今日の聖書箇所を何度も読んで、心に残ったことがありました。そこで説教題を「愛に根ざす神のご支配」としました。今日もご一緒に聖書に聞きましょう。

1〜2節。

「安息日に、イエスはある会堂で教えておられた。そこに、十八年間も病の霊に取りつかれている女がいた」。

十八年間も腰が曲がったままで、苦しんでいる女性がいました。医者を捜しては、何とか治らないものか、力を尽くしたのに腰は治りませんでした。彼女は何回も何回も神様に癒しを祈ったことと思います。「治してください」との彼女の祈りに、神は答えてくださらなかったように思えます。でもそれなら信仰はもうやめようか、とは彼女は思いませんでした。神に祈っても病気は治らない。それでも彼女は神を信じ、会堂で礼拝を献げました。病気が治らないにもかかわらず、彼女は神を信じ続けました。私どもの信仰は、自分の願いをかなえていただくための信仰ではありません。

イエス様はこの女性を見ると自分のもとに来るように呼び寄せました。イエス様は何のためらいもなく、この女性を呼び寄せました。イエス様はこの女性の苦しみを見てとったのです。十八年も病で苦しむ、その苦しみをイエス様は感じ取られたのです。イエス様の心は、この女性に対する憐れみでいっぱいになりました。私どもはイエス様の憐れみ深さを知ることができるのではないでしょうか。

イエス様はこの女性を自分のもとに呼び寄せました。そして彼女に手を置いてイエス様は言いました。「婦人よ、病気は治った」。するとイエス様の言葉通りになりました。この女性の腰がまっすぐになりました。この癒しは神のみわざ、とこの女性は受けとめました。そして神様を賛美しました。体全体で喜びを表しながら、賛美したに違いありません。天を仰ぎ、神さまをたたえたのです。

そこに会堂長がおりました。彼は会堂における礼拝を取り仕切る人でした。その彼の目の前で、「安息日を守りなさい」という戒めが破られたのです。彼は立腹しました。イスラエルの人たちの暦は一週間単位の暦です。一週間の七日目、それが安息日です。この日イスラエルの人々は仕事を休みます。昔イスラエルの人たちはエジプトで奴隷でした。奴隷状態の苦しみから神様によって救っていただきました。神様はイスラエルの人々に六日間は働き、七日目は仕事を休むようにお命じになりました。モーセの十戒と呼ばれる戒めの中に、「安息日を心に留め、これを聖別せよ」とあります。この日を聖別せよとは、この日を特別な日としなさいとの意味です。仕事をせず、神を礼拝する日としなさいとの意味です。

神の戒めを研究する教師たちは、いわゆる仕事だけではなく、体を動かす作業についてもして良いことと、してはいけないことを区別したのです。何をして良いのか、何をしてはいけないのか、細かく考えたのです。それは安息日を守るようにという戒めをきちんと守りたいという熱心から来たのです。病気を治す、それは禁じられた行動でした。イエス様はまさに病気を癒されました。しかも会堂という神様を礼拝するその場所で。会堂長は、立腹しました。彼はその怒りを直接イエス様に向けることをしませんでした。会堂の中にいる人々に向けて彼は話をしました。14節。

「働くべき日は六日ある。その間に来て治してもらうがよい。安息日はいけない」。

会堂の中にいた人々が次々にイエス様に癒しを求め、安息日の戒めが破られることを心配したのです。

その時イエス様は会堂長に答えて言われました。

「偽善者達よ、あなたたちは誰でも、安息日にも牛やろばを引いて飼い葉桶から解いて、水を飲ませに引いていくではないか」。

あなたたちは安息日に牛やろばを引いて水を飲ませに行く。それは安息日の戒めを破っていることになるのではないか。自分では安息日の戒めを破りながら、それには目をつぶり、他の人に安息日の戒めを破っていると非難をする。それはおかしいではないか、偽善者たちよ、とイエス様は反論したのです。

この女性は十八年間も病で苦しんでいました。十八年間もサタンに縛られていたのだから、安息日であっても、束縛から自由にすべきではないのか。牛やろばではないのです。十八年も苦しんできたのだから、一刻も早くいやしてあげるのが当然ではないか。イエス様はおっしゃるのです。十八年苦しんできたのだから、安息日の今日ではなく明日、治してもらえばよいのでしょうか。会堂長は恥じ入ったとあります。

この物語を読んで、とても印象深く心に残ったことがありました。それはイエス様と会堂長の違いです。会堂にいた十八年間も病気の女性にイエス様はすぐに目を留めました。ああ、十八年間も苦しかっただろう、辛かったであろうとイエス様は思いやったのです。イエス様はこの女性に強い関心を持ったのです。イエス様はこの女性の苦しみ、辛さに強い関心を持ったのです。そしてこの女性に自分のもとに来るように言って、彼女の腰をまっすぐに治しました。しかしこの会堂長は、この女性に対して関心を持ちませんでした。その当時のイスラエルの人々には因果応報の考えを持つ人が沢山いました。ある時、イエス様の弟子たちが、盲人を見ました。弟子たちは、イエス様に質問をします。この人が、生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも両親ですか」(ヨハネ9:2)。ですからこの会堂長が、この女性の罪が十八年間の病気の原因だと考えていたとしても不思議ではありません。そうであればこの会堂長が、この病気の女性に対して関心を持たないのも分かります。罪深い者に関心は持たないからです。

