今日の聖書では、イエス様は、ファリサイ派と呼ばれる人々を批判しています。律法の専門家の一人が、

「そんなことをおっしゃれば、私たちをも侮辱することになります」

と言った程に痛烈な批判でした。イエス様はどんな思いで批判されたのでしょうか。

今日の聖書にはファリサイ派と呼ばれる人が登場します。彼はイエス様を食事に招くのです。恐らくイエス様と話をしたかったのでしょう。福音書にはファリサイ派と呼ばれる人々が登場します。ファリサイ派の人々は、イエス様から偽善者と批判され、イエス様を憎み、最後にはイエス様を十字架につけるように動きます。その意味では悪役として登場します。なぜ福音書はイエス様と対立するファリサイ派のことを描くのでしょうか。

当時のイスラエルには、宗教グループが三つありました。一つはサドカイ派と呼ばれる人たちで、この人たちはエルサレム神殿で仕えることを仕事としていました。福音書に登場する「祭司」「大祭司」と呼ばれる人々はサドカイ派に属します。次が、エッセネ派と呼ばれる人たちで、荒野で修道院生活をしていました。聖書には出てきません。三つ目がファリサイ派の人たちで、彼らは会堂で礼拝し、日々の生活の中で、神の掟を守る努力をしていました。これはキリスト教も同じと言うことができます。私どもも日曜日には教会で礼拝を献げ、普段の日は生活の中で、神の教えに生きようとしています。ファリサイ派とキリスト教は似ているのです。

イエス様が天に上げられ、イエス様の弟子たちが福音を宣べ伝え始めます。弟子のペトロ、あるいはパウロと呼ばれる伝道者は、地中海沿いに、広い地域にイエス・キリストを宣べ伝えました。伝道の拠点となったのが、ユダヤ人たちが礼拝する会堂です。ユダヤ人の信仰はユダヤ教と呼ばれます。パウロが会堂で伝道するうちに、ユダヤ人たちは、キリスト教はどうも自分たちの信仰と違うと感じ始めます。キリスト教は律法を軽んじていると感じたのです。律法、つまり神の教えです。神の教えを軽んじるのはけしからん、とユダヤ人たちはパウロを迫害しました。イエス様も神様のみ心を行うことが大切なことを教えられました。イエス様もまたファリサイ派の人たちが、神さまの教えをないがしろにしていると批判しているのです。39節で「主は言われた」と書かれています。「イエスは言われた」と書かれていません。ここには、イエス様を主と信じる最初の教会の人たち、ユダヤ人たちから迫害された信仰者の思いが込められています。主は、ファリサイ派のことを批判したのだという思いです。そして、イエス様を信じる信仰はどういうものなのかを確認したいという思いが込められています。クリスチャンの側からも、自分たちの信仰はユダヤ教の信仰とは違うという思いがありどう違うのかを明らかにしたいという思いが込められています。

食事に招かれたイエス様は、その家に入り食事の席に着きました。しかし、食事の前に身を清めなかったので、ファリサイ派の人は不審に思ったのです。何故なら、食事の前に身を清めることはファリサイ派の人には守るべき教えだったからです。「身を清める」というのは、体を洗うことですから、私どもは少々大げさに感じます。聖書の別の箇所では、イエス様の弟子たちが食事の前に手を洗わなかったことがファリサイ派の人々から批判されています。神の教えを軽んじているように見えるのです。しかしイエス様は言うのです。

「じつにあなたたちファリサイ派の人々は、杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている」。

かなり厳しい批判です。 ファリサイ派の人々は、神の前に清い者であることを重んじました。神様が命じているからです。

「聖なる者となれ。わたしが聖なる者だからである」(レビ記11:44)。

そこで彼らは、神さまが与えた掟を日常生活で実行できるように事細かに、「すべきこと」と「してはいけないこと」を決めたのです。ある人が数えると六百以上も事細かな戒めがあるとのことです。42節に「ハッカやウンコウやあらゆる野菜の十分の一は献げる」とあるのは事細かな具体例です。神さまは「土地からとれる収穫量の十分の一は穀物であれ、果実であれ、主のものである」と命じただけです。これに対して、穀物とは具体的に何を指すのか、果実は何を指すのか明らかにして、たとえば42節にあるように「ハッカやウンコウやあらゆる野菜の十分の一は献げる」と教えるのです。こうやって戒めを守ることにとても努力したのです。そして戒めを守っていることを誇りにしていたのです。43節によれば、彼らは「会堂では上席に着くこと、広場では挨拶されることを好む」とあります。人々から信仰深いと認められることを好んだというのです。自分たちは神の掟を熱心に守っていると自分を誇りに思い人々からも尊敬されることを願っていたのです。

