今日の聖書読んで皆さんはどんなことを感じられたでしょうか。イエス様の弟子になるのは大変そうだ、と思われたでしょうか。それとも弟子になるのは信仰熱心な人であって自分は弟子にはならなくてもよいと思われたでしょうか。マタイ福音書にも今日の聖書と同じことが書かれています。比較をしてみるとルカ福音書にしか書かれていないことがあります。それは28節から33節までです。この箇所を頭に置きながら今日の聖書読んでいきたいと思います。

25節。「大勢の群衆が一緒についてきたが、イエスは振り向いて言われた」 。イエス様は群衆に対して「弟子のありかたについて」教えました。イエス様は、御自分の弟子に対して教えられたのではありません。ついてきた大勢の群衆に教えられました。群衆がイエス様について行ったのはなぜでしょうか。イエス様が多くの人の病気を治し、悪霊を追い出したからです。誰だって奇跡は見たいものです。あるいはイエス様の教えがとても素晴らしかったからです。誰だって素晴らしいものは教えは聞きたいものです。さらにイエス様がファリサイ派と呼ばれるインテリを批判するのを見て痛快に思ったのかもしれません。いずれにせよ群衆は好奇心からイエス様についていったのです。

イエス様はここでご自分についてくるということがどういうことを意味するのかを群衆に話されました。イエス様は、これからずっと群衆が喜ぶようなことをなさるわけではありません。最後には十字架につきます。群集は最後には、「イエスを十字架につけよ」と叫びます。群衆はイエス様がどのようなおかたであるのかを知る必要があります。そこでイエス様は、私についてきたいのなら、つまり私の弟子になりたいのならばどのように振る舞うべきかを教えられたのです。イエス様は群衆に対する話の中で「これこれなら、私の弟子ではありえない」と3回繰り返しています。これは、あなたたちに弟子になってほしいとの思いから出た言葉だと思います。

今日の聖書の箇所は、読む人に弟子となるのは大変だという印象を与えます。なぜなら、家族だけでなく、自分の命を憎みなさいとあります。憎むという表現に驚きます。愛する家族を憎むなんてできません。自分の命を憎むということもできません。それから自分の十字架を背負っていかなければなりません。最後に自分の持ち物を一切捨てなければならないというのです。信仰者として生きる時、これらの条件を満たすことができるのでしょうか。誰だってためらいます。そこまでする必要があるのかと疑問に思います。だからイエス様の弟子となるのは一部の人であるとの解釈が生まれます。

たとえば、イエス様は神さまのことを多くの人々に宣べ伝えました。聖書にはイエス様の弟子としてペテロとかパウロが登場いたします。彼らはイエス様を宣べ伝えました。ですから現代では、牧師がイエス様の弟子としてイエス様を宣べ伝えるのだと考え、信者は弟子ではないと考えるのです。またイエス様は人を愛し、人を救うために十字架にかかりました。自分の命を投げ出すほどに人を愛されたのです。イエス様は愛の人です。マザーテレサという人がいます。家族と離れ、遠い国で貧しい人たちのために働いた人です。自分の持ち物を一切捨てたも同然の貧しい生活の中で、貧しい人、病気の人、苦しんでいる人を顧みられたのです。イエス様の弟子として愛に生きた人でした。そしてマザーテレサのような人こそイエス様の弟子であり、そこまでは出来ない普通の信者は弟子ではないと考える人もいます。

イエス様の弟子となるのは、一部の信者なのでしょうか。もしそうだったら弟子の生き方について、イエス様は群衆に話す必要がなかったでしょう。イエス様は、すべての信仰者に、イエス様の弟子になってほしいのです。マタイによる福音書第28章でイエス様は語ります。「わたしは、天と地の一切の権限を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」 。「すべての民をわたしの弟子にしなさい」とイエス様は語ります。イエス様はすべての信仰者が弟子となることを願っておられるのです。

