今日は召天者記念礼拝です。信仰をもって亡くなられた方を覚えて神さまに礼拝をささげています。この方たちが、神の国に行かれたと私どもは信じます。そこで今日は神の国について聖書に聞きたいと思います。私たちは天国という言葉も使いますが、今日は神の国という言葉を使います。今日お話ししたいことは、神の国のイメージをどう描くかということです。皆さんは、神の国についてどんなイメージを描かれるでしょうか。私たちが神の国についてどんなイメージを描くのか、そのイメージによって私たちの信仰生活が変わってくるということを今日はお話したいと思います。神の国について聖書が伝えるイメージを描けば、私どもの信仰生活は確かなもの、そして豊かなものになります。

夫や妻、家族など親しい人を亡くした場合に大きな悲しみを味わいます。人はその悲しみから簡単に立ち上がることができません。しかし、その悲しみを受け入れて生きていかなければなりません。その悲しみとどう向き合うのか、それは一つの試練です。伴侶をなくし、自分もその後を追いかけて死んでしまいたいと考える人は少なくないようです。そのような悲しみの中にあって多くの人たちは、いつの日か、神の国でその親しい人と再会することを希望としています。この地上の生活で共にいることが幸せであり喜びでありました。だから神の国においても共に一緒にいたいと願うわけです。ここには神の国についてのひとつのイメージがあります。つまり、神の国で亡くなった親しい人と再会できるというイメージです。このようなイメージは信仰者だけが持っているのではありません。一般の人も持っていますね。

ところが神の国で親しい人と再会するとは、聖書には書かれていません。つまり聖書には、親しい人と再会するという神の国のイメージが描かれていないのです。聖書は神の国について豊かなイメージを語っています。ところがそこには親しい人と再会するというイメージはないのです。亡くなった方と再会したいというのは人間にとって自然な願いです。素朴な願いです。聖書にはすべてのことが書かれているわけではありません。聖書には神さまから見て大切なことが書かれています。神さまは神の国において親しい人と再会させてくださると私は思います。しかし神の国についてのイメージを親しい人との再会に限定して考えてよいのでしょうか。聖書には神の国についてのイメージがはっきりと描かれています。そのイメージをはっきりさせることは、私たちの信仰生活を確かなもの、確実なものにするのです。

イメージを持つことは大切なことです。たとえば、昔イスラエルの人たちはエジプトで奴隷として苦しんでいました。その苦しみの中から、彼らは神に助けを求めて叫びました。そして神さまは彼らを助け出し、自由に住むことのできる土地に導くと約束されました。そしてその約束の地へ神さまは彼らを導くこととなります。その約束の地へ向かう旅の途中、困難が起きると、イスラエルの民は嘆くのです。嘆くばかりではなく、神さまに対して不平や文句を言うのです。彼らは困難が起きるたびに神さまに対して不平を言ったので、最後には神さまはお怒りになりました。そして神さまは不平を言った人たちが約束の地に入ることを許しませんでした。彼らの不信仰が招いた結果でした。そこで私は思います。もし彼らが約束の地がどんなに素晴らしい土地であるのか、といろいろと想像をしていたのならば、約束の地の素晴らしさをイメージしていたならば、困難に遭っても彼らは落胆しないで希望を持ちつづけることができたのではないか。だから神の国についてのイメージを描くことは、私たちの信仰に生活にとってとても大切なことなのです。今日は神の国について二つのイメージを聖書から教えられたいと思います。

親しい人と神の国で再会する時、私たちはどのような姿をしているのでしょうか。おそらく人は、神の国で私たちがどんな姿をしているのかは想像していないと思います。再会するという希望をそれ以上深く追求はしないのです。人と人とが出会うと言うとき、その内容は心が通い合うとか、心が触れ合うとか、心のつながりが生じたということを意味します。ですから私たちが、神の国で親しい人と出会う時、私たちが身体を持っているのか、いないのか、ということは考えません。私たちの魂が、親しい人たちの魂と再会するということでも構わないのです。でもそうなると、復活ということを考えなくてすむわけです。復活信仰がなくても、神の国において親しい人と再会することを信じることができるのです。

私たちは復活した姿で、つまり復活した体をもって神の国に迎えられるというイメージが大切です。なぜなら聖書は、私たちは復活する、と述べているからです。今日の聖書の14節を読んでみます。

「イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出して下さいます」 。

私たちはイエス様が復活したと信じます。それだけではありません。16節にはこう書かれています。

「すなわち合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し」

とあります。つまり私たちも復活すると書かれているのです。聖書の別の箇所(コリントの信徒への手紙15章)には次のように書かれています。

「死者の復活もこれと同じです。蒔かれる時は朽ちるものでも、朽ちないものに復活し、蒔かれる時は卑しいものでも、輝かしいものに復活し、蒔かれる時は弱いものでも、力強いものに復活するのです。つまり、自然の命の体が蒔かれて、霊の体が復活するのです。自然の命の体があるのですから、霊の体もあるわけです」 。

私たちは魂ではなく、霊の体をもつものとして復活し、神の国に迎えられるのです。復活した人間は体を持つ姿で神の国に迎えられるというイメージが聖書にあるわけです。さらにその続きには、次のように書かれています。

「わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。私たちは皆、今とは異なる状態に変えられます」 。

私たちは皆、「今とは異なる状態に変えられる」とあります。

神の国は、霊の体を持った人間が迎えられる場所であるというイメージ、このイメージを持つか持たないかは、信仰の歩みの分岐点といえます。なぜなら信仰を得た人は、新しく造り変えられると聖書は述べているからです。信仰を持つ前の私達は繰り返し罪を犯していました。罪の奴隷でした。しかし信仰を得た私たちは、神さまの働きにより、つまり聖霊の働きにより新しく造り変えられる、と聖書は書いています。エフェソの信徒への手紙の四章には次のように信仰者の生き方が教えられています。

「だから以前のような生き方をして情欲に迷わされ、滅びに向かっている古い人を脱ぎ捨て、心の底から新たにされて、神にかたどって造られた新しい人を身に着け、真理に基づいた正しい清い生活を送るようにしなければなりません」 。

私たちは古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着ると書かれています。私たちは新しい人として生きるのです。私たちはクリスチャンになる時に洗礼を受けます。これはひとつの儀式でありますけれども、信仰的な意味があります。ローマへの信徒への手紙六章に次のように書かれています。「私たちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、私たちも新しい命に生きるためなのです」 。信仰者にとって生きるとは、新しく造り変えられた人として生きることを意味しています。

私たちは神の国について、私たちが復活して神の国に迎えられるというイメージを持たないと、この地上の信仰生活において、私たちが新しい人として造り変えられて生きるというイメージを描くことが困難になります。この歩みをすることが困難になります。

私たちは復活をして、霊の体を与えられて神の国に迎えられると申しました。聖書は他のところで、次のような表現をしています。

「御子が現れるとき、御子に似たものとなるということを知っています」 。

御子とはイエス・キリストのことです。私たちは神の国において、御子に似たものになるのです。イエス・キリストに似たものとなるのです。私たちは魂として、神の国でふわふわ浮いているわけではないのです。イエス・キリストに似たものとなるのです。神の国においてイエス・キリストに似たものとなるだけではなく、私たちはこの地上の歩みにおいてもイエス・キリストに似たものになるのです。それが救われて生きるということなのです。そしてイエス・キリストに似た人こそ、神の国にふさわしいのです。だから私たちはこの地上の歩みにおいてイエス・キリストを目標とし、イエス・キリストに似たものとなるべく神さまによって新しく造り変えられます。そして新しく造り変えられたものとして信仰の歩みをいたします。この地上において、新しく造り変えられる経験をするから、私たちは神の国でイエス・キリストに完全に似たものとされることに喜びを見出すことができます。親しい人との再会よりもはるかに大きな喜びが待っているのです。

復活をし、イエス・キリストに似た者たちが迎えられるのが神の国であるというイメージを抱くか抱かないか、それによって私たちの信仰の歩みが左右されます。つまりイエス・キリストに似たものとなるという歩みが真剣に考えられるか否か、ここに信仰者の歩みの分岐点があるのです。

神の国についての二番目のイメージです。今日の聖書の17節で次のように書かれています。

「このようにして、私たちはいつまでも主と共にいることになります」 。

ここに示された神の国のイメージ、それは私たちが主と共にある、ということです。そもそも神の国とは、主、つまり神さまがおられるということです。イエス・キリストがおられるということです。もし私たちが親しい者と再会したとしても、もしそこに神がおられなければ、そこは神の国ではありません。神の国では、神さまが私たちと共にいてくださり、私たちは神さまと共にいてくださることを喜ぶことができます。神の国について、親しい者と再会できるというイメージだけを持ち、もし神さまと共にあるというイメージを抱かないとしたらどうなるのでしょうか。地上の生活において、神と共に歩むことがおろそかになります。

私が歩みたい道に神さまが歩んでくださることを願うのは聖書が伝える信仰ではありません。聖書が伝える信仰は、主、つまり神さまが示される道を歩むことです。アブラハムは、「私が示す地に行きなさい」という神さまの言葉に従いました。エジプトを脱出したイスラエルの民は、神が示された約束の地に向かって旅をしました。私たちが神さまが示される道に歩む時、神さまは共にいてくださるのです。困難に出会ったイスラエルの民は、エジプトに帰ろうと言いました。それは、神の御心から離れることに他なりませんでした。「私は自分の歩みたい道を歩みます、神さま私と共にいてください」というのは信仰の歩みとは言えません。聖書は神さまと私たちの関係を羊飼いと羊の関係にたとえています。羊は羊飼いについていきます。羊飼いの後をついていくのです。羊飼いが示す道を歩むのです。羊が私はこっちに行きたい、あっちに行きたいと言っているとどうなるのでしょうか。羊は迷うのです。イエス様はおっしゃいました、「私に従って来なさい」。

いつまでも神さまと共に生きる、それが神の国のイメージです。このイメージを抱く者がこの地上においても神さまの示す道を歩み、神さまと共に歩むのです。「神さまと共にいる」という神の国のイメージを抱かないと私たちは迷える小羊のごとく自分の行きたい道を歩むことになりかねません。この世の歩みで、神の示す道を歩み、神と共に生きる人こそ、神の国で、いつまでも神さまと共にいることを光栄とし、喜びとするのです。うれしいですね。私は今日から、神の国のイメージをしっかり心に抱いて歩むことにしました。皆さんも今日から始めましょう。信仰の歩みは、気づいたら始めれば良いのです。年を取っても遅すぎることはありません。祈ります。

祈り
天の父なる神、 聖書から神の国のイメージを学ぶことができますように。 そして信仰者の歩みを確かに生きることができるように。 生きるとは、神の国に向かう旅をすることです。 神の国に到着したときの大きな喜びを思い、 今の歩みを確かにすることができますように。 神の国のイメージを確かにすることにより、 私たちの信仰生活が確かなものとなりますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。