神の怒りについて、説教ではなかなか語られません。話す方も聞く方も、うれしい気持ちになりません。聞いて良かったと思ってもらえる話を説教者はしたくなるものです。しかし神様はお怒りになる神です。そのことを伝えることもまた大切なことです。しかし説教は福音を語ります。神の怒りは福音との関連で語られるので、耳を閉ざさないでください。

今日もルカによる福音書に聞きましょう。

「安息日のことだった。イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになった」。

イエス様はおそらく食事に招かれたのだと思います。イエス様はこれまでも何回か、ファリサイ派の人の家に食事に招かれています。

「人々はイエスの様子をうかがっていた」。

イエス様が家に入られると、人々はイエス様の様子を伺っているのです。嫌な雰囲気が漂っています。人々はイエス様が何をするか、注目しているのです。それはイエス様が行うすばらしい行いを期待しているのではなく、むしろイエス様を非難するための口実を見つけようとしているのです。イエス様とファリサイ派の人たちの間には対立がありました。ファリサイ派の人たちから見ると、イエス様は神の戒め、つまり律法を破っているように見えたのです。またイエス様の目から見れば、ファリサイ派の人たちは偽善者に思えたのです。ルカによる福音書11章37節以下に、イエス様のファリサイ派に対する批判の言葉が述べられています。「実に、あなたたちファリサイ派の人々は、杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている」。このようにイエス様は批判しました。その結果、ファリサイ派の人たちや律法学者たちは、イエス様に対して激しい敵意を抱き、いろいろの問題でイエス様に質問を浴びせ、何か言葉じりをとらえようとねらっていました。そういう背景があり、人々はイエス様の様子を伺っていたのです。

今日の聖書で、イエス様は攻めの姿勢です。ファリサイ派の議員の家に、水腫を患っている人がいました。

「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか」

と質問しました。ファリサイ派の人たちは黙っていました。するとイエス様は病人の手を取り、病気を癒やされました。イエス様は続けて言います。

「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからと言って、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか」。

彼らはこれに対して答えることができなかったとあります。彼らは答えず、沈黙していたのです。この沈黙は暗黙の抵抗をして示しています。実は、イエス様の言葉を聞くと、イエス様の行動が正しいことが分かります。しかし、それは安息日の戒めに反します。イエス様の行動を認めるわけにはいかないので、黙りこくったのです。

マルコ福音書3章にイエス様が手の萎えた人を癒す物語が書かれています。イエス様はおっしゃいます。「あなたたちに尋ねたい。安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか」。この時も人々は黙っていました。答えることを拒んだのです。続いてこのように書かれています。

「そこでイエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなさを悲しんだ」。

イエス様は、かたくなな人に対して怒り、人々の心のかたくなさを悲しみました。神様はかたくなな人に対して怒り、人の心のかたくなさを悲しまれるのです。

人は誰でも心をかたくなにすることがあります。旧約聖書に出てくる指導者モーセ、この人もその心のかたくなさにより神に怒られたことがあります。昔イスラエルの人たちはエジプトにおいて奴隷としてつらく苦しい生活をしていました。彼らはその苦しさから救われたいと願い、神に向かって叫びました。そこで神様は一人の指導者を立てることにしました。モーセが神様によってその指導者に選ばれたのです。神様:「私はあなたをエジプト王のもとに遣わす」。

モーセ:「私は何者でしょう。なぜ私はそのような働きをしなければならないのでしょうか」。
神様:「私は必ずあなたとともにいる。これが私があなたを遣わすしるしだ」。
モーセ:「イスラエルの民は、あなたを遣わした神の名は何というのかと聞きます」。
神:「私はあってあるものである」。
モーセ:「民は神がお前などに現れるはずがないと言って信用せず、私に聞かないでしょう」。
神:「杖を投げなさい。手を懐に入れなさい。ナイル川から水を汲んできなさい」。

すると不思議なことが起き、神さまがモーセを遣わしたことが分かるでしょう、というのです。それでもなおモーセは「私は口下手です」と断ります。そしてついに神様は怒られるのです。モーセの不安に対して、こうしてあげるから大丈夫だと神は配慮してくださるのに、なお断り続けるモーセに対して神はお怒りになったのです。指導者モーセも、心をかたくなにしたため、神の怒りを招いたのです。

