金沢元町教会に赴任した時、私の心には一つの願いがありました。私たちの信じる神様は生きて働かれる神様である。このことを伝えたいという願いです。この願いがどこまでかなえられたのか、それはよくわかりません。でも、神様がかなえてくださっていることを信じています。これからもさらにかなえてくださると信じています。

今日も聖書に聞きたいと思います。今日の聖書で、イエス様は二つのたとえを語られました。最初はからし種のたとえです。こう書かれています。

「人がこれを取って庭に蒔くと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣を作る」。

からし種はとても小さいと言われています。これと同じたとえがマタイ福音書にあります。そこでは、からし種が、「どんな種よりも小さい」と説明されています。そのからし種が成長して木になり、その枝に空の鳥が巣を作るというのです。このからし種は、黒がらしと言われています。地中海沿岸が原産地だそうです。そして4月から6月ごろ、黄色の十字架の花をつけるそうです。聖書辞典には5メートルぐらいの高さにまで伸びると書かれていました。初めは小さな種も、木になり、鳥が巣を作るほどになるというのです。神の国つまり神さまのご支配の特徴は、初めは小さくても、最後には大きくなるものだという意味です。

もう一つのたとえはパン種のたとえです。イエス様はこのように語られました。

「女がこれをとって3サトンの粉に混ぜると、やがて全体がふくれる」。

サトンと単位は約13リットルです。ですから約40リットルの小麦粉に、パン種を入れることになります。かなり多くの量です。150人が食べる分量になるというのです。パン種のおかげで、パンの生地は大きく全体がふくれるのです。このたとえもまた、はじめは小さくても、結果は大きくなるというたとえになっています。つまりここで、神の国の特徴が述べられているのです。神様のご支配の特徴が述べられているのです。神様のご支配の中で起きる事柄は、はじめは小さくても、最後には大きくなるということです。あるいは始めは小さく隠れたものであっても、最後にははっきり大きく見えるようになるというのです。

今日読んだ聖書の前の箇所は安息日にイエス様が会堂で行ったいやしの物語です。イエス様が18年間も腰の曲がった女性の腰を真っ直ぐにされました。この女性はいやされると神さまを賛美しました。この女性に対して神のみわざが現れたのです。この女性の上に、神のご支配が現れたのです。イエス様はガリラヤ地方からその活動を始められました。イエス様はその活動の中で、多くの人の病気をいやされました。あるいは悪霊にとりかれた人から悪霊を追い出されました。イエス様と共に神様のご支配があったのです。イエス様が行った力ある業、つまり奇跡は、神様がそこにおられることを示しています。

そして今、イエス様はエルサレムに向かっています。 エルサレムで何が起きるのでしょうか。イエス様は十字架で処刑されて死ぬことになります。イエス様はそのことを覚悟しています。死んでしまえば、これまでのイエス様の働きが全て無駄になってしまいます。でもイエス様が復活された後、弟子たちがイエス様のことを宣べ伝えました。今や全世界に教会ができ、世界中多くの場所にイエス様を信じる人たちがいます。ガリラヤで始まった神による救いの働きが全世界にまで広がっていったのです。こうして今、神様のご支配に生かされる信仰者が沢山いるのです。こうして今、神様の御支配に生きる信仰者が沢山いるのです。始めはガリラヤという小さな地域で、神のご支配が現れたのです。そして今や、全世界の多くの地域に神のご支配があるのです。沢山のキリスト者が、神のご支配の中に生きることを喜んでいます。これらのキリスト者たちは、口をそろえて告白いたします。「神は万事を益となるように働いてくださいます」(ローマ8:28)。始めは辛い、苦しいことも、最後には恵みとなるように神が働い下さいます。始めは小さくても最後には大きい結果を生み出すことになると神様は約束してくださっているのです。

聖書にはこのような神様のご支配の中を生きた人が登場します。たとえばアブラハムがいます。彼が75歳の時、神が彼に声をかけます。

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて私が示す地に行きなさい。私はあなたを大いなる国民にし、あなたを祝福し、あなたの名を高める」。

でもこの時アブラハムには子供がいませんでした。既に老人で子供がいないのに、大いなる国民にすると神は言われたのです。アブラハムはこの神の言葉を信じました。そして神様が示す地に旅立ちました。神の民イスラエルは、信仰の人アブラハムから始まりました。アブラハム夫婦に子供イサクが与えられました。イサクにヤコブが生まれ、ヤコブに十二人の息子が生まれました。このヤコブの子孫から神の民イスラエルが誕生しました。もちろんアブラハムは、自分の子孫が増え広がるのを見ることができませんでした。神の約束は、アブラハムが死んだ後実現しました。彼は自分が死んだ後、実現する神の約束を信じたのです。神のご支配は、はじめは小さく、結果は大きいのです。

