今日の聖書によると、イエス様のもとに沢山の人が押しよせたとあります。そしてイエス様は弟子たちに話し始められました。群集もその教えを聞きました。弟子たちは自分たちに対するイエス様の教えを聞くことになります。群衆たちは、イエス様を信じる者たちに対する教えを聞きます。この礼拝で説教がなされます。わたしもまたイエス様と同様、既に信じている人に向けて語り、またこれから信じる人に向けて語っています。話の内容は、信仰者の生き方に関わるものです。

イエス様は語られます。

「ファリサイ派の人々のパン種に注意しなさい。それは偽善である」。

ファリサイ派の人々の偽善をまねしてはいけない、あなたたちも偽善者になってはいけないとのイエス様の教えです。偽善はパン種と言われます。パンを作る時、小麦粉にパン種を入れ、こねます。こねた後放置すると、ふくれてきます。偽善が少しでも私たちにあると、私たちの生きかた全体が、偽善者になってしまうのです。そこで「注意しなさい」とイエス様は教えられます。偽善と訳されたギリシャ語は、「仮面」という言葉です。役者が仮面をかぶって演技します。仮面の顔と内側の役者の本当の顔は異なっています。本当ではない顔を見せる仮面、それが偽善を意味するようになりました。心の本当の姿を隠して、外面をよく見せること、これが偽善です。ファリサイ派の人たちは、信仰深い姿を人々に見せました。しかし、信仰者として神に従うという点では、それができていなかったのです。イエス様は、ファリサイ派の人たちの偽善を厳しく批判しました。

そして弟子たちには、偽善者となってはならないと警告します。神さまは私たちの心をご覧になります。私たちは自分の心を人には隠せても神には隠すことができません。それ故、神の前に、自分を隠さず、信仰者として生きるのです。神の前にごまかすことなく、神さまに信頼し、神に従って生きるのです。このことをイエス様は弟子たちに求められたのです。それは、完璧に神に忠実に生きなさいとの意味ではありません。私どもは完全に神の前に忠実に生きることはできません。私どもは失敗をします。神の御心に背くのです。その時は、神さまに赦しを求めるのです。大切なのは、どれほど神の戒めを守れるかではなく、心がどこを向いているかです。人の目を気にして、信仰深そうな姿を見せる、これは偽善者です。できるだけ神の戒めを守り、立派な自分になろうとする、これは自分を見ています。真の信仰者は、神さまを見て生きるのです。神さまを愛し、神さまの御心に従うことを喜び、このことに心を尽くすのです。

2節。

「覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはない」。

これは、私たちが自分のありのままの醜い姿を隠し、外面をよくして信仰深そうに振る舞ったとしても、それが明らかになる時が来るというのです。3節。

「あなた方が暗闇で言ったことは皆、明るみで聞かれ、奥の間で耳にささやいたことは、屋根の上で言い広められる」。

私たちが人に知られないように隠れて行ったことも、知られる日が来るとの意味です。神の目をごまかすことはできないのです。

自分の罪から生まれる行動を人の目に隠せたとしても、神さまに隠すことはできません。私たちの本当の姿は世界の終わりの時、神様の裁きの時にはあらわにされるというのです。それ故、真実に生きよ、神に忠実に生きよ、とイエス様は教えておられます。

4節では、「友人であるあなたがたに言っておく」とイエス様は語ります。イエス様は弟子たちのことを友と呼んでいます。信仰に生きるとは、イエス様を友として生きることであり、イエス様の友として生きることです。イエス様は言います。

「体を殺しても、その後、何もできない者どもを恐れてはならない」。

これは明らかに迫害に直面する弟子たちに対する教えです。「体を殺しても、その後何もできない者」とは、人間のことです。弟子たちを迫害する者たちのことです。福音を宣べ伝えていることが理由で殺される、つまり迫害を受けて死ぬのです。これは恐ろしいことです。しかし、福音を宣べ伝えるのをやめるというのはよくないとイエス様は言われるのです。

続いてイエス様は言います。

「誰を恐れるべきか、教えよう。それは、殺した後で、地獄に投げ込む権威を持っている方だ。そうだ。言っておくが、この方を恐れなさい」。

人間が死んだ後、地獄に投げ込む権威を持っている人を恐れなさいと言うのです。この世で自分の命を惜しみ、福音を宣べ伝えるのをやめてしまうなら、命を助けることができるかも知れません。しかし神の裁きの時、罪を咎められ、地獄に投げ込まれるかも知れないというのです。つまり、この世がすべてではないのです。私たちは死んだらすべてがおしまい、とはならないのです。聖書は、神の裁きについて述べます。終わりの日に、一人一人が神の前に出て、神から与えられた命をどう生きたのか、が問われるのです。そこで人の最終的な行き先が決められるというのです。ある人は天国に行きます。ある人は地獄に行きます。

だから、私たちが本当に恐れるべきなのは、私たちの最終的な運命を決める方、つまり神だというのです。信仰者の生き方というのは、終わりの日、終末の日を見て、今を生きるのです。終わりの日、神の前に出ることを思い、生きかたを整えるのです。生きるとは、様々な選択をすることを意味します。どのような選択を続けていくの、それによって、どのような歩みをしたかが決まっていきます。自分の命を惜しむ生きかたなのか、終わりの日に、天国に迎えられる生きかたをするのか、あなたはどちらを選ぶのでしょうか。つまりそれは誰を恐れて生きるのかで決まります。