このイスラエルの民もまたかたくなでした。エジプトにおける奴隷としてつらく苦しい生活から解放されたい、と願って民は神様に助けを求めました。神様は様々な奇跡を行い、イスラエルの民をエジプトから解放しました。そして自由に暮らすことのできる土地を与えると約束しました。そしてイスラエルの民は約束の地を目指して旅を始めるのです。旅が始まると困難に直面します。エジプト軍がイスラエルの民を連れ戻そうと追いかけてきます。エジプト軍に恐れをなした民は、神様に向かって叫びます。 「我々を連れ出したのはエジプトに墓がないからですか。荒れ野で死なせるためですか」。 神様は海を2つに分けエジプトの軍隊を溺れさすという不思議な奇跡を行ってイスラエルの民を助けました。さらに旅を続けるとイスラエルは水不足に直面をしました。イスラエルの民はモーセに不平を言います。「何を飲んだらよいのか」。あるいは食べ物がなくなります。すると人々は不平を言います。「我々はエジプトの国で、死んだほうがマシだった。あの時は肉のたくさん入った鍋の前に座り、パンを腹いっぱい食べられたのに」。イスラエルの民は困難に遭うと文句を言うのです。泣き言を言うのです。彼らは神様に頼ろうとしません。神様に信頼しようとしません。神様の助けを何回も何回も経験しているのに、心をかたくなにして、神様の助けを求めようとしません。あたかも彼らはこう言っているかのようです。「今までは神は助けてくれたかもしれない。しかし今度も神が助けてくれるという保証はどこにあるのか」。神に信頼することを拒むのです。彼らは心をかたくなにしたのです。そして神は言います。「私はこの民を見てきたが、実にかたくなな民である。今は私の怒りは彼らに対して盛り上がっている」(出エジプト32:9)。イスラエルの民のかたくなさが、神の怒りを招いたのです。

生命の危機、それは試練の時です。だからこそ、神さまに信頼すべきなのに、それを拒むのです。しかも、何回も何回も神は危機を助けてくれたのです。それなのに神に信頼しようとしない。次は助けてもらえるかどうか分からないと神を疑う。悲しいほどの心のかたくなさです。私たちには、このようなかたくなさはないのでしょうか。あなたには、かたくなな心がありませんか。

ファリサイ派の人たちもまた、かたくなでした。ファリサイ派の人たちは、自分たちは神様の戒めを知ってきちっと守っていると自負していました。自分たちは立派な信仰者であると誇っていました。自分たちの信仰が間違っているはずがないという確信、それが彼らのかたくなさの原因でした。彼らには、心のかたくなさを悔い改めるチャンスがありました。イエス様に質問されたとき、正直に答えればよかったのです。自分たちの考えの間違いを認めればよかったのです。しかし人は、簡単に自分の考えを変えようとはしません。考えを変えることに不安があります。考えを変えることはプライドが傷つきます。多少のことは我慢することにして、今までの生活を変えない方が安心できるという面があります。

忘れてはならないのは、かたくなな心を持ったのは、神を信じる者たちでした。イスラエルの民は神にエジプトの苦しみから救ってほしいと叫びました。神を信じている民でした。ファリサイ派の人たちは自分たちは神の戒めを学び一生懸命守っている事を誇りに思っている人たちでした。神を信じる者が、神に対して心を閉ざし続けるのです。

かたくなさとは何でしょうか。自分の心を変えることを拒むことです。自分はこのままで良いとして、自分を変えようとしないことです。神に信頼する歩みに乗り出すことを拒むことです。神の前に言い訳をして歩むことです。神の招きを拒むことです。神の御心を考えようとしないことです。

信仰とは、神に信頼して歩むことです。信仰とは、神さまに自分を変えていただくことです。信仰とは、神さまに従い、幸いな歩みをすることです。信仰とは、神様の心を大切にし、神と共に歩むことです。神に信頼しないのは不信仰です。不信仰を続ける、これがかたくなさです。救い主なる神様が、私の心を新しい心に変えてくださるのを拒み、古い自分であり続ける、これがかたくなさです。神さまの教えは愛から出たもの、私たちを幸いに導くものです。それなのに神さまの教えに従わない、これがかたくなさです。

人の心のかたくなさに対して神はお怒りになります。神はどのように怒られるのでしょうか。人がかたくなな歩みを続けるのを放置するのです。私たちが心をかたくなにして生きるのを放っておくということです。私たちがかたくなな歩みの刈り取りをするのを神はそのままにしておくのです。

でもそれでいいと神様は思っていません。私たちが自分のかたくなさを悔い改めるのを待っておられるのです。あなたが自分の頑なさに気づいたら悔い改めるのを神さまは待っておられるのです。礼拝で説教を通して、私どもがかたくなさに気づき、悔い改めるのを神は待っておられます。聖書を読むことを通して、あなたがかたくなさに気づき、悔い改めるのを神は待っておられます。教会の中で呼びかけられる神の招きを聞いて、あなたがかたくなさに気づき、悔い改めるのを神は待っておられます。

自分の歩みを変える、自分を変える、それは勇気がいることです。神様に信頼する者として一歩を踏み出す、神様の約束を信頼して歩き始める、これも勇気のいることです。信仰は一つの冒険です。それは無茶な冒険ではありません。恵みと祝福が満ちている冒険です。

あなたがかたくなな心を持っているのならば、今が悔い改める時です。思い切って、神様に信頼しましょう。思い切って、神様の招きに答えていきましょう。思い切って、自分を変えるチャレンジをしてみましょう。思い切って、神さまの教えに従ってみましょう。悔い改めるところから、信仰の歩みが始まります。神さまは忍耐強く、あなたが悔い改めるのを待っておられるのです。

祈り
天の父、 柔らかい心を与えてください。謙遜な心を与えてください。 わたしのかたくなな心を砕いてください。 神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊、 打ち砕かれ、悔いる心を 神よ、あなたは侮られないことを教えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。