多くの宗教は、死を越える希望を教えます。信仰を持っていない人でも、死んだら天国に行くと信じている人が多いようです。多くの人は、地上の生活と天国を切り離して考えているのではないでしょうか。地上の生活は地上の生活、そして死んだら天国へ移ると考えるのです。地上の生活では天国を意識しません。天国を意識して生き方が変わるということはないのです。考えるのはいつも地上のことです。しかしキリスト教は、地上の生活と天国を切り離さないのです。地上の生活と天国を結びつけて考えるのです。信仰者の歩みは、神の国を目指す旅だからです。死んだら神の国に移されるというのではなく、人生とは神の国を目指す旅、死んだら目的地に着くのです。それが聖書の考え方です。

今日の聖書には、主人の帰りを待つしもべの譬えが二つあります。イエス様は、二つのたとえを語られました。そして二つの譬えには、「幸いだ」と呼ばれるしもべが登場します。最初のたとえでは、主人が婚宴に出かけます。婚宴は何時に終わるか分かりません。長引けば、深夜に及び、さらに明け方にまで及びます。そこで、目を覚ましていて主人が帰った来て戸をたたくとき、すぐに戸を開けることのできるしもべは幸いだというのです。35節に

「腰に帯びを締め、灯をともしていなさい」

とあります。腰に帯を締めるとは、いつでも立ち上がり行動できることを意味します。灯をともしていれば、夜中でもすぐに行動できます。主人が帰ってきて慌てて灯をともし、腰に帯を締めるのでは、すぐに戸を開けることができません。主人の帰りに備え、目を覚ましているしもべは幸いだと言われます。

二番目のたとえでは、主人は旅に出ます。そこで主人は、自分が留守の間、一人のしもべを管理人に定め、その他のしもべのために時間通りに食物の分配する役目を与えます。主人はいつ帰ってくるか分かりません。主人が帰ってきたとき、与えられた務めを果たしているのを主人に見られるしもべは幸いであると言われています。この二つの譬えにおいて、「主人が帰ってくる」ということは何を意味しているのでしょうか。それは40節を見ると分かります。

「あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけないときに来るからである」。

イエス様はご自分のことを言うとき、「人の子」という表現を用いることがあります。これは世の終わりに再びイエス様がこの世においでになることを意味しています。私たち信仰者が、イエス様がもう一度この世においでになるとき、準備をしていることが大切であると教えられるのです。その準備ができている人が幸いだというのです。

私どもの地上の歩みは、キリストの再臨に対する備えという性質を持ちます。最初に申し上げましたが、多くの人は、地上の生活と天国を分けます。地上にある間は、地上の生活としての幸せを求めるのです。天国に迎えられるにふさわしい歩みを心がけます。真面目で良い人間として生きれば、天国に行けると考えるのです。

しかし信仰者の歩みは違うのです。二番目の譬えは、主人から与えられた務めを忠実に果たし、主人が帰ってきたときに、忠実であることを主人に認められたしもべが幸いだとあります。そのしもべは主人から「全財産を管理させる」という名誉を得ることになります。信仰者にとっての幸い、幸せは、地上の生活における幸いと言うより、主人から認められる幸い、と言うことができます。有名になったり、裕福になったり、高い地位に就いたり、愛する家族に囲まれたり、やりたいことをしたという満足、など人はそれぞれに、この世における幸福を求めます。それらの幸福は、死んだら終わりです。これらの幸福が意味がないというのではありません。これらの幸福を信仰者も楽しみます。しかし、これ以上の幸い、があるというのです。

ここに登場するしもべのように、神さまに忠実に歩む信仰者は、イエス様が世の終わりに来られたとき、「よくやったね」と認められて神の国に迎えられ、神の国でのごほうびをいただくのです。最初のたとえでは、目を覚まして主人を迎えた僕を主人は席に着かせ、そばに来て給仕するとあります。聖書には、神の国に迎えられた信仰者は神の国での祝宴に招かれると書かれています。神の国を目指して、主人に対して忠実に生きる、つまり神さまに対して忠実に生きる、それが信仰者の人生だと教えられます。忠実な歩みを認められる、それが信仰者の幸いだというのです。信仰者にとっての幸せは、神さまからほめられることだというのです。

二つのたとえで、主人は、思いがけないときに帰ってくるとあります。悪いしもべは、主人の帰りが遅くて、まだ帰ってこないだろうと油断していることが分かります。45節で「もしそのしもべが、主人の帰りは遅れると思い」とあるようにまだ帰ってこないと油断しているのです。イエス様は世の終わりにもう一度この世においでになると聖書は語るのですが、私どもは、絵空事のように思えて、真剣に受けとめないことがあります。聖書を読めば、イエス様はすぐに来ると書いてあるのに、2千年たってもまだおいでにならないのです。

