「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ」。

この言葉は、鋭い剣のような言葉です。以前の口語訳聖書では、「富」を「宝」と訳していました。あなたがたの宝のあるところに、あなたがたの心もあるのだ。あなたが大切にしているもの、それをあなたはいつも考えているとの意味ですね。好きな人ができると、いつもその人のことを考えている、これはその例です。就職活動をしていて、いつも就職のことが頭にあるとすれば、就職することが、あなたにとって一番大切なことであるいうことです。あなたの心は、どこにあるのか、これは私たちがどういう人間・どういう信仰者であるかを明らかにする問いになります。

今日の聖書の箇所は、先週に引き続いて、富に関するものです。先週は、貪に注意する、それがテーマでした。今日は、思い悩みがテーマです。

イエス様は「思い悩むな」と命じられます。何であれ、思い悩むのは、よいことではありません。病は気からという言葉がありますが、思い悩みは、健康にとっても良いものではありません。勿論、信仰にとっても良いものではありません。そして信仰が、私たちを思い悩みから解放します。

22節にこうあります。

「命のことで何を食べようか、体のことで何を着ようかと思い悩むな」

食べ物は、私たちの命を支えます。食べなければ飢え死にします。着るものは、体を温め、体を守ります。食べ物、着る物は私たちが生きていく上で必要なものの代表です。生きていく上で必要な物のことで思い悩むなとのイエス様の命令です。今、現実に必要なものが満たされていたとしても、私どもは、将来どうなるかわからないから、備えておきたいとの思いを持ちます。あるいは、何だかんだいっても、十分に備えておきたいと願います。備えあれば憂いなし、です。でも病気、交通事故、会社の倒産、災害など、わたしたちを不安に陥れるものがいつ襲ってくるのか分からない、これもまた現実です。これらを心配しだしたら切りがありません。

イエス様は、思い悩む必要のない理由を三つあげます。第一に、23節です。

「命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切だ」

というのです。二つのものがあったとき、本当に大切なことを考えるべきであり、大切さにおいて劣るもののことで悩むのは、本末転倒だということです。生きるのに必要な物を手に入れれば、生きていると言えるのでしょうか。私たちの国は、物が豊かになりました。人々は、心の豊かさを求めるようになりました。食べる物が豊かにあっても、衣服を沢山持っていたとしても心は満足しないのです。ですから、生きる上で、本当に大切なものを求めなさいとイエス様はおっしゃるのです。生きるのに必要なものは色々あります。これらのものをどのようにして手に入れるかと思い悩んでいると、本当に大切なことを見失ってしまうのです。

第二に、24節です。

「鳥(からす)のことを考えてみなさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、納屋も倉も持たない。だが神は烏を養ってくださる。あなたがたは鳥よりもどれほど価値があることか」。

神は必ずやあなたを養ってくださる、そのことを信じなさいというのです。つまり神に信頼すればよい、神が養ってくださるから思い悩む必要がないというのです。

第三に25節です。

「あなたがたのうちのだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか」。

思い悩んでも、私どもは寿命を延ばすことができません。つまりいくら思い悩んだとしても、効果はないというのです。現代人は長生きしようと健康に気を配り、運動をしています。そういう努力が無駄であるとイエス様がおっしゃっているわけではありません。思い悩んでも、効果はないというのがイエス様の話された意味です。私どもの経験からしても、思い悩んでも解決しないというのが現実です。26節は、わかりにくいので飛ばします。以上三つの理由を挙げてイエス様は思い悩むなとお命じになるのです。

しかし、イエス様が弟子たちに「思い悩むな」と教えられたのは、弟子たちが思い悩む可能性があるからです。そしてイエス様を信じる人が思い悩むからです。では私たちはなぜ、思い悩むのでしょうか。

一つには、私どもはこれで十分と思えるまで必要なものを手に入れようと考えるから、思い悩むのです。神さまが養ってくださるといっても、天からパンが降ってくるわけではありません。自分で働いて生活に必要な物を手に入れなければならないのです。棚からぼた餅というわけにはいきません。神さまが私たちを養ってくださるという時、それは、私たちが働かなくてよいということではありません。私たちが働くことを通して、生活に必要な物が備えられます。私たちが働く、これは神さまがわたしたちを養ってくださる方法の一つです。神は私たちに健康を与え、働く場を与え、必要な物を備えてくださるのです。

しかし、神様が必要なものを備えてくださることを、私どもは忘れてしまい、あるいは信じられず、私どもはつい、自分でこれで十分と考えるものを求めるのです。それ以上必要ないよ、と神さまが言っても、自分で、これで十分と思えないと、さらに求めようとします。私どもの心には、行き詰まったら困るという恐れがあるので「これで十分」と思えるまで求めようとします。しかし、私どもは「これで十分になった、私の魂よ、安心しなさい」と言う時、神さまは言われるのです。