同じ神様を信じながら、イエス様と会堂長の関心はどうしてこんなに違っていたのでしょうか。それはおそらく信仰理解の違いが原因だと思います。信仰とは何なのか、その理解に大きな違いがあったのです。イエス様にとって信仰とは「関係に生きる」ことです。神といかに関わって生きるか、人といかに関わって生きるか、しかも愛するという関わり方を信仰はするのです。ですから病気で苦しんでいる女性を見たときイエス様は憐れみを抱き、すぐ行動を起こしたのです。イエス様は、最も大切な神様の戒めは二つであると教えられました。一つは神を愛すること、もう一つは人を愛することです。この二つの戒めは、信仰者とは何かを示しています。信仰者とは愛に生きる人のことです。信仰者とは神を愛し人を愛する人のことです。

会堂長にとって信仰とは何だったのでしょうか。彼にとって信仰とは、神の教えを守ることでした。神の教え、つまり律法を守ることでした。自分が律法を守ることが大事なのです。イスラエルの人たちが、律法を守ることを大切にするに至った理由が二つあります。

一つは、旧約聖書の中に申命記があります。その申命記の中で神は言われます。「私の戒めを守る者を私は祝福する。私の戒めに従わない者を私は呪う」。ですから信仰とは神の戒めを守ることであると考えるのも無理はありません。しかし旧約聖書を読むと、信仰は神との関わりに生きること、神との交わりに生きることであることがわかります。

もう一つの理由は歴史的な理由によるものです。イスラエルの人々は、紀元六世紀に国を失いました。国が滅びたのです。心ある人々はなぜ国が滅びたか、その理由を考えました。イスラエルの人々が神様の戒めを守らず、神の怒りに触れたから国が滅びたというのが結論でした。このことからも、イスラエルの人々は神様の戒めを守ることに熱心となりました。会堂長も信仰とは神様の戒めを守ることだと考えていました。信仰とは何なのか、イエス様と会堂長では理解に大きな違いがありました。言うまでもありませんが、私たちはイエス様から、信仰とは何かを教えられています。

あなたは信仰をどのようなものと考えておられるでしょうか。信仰とは神様に喜ばれることを行い、神様から祝福をいただく、そう考えておられるでしょうか。そうなると時に神様に喜ばれることを行っていない人を見下したり、自分は行っている、と自分を誇ったりします。信仰とは人格的なものです。神と人格的な関わりを持つ、他の人と人格的な関わりに生きる、それが信仰です。

そういうと皆さんの中には、「人間関係に疲れたから、教会に来ているんです。教会には安らぎを得るために来ているのです。教会でも、人間関係ですか。やれやれ。困ったものだ」と思う人もおられるかも知れません。信仰とは、関係に生きること、人間関係を大切にします。つまり愛に生きることを目指す、それが信仰です。聖書には他の人とどのような関わりを持って生きるべきなのかという教えがたくさん書かれています。互いに赦し合いなさい、互いに親切にしなさい、互いに愛し合いなさい。このような教えは、私たちが人格的な関係に生きるものであることを示しています。このような聖書の教えは、よい人間関係を築くためのものです。人間関係で疲れた人は、教会の中での人間関係で安らぎを得るでしょう。そして外で、家庭や会社などで、よい人間関係を築いて喜びに生きるのです。

今日の聖書はとても大切なことを教えています。それは神様のご支配ということです。十八年間も病気となり腰が曲治らない女性がいました。彼女の腰を治したのは神ご自身です。神さまのみわざがここに現れたのです。神様のご支配がここに現実となったのです。神の国が、ここに現れたのです。マルコ福音書においてイエス様の第一声はこうでした。「神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」。ルカによる福音書においてイエス様の第一声はこうでした。「神が私を遣わされたのは、捕らわれている人に解放を目の見えない人には視力の解放を告げ、圧迫されている人を自由にする」。神様のご支配が現実のものとなった、だから神のご支配を信じて生きていこうとイエス様はお話になったのです。

神様のご支配は、愛によるご支配です。イエス様は病気で苦しむ沢山の人々の病を癒されました。神の力、神様のご支配は人間の苦しみに共感して現れるのです。苦しむ者に対する神様の憐れみから、神様のご支配が現れるのです。私どもが信じる神は、私どもに共感し憐れみを持って接してくださり、愛をもって、愛をもって接してくださり、私どもを顧みてくださる神様です。

あなたの生活を振り返ってみてください。あなたの生活の中で、神さまのみ業が現れているのではないでしょうか。劇的な奇跡のようなことが起きていないとしても、あなたと共にいる神さまのみわざを知ることができるのではないでしょうか。あなたも神さまに覚えられているのです。そうであれば、今日の聖書の女性のように、神さまを賛美できるのではないでしょうか。私たちも上を見上げ、神さまを賛美しましょう。

祈り
天の父なる神様、 あなたは愛をもって、この世界をご支配し、 また私たち一人一人もあなたのご支配の中にいることを教えられ感謝します。 イエス様が名もない女性、しかも病気で長年苦しんでいた女性に目を留め、御自分のもとに呼び寄せ、病を癒やされました。 イエス様の苦しむ者への愛、その愛が、私ども一人一人に向けられていることを信じます。 主イエスの愛が、私どもの生活の中にも現れ、神の御業となって現れることを信じます。 あなたが愛をもって私たち一人一人を顧みてくださることを感謝します。 目を開いて、あなたのみ業を見ることができますように。 あなたを賛美することができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。