イエス様は、

「あなたがたは外側はきれいにするが、内側が強欲と悪意で満ちている」

と批判します。行いは立派だが、心は汚れているとの意味です。イエス様はどんな気持ちだったのでしょうか。1/10の献げ物をするけど、正義の実行と神への愛はおろそかにしているとイエス様は批判しています。心にあることは態度で現れるもので、外見を立派に装っているということが分かるのです。「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る」(サムエル記上16:7)。

イエス様は言うのです。心の清さが大切なのだと。41節で

「ただ器の中にあるものを人に施せ」

とイエス様は命じます。ファリサイ派の人々は器の外側をきれいにしますが、内側は強欲と悪意に満ちているとイエス様は言われました。その中身を施せというのは意味が分かりにくいです。これは、心の中の強欲と悪意を捨てて、心に愛を宿し、人に施しをするような行いをするようにしなさいとの意味だと言われます。

ファリサイ派の人々は、掟を守って自分の清さを保とうとします。そのために神の教えを解釈し、事細かに解釈し直し、それを神の教えとして守っていたのです。これは神の教えとは言いつつも人間の教えです。本来の教えの意味を忘れ、ただ形だけ守るようになってしまいました。

その教えを守らないイエス様にファリサイ派の人たちは驚きました。しかし、イエス様を信じる者は、そのように教えを守ることによって心の清さを得ようなどとは考えません。イエス様を信じる者は、その心に聖霊が住んでくださり、心は清められていると信じます。実際、心が清められているのを経験するのです。自分の心が変わったことを知るからです。神の恵みによって、罪赦され、罪から清められていると信じるのです。そして自分の心が変えられたことを実感するのです。神の恵みによって心は清められるという教えは、ファリサイ派の人にとっては受け入れられない教えです。だから、会堂でクリスチャンが伝道をしていた時、これは違う教え、神の戒めを軽んじていると受け取り、クリスチャンを迫害しました。イエス様はどんな思いでファリサイ派の人を批判したのでしょうか。聖書には書かれていませんが、信仰というのは、違うんだ、規則を守ることとは違うんだ、という切ない気持ちだったのではないかと想像します。

私どもは神さまの恵みによって心が清められると信じます。神の教えを守って心の清さを得ようと考えるのとは、全く違います。主イエスはさらに言います。

「あなたたち律法の専門家たちも不幸だ。人に背負いきれない重荷を負わせながら、自分では指一本もその重荷に触れようとしないからだ」。

神を信じて生きるとは、日々の生活の中で、六百以上もの事細かな教えを守らなければいけないんです、と言われたら、人はどう感じるのでしょうか。信仰に生きるとは、負いきれない重荷を背負うことだと考えざるを得ません。人はそんな信仰に入りたいとは思わないでしょう。そういう信仰を押しつけているとイエス様は批判されたのです。

キリストを信じる信仰は、「しなければならない」という束縛から自由にされた世界に生きることです。神の教えは守らなければいけない、守る努力をしなければならない、そういう重苦しさは信仰とは関係がない、とイエス様はおっしゃるのです。

信仰とは、神の教えを守ることではありません。ファリサイ派の人にとっては、神の教えを守ることがすべてでした。守ってこそ、神の喜ばれる信仰者と考え、その努力をし、努力できる自分を誇りに思っていたのです。信仰とは、神の教えを守ることではありません。信仰とは、生ける神との交わりに生きることです。神様は目に見えないし、手で触れたり感じたりすることができないので、神との交わりに生きるといってもわかりにくいかも知れません。人は結婚すれば、一緒に生活をし、お互いに関わり合って生きていきます。人と人とが関わる、人格を持った者たちが関わって生きていくように、人は神と関わりを持って生きていく、それが信仰なのです。だからイエス様がファリサイ派の人たちの信仰に対する熱心さが間違った方向に行っているのを残念に思われているのです。

