聖書を読む上で、聖書の中に入っていくことは大切なことではないかと思います。聖書の場面の中に自分を置くわけですね。どのようにして聖書の中に入っていくのか、それは一人一人が経験していくことなのだと思います。説教の準備をする中で今日の聖書箇所を何度も何度も読みました。聖書を読みながら、あることを考えた時にふっと聖書の中に入れたような気がしました。聖書の中に入った時、私は一つの聖書の言葉に注目したのです。48節にこう書かれています。

「身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう」。

わたしが注目した言葉は、「いつの世の人も」です。「いつの世の人も」マリアを幸いな者と言うと聖書に書いてあります。では私はどうなのでしょうか。ではあなたはどうなのでしょうか。わたしもあなたも「いつの世の人」に属しています。私はマリアのことを幸いな者とこれまで言ったことがありません。この聖書の箇所はこれまでも何回も読みました。今回の説教の準備でも何度も読みました。しかしマリアのことを幸いな者と言ったことがなかったということになかなか気づきませんでした。そしてようやくこのことに気づきました。

なぜ今までマリアについて幸いな者と言わなかったのでしょうか。どうしたらマリアのことを幸いな者と言うことができるのでしょうか。

それには、マリアに共感することが必要なのだと思います。私たちが聖書に書かれていることに共感する時、聖書の言葉が神さまの言葉として迫ってくるように感じます。

私は出エジプト記に共感を覚えます。出エジプト記は、エジプト王の奴隷として苦しんでいたイスラエルの民を神が救出する物語が書かれています。イスラエルの民は、神さまによって奴隷状態から救出されます。そうです。聖書が告げる神さまは、私たちを様々な束縛から助けてくださる神さまです。私自身信仰によっていろいろな束縛から自由にされました。たとえば死の恐れ、空しさ、思い煩い、劣等感、妬み、赦せない思い、この世のものに対する執着、自己実現などの思いから自由にされました。罪の支配からの自由も与えられました。そのことをとてもうれしく思っています。神さまは私を解放し、私を自由にして下さる神さまです。

エジプトを出たイスラエルの人たちは荒野を旅します。自由に生きることができる土地、神が与えると約束した土地に向けて旅をします。それは自由に生きるにはどうしたらよいかを私たちに教える物語です。イスラエル人たちは困難に遭うと不平を言い、文句を言います。それでも神さまが彼らを困難から救って下さいます。だから困難に直面したら、神さまに信頼すればいいのにと思いつつ出エジプト記の物語を読みます。荒野を旅するイスラエルの民と、この世の旅をする自分が重なるのです。荒野を旅するイスラエルの旅と、この世を旅する私の信仰の旅が重なるのです。このように聖書の物語に共感することができる時、聖書の言葉が神の言葉として迫ってくるのです。

マリアの物語に戻ります。説教の準備で聖書を何度も読む中で、ふと考えたことがあると最初に申しあげました。それは48節を読んでいたときのことです。「身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです」とマリアは語りました。神さまはマリアに目を留めたのです。これを読んだとき、そうだ、同じように神さまは私にも目を留めてくださったのだ、思ったのです。つまりここにマリアとの共感が生まれたのです。マリアも私も神さまに目を留めていただいた、それは幸いなことではないか、との共感。神さまに目を留めていただく幸いをマリアも私もいただいたのです。だからこそマリアに「あなたは幸いな者です」と私は言うことができるし、マリアもまた私に対して「あなたも幸いな者ですね」と言うことができるのです。私がマリアに対して幸いな者と言うことができなかったのは私には自分が神さまに目を留めていただいたという自覚がなかったということになります。

マリアは天使ガブリエルからあなたは特別な子どもを身ごもると突然告げられました。マリアは、神さまの計画の中で特別な役目を負うことになります。そのことをマリアは、神さまに目を留めていただいたと考えました。これは彼女自身に関する経験です。

彼女には自分は神さまのしもべであるという自覚があります。つまりマリアは自分が神の民イスラエルに属しているという自覚があります。そこで神さまがマリアに目を留めたということは、神さまがイスラエルの民に目を留めたということです。そもそもイスラエルの民はエジプトにおいて奴隷として苦しんでいました。エジプト王に支配され、抑圧され苦しんでいました。彼らがその苦しみの中から叫んだときに、神は彼らに目を留め、彼らをエジプトの奴隷状態から救出したのです。そのイスラエルの民が神さまに背き、イスラエルの国は滅びイスラエルの民はバビロンに捕虜となって連れて行かれました。異国の地にあって、惨めな思いの中にあるイスラエルの民、神はそのイスラエルの民を見捨てる事なく、バビロンからエルサレムに連れ戻しました。そしてマリアが生きているこの時代、イスラエルの国はローマ帝国の支配下にありました。しかしマリアが宿す子は偉大な人になり、ダビデの王座につくというのです。神はイスラエルの民に目を留めておられるのです。イスラエルの民を見捨てることなく、目を留めてくださる神さまを思うとき、マリアは、神さまの憐れみを思わずにはおれないのです。

「力ある方が私に偉大なことをなさいましたから」(49節) 。

マリアは、いつの世の人も自分のことを幸いな者と言う理由をこのように述べました。特別な子を宿す、それは神の偉大な業であると同時に、神が憐れみをもってイスラエルを顧みるのも、神の憐れみの偉大な業です。そこでマリアは神さまを賛美して

「神の憐れみは代々限りなく、主を畏れる者に及びます」と神さまを賛美しました。

私自身のことです。神さまに導かれて私は信仰を持つことができました。私は若い時、死を恐れ、生きることの空しさを感じ、そして生きる喜びを持つことができませんでした。そのためならば死んでも構わない、そのためなら命は惜しくないと思えることを生き甲斐にしたいと考えました。なぜなら、そうすれば死に打ち勝つことができると考えたからです。神さまはある人を通して私を教会に導いてくださいました。時間がかかりましたけれども私は信仰を持つようになりました。そして思いがけなく牧師にも導かれました。神さまはなぜ私を導いて下さったのでしょうか。私に神さまに導かれる資格があったとは思えません。私は神さまに何としても導いてくださいと切に願ったわけでもありません。神さまが導いてくださったのは神さまの憐れみに他なりません。神さまは私を憐れんでくださり、私に目を留めてくださったのです。あなたが信仰を持ったのも、神さまがあなたに目を留めてくださったからです。

そして私たちも神の民の一員に加えられました。また信仰を共にする群れの中に加えられました。信仰の仲間と共に励まし合いながら信仰に生きることができるようにされました。神の家族の一員とされました。私たちは教会に属し、キリストに結ばれる者となりました。これもまた神さまの憐れみによることです。私たちは神さまの憐れみによって生かされています。このこと思う時に心から、マリアに共感し、「神さまの憐れみは代々限りなく主を畏れる者に及びます」と告白することができます。神さまの憐れみによって生かされているからこそ、明日を神さまにゆだねることができます。私たちは神さまの憐れみによって、救われ、生かされ、今を生きております。共に、マリア、あなたは幸いな人ですね、と呼びかけたいと思います。

祈り
天の父なる神さま。 あなたの心に私たちが思いを向けることができますように。 あなたが私たちを導いてくださるのも、 あなたが祈りに答えてくださるのも、 あなたが私たちに教えてくださるのも、 すべてあなたの愛から、憐れみから出ていることを悟らせてください。 そしてあなたの憐れみを喜んでうけ、あなたに信頼する者とならせてください。 あなたは弱い者、打ちひしがれた者、貧しい者を顧みてくださいます。 あなたに信頼し、あなたを敬う者として歩みます。 イエス・キリストの御名により祈ります。