ハイデルベルク信仰問答問27、問28を朗読します。

今日は、ヨセフと言う人物の物語を通して、信仰問答の内容が真実であることを確認したいと思います。

ヨセフは創世記に出てくる人物です。ヨセフの父はヤコブ、ヤコブには1二人の息子がいました。ヨセフは11番目の息子でした。ヨセフには兄たちから憎まれました。憎まれる理由が二つありました。

その第一はヨセフはヤコブが年取ってから生まれた息子であったので、ヤコブはどの息子よりもヨセフを可愛がりました。ヤコブはヨセフには裾の長い晴れ着を作ってあげました。その晴れ着をヨセフが着ているのを見ると、兄たちの憎しみは増すのでした。

第二の理由は夢です。ある時、ヨセフは夢を見ました。 畑で収穫した小麦を束に結わえている場面です。ヨセフは兄たちに、自分の見た夢を語りました。

「畑で私たちが束を結わえていると、いきなりわたしの束が起き上がり、まっすぐに立ったのです。すると兄さんたちの束が周りに集まってきて、わたしの束にひれ伏ました」。

兄たちは、

「お前が我々の王になるというのか。お前が我々を支配するというのか」

と言って、ヨセフをますます憎むようになりました。ここからヨセフの悲劇が始まります。

ヨセフの悲劇その1 。ある日のことです。遠く離れた場所で羊を飼っている兄たちの様子を見てきて欲しいとヤコブはヨセフに頼みます。ヨセフは兄たちを探しなら兄たちのもとに行きます。兄たちはヨセフを殺そうとしますが、それはやめ、売り飛ばすことにします。兄たちはヨセフを捕らえ、晴れ着を脱がせ、穴に投げ込みます。兄たちが別の場所で食事をしている時、穴にいるヨセフを見つけた商人たちがヨセフを引き上げヨセフを連れてエジプトに行きます。そしてヨセフはエジプトの宮廷の役人ポティファルのもとに売られます。

ヨセフの悲劇その2 。ヨセフはエジプトの宮廷の役人ポティファルの家で働きました。神がヨセフと共におられたので、ヨセフの働きはポティファルに認められるところとなりました。そしてヨセフは主人の家の財産を管理するほどに信頼を得ました。ところが、ポティファルの妻がヨセフを誘惑しました。ヨセフはその誘惑を拒絶します。「あなたはご主人の妻です。私はどうしてそのような大きな悪を働いて神に罪を犯すことができましょう」。思い通りにならなかった役人の妻は、逆にヨセフが自分を誘惑したと訴えます。ポティファルは、ヨセフが自分の妻を誘惑したと思い、怒り、ヨセフを牢屋に入れます。

ヨセフの悲劇その3 。ヨセフは監獄に入れられました。神がヨセフと共におられたので、ヨセフは監守長に認められました。そしてヨセフは監獄の仕事を任せられました。監獄には、二人の宮廷の役人がいました。一人は王のために料理を作る料理役です。もう一人は王の食事に仕える給仕役です。ある日二人が夢を見ました。見た夢のために、 二人とも憂鬱な顔をしていました。ヨセフは、 二人にどうしたのですかと聞きます。二人とも夢を見ましたと言ってその夢の内容をヨセフに語ります。ヨセフはその夢がどんな意味を持っているのか、解き明かしをしました。そして夢の通り、料理役はその罪のために処刑されました。給仕役は赦されました。ヨセフは給仕役に自分のことを王に告げ、無実を晴らし、獄から出してもらえるように取りはからってください、と頼みました。ところが給仕役は、忘れてしまいました。そのためにヨセフはさらに獄中生活をしなければなりませんでした。

やがてヨセフに転機が訪れます。エジプトの王が夢を見たのです。王の夢を解き明かすことのできる人がいませんでした。あの給仕役が、ヨセフの事を思い出し、王に話します。王は早速ヨセフを呼び、ヨセフに自分の見た夢を話しました。夢の中で、王がナイル川の辺りに立っています。すると突然つややかで肥えた七頭の雌牛が川から上がってきます。そして岸辺で草を食べ始めました。すると、その後から、今度は醜いやせ細った7頭の牛が上がってきて、肥えた雌牛を食い尽くしました。

ヨセフはこの夢の解き明かしをします。エジプトに七年豊作が続きます。その後、七年飢饉が続きます。これが夢の意味です。そしてヨセフは王に言います。

「今すぐ、聡明で知恵のある人を見つけ、国を治めさせなさい。そして豊作の七年、穀物を蓄え、飢饉に備えるようにしなさい」。

すると王はヨセフにその務めを与えました。ヨセフは宮廷の責任者となりました。さらに王はヨセフに妻を与えました。

七年の豊作の期間、ヨセフできるだけたくさん穀物を蓄えさせました。七年の豊作が終わったとき、ヨセフには二人の子供が与えられました。ヨセフは、長男にマナセと名付けました。マナセとは、「忘れさせる」との意味です。神が、私の苦労と父の家のことをすべて忘れさせて下さった、とヨセフ感じていたからです。エジプトに来て、辛いことが重なりました。自分をエジプトに売り飛ばした兄たちに対する恨みもありました。子供が与えられヨセフはそのような苦労と恨みを忘れたのです。そして七年の飢饉が始まりました。

父ヤコブの家では、飢饉のために食物がなくなり困り果てます。ヤコブは息子たちにエジプトに穀物を買いに行くように命じます。ヨセフは穀物の販売の監督をしていました。ヤコブの息子たちが穀物を買いに来た時、ヨセフは兄たちだと気づきました。その時ヨセフは自分が見た夢を思い出します。ヨセフの前で、兄たちが頭を下げているのです。ここから聖書は、ヨセフと兄たちとのやりとりを詳しく述べています。それは、ここでは省略します。

