今日の聖書の箇所も、先週と同様、弟子たちに対する教えです。特に、迫害という困難な状況にある弟子たちに対する教えです。迫害というのは、直接的な脅威です。命を失う危険があります。自分の命を守るために、信仰を捨てる可能性があります。権力者を恐れるのではなく、神を畏れなさいとイエス様は教えられました。迫害があろうとなかろうと、信仰者は信仰を貫くことしかできません。今日もまた、信仰について聖書から聞きたいと思います。神さまは信仰によって私たちに幸いと喜びを与えてくださいます。私どもは信仰を貫き、神さまの愛に応えます。

8節。

「だれでも人々の前でわたしの仲間であると言い表す者は」

とあります。9節では、

「人々の前でわたしを知らないという者は」

とあります。人々の前とありますが、どんな人々の前なのでしょうか。それは、迫害する者たちの前で、ということです。イエス様の弟子のペトロがいます。彼は、弟子たちのリーダーとして、イエス様のことを救い主と宣べ伝えます。使徒言行録の三章で、ペトロは生まれつき足の悪い人をいやします。神殿に参拝する人に物乞いをしている足のなえた人を癒やすのです。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。イエス・キリストの名によって立ち上がり歩きなさい」。こう宣言すると、足のなえている人が立ち上がり、歩き回ったり、踊り出したりしたのです。多くの人たちがペトロの周りに集まり、ペトロの話を聞きます。イエス様を信じる人が沢山起こされます。そのペトロが捕らえられるのです。

そしてペトロは尋問を受けます。「お前たちは何の権威によって、だれの名によって、ああいうことをしたのか」(使徒4:7)。あるいはペトロは脅され、「決して、イエス様の名によって話したり、教えたりしないように」(使徒4:18)と命令されるのです。このような時、どう答えるか、です。「あの名によって教えてはならないと厳しく命じておいたではないか。それなのに、お前たちはエルサレム中に自分の教えを広め、あの男の血を流した責任を我々に負わせようとしている」(使徒5:28)。

ペトロは答えるのです。

「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません。私たちの先祖の神は、あなたがたが木につけて殺したイエスを復活させられました。・・・この方を救い主としました。私たちはこの事実の証人であり」

と堂々とイエス様が救い主であることを証言したのです。まさにイエス様の仲間であることを言い表したのです。あるいは足のなえた人を癒やしたことについてはこう語ります。

「あなたがたが十字架につけて殺し、神が死者の中から復活させられたあのナザレの人、イエス・キリストの名によるものです。・・・わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名の他、人間には与えられていないのです」。

堂々とイエス様が救い主であることを証言したのです。まさにイエス様の仲間であることを言い表したのです。

しかしイエス様が十字架にかけられる前、イエス様が捕らえられた後、ペトロはイエス様を裏切るのです。イエス様が裁判を受けている時、遠くからその様子をペトロは見ていました。その時ペトロは、イエス様の仲間ではないかと話しかけられ、「わたしはあの人を知らない」とイエス様のことを否定したのです。しかも三度も。ペトロは、イエス様の仲間であることを否定したのです。しかし、その後、聖霊を受け、イエス様のことを宣べ伝えるようになってからは、堂々とイエス様の仲間であることを言い表して伝道したのです。ペトロは、そのように迫害されることを実は、喜んだのです。「イエスの名のために辱めを受けるほどの者とされたことを喜び」(使徒5:41)と聖書に記されています。

「イエスの仲間である」と訳されていますが、口語訳の聖書では、「イエスを受け入れる」と訳しています。新改訳という聖書は、「イエスを認める者」と訳されています。原文のギリシャ語は訳しにくいのです。新共同訳は意味を汲み取って「イエスの仲間である」と訳しています。9節で、「イエスを知らないと言う者」とあります。「イエスの仲間」の反対が、イエスを知らないと言う人です。イエスと私は関係がない、と言わない者、それがイエスの仲間です。私はイエスを知っているし、イエスと関わりを持って生きているという人、それがイエスの仲間です。イエスの仲間であるとはどういうことか、具体的に述べてみましょう。私なりの表現で述べてみます。

