イエス様は今日の聖書で二度、悔い改めなければ滅びると述べています。これが今日のテーマです。1節。

「ちょうどその時何人かの人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜたことをイエスに告げた」

とあります。これが具体的にどのような出来事であったのかわかりません。聖書にも書かれていませんし、歴史の書物にも書かれていません。文字通りに読むと、エルサレム神殿でいけにえをささげていたガリラヤ人たちが、ピラトによってよって殺され、彼らの血がいけにえの血に混ぜられたというのです。ひどい出来事です。そのような悲惨な目に遭うのは何故なのだろうかと人々は疑問に思っていたのです。イエスの時代、人々は、災難に遭うのは、その人の罪のせいだと考えていました。私たちも時に自分が、災難に遭うと、どんな悪いことをしたのだろうと考えたりします。

そこでイエス様はお答えになられます。

「そのガリラヤ人たちがそのような災難に遭ったのは、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない」。

人が災難に会うのは、その人が他の人よりも罪深いからであるという考えをイエス様は否定されました。さらにあなた方も悔い改めなければ、皆同じように滅びると話されました。

さらにイエス様の方から、災難にあって死んだ人のことを話されました。4節。

「また、シロアムの塔が倒れて死んだあの18人は、エルサレムに住んでいたほかのどの人々よりも、罪深い者だったと思うのか」。

これに対しても「決してそうではない」とお答えになりました。聖書の中にヨブ記があります。このヨブ記は、正しい人がなぜ苦しむのかというテーマを扱っています。預言者のエレミヤは、逆に悪人はなぜ栄えるのですか、と神様に問いかけています。人生は複雑です。旧約聖書の申命記で、神様は次のように言われています。私の戒めを行う者を、私は祝福する。私の戒めを行わない者を、私は呪う。逆は必ずしも真ならず、です。恵まれているからと言って、神に従順だとは限りません。不幸だからといって、神様に不従順な罪人であるとは限らないのです。

イエス様がこれ以上この話題は続けません。もっと大事なことがあるのです。そこでイエス様はいわれます。

「言っておくが、あなたがたも、悔い改めなければ、皆同じように滅びる」。

イエス様は3節と5節で、つまり2回、この言葉を言われました。二回続けていうとは、非常に大切なことだということです。「悔い改める」とはどういうことでしょうか。自分の行った悪い行いを反省することでしょうか。自分の行った悪い行いを改めることでしょうか。聖書が言う悔い改めとは「方向転換をする」ことです。悔い改めとは、神様のもとに立ち帰ることを意味します。そこで私たちも悔い改めて、神様を信じて生きていこうと考えて洗礼を受けます。そして信仰者として生きることを始めます。

ルカ福音書には、イエス様が語られた放蕩息子のたとえがあります。ある人に2人の息子がいました。弟息子は父親の財産を譲り受け、それをすべてお金に変えて家を出ました。そして彼は自分の思い通り楽しい人生を送ろうとしました。しばらくするとお金がなくなり、生活は行き詰まりました。そして彼は思い出します。父親の家では大勢の雇い人が、有り余るほどのパンを食べていること。そして彼は家に戻ることを決意します。彼は父親に「私はもう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人としてください」と言うことを心に決めて家に戻ります。彼は父のもとに戻ります。このたとえに登場する父は神様を意味しています。神様のもとに帰る、これが悔い改めです。悔い改めの第一歩は、神を信じる生活に入ること、洗礼を受けてキリスト者になることです。たとえの中の父親は、息子が帰ってきたことを喜び、宴会を開きます。人間が悔い改めて神のもとに帰ること、これは神にとって大きな喜びです。

イエス様は言われました。あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。イエス様が語る「滅び」は災難にあって死ぬことではないと思います。イエス様が語る滅びは死んだ後の運命に関わる事柄です。聖書は最後の審判のあることを教えています。人は神様の前に出て、神様に裁かれるというのです。私たちの救い主イエス・キリストは十字架で処刑されて死にました。イエス・キリストの十字架の死は何を意味していたのでしょうか。それは罪の赦しを与えるものでした。私たちはなぜ罪の赦しを必要とするのでしょうか。罪の赦しを受けるは神の怒りを受けないためです。神様は人間の罪に対してお怒りになるのです。神の怒りを受けないためには罪の赦しが必要なのです。そして神の怒りを受けるこれが滅びです。最後の審判において、私どもの罪は裁かれ神の怒りを受けるのです。イエスキリストを信じる者は、その罪が赦され、神の怒りをまぬがれることができます。

聖書には地獄という言葉が出てきます。神に逆らう者たちの報いは、火と硫黄の燃える池である、そんな表現も聖書にあります。これらは一種の比喩で、人間が決して行きたくない場所をたとえています。私は地獄が火が燃えさかり、人がそこで苦しむ場所だとは思いません。イエス様は十字架の上で亡くなられる時、次のように叫びました。

「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」(マルコ15:34)。

神に見捨てられること、これを聖書は滅びと言っています。

人間には死んだ後行く場所があります。神がおられるところ、そこが神の国です。天国です。神がおられないところ、そこが地獄で、そこに行くことが滅びです。そこに行ったのなら、やり直しは聞きません。つまりそこで神を信じたとしても、もはや神の国に行くことができません。神のもとに立ち帰るチャンスがない、それが地獄です。それが滅びです。そこには絶望しかないのです。イエス様は教えられましたあなたがたも悔い改めなければ皆同じように滅びる。私たちに対する警告です。同時に、信仰に生きるようにとの神の招きです。