そして今日読んだ創世記の45章です。ヨセフは自分の身を明かします。兄たちは非常に驚きます。ヨセフが言います。

「私はあなたたちがエジプトへ売った弟のヨセフです。しかし、今は、私をここへ売ったことを悔やんだり、責める必要はありません。命を救うために、神が私をあなたたちより先にお遣わしになったのです。この二年の間、世界中に飢饉が襲っていますが、まだこれから五年間は、耕すこともなく、収穫はないでしょう。神が私をあなたたちより先にお遣わしになったのは、あなたたちを生きながらえさせ、大いなる救いに至らせるためです。私をここに遣わしたのは、あなたたちではなく、神です」。

ヨセフは悟ったのです。自分が少年の頃、神は自分に夢を見させました。その夢は将来何が起きるかを示すものでした。ヨセフは、神の計画が、自分の上にある事を悟りました。確かに辛いことや苦しいこと、兄たちに対する恨みがありました。しかし、ヨセフは神から見捨てられていたのではありません。将来世界中を襲う飢饉に備えて、そしてヤコブの家を救うために、自分はあらかじめエジプトに送られたのだと知ります。ハイデルベルク信仰問答が言うように、「神は天と地とすべての被造物を、今なお保ちまた支配しておられるのです。食べ物も飲み物も、健康も病も、富も貧困も、すべてが偶然によることなく、父親らしい御手によって、私たちにもたらされるのです」。これはヨセフの経験そのものです。

このヨセフ物語を通して私たちは教えられます。神の視点で、私たちの人生を考えるということです。言い換えると私たちは、神様の計画の中に生きているということです。ですから辛いことや苦しいことがあるとき、この事を通して神様は何をなさろうとしているのかと考えることができます。嬉しいことや楽しいことがあるとき、この事を通して神様は何をなさろうとしているのかと考えることができます。自分はどんな、神様の計画の中にいるのか、神は私に何を期待しておられるのか、と考えることができます。神の視点に立つと、人生の見え方が違ってきます。平安と喜び、感謝そして希望が与えられます。私たちの生きる姿勢が変えられます。神を信じて生きることの喜びがいよいよ豊かに与えられます。

ところであなたは疑問を持つかもしれません。神が支配しておられるというのは本当なのだろうか。東日本大震災のような大きな災害が人々を苦しめた。この世界には戦争や争いがあり多くの命が失われ人々が苦しんでいる。この世に悪が満ち、不幸がたくさんある。それなのに神が支配しておられるというのは、真実なのだろうか。

このような疑問に対して、神のご支配が本当にあると説得することに正直困難を感じます。イザヤ書55章8節以下に、次のような神様の言葉があります。「私の思いは、あなたたちの思いと異なり、私の道はあなたがたの道と異なると主は言われる。天が地を高く超えているようにわたしの道は、あなたたちの道を、わたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている」。人間は、神さまの思いをすべて知ることはできません。人間の思いを超える神さまの思いがあるのです。イエス・キリストの十字架の死が私たちの救いである、これも人間の思いを超える神の救いの業です。これを私たちは信じています。

私たちは神様のご支配がないように見えても、それでもなお神様のご支配を信じます。神さまにはご計画があるのです。それを知ることはできなくても、神さまに計画のあることを信じるのです。イエス様はルカ福音書17章20節以下でこう言われました。「実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ」。神の国とは神様のご支配のことです。神さまのご支配があることを信じられないのなら、「信じさせてください」と素直に祈るのです。

あるいは皆さんの中には、自分のような者に神さまの計画があるとは思えないという人もおられるかもしれません。人間は、人を選り好みいたします。しかし神様にはそのようなことはありません。クリスチャンを迫害したパウロを、神様は伝道者として用いられます。イエス様を裏切った弟子のペトロを、神様は伝道者として用いられます。神様はすべての人を愛し、すべての人に対してご計画をもたれるのです。神様はあわれみ深く、慈しみに富むかたです。神様の愛は、私たち一人ひとりに向けられています。神様の計画も、私たち一人一人の上にあるのです。

皆さんの中に、そのような神様の計画を信じたいと思っていても、何かが起きると信じられなくなってしまうと心配する方もおられるかもしれません。私どもは、揺るぐことのない信仰を持つことはできません。信仰が揺れる、それが現実です。私ともにできる事は次のように祈ることです。「信じます。信仰のない私もお助けください」(マルコ9:24)。「信じます。信仰のない私もお助けください」この祈りは、私たちにとって必要な大切な祈りです。わたしの信仰は弱くて、と嘆く暇があったら、「信じます。信仰のない私もお助けください」と祈るのです。

あなたの人生に起きる一つ一つの出来事には、意味があるのです。ヨセフの味わった悲劇にはみな、意味がありました。ヨセフがエジプトの宮廷の責任者になり、ヤコブ一家を救うという神の計画の実現に必要な一つ一つの出来事でした。あなたの上にも神様の計画があるのです。それ故、あなたの身に起こるすべてのことが、神さまの恵みです。それがたとえ辛い苦しいことであったとしても神様の恵みです。そこには神様の計画があるからです。そして神様の愛からあなたを引き離すものは 何もないのです。命のある限り、恵みと慈しみはいつもあなたを追いかけているのです。

祈り
天の父なる神、あなたが天地の創造主であり、この世界を保ち、支配しておられることを信じます。私ども、一人一人の上に、あなたはご計画を持ってくださり、私どもを導いてくださることを信じます。このあなたの愛を感謝し、あなたをたたえます。逆境にあっては希望を持って忍耐し、順境においては感謝することができますように。あなたが私どもの上に計画を持ってくださるゆえにいつも平安の内に過ごせることを感謝します。イエス・キリストの御名により祈ります。