イエス様の仲間とは、

まだまだ他の表現ができると思います。

イエス・キリストを信じて生きる信仰というのは、イエス様の仲間となって生きることを意味します。そこに幸いと深い喜びがあるのです。この幸いと喜びを神さまは、私どもに与えようとしておられるのです。イエス様と深く結びついて生きる、それが信仰です。ペトロは、迫害を受け、むち打たれ、辱めを受けたことを喜びとしました。イエス様と深く結び合わされた人間と認められたからです。パウロは語ります。「私の主キリスト・イエスを知ることのあまりの素晴らしさに、今では、他の一切を損失とみています」。イエスの仲間となって、イエスを知ることほどすばらしいものはない、と語っているのです。イエスの仲間として生きるほどすばらしいものはない、と語っているのです。イエス様の仲間となって生きる、これは幸いで、喜びなのです。あるいは「いつも喜んでいなさい」という命令が聖書に書かれています。いつも喜ぶ、そんなの無理だと人は言うかも知れません。しかし、イエス様の仲間となっている人は、いつも喜んでいられるのです。イエス様の仲間になれば分かります。

10節。

「人の子の悪口を言う者は皆赦される。しかし聖霊を冒?する者は赦されない」。

「人の子」という表現は、「私」の意味です。イエス様は「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と言うくらいですから、イエス様の悪口を言う人は赦されます。しかし聖霊を冒?する人は赦されないとはどういう意味でしょうか。それは11?12節を考えると分かります。迫害に遭い、捕らえられた時、信仰者は「イエス様の仲間であると言い表します」。11節。「会堂や、役人、権力者のところに連れて行かれた時、何をどう言い訳しようか、何を言おうかなどと心配してはならない」とあります。12節。言うべきことは、聖霊がその時に教えてくださる」。

ここで「心配してはならない」とあります。これは聖霊が語るべき言葉を与えてくれるので、言い訳ができるとか、命拾いができるというのではありません。聖霊が語るべき言葉を与えてくださり、信仰を貫くことができるので、心配しないでいいという意味です。信仰を貫いた結果、殺されることだってあるのです。ペトロは、聖霊に導かれて大胆に弁明しました。イエス様のことを宣べ伝えるなと脅された時、「人間に従うよりも、神に従わなくてはなりません」。と堂々と告白したのです。そのためにペトロを捕らえた人々はペトロを殺そうと考えたのです。「体を殺しても、その後、それ以上何もできない者どもを恐れてはならない」とイエス様は語られましたが、その通りなのです。信仰を貫くために聖霊が助け、導いてくださるのです。その聖霊の働きを認めない者、信じない者、求めない者、それが聖霊を冒?する罪だというのです。

聖霊の助けに信頼して信仰を貫きなさいとの教え、それが聖霊を冒?してはならないという教えの意味です。マタイ福音書にも、聖霊を冒?する罪は赦されないと書かれています。前後の文章の内容により、聖霊を冒?するとは何を意味しているかが異なってきます。ここでは、信仰者を助け、導き、信仰を貫かせる聖霊の働きを認めないことが、冒?することです。このような聖霊の働きを軽んじたり、認めないのは聖霊を冒?することだというのです。

聖霊の働きは迫害で捕らえられた人に語るべき言葉を与えるだけではありません。私どもは、迫害のために命が危険にさらされるという状況に置かれていません。日本の国では憲法で信仰の自由が保障されています。もしわたしたちが、イエス様の仲間として生きるために必要な助けと導きを聖霊から受けないとしたら、聖霊に求めないとしたら、それはどうなのでしょうか。聖霊を無視することになりかねません。無視する、それは冒?することと言ってもよいのではないでしょうか。私たちは父子聖霊なる三位一体の神を信じると告白しています。聖霊の働きを求めて信仰の歩みをしたいと思います。その時、信仰を貫く歩みが全うされ、イエス様の仲間として歩むことができ、イエス様から仲間として認めてもらえるようになります。

聖霊の働きは、私たちに確信を与え、わたしたちを大胆にします。イエス・キリストに対する確信です。聖書の言葉が神の言葉であるとの確信です。この確信を受け取るために必要なことは祈ることです。祈りをもって聖書を読み、祈りをもって説教を聞くことです。「主よ、お話しください。しもべは聞いております」と祈ることです。イエス様を救い主と信じる信仰も聖霊が与えてくださいます。「信仰を与えてください」と祈り、聖霊の導きを求めることも信仰を持ちたい人には必要な祈りです。聖霊の助けを受けつつ、イエス様の仲間として生きる、そこに信仰者の幸いと喜びがあります。

祈り
天の父なる神様、 私どもが謙遜に聖霊様のお働きを求めることができますように。 そして確信を持って大胆に信仰を貫くことができるように導いてください。 恐れに対して無力で、無力でありながら自分で何とかしようとする愚かさを憐れんでください。 聖霊の導きにゆだねることができるように導いてください。 神さま、弱きわれらを憐れんでください。 イエス・キリストの御名により祈ります。