人間の命には限りがあります。私たちは地上の生涯を終えた後、復活し、神の国に迎えられると信じています。私たちが神の国に迎えられると信じることのできる根拠は、何なのでしょうか。今日の聖書で、イエス様は神の国に入るというテーマで話をしておられます。

22節にこう書かれています。「イエスは町や村を巡って教えながら、エルサレムへ向かって進んでおられた」。するとある人がイエス様に質問をしました。

「主よ、救われる者は少ないのでしょうか」。

誰が、何のためにこの質問をしたのか、理由はよくわかりません。イエス様は、この質問を聞いて、どう思われたのでしょうか。イエス様は、「そうです」とも「いいえ」とも答えられませんでした。

「狭い戸口から入るように努めなさい」

とお答えになりました。さらに「言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ」と続けられました。入れない人が多い、ということは、救われる者は少ないということです。でもイエス様の思いは別にあったと思います。イエス様はこう言いたかったのではないでしょうか。「救われる人が少ないのですか。とは他人事のような言い方ですね。あなたは自分は救われると思っているのですか。どうしてそう思えるのですか」。

そこで「救われる人は、狭い戸口から入るように努める人です」とイエス様は言われたのです。あなたは、狭い戸口から入るように努めていますか、とイエス様は逆に尋ねたのです。イエス様はここで、狭い戸口から入るとは何を意味しているのか説明はなさいませんでした。自分が狭い戸口から入っているかどうか、考えるように導かれたのです。そして、入ろうとしても入れない人が多いのだとおっしゃいました。

ここでマタイ福音書に書かれている言葉を思い出します。

「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入るものが多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない」(マタイ8:13〜14)。

人々は広い門から入ろうとするのです。狭い門からは入りたくないのです。ですから、狭い戸口ではなく、別な入りやすい戸口を探して人々は入り口を見つけることができず、入ることができないのです。救われるとは、神の国に入ることを意味しています。探しているうちに狭い戸口が閉められてしまうのです。イエス様は続けます。

「あなたがたが外に立って、戸をたたき、『ご主人様、開けてください』と言っても、『お前がどこの者か知らないという答えが返ってくるだけである」。

外から戸をたたいても、無駄なのです。「お前のことは知らない。戸を開けるわけにはいかない」と言われるのです。外から戸をたたいた人は弁明するのです。

「ご一緒に食べたり飲んだりしましたし、また、私たちの広場でお教えを受けたのです」

でも主人から言われるのです。

「お前たちがどこの者か知らない。不義を行う者ども、皆わたしから立ち去れ」。

皆さんにお尋ねします。神の国に入ることができるという確信を、皆さんは持っておられるでしょうか。持っておられるとするならば、その確信の根拠は何でしょうか。

イエス様の話の中で神の国に入ることができなかった人はイエス様の教えを聞いておりました。またイエス様と一緒に食べたり飲んだりもしたのです。しかし主人から、言い換えるとイエス様から「あなたのこと知らない」と言われるのです。マタイ福音書にイエス様の同じような教えが書かれています。

「私に向かって『主よ、主よ』と言う者が皆、天に入るわけではない。私の天の父の御心を行う者だけが入るのである。かの日には、大勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませんかと言うであろう。その時、私はきっぱりとこう言おう。『あなたたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ」。

イエス様の御名によって、預言し、悪霊を追い出し、奇跡を追い出しても「あなたたちのことは全然知らない」と言われるのです。マタイ福音書でイエス様は、天の国に入るのは、「わたしの天の父の御心を行う者だけが入る」と明確に語っています。

私どもが、「私は洗礼を受けています、あるいは、私は礼拝をいつも守っています。あるいは、イエス様を信じています」と言ったのなら、イエス様は「あなたのことは知っている」と言って戸を開けてくださるのでしょうか。それともイエス様は「あなたのことは知らない」と言われるのでしょうか。

洗礼を受けたという事実は、神の国に入る切符となるのでしょうか。礼拝を守っているという事実は、神の国に入る切符となるのでしょうか。ねぇねぇ牧師さん。ちょっと心配させるようなことは言わないでよ、と思われるかもしれません。イエス様を信じれば救われるといつも教えてくれているんじゃないの、と言われるかも知れません。

28節で、イエス様は言われます。「あなたがたは、アブラハム、イサク、ヤコブや全ての預言者たちが神の国に入っているのに、自分は外に投げ出されることになり、そこで泣きわめいて歯ぎしりする」。イエス様の教えを聞いたり、イエス様と一緒に食事をしたり飲んだりしたとしても神の国に入れないというのです。この泣きわめいて歯ぎしりをするという表現は、いくら後悔しても取り返しがつかないという絶望を表す表現です。

