今日の聖書の最後にマリアの言った言葉が書かれています。

「お言葉通り、この身になりますように」 。

この言葉はなんと素敵な言葉でしょうか。たとえば神さまがこのように言います。 「私はあなたの罪を赦します」。どうでしょうか。神さまがこのように言われたのなら、「お言葉通りこの身になりますように」言いたくなりませんか。あるいは神さまがこのように言われたらどうでしょうか。「私はあなたを耐えられない試練に合わせない」。「お言葉通りこの身になりますように」と言いたくなりませんか。

今日の聖書は、神さまがいかなるかたであるのか、教えてくれます。26節

「六ヶ月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた」 。

私たちは聖書を読んでいると慣れが生じ、疑問に思わなくなることがあります。今は26節を読みました。ここに「神から遣わされた」と書かれています。つまり神さまは行動する方であるということです。聖書が告げる神さまは行動する神さまです。神さまは天の高いところにじっと座って、下界を見おろす神ではないのです。神は、この世界の真っ只中で行動をされる方なのです。私たちは聖書を読んでいると、神さまが行動なさることを不思議には思いません。むしろ当たり前だと思って読んでいます。しかしどうでしょうか。あなたは、神さまが私たちの生活の中で行動されると信じていますか。あなたは、あなたの生活の中で行動される神さまを期待していますか。あなたは、神さまが働くのは聖書の中だけと思っていませんか。聖書が告げる神さまは私たちの生活の中で生きて働かれる神さまです。

さらに「遣わされる」と書かれています。神さまは天使を、そして人を用いる方なのです。今日の聖書では、神さまは天使ガブリエルを用いられました。そして神さまは人をも用いられる方です。神さまは人を遣わされる方であります。神さまが人を用い、また遣わす方法は様々です。私は金沢元町教会に赴任した時、神さまから遣わされたという自覚を持っています。私は静岡県御殿場市にある御殿場教会で牧師をしていました。古くなった会堂を壊し、新しい会堂を建築しました。そして献堂式を行いました。その献堂式の前か後か忘れてしまいましたけれども、当時のA教会B牧師から金沢元町教会に赴任する気持ちがありませんかという電話をいただきました。会堂建築を行ったばかりですから移るつもりはありませんでした。でもそれは人間の思いです。「考えさせてください」と返事をしました。私はできるだけ毎日聖書読むようにしています。その時、使徒言行録16章を読んでいました。そこにこのように書かれていました。「その夜、パウロは幻を見た。その中で一人のマケドニア人が立って、 『マケドニア州に渡ってきて、私たちを助けてください』と言った」。私はこれを読んだ時、神さまが「金沢に行きなさい」と語りかけてくださったと受けとめました。そして金沢元町教会に赴任する決心をしました。聖書が伝える神さまは、私たちを用いる神さまなのです。皆さんも、神さまに用いられて、教会での働き、この世での働きをされているのではないでしょうか。

「ダビデの家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった」(27節)。

なぜマリアが選ばれたのか、それはわかりません。神さまは選びたいと思う人を選ぶのです。それゆえに神さまの選びは思いがけないものです。聖書には神さまから選ばれた人が何人も登場します。中には、その選びを断ろうとした人が何人もいます。しかし神さまから選ばれた人は断り切れずに神さまに用いられました。もちろん神さまに選ばれた時に、素直に従った人たちもいます。イエス様が「わたしに従って来なさい」と漁師たちに呼びかけたときに、漁師たちは素直に従いました。マリアは「私は主のはしためです」と言います。私は神さまのしもべであるという信仰をマリアは持っており、素直にお言葉通りこの身になりますようにと神さまの御心に従いました。ですから神さまに選ばれた時、「神さま、私を用いてください」という返事をする信仰は大切です。

28節で、天使はマリアに言います。

「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」 。

主があなたと共におられるとあります。聖書が伝える神さまは、私たちと共にいてくださるお方です。辛い時も苦しい時も悲しい時も、そして嬉しい時も楽しい時も神さまは私たちを共にいてくださいます。「神、我らと共にいます」。これは力強い言葉です。恐れや不安に取り囲まれる時、「神我らと共にいます」と繰り返し告白することはきっとあなたを支えます。

マリアはこの言葉を聞いて戸惑い、この挨拶は何のことかと考え込んだとあります。たしかにそうだと思います。突然「神はあなたと共にいます」と言われてもどう受け止めていいかわかりません。そして天使は言います。

「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産む」 。

天使は神さまの御心を伝えました。神に代わってマリアに語ったのです。聖書読むことに慣れると疑問に思わなくなることがあります。つまり神さまは語られる方であるということです。聖書が伝える神さまは私たちに語りかける神さまです。ですから信仰に生きるとは、神さまが語られるのを聞いて生きるということです。私たちはついこのことを忘れてしまいがちです。私たちは聖書を読んでいると、神さまが語られることを不思議には思いません。むしろ当たり前だと思って読んでいます。しかしどうでしょうか。神さまが私たちの生活の中で語られると信じていますか。あなたは、神さまがあなたの生活の中で語られることを期待していますか。神さまが語られるのは聖書の中だけと思っていませんか。神さまが語りかけるのは特別な人だけと思っていませんか。聖書が告げる神さまは私たちの生活の中で語られる神さまです。

