来週はクリスマス礼拝です。クリスマスを迎えるためにその準備として今日もまた、聖書に聞きたいと思います。イエス・キリストは私たちの救いの主です。私たちを何から救ってくださるのでしょうか。私たちを罪から救ってくださいます。罪というのは、なかなかわかりにくいですね。聖書が教える罪というのは法律を犯すことや不道徳な行いをすることではありません。多くの人たちは善良な人であり、真面目に生きています。その人たちに向かって「あなたは罪人です」と言っても理解してもらえないでしょう。逆に「嫌なことを言う」と反発を受けるかも知れません。聖書が告げる罪は、もっと別な意味を持っています。罪とは信じることと関係しているのです。聖書が告げる罪の本質は、神を信じないことです。神なしに生きることです。神との人格的な交わりに生きることをしないことです。あなたが自分は神を信じていると言っても、神との人格的な交わりがなければ、あなたは聖書の神が求めるようには神を信じていないのかもしれません。神さまの目から見て自分が罪を犯す者であることは、神さまの導きがなければ理解することができません。ですから説教を聞く時、聖書を読む時は、神の霊の導き、つまり聖霊の導きを祈ることがとても大切となります。

「父ザカリアは聖霊に満たされ、こう預言した」(67節)。

ここに「父」とあります。このザカリアは息子を与えられたのです。ザカリアは老人であり、子供を持てる年齢ではありませんでした。しかし神の使いが訪れ、あなたの妻は身ごもると約束しました。そして生まれてくる子供は特別な働きをする子供であると、神の使いが告げました。子供を与えられた喜びの中で、ザカリアは聖霊に満たされて預言したのです。

「ほめたたえよ、イスラエルの神である主を」(68節)。

ザカリアは神さまをほめたたえるように勧めます。なぜ神をほめたたえるのでしょうか。

「主はその民を訪れて解放し、我らのために救いの角を僕ダビデの家から起こされた」

とあります。角は力を意味します。神さまは救い主を起こされるのです。神さまが救い主を与えてくださるので神さまをほめたたえようというのです。では神さまは何からイスラエルの民を救うというのでしょうか。神さまはイスラエルの民を「その敵から救われる」のです。なぜ神さまはイスラエルの民を救うのでしょうか。

「主は我らの先祖を憐れみ、その聖なる契約を覚えていてくださる。これは我らの父アブラハム立てられた誓い」(72節)。

神さまはイスラエルを憐れみ、イスラエルとの契約を覚えておられる故に救われるというのです。そしてアブラハムに対する誓いのゆえにイスラエルを救うというのです。

そもそもアブラハムとはどんな人だったのでしょうか。神さまはアブラハムを選び、アブラハムを信仰者として育てようとされました。これは今から3,500年以上も前のことです。聖書に次のように書かれています。

「主はアブラハムに言われた。『あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める」(創世記12:1)。

神さまはアブラハムに「私はあなたを大いなる国民にする」と約束を与えました。神さまはアブラハムに「私が示す地に行きなさい」との命令を与えました。ここで信仰とは神の約束を信じ、神の命令に従うことであるということが分かります。神はアブラハムを信仰に生きるように育てるのです。つまり神の約束を頼みとし、その約束の実現を期待して神の命令に従うのです。創世記の12章〜24章には、アブラハムの生涯が描かれています。そこを読むと神さまはアブラハムに語りかけ、またアブラハムも神に語りかけています。このことからさらに、信仰とは神との人格的な交わりに生きることということがわかります。あるいは神さまとの人格的な関わりに生きること、それが信仰であるということがわかります。人間の心を大切にしてくださる神様の心を大切にして生きる、それが信仰です。ですから神さまとの人格的な交わりに生きようとしないこと、神様の心を大切にしないこと、これが罪なのです。自分がそのような罪人であるということを心から悟るのは、神さまの霊の導きなしには起こりません。

