最初に二つの質問をいたします。最初に、皆さんは何のために説教を聞いておられるのでしょうか。二番目は、神様は何のために説教者を立て、説教をさせるのでしょうか。皆さんが説教を聞く目的と、神さまが説教者を用いて語られる目的、これが一致していることを願います。

今日も聖書に聞きたいと思います。14章の最初で、イエス様は食事に招かれました。ファリサイ派のある議員の家にお入りになりました。議員とあるので、有力者と考えられます。おそらく沢山の人が食事に招待されていたと思われます。

今日の聖書で、イエス様は招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づかれました。そこで話をされました。

「婚宴に招待されたら、上席についてはならない」。

今日の日本でも、結婚式の後、披露宴が開かれます。その時、誰をどの席に座ってもらうかという席順を決めることに苦労がつきものです。失礼があってはならないと考えるからです。苦労しながら席順を決めるのです。ですから、自分を偉い者のように考え、上席に着いたとすると困ったことが起きかねないのです。つまり、この席を空けてくださいと言われるのです。あなたよりも身分の高い人のための席だったのです。そして末席に座ることとなり恥をかくというのです。だから、むしろ末席に座れば、あなたを招いた人が来て、「さあ、もっと上席に進んでください」と言われ、面目を施すことになるというのです。

そして「だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだるものは高められる」とイエス様は結論を言います。宴会に招かれたら、末席に着きなさい、それが謙遜な振る舞いですとイエス様は教えられたのでしょうか。

でも注意してください。7節で「イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された」とあります。上席を選んでいる人たちに向けて話されたのです。婚宴に招待されたらどうしたら良いのかというのはたとえなのです。もしこれがたとえでないとするのならば、これは一つの教訓となります。つまり末席に座るなら、上席に進んでくださいと言ってもらえます。上席に座りたいなら末席に座りなさいという、教訓、社会常識となります。イエス様は、そんな教訓を述べているのではありません。では婚宴に招待されるとは、何のたとえなのでしょうか。わかりにくいです。そこで12節以下を読んでみます。

12節以下も、実はたとえと理解すべきだと思います。たとえでないとしたら、イエス様の話は分かりにくい内容です。今度はイエス様を食事に招いた人にイエス様は話をします。彼に何か問題点があって話をされたのか、それは分かりません。

「昼食や夕食の会を催すときは、友人も、兄弟も親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである」。

人を食事に招いたり、人から招かれたりする。それは悪いことなのでしょうか。そんなことはないと思います。食事を共にして、交わりを深める、それは良いことです。イエス様だって、食事を共にしています。でもイエス様は、それをするなと言うのです。招くなら、

「貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい」

というのです。この人々はお返しができないからと言うのです。貧しい人、障害のある人は、人を食事に招待する経済力がありません。こういう人を招け、とイエス様は言うのです。これは現実的な話ではありません。貧しい人、障害のある人たちのために、支える働きをする人はいます。でもただ食事を共にするために招く、そういう人は少ないのではないでしょうか。実際にこのようなことをする人はいないでしょう。だから、これもたとえなのです。何のたとえなのか、理解する手がかりが次の段落にあります。

15節で、食事を共にしていた客の一人はイエス様の言葉を聞いて、言います。「神の国で食事をする人は、なんと幸いなことでしょう」。神の国! そう神の国での食事のたとえなのです。食事は交わりを意味します。神の国での食事、それは、私たちが神の国に招かれたことを意味しているのです。

この人は、イエス様が、神の国での食事会、宴のことを語っていると見抜いたのです。そしてイエス様はおっしゃいます。「ある人が盛大な宴会を催そうとして、大勢の人を招き、宴会の時刻になったので、しもべを送り、用意ができたのでおいでくださいと言わせました」。ところが招待された人は皆、断ったのです。そこで主人は、

