私たちには、目が二つあります。顔にある目は一つと数えますよ。もう一つの目がなんだと思いますか。心の目です。心の目は、実は顔にある目では見えないものを見る目です。あなたの友達が泣いていたとします。顔にある目は、泣いている姿を見ます。心の目は、悲しいことが何かあったのだろうか、それはなんだろうか、と見ます。心の目で友達を見ているからですね。

 今日の聖書にこう書かれていました。

「あなたの体のともしびは目である」。

わかりにくい言葉ですね。大人だってすぐには理解できません。なぜ、こんな言い方をイエス様はなさるのでしょうか。むずかしいな、分からないな、もうイエス様の話は聞くのをやめようとあなたは思いますか。むずかしいな、分からないな、でもイエス様は何を言いたいのだろうか、分かるためにもう少し、聞こうとあなたは思いますか。イエス様は、自分の話を本当に聞いて欲しいという人にお話しなさろうとしているのです。

 あなたの体のともしびは目である。「あなたの体」というのは、あなたのことです。ともしびというのは、わかりやすく言えばろうそくのことです。教会では12月24日のクリスマスイブに夜礼拝をします。その時は、電気をすべて消して、ろうそくの火をつけます。暗くても、ろうそくの火のおかげで、周りが見えるようになります。「あなたのからだのともしびは目です」というのは目があるおかげで色々なものが見えますという意味です。目があるおかげで色々なことが分かるという意味です。

 次に聖書にはこう書かれています。

「目が澄んでいれば、あなたの全身が明るい」。

目が澄んでいるというのは、目が良くて、よく見えるということです。そうするとあなたの体全体が明るいというのです。これは、私たちの体がぴかぴか光るということではありません。体が明るいということは、あなたの心がいつも元気だということです。あなたの心はうれしい気持ちでいっぱいでいつも喜んでいるということです。目がよく見えると、何が見えるのでしょうか。神様のことが分かるということなんです。神様を信じることができるということなのです。心の目で、あなたは神様を見ることができるのです。そうすると、あなたの心はうれしい気持ちでいっぱいでいつも喜んでいるということです。

 聖書にイスラエル人が登場します。イスラエルの人たちは昔、エジプトの国で奴隷で辛い生活をしていました。エジプトの王様のために毎日毎日働きます。休みの日はありません。お休みの日に遊びに行くというようなことはありません。エジプトの王様のために、町を作ったり、ピラミッドのようなものを作ったり、それはそれは、辛くて苦しい生活をしていたのです。そこでイスラエルの人々は、この苦しさから救ってくださいと神様に頼んだのです。すると神様は、モーセさんを選び、リーダーにしました。神様は色々な不思議な出来事を行って、イスラエルの人々を助けました。

 神様はイスラエルの人をエジプトの国から、自由に生きるところに連れて行こうとしました。そこに行くまで、旅をしなければなりませんでした。昔のことですから、何日も何日も歩いての旅です。そこに着くまで、困ったことが繰り返し起きました。食べ物がなくなったり、飲み水がなくなったり、敵が責めてきたり。でも、いつも神様は助けてくれました。モーセさんが杖で岩をたたくと水が出てきたり、イスラエルの人が朝目を覚ますと、マナという食べ物が地面に落ちていて、それを拾って食べることができました。

 でも、イスラエルの人たちは目がよく見えませんでした。目と言っても、それは心の目です。困ったことが起きるとすぐ、モーセさんに文句を言うんです。困ったことが起きたら、そうだ、神様に助けてもらおうと言わないんです。心の目がくもっているので、神様が見えないんですね。神様が助けてくれた時、神様、ありがとうって祈っていれば、心の目は見え続けたと思うんです。ありがとう、と言わないので、助けてくれて当たり前と思っていたのです。神様が分かるのは、心の目がよく見えるからです。

 イエス様のお弟子さんたちも、心の目が見えませんでした。イエス様は十字架で死んで、三日目によみがえりました。二人のお弟子さんが、イエス様死んじゃったと悲しみ、イエス様がいないのなら、自分の家に帰り、そこでお仕事をしようと思い、エルサレムの町から、自分の村に向かって歩いていました。その時、イエス様が近寄ってきましたが、イエス様だと分かりませんでした。エルサレムの町にいた時、女の人たちが、イエス様はよみがえったと話したのです。でも、そんなこと、ありっこない、といって、信じなかったのです。だから、イエス様が目の前に来ても、イエス様だとわからなかったのです。

 「目が澄んでいるとあなたの全身は明るい」。目が澄んでいる、つまり心の目がちゃんと見えると、神様のことがよく分かるんです。神様のことが分かるとどうなるのでしょうか。自分が何をするために生まれてきたのかが分かります。自分が大切な存在であり、自分が価値ある人間であることが分かります。自分は欠点もあるし、悪い心もありますが、あなたは大切な存在だよ、と言ってくれる神様がいることが分かり、自分が好きになります。また自分が神様に愛されていることが分かります。あなたの心に喜びがいっぱいになります。あなたの心は希望でいっぱいになります。あなたの心は、「ありがとう」という感謝でいっぱいになります。あなたの体がぴかぴか光るわけではありませんが、あなたの体、つまりあなたは明るくなります。あなたの顔はとても明るい表情になります。

 そこでイエス様はさらに教えられます。「あなたの中にある光が消えていないか調べなさい」。心の目がちゃんを見えるようになっているかどうか調べなさいというのです。心の目が見えないと、心の中に、不満とか、心配とか、人に対する悪口とかが生まれてくるのです。もし心がそんな状態になったら気をつけなさいというのです。

 心の目が見えるように、つまり神様のことが分かるようになりなさい、イエス様を信じなさいと、イエス様はおっしゃっているのです。神様を信じない人が沢山います。心の目がくもっているのです。心の目は、聖書にどんなことが書かれているのかを教会で聞くことによって見えるようになっていくのです。心の目が見えれば見えるほど私たちの心は、明るくなっていくんです。喜びや希望で心がふくらみ、生きていくことがうれしくなるんです。聖書の話を聞き、イエス様を信じる時、心の目がよく見えるようになります。教会で聖書の話を聞いて、うれしくなったことがあるでしょう。神様が、あなたを助け、イエス様を信じるように導いてくださいます。「神様、イエス様を信じさせてください」という祈りは心の目が見えるようになるために大切な祈りです。お祈りします。

祈り
天の父なる神様、 私たちの心の目がよく見えるようにしてください。 そして目では見えることができない、大切なものが心の目で見ることができるようにしてください。特に神様のことが分かるようにしてください。 神様が私たちを愛してくださり、私たちのことをとても大切に思ってくださり、私たちを守り、導いてくださっていることを知ることができるようにしてください。 イエス・キリストの御名によって祈ります。