今日はクリスマス礼拝です。皆さんはどんな思いをもってこの礼拝に来られたのでしょうか。皆さんの中の多くの人は、救い主がお生まれになったことは本当にうれしいことなんだ、とのメッセージを聞きたいと思って来られたのではないでしょうか。イエス・キリストがお生まれになった夜、天使、つまり神の使いが羊飼いに告げました。

「わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」。

神さまがこの世界に救い主を与えられたのです。救い主が与えられる、それは大きな喜びなのです。救い主を信じて生きることができる、それは大きな喜びなのです。この喜びが、今や、あなたがたに与えられた。これがクリスマスのメッセージです。救い主が与えられるとどうしてそれが大きな喜びになるのでしょうか。今日も聖書に聞き、神さまの語りかけに耳を傾けましょう。

「その地方で、羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の番をしていました」(8節)。

その時、天使が、つまり神の使いが現れました。あたりを明るく照らしたので、羊飼いたちは驚きました。そして大きな喜び、つまり救い主が生まれたことを告げます。この天使に、他の沢山の天使が現れて

「いと高きところには、栄光神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ」

と神を賛美しました。この賛美が終わると天使は天に戻り、あたりはもとのようになりました。そこで羊飼いたちは言うのです。

「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」。

こうして羊飼いは出かけたのです。ベツレヘムの町の中の、どこかの家に生まれたばかりの救い主がいるのです。そして彼らはその家を探し当てるのです。そこには、ヨセフ、マリア、他にも人々がいたようです。そして天使が現れた次第を告げ、自分たちがここに来た理由を述べたのです。そして彼らは、乳飲み子を見て、天使が言った通りだったので、神を崇め賛美しながら帰ったとあります。

救い主イエス・キリストが私たちに与える救い、それは何でしょうか。その救いをあなたも探し当ててください。羊飼いたちが生まれたばかりの救い主のいる家を探したように、あなたも、教会の礼拝に来て、イエス・キリストの与える救いがどんなものであるのか、自分で見つけてください。羊飼いたちは「さあ、ベツレヘムへ行こう」と立ち上がり出かけたのです。そして天使が話した通りだったので、神をあがめ、賛美しながら帰ったとあります。あなたもきっと、いや必ず、救い主イエス・キリストに出会いその救いを与えられたことを喜ぶことでしょう。

羊飼いに現れた天使は、天の軍勢、つまり他の沢山の天使と共に神を賛美しました。

「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心にかなう人にあれ」

この賛美の言葉に注目したいと思います。「栄光」という言葉があります。オリンピックの選手が競技で優勝して金メダルをもらいます。先日、山中博士がノーベル賞を受賞し、金メダルをもらいました。金メダル、それは、それを受け取る人が素晴らしい成績、業績を上げたことを示しています。受賞した人の成績、業績に素晴らしさを輝かせるのが金メダルです。金メダルは、それを受賞した人にとって、栄光なのです。その人の業績の素晴らしさが輝いているのです。栄光、神にあれ、ということは、神さまに栄光があるようにとの願いです。神さまの素晴らしさが輝くようにとの願いであり、神さまは、素晴らしさで輝くお方であるということです。金メダルを受賞した人には、拍手を送り、人々はたたえます。神に栄光があるようにとは、神さまがたたえられるようにとの意味です。天使たちは、神さまはたたえられるにふさわしいと賛美して神をたたえました。

天使の賛美は、大切なことを教えています。天におられる神さまがほめたたえられ、地にいる人間に平和がある、これがこの世界の本来の姿であるということです。しかし現実の世界では、神さまは人間によって崇められず、それどころか、神がいるならなぜ、このようなことが起きるのか、神などいるはずがないと神を侮っているのです。そしてこの地上には争いが多く、人々が平和を楽しむことができません。この混乱した世界に救い主は救いをもたらし、神が崇められ、人が平和に暮らすことのできる世界をもたらすのです。神さまが栄光をうけられるとき、地には平和が満ちる、と天使は歌いました。