「急いで町の広場や路地に出て行き貧しい人、体の不自由な人、目の見えない人、足の不自由な人をここに連れて来なさい」

と言ったのです。お気づきになりましたか。今日の聖書で、宴会を開くときには誰を招きなさいとイエス様はおっしゃったのでしょうか。貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人です。13節と21節で招かれている人たちが共通しています。ですから、12節以下のたとえは、神の国での宴会を意味しています。神の国の宴会に招かれるとは、神の国に招かれることを意味します。

今日の聖書の箇所でイエス様は、私たちは神の国に招かれる資格はないが神の国に招かれているということを教えているのです。上席を選ぶ人に対して末席に座りなさいとイエス様は命じられました。つまり私どもには上席に座る資格、上席を選ぶ資格がないということです。でも招かれているのです。またお返しのできない人を宴会に招きなさいということこれもまた宴会に招かれる人が招きを受ける資格はないということを意味しています。人は食事に招くとき、暗に招かれることを期待します。神の国は、お返しができない人が招かれるのだとイエス様は教えておられるのです。

私たちは、神の前に自分の罪を認めた者です。イエス・キリストの十字架の死によって自分の罪が赦され、神の救いに入れられたと信じる者です。私たちは、神の国に招かれる資格のない者でした。しかし神は憐れみをもって、私たちを神の国に招いてくださったのです。

イエス様が一緒に食事をしたのはどういう人たちだったでしょうか。ファリサイ派の人からみれば、罪人であるとか、徴税人であるとか、遊女とか言われる人たちです。ファリサイ派の人たちは、こういう人たちとは、つきあうべきではないと考えていました。何故なら、彼らは神さまを知らず、神の教えを守っていないからです。しかしイエス様は、彼らを交わり、食事を共にされました。言い換えると、イエス様はすでに、神の国での宴会を実践しておられたのです。招かれたのは、ファリサイ派の人たちから見れば、資格のない人たちです。罪人、徴税人、遊女たちも、招かれる資格はないと思っていたでしょう。しかし、イエス様の方から近づかれたのです。

このような話は、私たちと何の関係があるのでしょうか。私たちはなぜ聖書を読み、説教を聞くのでしょうか。あなたはなぜ聖書を読み、説教を聞かれるのでしょうか。テーマは「神の国に入る」ということです。神の国とは、神様の御支配のことです。神の国に入るというのはふたつの面があります。一つは、今、神の国の中に入って生きるということです。今、神様の御支配の下に生きるということです。神が共にいてくださるとか、神さまは導いてくださると言うのは、私たちが神さまのご支配の中を生きるということです。もう一つは、イエス様がもう一度この世においでになり神の国が完成する時、私たちは神の国に迎えられます。この二つは無関係ではありません。今、神の国に生きる人が、終わりの日の神の国を待ち望むことができるのです。信仰とは、神の国に生きること、神のご支配の下に生きることです。愉快ではありませんか。

だれが神さまのご支配の下を生きることができるのでしょうか。どのような資格、条件があれば、神が共にいてくださり、神の導きを受けることができるのでしょうか。神さまは、誰を神の国に招いておられるのでしょうか。神さまは、誰を神さまのご支配の中に生きるよう招いておられるのでしょうか。資格、条件はいりません。ただイエス様の招きを受け入れればよいのです。招きを受け入れればよいのです。イエス様を救い主と信じる人は、だれでも、神さまのご支配の下に生きることができるのです。神さまが共にいて、導き、祝福を与えてくださいます。イエス様を信じるなら、あなたも、わたしも、神の国に招かれているのです。

祈り
天の父なる神様、 今日も聖書を通して、あなたのみ心を教えられ感謝します。 神の国に生きる信仰者、 神さまのご支配の中を生きる信仰者としてください 招かれるのにふさわしくない者があなたに招かれました。 あなたの憐れみといつくしみを知る者とならせてください。 あなたの愛を知る者としてください。 あなたを愛し、あなたのご支配を慕い求める者としてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。