ルカ福音書15章には、三つのたとえが書かれています。1〜2節に、このたとえをなぜ、イエス様が語ったのか理由が書かれています。

「徴税人や罪人が皆、話を聞こうとしてイエスに近寄って来た。すると、ファリサイ派の人々や律法学者たちは、『この人は罪人たちを迎えて、食事まで一緒にしている』と不平を言いだした」。

イエス様は徴税人や罪人たちを一緒に食事をし、また彼らに神さまのことを話していたのです。イエス様が罪人や徴税人とつきあっていることがファリサイ派の人、律法学者たちには腹立たしかったのです。徴税人や罪人と呼ばれる人たちは神の教えを守らない人の代表です。ファリサイ派、律法学者は、神の教えを守ることに熱心な人の代表です。ファリサイ派、律法学者には、神の教えを学び、守ろうとしない徴税人や罪人たちは、人間のくずに思えたのです。だから、イエス様がなぜ、そのような人たちとつきあうのか、と不平を言ったのです。イエス様を批判したのです。これを受けて、イエス様は三つのたとえを話されました。今日は、最初の二つのたとえを取り上げます。

「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか」(4節)。

あなたなら、どうしますか。

  1. 羊を捜しに行かない。一匹を捜しに行っている間に泥棒が来て、羊を盗んでいく可能性もあるし、獣が羊を襲う可能性もあります。いなくなった羊はあきらめた方が、結局は得であると考えるのです。この場合、羊を捜しに行くことはしません。
  2. 捜す努力はするが中止することもある。捜しに行くが見つからない場合、果てしなく探し続けることはできないと考える。仕方がないと考え、捜すのをやめるのです。
  3. 見つかるまで捜す。

イエス様の話されたたとえでは、羊の所有者は、見つけ出すまで捜すのです。あなたならどうしますか。自分の都合を優先するのか、羊を徹底的に大切なものと考えるかによって態度が決まります。羊を徹底的に大切なものと考えるなら、見つかるまで捜します。大切なのであきらめることができないのです。しかし自分の都合を優先するなら、捜さないという決断もあり得るし、捜すことを中止することもあるでしょう。

次の無くしてしまった銀貨を捜す女性のたとえも同じです。ドラクメ銀貨は、一日の労働賃金に相当します。貨幣として価値が低いわけではありません。簡単にはあきらめられませんが、あきらめられないほど高価ではありません。羊一頭の価値も同じです。簡単にはあきらめられませんが、あきらめられないほど高価ではありません。

たとえに登場する羊の所有者、銀貨を無くした女性は、共に見つけるまで捜します。そして見つけます。見つけるまで捜す、捜すことをあきらめないということは、捜しているものがとても大切なものであることを意味しています。そして見つかったとき、友だちや近所の人を呼んで

「一緒に喜んでください」

と喜びを分かち合います。喜びを分かち合うほど大切なものだったということです。そして

「一人の罪人が悔い改めれば、大きな喜びが天にある」

とたとえの結論をイエス様は語ります。ですから、この二つの譬えは、次のことを教えています。まず、神さまにとって、そしてイエス様にとって、一人の人間は無条件にとても大切な存在であるということです。つまり、神さまは、一人の人間をかけがえのないほど大切な存在と考えるお方です。神さまは、御自分に似せて人間を造られるほど、人間を大切な存在とされたのです。聖書には、神さまが人間を大切な存在と考える心に残る言葉があります。

「わたしの目にあなたは価高く、貴い」(イザヤ43:6)。

二つのたとえが教える第二のことは、神さまは、人間が悔い改めること、神に立ち帰ることをとても喜ばれる方であることです。なぜなら、人間が神さまとの交わりに生きるようになるからです。イエス様にとって、徴税人や罪人たちと交際することは、神のもとから離れていった人間を捜す行為なのです。罪人たちが悔い改めて、神に立ち帰るとは、神のもとを離れた人間を見つけることになるのです。そしてその時、神さまの喜びは大きいとイエス様は語られるのです。悔い改め、神に立ち帰った徴税人の一人がザアカイです。ザアカイのことはルカ福音書19章に書かれています。