6節以下に、イエス様の語られたたとえがあります。ある人がぶどう園にイチジクの木を植えておきました。実を探しに来ましたが、その木に実はありませんでした。そこで言います。「このイチジクの木を切り倒せ」。土地を無駄に使っているというのです。ぶどう園の管理人は言います。「もう1年待ってください、肥料や手入れをします。そうすれば来年は実るかもしれません。もしそれでもダメなら切り倒してください」。このぶどう園の主人はいちじくの木が実をみのらせるかどうか、一年待つのです。このたとえは何を意味しているのでしょうか。神様は私たちが悔い改めるのを待っておられるということです。ぶどう園の主人は一年待つと言いました。神様は私たちがこの世において悔い改めるのを待っておられるのです。ぶどう園の主人は、一年待ってくれます。神の忍耐、神の憐れみを示しています。神さまは、私たちが生きている間、悔い改めるのを待ってくださいます。しかし、私たちが死んだのなら、悔い改めのチャンスは失われるのです。

 私たちが覚えたい大切なことは、悔い改めるには、「時」があるということです。福音書を読むと、イエス様は力ある業を行い、素晴らしい教えを話されました。人々がイエス様に驚き、いったいこの人が誰だろうと口々に言いました。そしてイエス様について行ったのです。私たちが悔い改めて神様のもとに行く時、その「時」というものがあります。神様の素晴らしさ、信仰の素晴らしさを耳にした「時」です。神様の素晴らしさ、信仰の素晴らしさを感じた「時」です。信仰を持とうかな、とあなたが思ったその「時」です。その「時」、その「時」を逃さず、神様のもとに行くべきです。その「時」こそ、悔い改めの「時」」なのです。

さらに別の、悔い改めの「時」というものがあります。その悔い改めの「時」を逃した人が聖書に登場します。ファリサイ派と呼ばれる人たちです。彼らはイエス様から偽善者と批判されました。つまり自分の生き方を変えるチャンスでした。しかしファリサイ派の人たちは、自分たちは信仰に生きていると信じていました。自分たちは神様の戒めを一生懸命守っていると自負していました。自分たちは神のもとにいると思い込んでいました。実際には神から離れているということに気がつきませんでした。イエス様から批判された時、まさに気づくべき、悔い改めの「時」でした。神様のもとに立ち帰る悔い改めの「時」でした。ファリサイ派の人々は、自分たちを批判するイエス様を憎み、悔い改めのチャンスを失いました。

さらに別の、悔い改めの「時」というものもあります。例えば自分が罪人であると思い知らされた時です。イエス様の弟子にペトロがいました。彼はイエス様を裏切りました。裏切ったときは、自分を守るのに必死でした。だから自分がイエス様を裏切っているという思いはありませんでした。しかし鶏が泣いたとき、イエス様を裏切ったことを思い知らされました。そのペテロは、その後、迫害をものともせずイエス様を宣べ伝える人となりました。

あるいはザーカイという徴税人がいました。彼は自分に親しく接してくれるイエス様と出会った時、悔い改めました。彼はイエス様を信じ、イエス様の御心に従って生きていく決心をいたしました。悔い改めるには「時」というものがあります。神様は私たちに、悔い改める「時」を与えてくださいます。その時を見失わないことが大切です。しかしその「時」は、同時に誘惑の「時」でもあります。その時、私たちはしばしば自分を弁護しようという思いに駆られるのです。そして悔い改める「時」を失ってしまうのです。

悔い改めは一度だけのことではありません。悔い改めというのは神様のもとに帰ること、神様のもとに行くことです。ところがしばしば私たちは神様のもとから離れてしまうのです。私たちには「自分の思い」というものがあります。エフェソの信徒への手紙に、こんな言葉があります。「私たちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、他の人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした」。自分の心の欲するままに生きて何が悪いのだと人は言うかもしれません。でも自分の心の欲するままに生きる時、私たちは神様の御心に背くことが多いのです。神さまのもとから離れることになりやすいのです。私どもが信仰者になってからも、自分の心の欲するままに歩むことが少なくないのです。そのことに気づくたびに、私たちは悔い改めて神様のもとに帰るのです。神のもとに行くとは、神様との関わりに生きることです。信仰とは神様との人格的交わりに生きることです。これは悔い改めの積み重ねによってなされます。悔い改めを積み重ねる、それが信仰の歩みで、それによって神様のもとにある生活が築かれていきます。

悔い改めは、喜ばしいことです。何よりも神様が喜んでくださいます。そして神様との交わりに生きる時、それは幸いな歩みとなります。悔い改めの時が与えられたとき、見逃すことがありませんように。信仰に生きるように気づきを与えられた時、それをつかむことができますように。

祈り

天の父なる神様、 謙遜に悔い改める心を与えてください。 あなたが与えられた悔い改めの「時」を逃すことがありませんように、助けてください。 自己弁護という誘惑から私たちを助けてください。 悔い改めを積み重ね、いつもあなたのもとに身を寄せ、あなたのもとで生きる者とならせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。