イエス様も神様のご支配を信じました。イエス様は十二人の弟子たちを選びました。それは弟子たちに自分の働きを受け継いでもらうためでした。しかしその弟子たちは、イエス様が捕らえられた時、イエス様を見捨てて逃げてしまいました。頼りない弟子たち。弟子の選び方を間違えたのでしょうか。いいえ。イエス様は神を信頼していました。イエス様が復活した後、弟子たちは聖霊を受け、福音を宣べ伝えたのです。イエス様がお選びになったパウロは、エルサレムからローマまで福音を宣べ伝えました。「主はみ心なしたまわん」。

私たちもまた神様のご支配の中に生かされます。私たちもまた神様のご支配の中を生きるのです。先週の祈祷会で、ある方が次のように話されました。「私は神様の支配の中に生かされていると信じています」。神様のご支配の中に生かされていると信じる人は幸いです。その人の心の中には平安があります。喜びがあります。感謝があります。神様のご支配の中にいると思えば心配はなくなります。困った状態にあったとしても、神様が解決を導いて下さると希望を持つことができます。神様が共にいて下さる、そのことが喜びとなります。生活の中で起きる一つ一つのことが、神様の導きと感謝をすることができるようになります。たとえそれが苦しみをもたらすとしても。何故なら、神のご計画を見ることができるからです。詩篇23篇の最後に、

「命のある限り、恵みと慈しみはわたしを追う」

とあります。神のご支配の中に生きていると信じる時、すべてが神の恵みと慈しみから来ていることが分かります。神様の支配の中に生かされている事を信じることのできる人は幸いです。あなたも神様のご支配の中に生かされているのです。

私たちは神様のご支配の中を生かされていますが同時に、神のご支配の中を歩みます。神さまのご支配の中に生かされているという恵みに感謝して、今度は、神さまのご支配の中を積極的に生きるのです。説教の一番最初に、金沢元町教会に赴任したときに私は一つの願いを持っていたと申し上げました。それは生きて働かれる神様を伝えたいという願いでした。その願いは、 今次のように言い換えることができます。私どもを生かす神様のご支配があります。神様の支配に生かされ、神様のご支配の中を歩んでいきましょう。このことを心から皆さんに伝えたいと願っています。

そのために私は、聖書を読み、思いめぐらし、聖書の言葉に従って生きる人を育てることに努めてきました。聖書の言葉に従って生きる時、神が生きて働かれる方であることを知ることができるからです。神のご支配があることを体験できるからです。そして今私の願いがどれほど実現しているのかはよくわかりません。皆さんの中に、神様のご支配の中に生かされていることを喜んでいる人がおられることを私は知っています。神様は私の願いを、かなえてくださっていると私は信じています。

いつの日か私はこの教会の牧師を辞めることになります。次の牧師を通しても、神様が私の願いをさらに大きく大きく実現して下さることを信じています。

信仰者の皆さんは、世の光、地の塩としての働きをなさっています。自分の働きは小さなものだと思っておられるかもしれません。あるいは思うようにうまく行っていないと思うかも知れません。失敗に終わってしまうのではないか、と心配しているかも知れません。しかし皆さんが信じて、神様の御支配の中を歩み、神様のご支配の中を、世の光、地の塩として歩んでいれば、神は皆さんの働きを大きく、大きく用いてくださいます。神様のご支配は、はじめは小さく結果は大きいという特徴があるからです。その結果のすべてを自分で見ることはできないかも知れません。自分が生きている間は、少しも見ることができないかも知れません。しかし神さまは、あなたの働きを大きく用いてくださるのです。

あるいは教会の働きに仕える時、私たちの働きは小さいかもしれません。しかし私どもの働きを受け継ぐ人を神様は起こして下さり、教会の働きが継続されてゆきます。教会が大きな働きをすることができるようになってゆきます。殿町教会、彦三教会、金沢元町教会と名前は変わり、教会の建つ場所も変わってきましたが、会堂も大きくなってきました。神様のご支配は始めは小さくてもどんどん発展して行くのです。

そしていつの日か、私どもは、神の国に迎えられます。神のご支配が完全に実現する神の国に迎えられます。神のご支配の中を生きる時、神の国の希望が確かにされていきます。神のご支配の中を歩み、神の国の希望を確かなものとして持ちたいと願います。

祈り
天の父、あなたが天地の造り主、この世界をご支配なさっていると信じます。 そしてあなたのご支配の中を生きる幸いを教えられました。 あなたのご支配を疑わせるものは沢山ありますが、 どうぞ、あなたのご支配を信じさせてください。 どうぞ、あなたのご支配の中を歩む者とならせてください。 そして私どもの歩みが小さな者であっても、 あなたが大きな実りをもたらすものとしてくださることを信じます。 あなたのご支配の下に歩む幸いを喜んで語るものとしてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。