神さまは冷たい裁判官ではありません。6節

「五羽の雀が2アサリオンで売られているではないか。だがその一羽さえ神さまがお忘れになるようなことはない」。

アサリオンはローマで使われていた銅貨を指します。労働者の一日の賃金の1/16の価値です。雀の価値は低いのです。価値の低い雀を神さまは忘れることはないというのです。取るに足りない雀でさえも、神さまが顧みておられるというのです。マタイ福音書では、イエス様は、父の許しがなければ、一羽の雀でさえも、地に落ちることがない、つまり死なないと言っているのです。一羽の雀の生死さえ、神さまがお決めになるというのです。

7節。

「それどころか、あなたがたの髪の毛まで神に数えられている。恐れるな、あなた方は、たくさんの雀よりはるかにまさっている」。

神は、雀以上にあなた方のことを心にかけておられるというのです。あなたがたが迫害に直面していても、神さまはあなたのことを心にかけておられるとイエス様はおっしゃるのです。だから、「恐れるな」。

迫害に遭う時、恐れる必要はないのです。迫害の中で、あなたは死んでもいいのです。その時も、神さまはあなたと共におられるのです。死ぬということは、神さまに見捨てられるということではありません。迫害で死んでも、なお、神さまはあなたと共におられるのです。迫害の中で、生き抜くこともあるでしょう。それはあなたが神さまに守られたということです。その時も、神さまはあなたと共におられるのです。迫害の中で、死んでも、あるいは生き残ったとしても、神さまと共に歩む生涯を送ることになるのです。どちらの道を歩むかは、神様がお決めになります。

神様を畏れ、信仰を貫くことが大切なのです。イエス様から友と呼ばれ、友として信頼される生きかたをするのです。そこに喜びと光栄があるのです。

私どもは、信仰の故に迫害を受けるということが少ないので、今日の聖書の箇所は自分には関係がないと思う人がおられるかも知れません。確かに、外からの力が、私たちに恐れを与え、イエス様を宣べ伝えることをやめさせたり、あるいは信仰を捨てさせるようなことはないかも知れません。しかし、様々な恐れが私どもを囲んでいて、信仰を貫くことがおろそかになることがあるのです。死の危険はないかも知れません。しかし、「恐れ」は、私たちの人生を駆り立てる力があるのです。恐れを抱きながら平安に生きることはできません。人はどうしても自分の力で平安を求めます。経済的な不安、生活の不安があります。老いの不安があります。病気の不安。人の目を恐れることがあります。

不安に対処することを優先する時、信仰の歩みにゆるみが生じます。ゆるみが生じると、パン種がパンを膨らませるように、私どもの信仰がどんどんゆるんでいくのです。信仰者らしくなくなっていくのです。外からの力が強ければ、負けないぞ、と踏ん張ることができます。しかし、生きていく上での様々な不安は、気づかないうちに、私どもの信仰に影響を与えるのです。

恐れというのは、私たちを捕らえて放しません。しかしヨハネの手紙一(4:18)にこうあります。「愛には恐れがない。完全な愛は恐れを締め出します」。「恐れの家」を出て、「愛の家」に入ることが大切です。

私たちは恐れに対しては無力です。恐れが来ると戸惑い、思い煩い、何とかしようと焦るのです。挙げ句の果てには、慌てふためき、混乱するのです。こうして恐れの家から出ることができなくなります。

しかし、神さまは、私どものことを心にかけてくださっています。このことを信じ、神さまを愛し、神さまの胸の中に飛び込むとき、恐れの家から出て、愛の家に住むことができます。

神さまに対する愛だけが、恐れから私たちを解き放ちます。この世に生きる時、様々な恐れの思いにつきまといます。愛の家を住まいとし、「怖がることはない。恐れるな」との声を聞き続けたいと思います。神を信じるとは、神さまと関係を持って生きることを意味します。

神を愛し、神を畏れるなら、平安が訪れるのです。7節の「恐れるな」は、実に励ましの言葉です。あなたは恐れなくて良い。これは、私たちを愛される神さまの声です。神さまがあなたのことを心にかけておられるのだから、恐れなくていい。あなたは、神さまを愛し、神さまのみを畏れるなら、恐れることなく人生を生きていくことができるのです。神さまへの愛が、神さまへの信頼を生み出します。そしてあなたは信仰者としての歩みを貫くことができるのです。「恐れ」が心の中に湧いてきたのなら、それはチャンスです。神さまを愛し、信頼する絶好のチャンスです。神さまに信頼する信仰が成長するチャンスです。神さまを畏れ、信仰の歩みを励まし合いながら慰め合いながら、共に進んでいきましょう。

祈り
天の父、恐れは、私たちの信仰を崩します。 神さまを愛し、神さまに信頼することによって、 恐れの家から、愛の家に移り住むことができるようにしてください。 恐れの家を出ることには勇気が必要ですが、 神さまが、私ども一人一人を心にかけてくださっておられます。 そのことを信じて、恐れの家を出ることができますように。 信仰者として大胆に確信を持って歩むことができますように。 IX。