神さまは私たちに語りかける方です。でも直接私たちの耳に聞こえるように語られることは稀だと思います。通常神さまは私たちの心に語りかけられます。そして私たちは神さまが語りかけてくださるのをじっと待っているわけではありません。むしろ積極的に私たちは聞こうとするのです。信じて聞くのです。このようにして説教を聞く時も、あるいは家で聖書を読む時も、あるいは信仰者の交わりの中で話し合っているときに、友の口を通して神さまの語りかけを聞くのです。それを神の語りかけと信じて聞くのです。語りかけてくださる神を目の前に置くのです。

「あなたは身ごもって男の子を産む」(31節)。

これはマリアの心に突き刺さるような言葉でした。マリアはまだ結婚していません。それなのに子供を産むというのです。驚くし戸惑います。もし身ごもったことを婚約者のヨセフに知られたらどうなるでしょうか。そんなマリアの戸惑いに対して、天使ははっきり言うのです。「あなたは神から恵みをいただいた」 。神からの恵みとは、神さまから一方的な好意を意味します。結婚しても子供が与えられない夫婦に対して、あなたは身ごもると神さまが妻に言ったのならばこれは本当に恵みです。しかしマリアはまだ結婚していません。それなのにあなたは身ごもるというのは恵みには思えません。戸惑いを与えるだけです。ここに大切なことがあります。神の恵みは、時には無条件に喜べるとは限りません。時に、恵みと受けとめて生きることが必要なことがあるのです。昔から、「強いられた恩寵」という言葉があります。たとえば重荷を恵みとすることがあるのです。誰だって、重荷はいやなものです。それを恵みと受けとめるのです。聖書にこんな言葉があります。「およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです」 (ヘブル12:11)。当座は好ましく思えなくても後になってみるとそれが恵みであることがわかるそういうことがあるのです。好ましく思えないことを恵みと受け取ることによってこそ、恵みがあふれる人生を送ることができるのです。

「その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」(32節)。

これは生まれた子が特別な子であることを示しています。はっきり言えば、イスラエルの人たちが待ち望んでいた救い主のイメージです。でもここには十字架にかかって死ぬという救い主のイメージはありません。なぜなのか、それは分かりません。

マリアは、天使に言います。

「どうして、そのようなことがあり得ましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」 。

先ほど聖書の伝える神さまは、人間に語りかける神であると申し上げました。それ故、人は神に語りかけるのです。そして祈りとは、神さまと会話をすることです。マリアはここで「どうしてそんなことが起こりうるのでしょうか」と神さまに向かって語りかけます。私たちの祈りが、願い事を一つずつ神さまに申しあげることであるなら、それは一方通行の祈りです。祈りは神さまとの会話ですから、一方通行の祈りは、よい祈りとは言えません。人と人が会話をするように、神さまと会話をするそれが祈りです。神さまからの返事がすぐに来るのかという不安、疑問が生じます。神さまの答え、返事は、日々の出来事の中に案外あるのです。私たちが見過ごしていることが多いのです。どうですか。神さまの返事は、きっと来る、必ず来るんです。聖書は伝える神さまは語りかける神さまです。ですから神さまの返事は必ず来るんです。そのように信じて神さまと会話をするのです。それが祈りです。

マリアの質問に対して、天使は答えます。

「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる」 。

人間の思いを超えて、神さまは神の方法で働かれるのです。「あなたの神は小さすぎる」という題名の本が昔ありました。私たちは神さまの働きを小さく考えてしまうのです。つまりこれ位のことならば神さまはなさるけれどこれ以上のことは神さまでもできないだろうと考えてしまうのです。しかし聖書が伝える神さまは、人間の思いを超えて働かれる神さまです。私たちが神さまを信じることができたのも、神さまの奇跡、私たちの思いを超えたことではないでしょうか。私たちの心が変えられる、それも神さまの奇跡、私たちの思いを超えたことではないでしょうか。人間の思いを超える神さまの働きを経験したことがないなら、これからはもっと神さまを大きくしましょう。神さまを大きくする、それが神さまを崇めるということです。

「あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのにもう六ヶ月になっている。神にできないことは何一つない」(36節)。

「神にできないことは何一つない」、つまりこれは神さまの全能を意味しています。神さまは、したいと思うことは何でも出来るのです。それを神の全能といいます。この天使の言葉を受けてマリアは「お言葉通りこの身になりますように」と答えました。この言葉を口に出すことは幸いなことです。昔エジプトで奴隷で苦しんでいたイスラエルの人たちに対して神さまはおっしゃいました。「私はイスラエルの人たちを救出し、広々とした素晴らしい土地に導きのぼる」 。イスラエルの人たちは言うべきでした。「お言葉通りこの身になりますように」 。イスラエルの人たちは困難に出会うといつも不平や不満を言いました。不平や不満ではなく、神さまの約束がお言葉通りこの身になりますようにと彼らは信仰に立つべきだったのです。私たちも、聖書から神さまがいかなる方かを知り、神さまの約束の言葉を聞いて、お言葉通りこの身になりますようにと告白をして信仰の道を歩みましょう。

祈り
神さまが、私たちに語りかける神さまであり、私たちの生活のまっただ中で働かれる神であることを信じて信仰の歩みをすることができますように。 神さまとの会話となる祈りをすることができますように。 神さまが与えてくださる救い、神さまが与えてくださる役をHを信じ、お言葉通りこの身になりますようにと神さまに話して信仰の歩みをすることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。