キリストを信じる人は神の教えを守らないのか、と問われたら、神の教えは守りますと応えます。神の教えを守る時の心、気持ちが違うのです。神の教えは守らなければならないから守るのではなく、喜んで守りたいという自由な心から守るのです。聖霊が与える自由な心、罪から清められた心が、神の御心を大切に考え、神に従うのです。ここには自由と神に対する従順があるのです。ファリサイ派の教えとキリストの教えは、何と大きな隔たりのあることでしょう。

さらにイエス様は批判を続けます。47節。

「あなたたちは不幸だ。自分の先祖が殺した預言者たちの墓を建てているからだ」。

預言者というのは、神に派遣されて、神の御心を人々に伝える人です。どのような時に預言者が登場するかというと、一つには、神の民であるイスラエルの民が、神に背いた時です。神は預言者を派遣し、イスラエルの人々に心を改めるように促すのです。イスラエルの民の歩みを預言者は批判するのです。イスラエルの民はしばしば預言者を迫害し、殺すのです。旧約聖書に、エレミヤという預言者の苦難が書かれています。殺された預言者の墓を建てているとイエス様は批判しました。普通なら、預言者の墓を建てるとは、預言者の働きを尊び、記念として墓を建てるわけですが、イエス様は、あなたがたは預言者の墓を建て、預言者を殺した人と同じだというのです。これはわかりにくいイエス様の言葉です。イエス様は、ファリサイ派の人々に向かって、あなたたちも神から遣わされた者を迫害し、殺そうとしていると述べたのです。

ファリサイ派の人々は、事細かな教えを守ることに努力はしますが、神の御心からはどんなに離れていたことか。神を信じるといいながら、神から離れているファリサイ派の人のことをイエス様は、不幸だ、と宣言されました。イエス様が迫害されて殺されただけではありません。使徒パウロは、福音を伝えるべく町に入ると、その町にある会堂でイエス様のことを宣べ伝えますが、やがてユダヤ人から、迫害されます。49節に、「わたしは預言者や使徒たちを遣わすが、人々はその中のあるものを殺し、ある者を迫害する」とあります。その通りのことが起きているのです。

信仰にとって大切なことは何でしょうか。それは神に聞くことです。しかも聞いた言葉が神から来ているかどうかを識別する心を持つことです。信仰に熱心だったかも知れませんが、ファリサイ派の人々は、イエス様を通して神が語られているのに、それを見分けることができませんでした。そして自分の信仰はこれで良いのだ、と頑なに、自分の信仰に固執したのです。

最初のクリスチャンは、イエス様とファリサイ派の対立を思い起こしつつ、自分たちの信仰はどういうものであるかを確認していったのです。イエス様を信じると信仰とは、戒めは一生懸命守り、信仰深そうな信仰者を装うことではない。心から出てくる行いを見ると、信仰深そうにみえるけどそれは外面だけだとばれてしまうような偽善者と言われてしまうような信仰、それはイエス様を信じる信仰とは違う。信仰は何よりも神との交わりに生きることだ、神の恵みとして聖霊が私たちの心のうちに住んでくださり、心が清められ、神様の心を大切に思う心が与えられ、喜んで神様に従う、これがキリストを信じる信仰だ、この確信に満ちていたのです。このことを明確にするために、ファリサイ派批判の記事が聖書にあるのです。私どもは、心が清められ、神の御心を喜んで行う心が恵みとして与えられる、これを信じているのです。

祈り
天の父なる神。 あなたが恵みをもって私どもの心を清めてくださったことを信じます。 あなたの霊によって、常に私どもの心を新たにしてください。 人の目に見える行いを飾るのではなく、 清い心から行いが生まれてくるようにしてください。 常にあなたの声を聞き、こころの羅針盤とすることができますように導いてください。 心を頑なにせず、あなたの導きを心を開いて受けとめることができまうように。自分に向けられた批判も謙遜に受けとめることができますように。 イエス・キリストの御名により祈ります。