私たちが神さまから見て大切な存在であるということは、うれしいメッセージです。あなたは価高く、貴い、と神さまが思ってくださることはありがたいことです。神さまは、私たちに目を留め、大切な存在として接してくださるからです。

でも気をつけなければならないことがあります。神さまが、わたしを大切な存在として扱ってくださると同時に、神さまは、あの人も、この人も、誰をも大切な存在と考えておられるということです。もし教会の礼拝に見知らぬ人が来たとして、こんな人いやだな、という思いがあなたの心に生じたとします。これはどういうことでしょうか。あなたの心の中に、私は礼拝に来るのにふさわしいけど、この人はふさわしくない、との思いがあるのではないでしょうか。しかし、その人も神さまにとって大切な人です。とすれば喜んで、その人を受け入れることができるはずなのです。いやだなと思う心の中には、自分の中に何か誇るものがあると考えているのです。自分は礼拝に来るのにふさわしいと考えるから、別な人はふさわしくないと考えるのです。

自分の存在は、無条件に神さまから大切なものとして受け入れられていると喜ぶことは、自分の中には、神の前に何も誇るものがないことを認めることなのです。自分の中には、神の目にふさわしいものは何もないことを認めることです。自分の中には人と比較して、良いものがある、すぐれたものがある、と考えると自分とは違う人を受け入れたくない思いがわいてきます。自分の存在は、無条件に神さまから大切なものとして受け入れられていると喜ぶことは、自分の中には何も誇るものがないこと、ふさわしいものがないことを認めることなのです。仮にあったとしても、それは神様の恵みとして与えられたものです。

使徒パウロはこう語っています。

「あなたをほかの者たちよりも、優れた者としたのは、だれです。いったいあなたの持っているもので、いただかなかったものがあるでしょうか。もしいただいたのなら、なぜいただかなかったような顔をして高ぶるのですか」。

ファリサイ派、律法学者たちには誇りがあったのです。自分たちは神さまの教えを熱心に守っているとの自負、誇りです。それは、神の教えを守っていない人に対する優越感となり、神の教えを守らない人を見下すこととなったのです。このような誇りを持っている人は、神さまがすべての人を大切にするという考え方を受け入れることはできないのです。神さまに認められるための自分の努力が水の泡と消えてしまうからです。神さまによって自分は大切な存在とされていることを喜びつつ、他者を遠ざけるような思いがあれば、あなたは神さまの愛を都合よく考えているのです。ファリサイ派、律法学者たちが、まさにそのような人たちでした。

そもそも神の教えを守るか守らないか、それは実は表面的な問題です。信仰は、もっと深いものです。聖書が教える信仰とは、神さまとの交わりに生きることです。イエス様は、徴税人や罪人たちと一緒に食事をし、話をし、彼らとつきあったのです。イエス様の方から交わりを求めたのです。そして罪人や徴税人たちは、イエス様との交わりを喜んだのです。イエス様は、徴税人や罪人たちとつきあい、彼らに神さまのことを話しました。

神との交わりを喜び、神との交わりに生きる、これが信仰です。そして、神との交わりに生きるなら、自ずと神の教えは守るようになるのです。神様の心を大切にするからです。

神との交わりという理解がないと、立派な信仰者にならなければならない、というような思いがわいてきます。なれなければ自分はダメな信仰者と自分を卑下します。自分はそれなりに立派な信仰者になれたと思うと、自分を誇る信仰者となります。自分を誇ると、ダメな信仰者と他の人を見下すようになります。まさにファリサイ派、律法学者たちは、神の教えを守らない人たちを見下していました。ファリサイ派、律法学者たちも、イエス様も、同じ神さまを信じているのに、どうしてこんな違いが生じたのでしょうか。信仰とは、神との交わりであるとの理解がなかったからです。ファリサイ派、律法学者たちは、神さまはすべての人と交わりを求める方であることを知らなかったのです。聖書は自分で一人で読むだけでなく、他の信仰者と一緒に読むことの大切さを教えられます。