「愚かな者よ、今夜、おまえの命は取り上げられる」。

生きていく上で必要なものをどれほど手に入れれば良いのか、その判定基準は、別のところにあります。今日の説教の最後にお話しします。

思い悩む第二の理由は、神は本当に自分を顧みてくれるだろうか、という不安があるからです。確かに、自分は空の鳥より、野の花より、価値があるかも知れないが、本当に神は私を顧みてくれるのだろうか、との思いがあるのです。神が「私たち」を愛してくれるというのはわかるが、神が「私」を愛してくれているかどうかは、分からないと感じるのです。自分は神の顧みに値する人間には思えないと考えるのです。だから神が自分を顧みてくださると信じ切れない、そこで思い悩むのです。次の聖書の言葉を私どもは心に刻む必要があります。

「わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対する愛を示されました」(ローマ5:8)。

神は私どもを愛しておられるのです。そもそも信仰は、ここから始まるといってもよいのです。神さまが、自分を顧みてくれないのではないか、という不安は必要ありません。それなのに不安を感じる者に対してイエス様は、28節、「信仰の薄い者よ」と言われるのです。

さらにイエス様は、信仰を持つ者と持たないものとの違いを教えられます。信仰を持たない者、つまり異邦人は、生活に必要なものを切に求めるが、信仰者は、神の国を求めるものだと教えられます。そして神の国を求めるなら、生活に必要なものは添えて与えられるとイエス様は約束してくださっているのです。聖書は至るところで、神は約束を守る真実な方であると述べています。神の国を求め、神さまが必要なものを添えて与えられることを経験していくなら、思い悩むことは少なくなり、神さまにますます信頼するようになります。

それでは、神の国を求めるとはどういうことでしょうか。神を信じない者と信じるものとの違いをイエス様は教えられましたが、この違いを次のようにいうことができます。神を信じない異邦人は言うのです。「人はパンがなければ生けていけない」。信仰者は言うのです。「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」。神の口から出る一つ一つの言葉で私どもが生きようとするなら、神はパンを備えてくださるのです。

神の国を求めなさいとは、神さまのご支配を信じなさいということです。私どもが、神さまのご支配を信じ、神さまの言葉に従って生きるなら、神さまは、私どもに応えてくださるのです。神の御心に従うとき、神の祝福が与えられます。人間の思いを越える祝福が与えられます。「私たちの主イエス・キリストの父である神は、ほめたたえられますように。神は、私たちをキリストにおいて、天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました」(エフェソ1:3)。この祝福が私たちに訪れるのです。神の祝福の特徴は、喜び、平安、感謝です。

32節。

「小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は、喜んで神の国をくださる」。

あなたがたの父、つまり神さまです。神さまは天の父として、私どもの信頼に応えてくださるのです。それ故、33節。

「自分の持ち物を売り払って施しなさい」。

これは文字通り、実行しなさいという意味ではないと考えます。これと同じ言葉をイエス様は別な箇所で述べています。一人の男がイエス様に「永遠の命を得るにはどんなよいことをすればよいのでしょうか」と尋ねたことがあります。その時、イエス様は「持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば天に宝を積むことになる」と教えられました。要点は、天に宝を積むことです。自分のために地上に富を積む人は、自分の富を他の人のために使うことはないでしょう。

施しをする、これは隣人愛につながる大切な行いです。神さまが、必要なものを備えてくださるという信頼があるからこそ、できることです。そしてイエス様は言います。「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ」。私たちの心が天に向いているのか、地に向いているのか。私たちの心が神に向いているのか、地上の生活に向いているのか。もし私たちの心が神に向いているなら、私は生活のために必要なものを十分手に入れただろうかという問いは、消えてなくなります。神さまは、いつだって、私どもが生きていく上で必要なものは満たしてくださっているのです。

パウロがこう述べていることは大切なことです。

「わたしは、自分の置かれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべも知っています。満腹していても、空腹であっても、物が有り余っていても不足していても、いついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています」(フィリピ4:11〜12)。

イエス様は「貧しい人々は幸いである」(6:20)と言い切っています。そして続けます。「神の国はあなたがたのものである」。

 思い悩みの原因は神様に対する信頼の欠如、神の国に対する無関心、貧しい人に対する憐れみの欠如から生まれます。

祈り
天の父なる神、疑い、不信を越えて、あなたに対する信頼、 あなたのご支配に対する信頼、隣人に対する憐れみの心を与えてください。そして、思い悩みから私どもを自由にしてください。不信仰な私どもを憐れんでください。 イエス・キリストの御名により祈ります。