イエス様がもう一度おいでになることを「再臨」と言います。この再臨をどのようにしたら信じることができるのか、どのようにしたら、信じさせることができるのか、悩みます。信仰の事柄には、信じる客観的な証拠というものはないのです。そもそも神が存在することだって誰もが認める客観的な証拠はありません。客観的な証拠、納得するに足りる理由がないのに、信じるのです。信仰は聞くことによるとありますが、聞いたことを信じるのです。それが信じると言うことです。私どもが信じるとき、そこには神さまの導きがあります。信仰は神の賜物と言われます。神さまの導きによって信じることができるようになるのです。自分が納得して信じるのではなく神の導きで信じるようになるのです。

この再臨も、神さまの導きによって信じることができるようになるのです。私は祈りのたびに、「神の国を目指して歩みます」と神さまに告白します。そのような告白を続ける中で、段々信じることができるようになりました。再臨を信じないと、再臨に備えるという歩みができません。再臨を信じるとき、この世における生活が、神の国に備える歩みに変えられます。この世の生活は神の国を目指す歩みとなります。イエス様は、神の国は近づいたと人々に教えられました。神の国とは、神さまのご支配を意味します。私どもは、神が共にいて、神さまのご支配の中を歩みます。神さまに信頼するので、思い煩うことから自由になります。神さまのご支配の中を信じて歩む、それが神の国を目指すということです。目的地である神の国、それは神さまが完全にご支配なさっているところです。私どもは、この世の人たちと違う暮らしをするわけではありません。しかし、神のご支配を信じ、神に信頼して生きるという点では、全く異なります。イエス・キリストの再臨を信じ、神の国を目指して、今、生きるのです。

ペトロは、41節で「このたとえは、私たちのために話しておられるのですか。それとも、みんなのためですか」と質問をしています。イエス様は、それに直接は答えずに、たとえを話し出します。譬えに登場するのは、主人としもべです。私たちは主人の立場には立ちませんから、しもべとなります。私たちは、神のしもべなのでしょうか。皆さんは、御自分が神のしもべであるという自覚を持っていますか。富士山は、見る角度によって形を変えます。どの形も富士山です。クリスチャンも様々な特徴を持っています。神さまに愛される神の子供という特徴があれば、神に仕えるしもべという特徴もあります。

あなたはだれですか。何者ですか、と尋ねられたとき、どう答えますか。「わたしが山田太郎です」と名前を答えますか。「あなたは誰ですか」。これはあなたがどういう人であるかと尋ねる質問です。私どもは、「私は神の子」ですとか、「私は神のしもべです」と答えることができます。このように答えることは、自分が何をするために生きているのかが明確になります。神の子ですと答えるとき、父である神に信頼する生きかたを選びます。あるいは、父である神の気持ちを知り、それを大切にして生きることになります。「自分さがし」という言葉を時々聞きます。自分が何者であるかが分からないと、何のために生きているのかが分からなくなります。そこで自分は何者であるかを探すのです。あるいは何者になったらいいかを求めるのです。自分が何者であるかが分かると生きる意味、生きる目的がはっきりします。クリスチャンは神のしもべとして生きるという特徴があります。

私は牧師です。牧師としての働きに召されたと信じて、牧師になりました。そして教会で牧師としての働きをしています。牧師として何が一番大切なのでしょうか。それは神さまに忠実であると言うことです。このことは聖書に書かれています。これが真実であると知るには、時間がかかりました。牧師として働くのですから、成果、結果を求めます。結果を残せないと、自分が無力・無能に思えたりするのです。結果を残す牧師を見るとうらやましくなったり、ねたみさえ起こしかねません。そんな人間くさい思いを抱きながら、聖書が語っているように忠実であることが大事なのだと教えられ、今は迷うことなく牧師としての働きに仕えています。神のしもべとして歩んでいます。

神のしもべとして生きるのは、特別な人なのでしょうか。否、すべての信仰者は神のしもべということができます。神さまは一人一人の信仰者に能力を与え、才能を与え、それを用いることを期待しています。教会の働きに仕えることが期待されています。外に出て、イエス様を救い主と人々に伝える働きが期待されています。あなたの行いを見て、人々が神さまを崇めるようになることが期待されています。

神さまはあなたをかけがえのない人間としてあなたに生きて欲しいと願っています。あなたらしい働きをすることを期待しているのです。あなたにしかできない働きを望んでおられるのです。あなたがあなたらしく生きることを願っておられるのです。

今日の聖書は信仰者の幸いを教えています。それは神さまに対して忠実に生きることです。クリスチャンは神のしもべであり、神のしもべとして生き抜く、それが幸せなのです。イエス様が語られた二つのたとえで、忠実な僕が主人に喜ばれました。忠実に生きる、それが天に宝を積むことになります。神のしもべとなり、生きる意味、目的が示され、神のしみべとして責任を果たすことができる、そこに幸いがあります。これが今日、私どもが聞く福音です。

祈り
天の父、この世の歩みが神の国を目指すものであることを教えてください。それ故この世におけるどんな労苦も無駄になることがないと悟らせてください。神のしもべとして、あなたに忠実に生きることができるように助け、導いてください。イエス・キリストの御名により祈ります。