人生の折り返し地点をはるかに過ぎ、自分の死を意識する年齢になって信仰生活とは何かを思います。私たちは聖書から、神の国に迎えられることを教えられています。そこで信仰生活とは、神の国を目指す旅であると聖書を読みながら教えられる思いがします。この世の生涯を終えたら、私どもはどこか別の世界としての神の国に行くのではなく、神の国を目指した旅が、目的地に着き、ゴールインをするということ、それが死ぬこと、このように考えるようになりました。聖書は最後の審判を教えていますから、死んでもすぐに神の国に迎えられるわけではありません。しかし、信仰に生きるとは、神の国を目指す旅であると考えます。昔イスラエルの民が、エジプトの国で奴隷として辛く苦しい生活をしていました。彼らは、神の助けによって、エジプトを脱出し、神の与える約束の地を目指して旅をしました。イスラエルの民が約束の地を目指して旅をしたように、私もまた、神の国を目指す旅をしている、そんな思いを抱きつつ、私は今を生きています。

今日もまた、聖書に耳を傾けたいと思います。イエス様の話を聞いていた群衆の一人が、言います。

「先生、私にも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください」。

イエス様は、

「誰がわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか」

といってその願いを受け入れませんでした。そのような願いは、別の専門家に任せれば良いのです。イエス様は、もっと大切なことを教える使命を持っておられるのです。イエス様は言います。

「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい」。

貪欲とは、何かを必要以上に手に入れようと欲することを言います。なぜ、貪欲に注意し、用心しなさいとイエス様は教えられたのでしょうか。

私たちは豊かさに慣れると、豊かさを失いたくないという思いを持ちます。豊かさを失いたくない、という思いが、信仰の歩みを迷わせることもあります。貧しくなることの恐れが、豊かさを失いたくないという思いになります。人が貪欲になるのには、不安や恐れがあるのです。今日の聖書に登場する金持ちは、農業を営んでいます。農業には、飢饉という恐れるべき危機があります。飢饉が到来したら、収穫はできなくなります。農夫には飢饉に対する不安、恐れがあります。だから、沢山の収穫があれば、これで安心、という思いを持つのは自然です。この人が、

「これから先何年も生きていくだけの蓄えができた。一休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」

と自分に言うのも無理もないのです。イエス様は貪欲に注意しなさいと教えられます。貪欲になり、財産を沢山持つことによって将来の不安を解消する、それは自分の力で生きようとすることです。神なしに生きようとすることです。神に信頼する信仰がありません。

奴隷の地、エジプトを出発したイスラエルの民は、荒野を旅します。荒野には食べ物はありません。イスラエルの民は食べることに困るようになります。彼らが助けを求めて神に叫ぶと、神は天から「マナ」という食べ物を降らせます。イスラエルの民は、毎日、その日の分を集めるよう神に命じられます。その日に集めた物をその日に食べるのです。明日はもしかしたらマナはないかも知れないと考え、明日の分まで集め、それを明日のために残そうとする人がいました。明日はどうなるかわからないという不安を解消し、安心したかったのです。でも、明日のために残したものは、翌朝になると腐ってしまいました。イスラエルの民は、金曜日には、二日分を集めました。何故なら、土曜日は安息日で仕事をしない日なので金曜日に二日分を集めたのです。二日分を集めるように神は命じたのです。しかし中には、土曜日の安息日にも集めようとする人がいました。手元に明日の分がないと心配なのです。神は土曜日には集めるなと叱ります。神は毎日毎日、マナを与え、イスラエルの民を養ったのです。イスラエルの民は、神が生活を支えてくださるという信仰を持つように神さまによって訓練されたのです。貪欲は、神さまに対する信頼を壊してしまうのです。だからイエス様は、自分の心に貪欲がないか、注意しなさい、用心しなさいと言われたのです。

イエス様は続けて言います。

「有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである」。

財産が沢山あれば、明日の生活に不安を持たないで済むように見えます。しかし、人の命は財産によってどうすることもできない、とイエス様は語ります。財産があるからといって寿命を延ばせることができるわけではありません。財産があれば、病気を回復させ、命を長らえさせることができるわけではありません。人の命は、神の手の中にあるのです。

財産があれば、命を長らえさせることができると考える過ちに気づかせようとしてイエス様はたとえを語ります。ある金持ちの畑が豊作でした。作物をしまっておく場所がありません。そこで彼は言います。

「こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、こう自分に言ってやるのだ。『さあ、これから先何年も生きていくだけの蓄えができた。一休みして、食べたり飲んだりして楽しめ』」。