羊が見つかり、銀貨が見つかり、天には大きな喜びがありました。羊の所有者、銀貨を捜した女性は、友だちや近所の人を呼び集めて、

「一緒に喜んでください」

と語り、共に喜びました。言い換えると、神さまは、悔い改めて神に立ち帰る人がいたら、共に喜ぼうと私たちに語りかけているのです。そして教会では、洗礼式が行われ、信仰告白式が行われ、信仰者が誕生すると私たちが喜ぶのは、神さまの喜びを共に喜んでいるからです。

そもそも神さまは、なぜ喜ぶのでしょうか。何を喜ぶのでしょうか。罪人が悔い改めるのを神さまが喜ぶとはどういうことなのでしょうか。

神さまは、捜し求めているのです。神さまから離れ、神さまから遠ざかっている人間を捜しておられるのです。神さまは、神さまとの交わりに生きる人を捜しているのです。神さまは、神さまとの交わりに生きる人を捜し求めているのです。旧約聖書では、「神を求める」という表現がよく使われています。

「神は天から人の子らを見渡し、探される/目覚めた人、神を求める人はいないか、と。」(詩篇53:3)。
「まことに、主はイスラエルの家にこう言われる。わたしを求めよ、そして生きよ」(アモス5:4)。
「主は世界中至るところを見渡され、御自分と心を一つにする者を力づけようとしておられる」(歴代誌下16:9)。

神さまが、神を求め、神との交わりに生きる人間を得ることができること、神さまにとって愛する人間、その人間が神を求め、神を愛するようになること、交わりの相手を見つけた喜び、それが神さまの喜びです。

そもそも神さまは、人間を創造する時に、御自分に似せて人を造りました。男と女を造られました。これは人間が交わりに生きる存在であることを示しています。そして人が神との交わりに生きるものであることを示しています。神を求める、神と交わりに生きる人間を得たとき、神は喜び、一緒に喜ぼうとおっしゃるのです。神さまは、私たちに呼びかけるのです。あなたたちも、交わりに生きる者となれ、交わりに生きることを喜ぶ者となれ。

神さまは悔い改めた罪人のことを一緒に喜んでほしいと願います。それは言い換えると、私たちが同じ信仰持つ信仰の仲間の存在を喜ぶということです。人間とは交わりに生きる存在です。神との交わり、他者との交わりに生きる存在です。特に信仰者との交わり、この交わりに生きることを喜ぶ、これが神と喜びを分かち合うということです。この喜びから、失われた者を捜す伝道が生まれます。伝道は掛け声でできるものではありません。喜びが伝道を可能にします。

あなたは神さまによって見いだされたのでしょうか。あなたは悔い改めて神さまのもとに立ち帰ったのでしょうか。もしそうなら、あなたは神さまと喜びを分かち合い、信仰者の交わりに生きることを喜ぶのではないでしょうか。もしそうなら、あなたは、他の神さまに立ち帰った人たちと共に聖書、神の言葉を学ぶ交わりに生きることを喜ぶのではないでしょうか。もしそうなら、共に奉仕に生きる交わりに生きることを喜ぶのではないでしょうか。もしそうなら、共に励まし合いながら信仰者の交わりに生きることを喜ぶのではないでしょうか。

共に食事をしながら話をする、それは楽しく、喜びのときです。共に協力しながら、教会に働きに仕える、それは喜びの時です。共に聖書を学びながら話し合う、それは喜びの時です。共に、互いのことを覚えて祈る、それは慰めの時、そして喜びの時です。神さまの喜びを共にしましょう。

祈り
天の父なる神、 あなたが私たちのことをかけがえのない大切な存在として 愛しておられることを感謝します。 私たちも、他の人々を大切な存在として敬うことを通して、 あなたを崇めることができますように。 私たちが神さまとの交わり、信仰者との交わりを大切に、そして喜びとすることができますように。 わたしたちにとって大切な家族との交わりを大切にすることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。