イザヤ書55章7節に次のような言葉があります。

「主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。私たちの神に立ち帰るならば、豊かに赦してくださる」。

神に立ち帰り、神の子とされる、これが人間の幸せです。どんな悩み、困難の中にあっても、悲しみや辛さの中にあっても、神の子とされていることが私たちに喜びを与えてくれます。あなたは、神の子とされた幸せをいただいていますか。

ある人に二人の息子がいました。そして弟息子が、自分が相続できる財産を分けて欲しいと父に頼みます。すると父は、自分の財産を二人の子供に分けます。分けてもらうとすぐに、弟は財産を金に換え、遠い国に旅立ちました。なぜ、弟は父の家を出て、遠い国に旅立ったのでしょうか。イエス様は、その理由を語りません。人はしばしば親の元を離れて生活したいと願います。その理由は、人によって異なります。あなたも親元を早く離れて生きていきたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

弟は遠い国に旅立ったとあります。遠い国とは、物理的に遠い場所を指しますが、父との関係が完全に切れている場所を指していると思われます。弟は、すぐに放蕩の生活を始め、財産を無駄遣いしてしまいます。すべて使い果たしたとき、ひどい飢饉が起きます。そして食べるにも困り始めます。イエス様はこのたとえにおいて、余計な説明はしないで、父のもとを離れた息子が、あっという間に行き詰まってしまったと一息に語ります。ある人のもとに身を寄せましたが、何の役にも立ちません。飢え死にしそうになります。

そして彼は、我に返るのです。まず彼は気づくのです。父のところでは、大勢いる雇い人のだれもが、有り余るパンがあったということに気づくのです。父のもとを離れている自分は飢え死にしそうだが、父のところにいる雇い人には、パンが沢山あるという事実に、弟は気づきます。そして彼は悟るのです。自分は、父に対して、天に対して罪を犯したと。天に対してとは、神に対して罪を犯したとの意味です。

彼は自分の罪に気づきました。彼は自分の罪に気づき、父のもとに帰ります。このたとえの父は、神さまを指しています。人は自分の罪に気づき、赦しを求めて神に立ち帰ります。ここでもイエス様は、その罪が何であるかを語りません。弟は何を罪と自覚したのか分かりませんが、想像してみます。聖書を読んで思い巡らすのです。たとえば、父から相続した財産を浪費してしまったことを罪と感じたかも知れません。あるいは、財産を無駄遣いしてしまう至らない自分を申し訳なく思い、自分は父の名誉を汚したと罪を思ったかもしれません。あの人の息子は、あんな愚かなことをして、と父の名誉が汚れるのです。あるいは、父のもと、つまり神のもとを離れたことを罪と感じたのかも知れません。

大切なことは、弟が父のもとに帰ることを決めたことです。私たちは、神を信じて生きるようになればなるほど、自分の罪に次々に気づかされていきます。そこで大切なことは、自分の罪に打ちのめされることではなく、赦しを求めて神に立ち帰ることなのです。赦しをいただき、神の子とされていることを今一度喜ぶことです。弟は、父のもとに帰る決心をしました。父のもとに帰る、神のもとに帰る、これが大事なのだとイエス様は教えるのです。

そもそもイエス様が、この15章で三つのたとえを語っていますが、その発端は、イエス様が徴税人とか罪人とか呼ばれる人たちと交際をしていたことにあります。ファリサイ派、律法学者と呼ばれる人たちが、イエス様に、何であんな連中とつきあうのか、と非難したことがたとえを語る発端でした。イエス様は、誰であろうと、神に立ち帰ることが大切なのであり、徴税人や罪人たちが神に立ち帰るために、関わっているのだとイエス様はおっしゃるのです。

帰る決心した息子は、次のことを父に言うと決めました。

「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人としてください」。

そして父のもとに帰るのです。彼の父は実は息子を、いつ帰ってくるのか、いつ帰ってくるのかと待っていました。そのことが次のことで分かります。

「まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って」

遠くにいる息子を見つけたのは、偶然ではありません。今か、今かと息子の帰りを待って、家の外でいつも、眺めていたのです。そして息子の姿を見つめるや、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻したとあります。よく帰ってきた、よく帰ってきた、うれしいよ、と息子を迎えたのです。息子の帰りを喜び、息子を受け入れるのです。良い服を着せ、指輪をはめてやり、足にはきものを履かせ、そして祝宴を開くのです。

この父親の姿を見て、あなたは何と思うでしょうか。甘い父親だ、と人は言うかも知れません。財産を使い果たしたのだから、一言詫びを言わせなければならない。何も言わずに息子の帰りを喜ぶなんて、と感想を持つ方もおられるでしょう。

でもこの父親は、息子を憐れに思ったのです。放蕩で財産を使い果たす、それは問題でしょう。しかし誰にでも過ちはあります。完全な人間はいません。だれにも至らない点があるし、弱さがあります。間違いを犯すこともあります。この父は、息子の過ちを責めず、息子を受け入れるのです。父は息子に憐れみをもって接するのです。父の愛です。親は、子供に正しく振る舞うように育てるべきですが、そのために親は、まず愛をもって子に接しなければなりません。親の愛が、子供の振る舞いを正すことになります。正しいことだけを要求しても子供の態度は変わりません。