ところが神は言われるのです。

「愚かな者よ、今夜、おまえの命は取り上げられる。おまえが用意したものは、いったいだれのものになるのか」。

今夜死ぬなら、沢山の穀物や財産は何の役にも立ちません。人の手に渡るだけです。

財産は命を長らえさせることはできません。人間の命は神の手の中にあります。死ねば、財産は何の役にも立ちません。その財産を大切にし、自分が安心して長く生きることができると考える金持ちを神は愚かな人と呼びました。

荒野を旅したイスラエルの民を守るのは神です。神がマナを降らせ、イスラエルの民を飢えから救うのです。自分の手元に、明日の分、明後日の分を持っている必要はないのです。貪欲は自分の手元に沢山の物をおき、安心しようとします。財産が安心を与えるのではありません。安心は、神から来るのです。貪欲は、私どの信仰を迷わせます。私どもは比較的豊かな時代に生きています。でも昨今は不安な状況に私どもは囲まれています。会社が倒産し、路頭に迷う人が出てくる時代です。神さまに信頼しても本当に大丈夫かどうかわからない、頼れるのはお金、とお金に目がくらむ危険はいくらでもあります。

聖書は神に信頼する幸いを述べています。詩篇23篇には、「主は羊飼い、わたしには何も欠けることはありません」。神に信頼するものには欠けることがない、これが信仰者の確信です。使徒パウロはフィリピ4:11以下で言います。。「私は、自分のおかれた境遇に満足することを習い覚えたのです。貧しく暮らすすべも、豊かに暮らすすべもすべて知っています。ものが有り余っていても不足していてもいついかなる場合にも対処する秘訣を授かっています」。パウロは自由なのです。神さまに信頼する故に、ものが多くあっても不足していても、なを神さまの守りの中で生きることを知っているのです。詩篇23には、「死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない」。災いに遭っても、災いの中にあっても、恐れないと言うのです。神さまに信頼する人には、恐れや不安からの自由があるのです。

イエス様はたとえの結論として、自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならないものは、この通りだ」と言われます。自分のために積んだ冨は、役に立たないし、この金持ちのように、役に立たないことを思い知らされるというのです。そして神の前に豊かになりなさいと教えられるのです。

神の前に豊かになる、それはどういうことでしょうか。今日の聖書のすぐ後、33節にこうあります。「尽きることのない富を天に積みなさい」。あるいは「あなたがたの富のあるところに、あなたがたの心もあるのだ」。神の前に豊かになるとは、心を神に向けて生きることと教えられます。神はイスラエルの民に、約束の地に連れて行くと約束されました。神が約束されたからには、途中にどんな困難があったとしても、神は約束の地に連れて行かれるのです。ところがイスラエルの民は、何かあるとすぐに不平を言うのです。文句を言うのです。そしてエジプトにいた方がよかったなどと言うのです。もし彼らが神の約束を固く信じ、神に信頼して歩めば、約束の地に入ることができたのです。ほとんどのイスラエルの民は、神に信頼しなかったために、約束の地に入ることができませんでした。約束の地に入ることを神が許しませんでした。

奴隷の地エジプトを脱出し、約束の地に連れて行くとの神の約束を信じ、旅をするイスラエルの姿、それは、私どもの信仰の歩みと同じに思えます。私どももまた、神の国に迎え入れるという神の約束を信じ、この世を旅します。信仰に生きるとは、神の国を目指す旅をすると言うことです。そして神は、私どもを必ずや、守り導かれるのです。私どもの必要なことはただ神に信頼し、神にゆだねることです。困難なことがあろうとも、神に信頼することです。神の導きを求めることです。そうするとき、私どもの心には、いつも平安と感謝、喜びが満ちています。これが神の前に豊かな人の特権です。

私たちは神の国を目指す旅をしており、神の守りの中で旅をしています。このことが分かれば、恐れるものは何もありません。神さまにすべてゆだねることができるからです。神さまは、あなたがご自分を神様にゆだねることを待っておられます。私どもは、神の国を目指してこの世を旅しています。日々神様にゆだねること、それが旅をするということです。神さまはあなたを愛し、あなたを見放すことはありません。神さまは全能で、あなたに対して約束を果たすことができる方です。神さまは約束を守る真実な方です。

祈り
天の父なる神、 本当の安心、平安はあなたから来ることを教えてください。 すべてのことはあなたのみ手の内にあることを教え、 ただ、あなたに信頼すればよいことを ただ、あなたにゆだねればよいことを教えてください。 神の国を目指してこの世の旅をすることができますように。 神の国という目的地のあることを教えてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。