創世記の1章を読むと、神さまが人を造られたということが書かれています。神さまは人を造るとき、ご自分に似せて人を造られました。不思議なことに神は、人は男と女とに造られたのです。神さまが人を造るとき、男と女を造られたのです。男と女は関わりをもって生きる、男と女は人格的な交わりをもって生きる者なのです。それは神さまが人間と関わりをもって生きる方であるからです。神さまが人間と人格的な交わりをもたれる方であるからです。そのような神に似せて人は造られ、男と女は互いに関わりをもって生きるのです。創世記の2章には、神さまが人を造られた別の物語が描かれています。神さまは最初、男を造りました。そして神さまは「男がひとりでいるのはよくない。彼に合う助ける者を造ろう」と言われました。そして女を造られました。人は独りで生きるのではなく、共に生きる女を必要とするというのです。つまりこの物語においても、人間というのは他者と関わりをもって生きる存在であることを告げています。他者との関わりを持つ、それがお互いに人格的交わりを持つということです。聖書はそれを愛し合うと述べます。そしてそれは人間が神との関わりをもって生きる存在であるということです。神が人間と関わりをもつことを、神が人を愛すると言います。創世記の12章以降は、そのように神さまとの関わりをもって生きる信仰者としてアブラハムが育てられていく様子を述べています。アブラハムは目の前にいる人と話すように神と話しています。人格的な関わりに生きるという視点からアブラハムの物語を読んでみませんか。

神さまはさらにイスラエル民族を選び、信仰に生きる民を育てようとしました。神さまはなぜイスラエルの民を選んだのでしょうか。イスラエルの民が奴隷として苦しんでいたからです。苦しんでいるイスラエルの民を神さまは憐れみ、彼らを救おうと選ばれたのです。イスラエルの選び、それは神さまの憐れみによる選びです。憐れみ、それはそれに値しない者を思いやる心を意味します。神さまはイスラエルの民を憐れみ、約束を与えられました。「あなたがたが自由に暮らすことのできる土地へ私はあなたたちを連れて行く」と神さまは約束されたのです。イスラエルの民のなすべきことは、そこに向かって旅をすることでした。

この神はイスラエルの民と契約を結びました。神さまはおっしゃいます。私はあなたたちを私の宝の民とする。だからあなたたちは私の教えに従いなさい。神さまはイスラエルの民を大切にすると告げ、イスラエルの民は神さまの教えに従うと告げました。ここに神さまとイスラエルが互いに関わりをもって生きていくという契約が結ばれたのです。この契約を神はとても大切にされます。これと似たような契約が私たちの間でも行われます。神さまの前で結婚式を挙げるとき、夫となる人は妻を愛すると誓い、妻となる人は夫を愛すると誓います。これは契約です。単なる儀式ではありません。契約書に署名するということはありませんけれども、契約のしるしとして指輪を交換します。

神さまに導かれたイスラエルの民は、自由に生きることのできる土地に到着しました。彼らはそこに国家を建設しました。しかしイスラエルの周辺には強い国々がありました。ある時にはエジプトが、また別のときにはアッシリア帝国が、さらに別のときにはバビロン帝国が侵略してきました。帝国と呼ばれる国家が領土を拡大しようとしてイスラエルを侵略してきます。イスラエルという国は、大国の勢力拡大の中で翻弄されます。やがてイスラエルという国家は滅びます。バビロン帝国によって国家が滅亡した時、イスラエルの人々はバビロンに連れて行かれました。捕虜として連れていかれたのです。

国家が滅びる前、イスラエルには預言者が現れました。預言者というのは神のみ心を告げる人のことです。預言者はイスラエルの民に神に立ち帰るように語りました。イスラエルの民は神に背いたのです。神との交わり、神との関わりに生きることをやめたのです。神の教えに生きることをしなくなったのです。神さまの御心に無関心になったのです。ただ自分の幸せを求め、自分に良かれと思うことをして、神さまを捨てたのです。彼らは神を信じなくなったというのではありません。彼らは、神には犠牲を捧げ、自分の願いをかなえてもらうように祈ったのです。彼らにとって神とは、交わりの相手ではなく、願い事をかなえてもらうだけのものでした。彼らは神との人格的な交わりを求めることをしなくなったのです。彼らは神を見捨てたと神は考えました。そこで神も彼らを捨てたのです。預言者の警告をイスラエルの民は軽んじ、国家の滅びを招いたのです。