息子は、決めていた通りに話します。

「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません」。

しかしこの父親は、この言葉を聞いていません。

「息子と呼ばれる資格はありません」

と息子が言ったにもかかわらず、帰った息子に良い服を着せます。自分の息子だと誰もが認める装いをさせるのです。そして祝宴を開き、喜びを分かち合うのです。いなくなった羊を見つけた羊の所有者が、無くした銀貨を見つけた女性が、それを見つけた喜びを友だちや近所の人と喜びを分かち合ったようにこの父親も、雇い人と共に喜びを分かち合うのです。

この父親は、息子と呼ばれる資格なんて全然考えていません。息子は息子なのです。息子としてふさわしくない行動があったかも知れません。しかし、

「そんなことをするなんて、自分の子供ではない」

などとは言わないのです。立派であろうがなかろうが、息子に変わりはないのです。立派であろうがなかろうが、愛すべき大切な息子なのです。

ファリサイ派や律法学者たちは、イエス様とは考えが違います。彼らは、立派な信仰者が神に喜ばれると考えています。神の教えを守ること、それが神に喜ばれるための資格だと考えるのです。そしてその資格を得るために神の教えを守る努力をします。そういう自分を誇ります。そして神の教えを守らない人たちを見下します。彼らにとって大切なのは、立派な信仰者になることです。

しかしイエス様にとって大切なことは、人が神のもとに立ち帰ることです。神のもとに行くことです。資格があるかないか、そんなものは関係がないのです。自分の罪を知り、赦しを求めて、神に立ち帰る、神のもとに行く、それが大切なのです。立派な信仰者なんていません。だれもが罪を犯します。人は赦しを得て、神のもとに行くことができるだけです。そして、憐れみに富む神は、私たちを神の子としてくださいます。

私たちが神の子とされるのは、私たちが立派であるからではなく、神の憐れみのおかげです。私たちに資格があるからではなく、神の憐れみのおかげです。父に迎えられた息子は父から責められることもなく、息子として受け入れられたことを喜んだと思います。父が自分を愛し、受け入れてくれていることに、深い喜び、いつも心にわき上がる喜びを感じたに違いありません。神の子にされると尽きることのない喜びを与えられます。この喜び、あなたはどうですか。

宴会を開くに当たってこの父は言います。

「この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ」

この父にとって、息子が遠くの国に行ったこと、父から完全に離れてしまったことは、悲しいこと、辛いことでした。何故なら、息子は死んだに等しいからです。実際、息子は落ちぶれ、飢え死にしそうになりました。父のもとを離れてうまく行くはずがないと父は知っているのです。父のもとを離れれば、行き詰まることを知っているのです。子供が不幸に向かって歩いている、不幸の中に落ちていくのを知る親は、辛く、悲しく、苦しいです。だからこの父は、息子が帰ってくるのを今か今かと待っていたのです。自分から戻ってくるのを待っているのです。

神から離れた人間が、苦しみ悩むのを神さまは辛く感じているのです。一日も早く神のもとに帰ってくるのを神さまは待っておられるのです。人は、間違いを犯した息子が帰ってくるのを待っているとは限りません。帰ってきたとき、

「お前は、俺の息子ではない」

と切り捨てることだってあります。しかし神は決して、そのようなことはなさいません。いつでも、

「よく帰ってきた」

と歓迎してくださるのです。罪を犯す人間を憐れみ、神のもとに戻るのを喜ばれるのです。神の独り子であるイエス・キリスト。この方は十字架で死にました。キリストの十字架の死、それは私たちの罪を赦すものです。

「わたしは赦す、わたしのもとに立ち帰れ」

との神の御心をはっきり示しているのがキリストの十字架です。

預言者イザヤは語ります。

「主に立ち帰るならば、主は憐れんでくださる。私たちの神に立ち帰るならば、豊かに赦してくださる」

神に立ち帰る、これが神さまの、そしてイエス様の願いです。そして立ち帰る私たちを受け入れてくださるのは、神さまが憐れみ深く、愛の方だからです。神に立ち帰り、神さまの子供とされる、これは最高の幸せです。どんな悩み、困難の中にあっても、悲しみは辛さの中にあっても、それでもなお神の子とされている幸せ、喜びが、神に立ち帰る者に与えられるのです。まだ洗礼を受けていないあなた、神に立ち帰り、洗礼を受けませんか。神の子とされているあなた、今一度神に立ち帰り、思いを新たにし、信仰の歩みを新たにしませんか。

祈り
天の父なる神様、 あなたのもとに立ち帰る幸いを教えてください。 あなたのもとに立ち帰るとはどういうことかを考えさせてください。 そして真実にあなたに立ち帰る者としてください。 あなたのもとに立ち帰った幸い、喜びを他の人と分かち合う者としてください。 この喜びが教会に満ちあふれるようにしてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。