目に見えない神を信じることができる、これは不思議なことではないでしょうか。若い頃、ふとしたきっかけから、ある方がお見合いの相手を紹介してくださいました。何人もの女性とお見合いをしました。紹介してくださった方はクリスチャンだったので、紹介された女性もクリスチャンでした。お見合いの相手と会うたびに思いました。目に見えない神を信じることができることが不思議でした。やがて私も教会に行くようになります。お見合いした女性とデートで行ったわけではありません。私自身、信仰を求めたいという思いがあったからです。教会の礼拝に通い続けました。神を信じたいと思っても信じられませんでした。心が、「信じます」と言えないのです。頭では知識として、神について色々聖書から知ることができます。でも心は、「信じる」とは言えないのです。でもある時、気づいてみたら「信じていました」。その心の変化は何なのだろうと思いました。そうか、神さまが信じさせてくださったのだと思いました。

ヨセフとマリアは、生まれた子を主に献げるためにエルサレムの神殿に行きました。神の律法に、最初に生まれた子供は神のもの、と決められているのです。彼らがエルサレム神殿に行くと、シメオンという老人がいました。シメオンは、彼らに話しかけ、生まれたばかりのイエス様を抱いて、神をたたえて語り出しました。

「主よ、今こそあなたは、お言葉通りこの僕を安らかに去らせてくださいます」。

シメオンは「メシアに会うまでは決して死なない」というお告げを受けていました。そして今、メシアに会ったのです。そこで、今こそあなたは、僕を安らかに死なせてくださいますとまず語ります。次に

「私はこの目であなたの救いを見たからです」

と語ります。「救いを見た」とありますが、見たのは、救い主、メシアであるイエス様です。ただし赤ん坊のイエス様です。彼はイエス様がもたらす救いの素晴らしさを知ることはありませんが、救い主と会えたことで喜びに満たされ、これで死んでもいい、と述べています。私たちも神の国の素晴らしさを見たわけではありませんが、神の国に迎えられることを喜び、死を超える希望を持ちます。

シメオンは、救い主イエス様について、

「異邦人を照らす啓示の光」

と述べています。今日はこの聖書の言葉を中心にお話をします。ここで「啓示」という言葉が出てきます。日常的に使われる言葉ではありません。広辞苑という辞書で調べると「啓示」は、神が人間に対して、人の力では到底知ることのできないことをあらわし示すこと、と説明されています。啓示と訳されたギリシャ語は、隠されているものが見えるようになることを意味します。人が自分では到底知ることのできないことを神が教えてくださること、これが啓示です。

たとえば「神は存在するのか」。聖書を読むと、神がおられ、人間に話しかけたり、人間を導いたり、奇跡を行ったことが書かれています。だから「神は存在するんですよ」と言われても、すぐに納得して「神は存在する」と信じることができるわけではありません。本に書いてあることを理解することと信じることは別のことです。神が存在することを自分で確かめたり、証明することはできません。神から直接教えられて、私たちの心は、神が存在すると信じるのです。

イエス様は、人間をその罪から救う方であるということが聖書を読むと書かれています。知識として、理屈としてイエス様が罪から救う方であることは理解できます。でも本当に罪からの救い主なのかどうか、分かりません。聖書の説明は作り話かも知れないのです。それに自分が罪を犯し、救いを必要とする人間であることさえ分かりません。神の方から、教えてくれないと、人間は信じることができません。私たちが信じることができるように神が教えてくださること、これが啓示です。あなたが神を信じているのは、神さまが直接あなたに教えてくださったからです。

聖書には、神の啓示の実際の出来事が書かれています。たとえばマタイ16章でイエス様と弟子たちとの会話が書かれています。イエス様が弟子たちに尋ねます。「人々はわたしのことを何と言っているのか」。弟子たちは答えます。「洗礼者ヨハネだ」という人がいます。「エリヤだ」という人もいます。弟子たちが答えると次にイエス様は、

「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」

と聞きます。すると弟子のペトロが

「あなたはメシア、生ける神の子です」

と答えます。するとイエス様は

「あなたは幸いだ。このことをあなたに現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ」

とおっしゃいます。ペトロは神さまに教えられて、イエス様のことを「救い主、神の子」と答えたのです。ペトロはイエス様のことを救い主、神の子と信じていますが、それは神さまから教えられたことだとイエス様はおっしゃったのです。

コリントの信徒への手紙一12章3節には、次のように書かれています。「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです」。イエス様が私たちの主、私たちが聞き従うべき主人であると告白できるのは、聖霊の働き、つまり神さまの働きによると言うのです。「あなたはイエス様に従うべきですよ」と私が誰かに言ったとします。多くの人は、イエスって誰? 何で私がイエス様に従わなければならないの、と言うでしょう。イエス様は、私たちが聞き従うべき私たちの主人であると知るのは、聖霊の働き、神の導きによるのです。神の啓示によって、イエス様は、私たちが聞き従うべき主なる神であると知ります。あなたがイエス様を聞き従うべき主であると知るのは、神さまから直接教えていただいたからです。