もしかしたら、洗礼を受けたり、礼拝に出席していたとしても、イエス様を信じていると言っても神の国に入れないということがあるとしたら、どうなるでしょうか。私たちも泣きわめいて歯ぎしりすることになる可能性があるのでしょうか。

イエス様は「狭い戸口から入るように努めなさい」とおっしゃっています。つまり狭い戸口から入るという信仰の歩みをしているかどうか、それが大切なのです。狭い戸口から入るのは、普通人は嫌がるのです。人は狭い門ではなく、広い門から入りたがるものです。このルカ福音書において、イエス様は狭い戸口から入ることは何を意味しているのか、説明していません。一人一人が、狭い戸口から入る信仰生活を送っているのかどうか、考えるように導いておられるのです。イエス様を信じているあなたは、狭い戸口から入る歩みをしておられるのでしょうか。

ここで「お前たちがどこの者か知らないと」との主人の答えは鍵となる言葉だと思います。単に「知らない」ではなく、「どこの者か」知らないというのです。どこの者とは、あなたがどういう人間であるか、知らないとの意味です。

ここで思い出すイエス様の言葉があります。ヨハネによる福音書の10章にあります。イエス様は言われます。「わたしはよい羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている」(ヨハネ10:14)。さらに

「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らは私に従う」。

ここでイエス様は自分の羊を知っていると言われます。イエス様の羊もイエス様のことを知っており、イエス様の声を聞き分けます。イエス様の声を聞き分け、イエス様の声に従うのです。イエス様の声を聞き分け、イエス様の声に従う人、その人をイエス様は「わたしはその人を知っている」と言って下さるのです。イエス様は、「あなたがわたしの羊であると知っている」と言われるのです。

そしてイエス様の声を聞き分ける人は、狭い戸口から入ることを知っています。なぜならイエス様は狭い戸口から入ることがどういうことなのか、いろいろな形で教えておられるからです。そして私どもも、実は狭い戸口から入ることがどういうことかを知っているのではないでしょうか。イエス様はおっしゃいます。「狭い戸口から入るように努めなさい」。「努めなさい」という言葉は、競技で賞を得るように努力することを意味する言葉が使われています。イエス様の声を聞き分け、イエス様に従い、狭い戸口から入ることが大切なのです。その人が神の国に入る人です。

もし私どもが心を頑なにして、狭い戸口から入るのを避けたとしたらどうなるのでしょうか。イエス様のもとに金持ちの議員が尋ねてきました。「何をすれば永遠の命を得ることができますか」とイエス様に聞きます。イエス様は、モーセの十戒を守っているかと聞きます。彼は「守っています」と答えます。イエス様はさらに言います。「あなたに欠けているものがまだ一つある。持っているものをすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。それかわたしに従いなさい」。金持ちの議員はこれを聞いて悲しみました。イエス様は言います。「財産のあるものが神の国に入るのは何と難しいことか」。これを聞いた人がイエス様にいます。「誰が救われることができるのだろうか」。「人間にはできないことも神にはできる」とイエス様はお答えになりました。

狭い戸口から入ることは決して難しくありません。神様が必ず助けてくださるからです。イエス様の声を聞き分ける、それは聖書を読むということです。聖書読んでイエス様の御心を知るということです。そしてイエス様のみ心に従う、それが狭い戸口から入ることです。神様が私たちの心に送ってくださった聖霊様が

必ず助けてくださいます。自分の力で頑張ることをやめる、それが狭い戸口から入ることです。神の助けをひたすら期待する、それが狭い戸口から入ることです。自分の力で頑張り、人から認められ、自分でも自分を誇る、それは魅力的で、人々を惹きつけますが、それは広い道で、命に通じる細い道ではないのです。

 神の国に入る切符があるとしたら、それはイエス様の声を聞き分け、イエス様に従う歩みをすることです。この歩みをするよう、私たちは招かれているのです。

あなたも、わたしも、イエス様の声を聞き分け、イエス様に従うことができるようにされています。神様の助けをいただけば、必ずできます。狭い戸口から入りましょう。神の助けにより頼む、信仰の歩みをしましょう。

祈り
天の父、あなたは私どもを救い、神の子としてくださいました。 私どもが、神の子として歩むこと、それがあなたの願いであり、 あなたの喜びであると知っています。 聖書からあなたがいかなる方であるかを知り、 あなたに信頼し、あなたにゆだねることができるようにしてください。 あなたは必ず、支え、導いてくださることを信じます。 私どものうちにある頑なさ、肉の思いを打ち砕き、 素直にあなたに従うものとしてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。