先月、名鉄エムザで、聖句書道展が開催されました。色々な聖句が書かれておりました。その書かれた聖句には、なぜその聖句を書いたのか、理由が添えられていました。ある聖句の添え書きに次のようなことが書かれていました。「教会が分裂した悲しみに耐えてこの聖書の言葉を書きました」。教会が分裂する、それは本当に悲しく残念なことです。

今日も聖書から神様の御心を聞きたいと思います。今日も礼拝において、使徒信条を告白しました。この使徒信条には神様が世界を創造なさったこと、そして終末が来るということが告白されています。それでは世界が創造された時から終末の時まで、神さまは何をなさっておられるのでしょうか。世界の創造の時から終末の時まで、神さまは人間に何をさせようとしておられるのでしょうか。そんなこと分かるはずがないとあなたは言うかもしれません。私も以前は、そんなこと人間にわかるはずがないと思っていました。

しかし今日の聖書にこのように書かれています。4節。

「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました」。

天地創造の前に、神は私たちを選んだというのです。神さまは、天地を創造するときに、一つの決心をされていたのです。神さまは、ご計画を持っておられたのです。そして神様のご計画は9節によると、「秘められた計画」と呼ばれています。つまり人間には知らされていなかったのです。その秘められた計画とは、

「時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものも、キリストのもとに一つにまとめられるのです」。

終わりの日に、すべてのものがキリストにあって一つにまとめられるというのです。これが神の秘められた計画だというのです。どう思いますか?

パウロはこの秘められた計画をどのようにして知ることができたのでしょうか。神が天地創造の前に心の中のお定めになった計画を人はどうして知り得るのでしょうか。8節から読むと、

「神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解を与えて、秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました」

とあります。神さまがどのように知らせたのかはわかりませんけれども、パウロは神さまから教えられたと述べています。おそらく、イエス・キリストによる救いの意義を深く思い巡らせた結果、与えられたのではないかと推測します。今日の聖書は、キリストのもとにあらゆるものが一つにされる、それが神様の秘められた計画であると言うのです。

天地創造の前に神様は私たちをキリストにおいてお選びになりました。私たちが神さまの前に聖なる者、汚れのない者になり、さらに私たちを神の子にしようと神様はお決めになったのです。このことが実現するために、イエス・キリストは十字架にかかって亡くなられました。私たちはこの十字架のおかげで罪が赦され、神の子とされました。そして私たちは汚れのない者とされ、聖なる者とされます。信仰者の歩みは罪の汚れが取り去られ、いよいよ清い者にされてゆく歩みです。それは何のためでしょうか。一つには、私たちが神の国に迎えられるためです。

そして私たちが神の子とされるには、別な理由があります。私たちが神の子にされるから、私たちはキリストのもとに一つにされるのです。私たちは神の子にされないのなら、キリストのもとに一つにはなれないのです。この世を見てください。人間はいつでもどこでも争い対立して生きています。争い、対立を乗り越えさせるのは、キリストの十字架しかありません。エフェソ2章14節にこう書かれています。

「実にキリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し」

たのです。神の子だけが、一致を目指して努力ができるのです。神さまは私たちが一つになることができるように、私たちを罪の汚れのない者、聖なる者としてくださるのです。

あらゆるものがキリストのもとに一つにされるというのは壮大な計画です。そのようにキリストのもとにすべてのものが一つにされた状態を私たちは、思い描くことはできません。そこで神さまは、キリストのもとに一つにされるものを用意されたのです。これがキリストのもとに一つにされるということだと思えるものを二つ用意されました。

ひとつは、夫婦です。一組の男女が結婚し、夫婦として歩みます。この夫婦、これはキリストのもとに一つとされるものの一番小さな形です。そこには二人しかいないからです。創世記の最初に、神は男と女を造られたことが書いてあります。「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」と書かれています(創世記2:24)。さらにこのエフェソの信徒への手紙には、結婚式で読まれる言葉があります。「キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。妻たちよ、主に仕えるように自分の夫に仕えなさい。夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために自分をお与えになったように、妻を愛しなさい」と教えられています。キリストのもとに、夫と妻は互いに愛し合い、一つとなるのが神の御心なのです。そして