イエス様の弟子となることを目標にする人はしなければならないことがあります。今日の聖書の28節から32節において、目標を掲げるとき、それが実現可能であるかどうか、28節、31節に「腰をすえて」考えることが必要だと書かれています。28節「あなたがたのうち、塔を建てようとするとき造り上げるのに十分な費用があるかどうか、まず腰をすえて計算しない者がいるだろうか。そうしないと、土台を築いただけで完成できず、見ていた人々は皆あざけって、『あの人は建て始めたが、完成することはできなかった』と言うだろう」 。塔を建てるという目標を立てても、十分な費用がないのに工事を始めるというのは愚かなことです。また敵が攻めてきたときに、迎え撃つ力がないのに戦いを挑むのもまた愚かなことです。塔を建てるのに必要なお金が十分あるのか腰をすえて計算することは必要です。敵を迎え撃つのに十分な兵がいるのかどうか腰をすえて考えることは必要です。同じようにもしイエス様の弟子になるという目標を持つのならば、自分の持ち物を一切捨てる覚悟があるかどうか、腰をすえて考えることが必要だとイエス様は述べているのです。

イエス様の弟子になりたいと思う人は、腰をすえて考えなければならないのです。では腰をすえて何を考えるのでしょうか。弟子というのは自分の先生を目標とするものです。ですからイエス様の弟子となるという時、イエス様のどういうところを自分の目標とするのかを考えなければなりません。たとえばイエス様は病気の人を癒し、悪霊を追い出しました。だからイエス様の弟子となって病気の人を治したり、悪霊を追い出したりするのでしょうか。イエス様の考える弟子はそれとは違います。

27節。「自分の十字架を背負ってついて来る者でなければ、だれであれ、わたしの弟子ではありえない」 。イエス様は十字架を背負い、その十字架の上で処刑されました。イエス様が十字架を背負われたので、イエス様の弟子たちも自分の十字架を背負うのです。では十字架を背負うことには、どんな意味があるのでしょうか。イエス様は、神さまのみ心に従い、十字架を背負い、十字架上で処刑されました。イエス様は神さまの御心に心から従ったのです。だからイエス様の弟子たちも神さまの御心に従い、十字架と呼ぶべき重荷を負うのです。イエス様の十字架の死、それは人々を罪から救うためのものでした。人々を救うという神さまの働きにイエス様は仕えたのです。そのため人々を愛し、人々を救うために自分の命を犠牲しました。人々を愛したのです。そしてイエス様は何よりも神さまとの交わりを大切にして歩みました。神さまとの交わりの中で、神さまのみ心を確認し、従われたのです。腰をすえて考えてください。このようなイエス様の弟子となるということは、神さまに対して従順になることを意味します。自分の命を犠牲にするほどに、人々を愛するのです。神さまとの交わりに生きるのです。これがイエス様の弟子ということです。

このように考えると、弟子になって生きることがとても大変そうに思えます。イエス様の弟子となることにためらいを感じます。なぜためらいを感じるのでしょうか。なぜ大変だと思うのでしょうか。弟子となるのは選ばれた一部の人であり、自分は弟子にならなくてもよいと考えるのはなぜでしょうか。それは私たちが、神のことを思わず自分のことしか考えないからです。神のことよりも自分のことを優先して生きているからです。だから弟子になりたいとは思わないのです。それなのに自分の十字架を背負いなさいとか、自分の持ち物を一切捨てなさいとか言われるわけですから大変だと感じ、ためらいを感じるのは当たり前のことです。腰をすえて考えてください。あなたはイエス様の弟子になりたいと考えますか。あなたはイエス様の弟子になりたくないと考えますか。弟子になるとかならないとか、考えるのをやめますか。

イエス様はなぜ信仰者が弟子となることを願うのでしょうか。これも腰をすえて考えてください。私たちに弟子になって欲しいとイエス様が考えた理由について私が考えることを申し上げます。でもこの私の考えは聖書に基づいたものと考えてください。イエス様の弟子として生きることこそ、人間の本来の生き方であるということです。そもそも人は神さまによって創造されたと聖書は告げます。神さまは人間にどのように生きて欲しいかという願いを持っています。つまり、神さまは人間が神さまと交わり、神さまの御心に生きることを願っておられました。神に似せて造られた人間が神を愛し、人を愛することを神は願われました。ところが、神が造られた最初の人間は、神さまに逆らい、罪を犯しました。人間は堕落し、神のことを思わず自分のことしか考えない人間になってしまいました。ですから救われるとは、本来の生き方を回復することです。ですから、イエス様の弟子として生きることこそ、神さまが願う、本来の人間の生き方なのです。