その後、神はイスラエルの民をバビロンから連れ帰りました。イスラエルの民を故郷に連れ戻したのです。エジプトから導き出したように、バビロンからも導き出したのです。それはイスラエルの民が心を入れ替えたからではありません。神さまを捨てたイスラエルの民を神さまが見捨ててもそれは当然のことです。でも神さまはイスラエルの民を見捨てることなく、彼らを憐れんだのです。神さまはイスラエルを神の民に選び、これを宝としました。イスラエルの民を選び、イスラエルの民と契約を結んだそのことを大切なこととして神さまは心に留めているのです。私たちが洗礼を受けるとき、神さまの前で誓います。私たちもまた神さまとの契約に生きるのです。この契約を神さまは大切にされるのです。この契約の故に、私たちのことを大切に考えてくださいます。

その後イスラエルは国家を再建することはできませんでした。そして再び、ギリシャとかローマとか大きな国々の支配下に置かれることとなりました。やがてイスラエルの人々は支配する国からの独立をもたらす英雄を待ち望むようになりました。イスラエルの民が救い主を待ち望むようになったのです。今日の聖書の71節「それは、我らの時に、すべて我らを憎む者の手からの救い」68節「主はその民を訪れて解放し」。これらの言葉は、そのような国家の独立をもたらす救い主を意味しているように聞こえます。しかし77節に「主の民に罪の赦しによる救いを知らせる」とあります。ザカリアの息子は救い主が登場する前に、人々に罪の赦しによる救いを宣べ伝えるのです。そして救い主は、罪の赦しによる救いをもたらすのです。そしてその救い主こそイエス・キリストです。

まことの救いとは強大な帝国の支配からの独立ではなく、罪からの救いです。罪とは法律を犯すことでも不道徳な行いをすることでもありません。神との人格的交わりに生きない、これが罪です。神との関わりに生きない、これが罪です。人間は神との交わりを持つ者として造られました。それなのに神との交わりに生きない、これが罪です。人間にとって救いとは、物事がうまくいくことではありません。多くの人にとって救いとは、困っている状態から助け出されることでしょう。聖書が告げる救いとは、必ずしも物事がうまくいくようになることを意味してはいません。聖書が告げる救いとは、神さまとの人格的交わりに生きるようになることです。その時、たとえ困難があろうとも私たちは励ましを与えられ勇気を与えられて生きていくことができるのです。もちろん神さまは困難から私たちを救い出すことがおできになるかたです。私たちは、神との人格的交わりに生きることになれていないし、夫婦や親子の間でも、人格的な交わりを持つことが慣れていないので、罪ということがなかなか分かりません。それ故、神との人格的交わりが回復される幸いを実感しにくいのです。

神さまは罪を犯す者を見捨てることなく、かえって憐れみをもってくださいます。神さまに背を向ける者に対して、こちらに来なさいと憐れみをもって招いて下さいます。神さまは約束を与え、祝福しようとして下さいます。78節、「これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、高いところからあけぼの光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの歩みを平和の道に導く」 。神との関わりに生きない者、その人は、暗闇と死の陰に座する者です。神との人格的交わりに生きる人、その人は光に照らされ、平和の道に導かれるのです。神さまのもとに立ち帰り、神さまとの交わりに生きる、これが救いであり、信仰に生きるということです。神さまは私たちに対する憐れみの故に、私たちを招いて下さいます。私たちはこの招きを受け入れ、神の招きに答えるのです。これが信仰に生きるということです。信仰に入るのに支障があるとしても、神の招きに答えるなら、神さまは、その差し障りを解決してくださるでしょう。神さまの招きに答えるとき、神さまは導き助けてくださるのです。救いを与えられた皆さん、共に主をほめたたえましょう。

祈り
天の父なる神、 あなたを信じることを教えてください。 あなたとの人格的な交わりに生きることが信仰であることを教えてください。 そしてあなたがわたしのことを大切に思っていてくださることを教えてください。 また私たちもあなたの心を大切にすべきことを教えてください。 あなたと共に生きる幸いを教えてください。 イエス・キリストの誕生を心から喜ぶ者としてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。