そこで私たち、イエス・キリストから救いを与えられた者たちは、天使と一緒に「いと高きところに栄光、神にあれ」と神をほめたたえたいのです。クリスマスをお祝いするということは、神さまの素晴らしさをたたえることです。イエス・キリストによる救いを与えられた人は、さらに一歩進んで、神さまの素晴らしさを輝かせるような生き方をしたいのです。このようなすばらしい生きかたがあると皆さんは知っていますか。もし知らないなら、羊飼いたちのように、出かけて確かめてみませんか。クリスマスの喜び、それは出かけて行ったとき、語られたことが本当であることを知る喜びです。

多くの人は、自分のために生きています。自分の幸せを求めて生きています。私たちが自分のためではなく、神のために生きる時、私たちは、神さまをたたえているのです。自分よりも神さまを大切にするので、神さまをたたえることになるのです。これは私たちが聖書から教えられる生き方です。私たちが信仰を持つまで知らなかった生き方です。そしてそれは、神さまが人間に願う生き方です。聖書は、神が人間を造られたと教えています。神は人間がいかに生きるのが一番よいのかご存じです。神を神と崇める生き方、神のために生きる、これが一番よい生き方なのです。クリスマスの日、どんな生きかたが幸いな生きかたなのか、教えられます。これがクリスマスのメッセージです。

イエス様が教えられた祈りに主の祈りがあります。

「天にまします我らの父よ」と始まり、その次に、「願わくは、御名を崇めさせたまえ」

とあります。神さまの名前を私たちが崇めることができるようにとの祈りです。私たちが神さまをたたえることができるようにとの祈りで、この祈りを一番最初に祈りなさいとイエス様は教えられました。私たちが心から主の祈りを祈る信仰者なら、神をたたえ、神を崇め、神のために生きることは自然なのです。当然なのです。そう思いませんか。

あるいはイエス様は、次のように教えられました。「あなたがたは世の光である」。「ともし火をともして升の下に置くものはいない。そのように、あなたがたの光を輝かせなさい」。あなたがたの光を輝かせなさいと命じられるのです。それは何のためでしょうか。「人々があなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父を崇めるようになるためである」とあります。私たちの生き方を通して、他の人たちが神を崇めるようになるというのです。このような生き方をしなさいとイエス様は教えられました。ここで注意してください。「あなたがたは世の光になりなさい」とイエス様は教えていません。「あなたがたは世の光である」とおっしゃっているのです。世の光だから、光を輝かせなさいというのです。光なら、輝くことができるのです。神さまの素晴らしさを輝かせなさいと教えられます。

さらにイエス様は次のようにも教えておられます。

「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の身を滅ぼしたり、失ったりしては、何の得があろうか」(ルカ9:23)。

「自分の命を救いたいと思うものは、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救う」。逆説的なことが言われています。自分のために生きる人は命を失い、イエス様のために生きる人が命を得るというのです。聖書は人間の罪を語ります。罪という言葉は、「的外れ」

という意味です。的をはずすのはよくないです。自分のために生きる、それは実は的を外した生き方だというのです。このようにイエス様は、教えられます。どう思いますか。イエスのおっしゃるとおりかどうか、羊飼いたちのように、確かめに出かけませんか。

イエス・キリストによる救いを与えられた者は、神をたたえて歩みます。栄光、神にあれとたたえる生き方をいたします。的を射る生き方、的を外さない生き方、それが喜びのもとです。これがクリスマスのメッセージです。栄光、神にあれ、天使たちと共に神をたたえましょう。

祈り
天の父、 救い主としてイエス様がお生まれになりました。 この方はわたしのために何をしてくださったのでしょうか。 この方はわたしのために何をしてくださっているのでしょうか。 そして私はこの方とどのような関わりを持ったら良いのでしょうか。 教えてください。 そしてクリスマスの喜びを教えてください。 天使たちと共に私たちも 「栄光、かみにあれ」を賛美させてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。