、祝宴を楽しんではどうか、と父は言っているようです。

兄息子は、父の言葉に承服できず、怒ったままだと思います。父からすれば、自分の気持ちを理解してもらえないのは、とても残念なことだと思います。自分の弟が帰ってきたのに、兄息子は喜ばないのです。彼は弟のことを「あなたのあの息子」と呼びます。彼にとって弟は全くの他人です。行いが悪い人間は弟といえども、自分とは関係がないと言っているのです。

父にとって、たとえ放蕩に身を持ち崩したとしても息子は大切な息子です。この父は、愛の深い父なのです。兄息子は、いつも一緒にいてくれたけど、彼の心は自分から離れていることを父は知ったことでしょう。兄息子の心は、父の心から遠く離れていたのです。この兄も、自分のもとに帰ってきて欲しいと父は思ったのではないでしょうか。

ここであらためて神を信じる者は何を喜びとするのか、何を幸いとするのかを考えさせられます。兄息子は、父の言いつけに一度も背かず、父に仕えてきました。そのことを彼は、喜んではいませんでした。喜んでいれば、弟が帰ってきたとき、父と一緒に喜んだはずです。喜べなかったのはなぜでしょうか。彼はよい息子を演じていたのです。よい息子を演じ、父が認めてくれるのを待っていたのです。彼の喜びは、いい息子だと父が認めてくれることにあったのです。父が自分のことを認めてくれている様子が見えないのに、弟が帰り、父が弟のために祝宴を開くのを見たとき、自分を認めてくれない父に対する怒り、不満が一挙に噴き出たのです。

神を信じる私たちの心には、神さまに認めてもらいたいという思いがあります。神さまに認めてもらいたい、言い換えると、私たちの人生がうまく行って欲しいという願いがあるのです。人生がうまく行かないと、神さまなぜ、と言いたくなります。神さま、なぜわたしの歩みを認めてくれないの、と言いたくなるのです。私たちが信仰に励むとき、心のどこかに、神さまに認めて欲しいという気持ちがあるのではないでしょうか。人生が順調にいかない、思い通りに行かないと、心には不満がたまり、信仰に生きる喜びは消えてしまいます。誰か喜んでいる信仰者を見ると、反感を感じます。

このたとえの中で、弟を喜んで迎えた父の姿は、神さまが私たちの存在をすでに喜んでいることを教えています。私たちが何をしたか、しなかったかに関係なく、神さまは私たちの存在そのものを喜んでいることを教えています。兄息子は、このことを知りませんでした。自分がよい息子になって初めて父は自分を認めてくれる、そう考えていたのです。でも違うのです。父は兄の存在を喜び、いつも自分と一緒にいること、自分のもとで働いてくれているのを喜んでいました。兄息子を認め、喜んでいたのです。

昨日、信徒の友の1月号を読んでいました。最初に特集を組んだ理由が書かれていました。

「日本のプロテスタント教会は教勢の停滞に直面しています。本来なら、教会の本質的要素とも言うべき喜びが、教会の中からも、個人の信仰生活からも、失われてきてしまっています。しかし、それは楽しいイベントをすれば解消するものではありません。教会の本質にさかのぼって考えるべき時が来ています」

最初に読んだ「教会の共同体としての自覚と絆の回復」という記事に共感を覚えました。同じ問題意識を持っている人がいるんだとうれしい気持ちになりました。その時、私は複雑な感情になりました。この記事をどれほどの人が受けとめるのだろうかという不安、これに励まされて教会形成に励もうといううれしさ、でもどれほどのことが自分にできるのかという焦り、自分を含め、このような停滞を放置してきた者たちへの憤りなど、複雑な思いに囚われました。牧師という務めを果たしていますが、一人の信仰者として、何を喜びとすべきか、問われました。帰るところは決まっています。忠実に務めを果たすことを喜べばいいのです。自分がどれだけのことをしたのか、神がどれほど報いてくれるのか、自分のしたことを誇りたいという思いが、時に湧いてきて、焦りや、失望を味わうことがあります。でも違うのです。自分が何を為したかではなく、神と共に歩む、それが喜びなのです。今日の説教の準備をする中で、私の心が整えられました。

信仰とは、神があなたのことを喜んで受け入れていることを信じることです。神があなたの存在を喜び、あなたの人生を顧み、あなたを導こうとされていることを信じることです。神があなたを顧みるのは、あなたが何かをしたからではなく、神があなたを愛しているからです。だから、神が共にいてくださることがすでに、喜びなのです。私たちの頑なな心は、私たちに対する神の愛を見ないで信じることができません。神の顧みが私たちの人生の中に具体的に現れて神の愛を信じるのです。神の顧みのしるしが現れないと、神の愛を疑うのです。キリストの十字架において、神は、宣言されているのです。

「わたしはあなたを愛している」

キリストの十字架ほど、私たちに対する神の愛を示しているものはないのです。

聖書に、いつも喜んでいなさい、すべてのことに感謝しなさいとの命令があります。これはむずかしいと多くの人がおっしゃいます。神さまが自分のことを顧みてくださっているというしるしをいつも見ることができないので、いつも喜ぶことはできない、すべてのことを感謝することはできないと考えるのです。

信仰者は、いつも喜び、すべてのことに感謝するのです。何故なら、神さまが、いつも共にいて、あなたを愛してくださっているからです。妻は何を幸せに感じるのでしょうか。夫が毎日、何かプレゼントを買ってきてくれないと、つまり愛のしるしを見せてくれないと、幸せを感じることができないのでしょうか。夫が共にいる、それが本来、妻の喜びではないでしょうか。夫の喜びも同じです。妻が自分のために何かをしてくれる、くれないに関係なく、妻が共にいる、それが本来、夫の喜びです。つまり、夫婦が愛し合っている、そこに喜び、幸せの源があります。信仰の場合も同じです。神が私を愛してくださっている、私も神さまを愛する、そこに信仰に生きる喜びと幸いがあります。神さまを愛することが具体的に分からないというのであれば、神さまの心を大切にすると言い換えることができます。神さまが私の心を大事にしてくださる、私が神様の心を大切にする、お互いに相手の心を大切にする関係にある時、私たちは喜びと幸せに包まれるのです。

イエス様が語られたたとえは、この喜びと幸せにあなたは招かれていると教えています。

祈り
天の父なる神様 あなたを崇めます。 あなたに愛されていること、 あなたがわたしの存在を喜んでくださっていることを 素直に喜ぶことができますように。 あなたが共にいてくださる、そこに喜びを見いだすことができますように。 自分があなたの顧みの中に置かれていることを信じ、 いつも喜んで生きることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。