家族を憎み、自分の命を憎み、自分の持ち物を一切捨てる、これは何を意味しているのでしょうか。これもまた腰をすえて考える必要があります。イエス様は私たちが家族を憎み、家族と争うようなことを求めてはおられません。私たちが自分の命を憎み、自分の命をおろそかにすることも願っておられません。持ち物を一切捨てる、これも文字通り実行することを願っているわけではありません。いったいこれらのことは何を意味しているのでしょうか。

私たちは神のことよりも自分のことを優先して考えてしまうものです。そこで家族との関係よりも神との関係を優先させることをイエス様は教えているのです。それが家族を憎むということの意味です。ですからこの聖書の箇所を読んでキリスト教は家族の絆をおろそかにすることを教えていると考えるのは誤解です。家族も大事ですけれども、それ以上に神さまとの関係が大切なのです。また「自分の命を憎む」とあります。これは自分の人生、自分の命を神さまにゆだねることを意味しています。私たちは自分の命のことで何を飲もうか、何を食べようかと思い煩うものです。しかし神さまが私たちのことを考え、配慮してくださっているのです。そのことを信じ神さまに信頼する、それが「自分の命を憎みなさい」ということの意味です。自分の命を憎むとは、自分の人生を自分で何とかしようとする態度を取らないことを意味します。人生は自分の思い通りにはなりません。自分で何とかしようと思っても、思い通りにはいかないものです。思い通りにならず落胆したり、悲観することもあります。しかし聖書は、神さまは万事を益としてくださるかたであると証言しています。人生色々なことが起きますけれども、神さまはすべてのことが私にとって良かったというふうに思えるようにしてくださるのです。だから自分で何とかしようと考えるな、自分の命を憎め、とおっしゃるのです。

「自分の持ち物を一切捨てなさい」。これも同じです。私たちは持ち物がなければ生きていけないと考えます。持ち物がたくさんあれば安心して生きていけると考えます。そしてあれも手に入れなければ、これも手に入れなければと心は思い煩うのです。しかし神さまは私たちの必要を満たしてくださるかたです。

家族を憎み、自分の命を憎み、自分の持ち物一切を捨てることは、言い換えると、神さまとの関係を大切にし、神さまに信頼するということを意味しているのです。これが、神を信じるということなのです。神さまを信じたいと思っている方、腰をすえて考えてください。神さまを信じている方、腰をすえて考えてください。神さまを信じるとはどういうことかを。

最後に34節以下を読みます。「確かに塩は良いものだ。だが、塩も塩気がなくなれば、その塩は何によって味がつけられよか。畑にも肥料にも、役に立たず、外に投げ捨てられるだけだ。聞く耳のある者は聞きなさい」 。塩は塩気失ったら役に立たないものになります。イエス様を信じる者がイエス様の弟子でなくなったら役に立たない者になってしまうと警告されます。イエス様の弟子として歩み、神さまとの関係を大切にし、神さまに信頼し神さまとの交わりを大切にする信仰本来の歩みをしなさい。それがイエス様の弟子として生きることです。

そんならそう言えばいいじゃん。わざわざ弟子として生きることが大変だという印象を与えなくてもいいのにと思うかも知れません。でも弟子として生きる時、十字架を背負うことが起きてくるのです。ですから、イエス様は真実を隠さずに語っているのです。十字架を負うその苦しみは、神さまが共にいてくださるという喜びに勝つことができないのです。神さまを信じて生きる歩みの特徴は喜びです。平安です。その人の人生を、神さまを信じる喜びが追いかけてくるのです。弟子として生きる幸いがここにあります。私の弟子になりなさいとイエス様は私たちを招いておられるのです。

祈り
イエス・キリストの父なる神様私たちもあなたを心から父とあがめ、あなたに信頼することができますように。信仰とは、あなたに信頼すること、あなたにゆだねることであると教えてください。自分のことばかりでなく、神さまに思いを向けることができるように導いてください。イエスの弟子として歩む幸い、喜びを教えてください。イエス・キリストの御名により祈ります。