コリントの信徒への手紙二4章3節以下にこう書かれています。

「わたしたちの福音に覆いが掛かっているとするなら、それは、滅びの道をたどる人々に対して覆われているのです。この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし、神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光が見えないようにしたのです」。

福音というのは、喜ばしい知らせ、の意味です。イエス・キリストは、私たちの救い主、私たちの主である、これが福音です。しかし人々の目がくらまされているので、このことが分からないと書かれています。「この世の神が、信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし」とあります。

この世の神、たとえば、お金とか、名誉とか、権力とか、快楽とか、これら自分の欲しいと思うものを追い求めていると、目がくらまされるというのです。心の目に覆いがかかり、福音の光が見えないというのです。そのためにイエス様を信じることができなくなっているというのです。神さまが福音の素晴らしさを啓示してくださらないと分からないのです。

聖書に書かれている大切なことは、神さまの導きがないと、それが真理であることを信じることができないのです。聖書は日本語で書かれていますから、書かれている内容を私たちは理解できます。頭で、知識として、聖書に書いてあることを理解することはできます。聖書に何が書いてあるのか、知識として知ることはできます。でも心で信じているかどうかは別です。聖書には神が全能の神であると書かれています。聖書を読めば、神は全能の神なのだと理解できます。聖書が教えている神はどんな神ですかと質問をすれば、「全能の神です」と人は答えるでしょう。でも私は神が全能の神であるとは思えない、人はこう言うこともできるのです。全能の神なら、なぜ、東日本大震災を起こした地震を止めることができなかったのか、そう言って、全能の神を信じることはできない、と言うことができるのです。でも神から教えられた人は、それでもなお、神は全能であると私は信じますと告白します。

頭で理解するのと心で信じるのとは大きな違いがあります。どんな違いがあると思いますか。頭で理解したことは、知識にとどまります。私はそのことを知っています、という知識にとどまります。しかし、心で信じると、それは生き方となって現れます。

たとえば神さまは、人を赦すことを私たちに命じています。人を赦すことは神の教えであると頭で理解している限り、私たちは人を赦そうとは思いません。通常私たちは、赦したくないからです。しかし、赦すことが神の教えであると心で信じる人は、赦すのです。それが神の教えであると啓示を受けているからです。神さまから直接教えられているからです。皆さんが礼拝に来るのも、神を心で信じているからでしょう。

イエス様は、異邦人を照らす啓示の光です。光とは何なのでしょうか。先日車を運転しながら太陽の光を受けていました。光、それは、明るい、安心、暖かい、そう感じました。逆に闇は、暗い、不安、寒々しい、と思います。光の中にいるほうがどれほど好ましいことでしょうか。イエス様は光です。イエス様から啓示を受けて、真理を教えられる、その真理に生きる、それは、明るい道を歩むようなもの。真理、それは決して迷うことのない道、そして安心できる道。それは暖かい道、喜びと幸いのある道です。

神さまから啓示を受けて教えられることは素晴らしいことです。神さまを信じることができた、これは喜ばしいことです。イエス様を救い主と信じることができる、これは奇跡です。神さまから教えられたことにしっかりと立つことは喜ばしいことです。うれしいことです。

だいぶ昔のことになりますが、一つの願いを一日中祈っていたことがあります。翌日、その祈りが聞かれ、驚きました。そして思いました。神は生きて働かれる神であると。聖書に書いてある通り、生きて働かれる神であると心で信じることができました。またある時、聖書は、神の言葉であると心で信じることができました。その時から、確信をもって説教ができるようになりました。神さまから教えられる、それはうれしいことなんです。神さまから教えられ、心で信じたことを大切にしましょう。信じたことに立って、大胆に信仰の歩みをしましょう。

神さまから直接教えていただくためにはどうしたらよいのでしょうか。イエス様の弟子たちは、イエス様と行動をいつも共にしていました。いつもイエス様が一緒にいました。そして弟子たちは、イエス様が救い主、神の子であると信じることができました。神さまから直接教えていただくためには、神さまから啓示を受けるには、神さまに近づくことが大切です。礼拝に続けて出席する、聖書に親しむ。神さまに求めて行くとき、神さまは、様々なことを教えてくださいます。真理を教えてくださいます。真理に立って生きる幸いと喜びを教えてくださいます。

聖書には沢山のことが書かれています。それらが一つ一つ、真理であることを神さまから教えられ、その真理に立って生きる時、あなたは幸いな信仰者です。豊かな信仰生活を送ることができます。私たちは光の子として光の中を歩むことができます。心は、いつも明るく、安心していて、暖かいのです。イエス様を通して、あなたは神さまを知ることができます。心で知ることができ、信じることができます。新しい年を迎えます。啓示の光の中を歩みましょう。

祈り
天の父なる神さま、 私たちの心に直接教えてください。 あなたを、イエス・キリストを心で信じる者としてください。 あなたの教えは、私たちを祝福するものであると 私たちの心に教えてください。 あなたを信じたいと思っている人たちに、 あなたがまことの神、私たちを救い、いつも共にいてくださり、 み言葉を持って導いてくださる方であると教えてください。 また罪のゆえに、救いを必要とするものであることを教えてください。 この一年のあなたのお支えを感謝し、 イエス・キリストの御名により祈ります。