「人は父と母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。この神秘は偉大です」

とあります。夫婦が一つとされる、それは偉大な神秘だというのです。つまり、キリストのもとに全てのものを一つにするという神の秘められた計画を指し示しているというのです。

結婚生活、それは夫婦が生活を共にして生きることです。結婚生活には様々事が起きます。子供が与えられれば子育てという大きな務めが与えられます。どちらかが病気になることもあるし、経済的に困難な状態に陥ることもあります。そして夫婦は、いつも同じ考え方をするとは限りません。問題に直面したとき、二人の考えが異なれば、解決を求めても意見が一致しないで争いになることもあります。だから、よく話し合って、心を一つにすることが求められます。心を一つにして、結婚生活を送る、これが聖書の教えです。しかし二人が心を一つにするのがむずかしい、それが人間の現実です。だから、私たちはキリストに対する畏れをもって、互いに仕え合うように努力するのです。

キリストのもとに一つにされるもうひとつのひな形、モデルは、教会です。夫婦の場合は、二人ですが、教会には多くの人が集います。しかも、男性がいれば女性がおり、年齢も様々、異なった環境に住んでいるし、富める者も貧しい者もおり、健康な者もいれば病む者がおり、こんなに違う人たちの集まりがどうして一つになれるかと疑問に思います。しかし、神さまは、キリストにあって一つになるひな形として教会をこの世界に与えたのです。

夫婦の場合と違って、信仰者はいつも一緒に生活をするわけではありません。教会は生活を共にする集団ではありません。決められたときに集まる集団と言った方が良いでしょう。同時に、信仰者はそれぞれの生活の場で、信仰者として生きています。それぞれの場で信仰者として生きるという共通な思い、一つの思いを持って信仰の歩みをしています。

教会では礼拝が献げられています。この礼拝を毎週献げるために、どれほどの努力がなされてきたことでしょうか。どれほど人々は心を一つにして力を注いできたことでしょうか。土地を得て、教会堂を建設するのにも、信仰者が心を一つにしたのです。礼拝を毎週行うために、毎週の備えがあり、私たちは礼拝のために、心を一つにしてその準備をしています。教会には色々な行事があり、皆が協力してこれを行います。教会の運営には長老会が責任を持ちます。長老会もまた長老たちが心を一つにすることを大切にしています。意見は異なっても、キリストに仕えるという共通の信仰から、キリストのみ心、神様のみ心を尋ね求めて、教会の歩みを決めます。教会の働きは、信者たちが心を一つにしてなされるものです。

教会もまた、その歩みの中で、色々な問題、課題を持ちます。色々な意見が出される中で、話し合い、心を一つにして、問題、課題を乗り越えていきます。教会に属すとき、私たちは一つとなるための努力をします。この努力は、祝福となります。私たちは、どのように努力をすれば一致が与えられるのかを知ります。そして一致の喜びを与えられ、さらに家庭において一致を生み出す努力をするのです。教会の一致は、この世界に一致をもたらす祝福となるのです。

エフェソ4章に最初に大切なことが書かれています。

「わたしはあなたがたに勧めます。神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩みなさい」

とあります。私たちは、神から招かれた存在だというのです。神から招かれたという実感が皆さんにあるでしょうか。親と一緒に教会に行った、学校から教会に行くことを勧められた。悩みの中にあって、教会に行く決心をして教会に行った。教会に来るきっかけは人それぞれ違うでしょうし、神から招かれたとは思えないのが現実です。しかし、私たちの思いを越えて、私たちは実は神から招かれているのです。どういう招きかというと、信仰者としていかに生きるのか、神の言葉に従って生きるように招かれているのです。

神の招きに従わないと、実は、的を外した信仰生活を送ることになります。エフェソ4章3節、「平和の絆で結ばれて、霊による一致を保つように努めなさい」は、今年の主題聖句です。

一致を生み出す楽しい努力、一致に生きる喜びと感謝、一致のために祈ること、ここに神さまは、私たちを招いておられるのです。あなたもキリストにあって教会が一つとなる努力をするように招かれているのです。