先週、「震災、津波、原発事故を経験して」と題する講演を聞きました。これは福島第一バプテスト教会佐藤彰牧師による講演でした。佐藤牧師は、数十名の教会員と共に避難生活をされました。福島、山形、そして東京の奥多摩に避難生活を続けられました。信徒の友にも、この教会のことが記事になっていました。その話を聞いて印象に残ったことがあります。ペトロの手紙の一4:12にこう書かれています。

「愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。むしろキリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい」。

試練とも言うべき被災に直面します。そして聖書は、思いがけないことが生じたかのように驚き怪しむな、むしろ喜べと言うのです。佐藤牧師は、この聖書の言葉は真実な言葉だというのです。

「試練の中で聖書の言葉は説明なしに理解できた」

と言われました。福島と言うだけで、「近寄るな」と冷たい言葉、仕打ちを浴びせられた。避難生活の中で、洗礼式と葬儀を繰り返した。避難生活をしなければ生きていた人が避難生活の中で亡くなった。避難生活がなければ神を信じなかった人が、避難生活の中で神を信じた。喜んでいいのか悲しんでいいのか分からない心境だった。辛い試練の中に現れる神の恵み。講演の最後で語られた言葉が心に残りました。「このような避難生活の中で、信仰者はみな一つにされたのです」。

今日は、今年度の教会の主題聖句を取り上げます。この主題聖句の意味を考て信仰の歩みをしたいと思います。1節にこう書かれています。

「神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩みなさい」。

エフェソの教会の人たちに向かって、「あなたたちは神から招かれたのです」というのです。そして招きにふさわしい歩みをしなさいとパウロは命じます。この場にいる信仰者の皆さん、皆さんには、神様に招かれて信仰を得たという認識がありますか。神様に招かれて信仰生活に入ったという意識がありますか。あなたは言われるかも知れません。「私には、そんな意識はありません。私は自分から教会に行き、信仰を持つ決断を自分でしました、だから、招かれたなどという思いはありません」。イエス様はこう言いました。「あなたがたが私を選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」(ヨハネ15:16)。私どもは選ばれて信仰者になった、招かれて信仰者になったということができます。聖書に登場する信仰者は、しばしば神に招かれています。別な表現を使うと、神は人々を召し出されるのです。神を信じて生きるように神は人を選びます。人を招きます。人を召し出すのです。創世記にアブラハムという人物が登場します。神は彼に言います。

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れてわたしが示す地に行きなさい」(創世記12:1)。

アブラハムは、神の示す地に行きなさいという神の招きを受け入れ、その招きに従ったのです。その時から、神との関わりに生きる彼の人生が始まりました。モーセという人物がいます。イスラエルの民は昔、エジプトで奴隷として苦しみの生活をしていました。そこで神がモーセに呼びかけるのです。

「私はあなたをエジプトの王のもとに遣わす。わが民、イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」(出エジプト3:10)。

モーセは神から、イスラエルの民を救い出す使命に生きるように召し出されたのです。イスラエルの民を救い出す指導者として働きなさいという神の招きを受けたのです。神の招きを受けるのは特別な人だけではありません。エジプトから脱出したイスラエル人は荒野を旅してシナイ山の麓に来ます。そこで神は彼らに言うのです。

「あなたたちは見た。わたしがエジプト人にしたこと。・・またあなたたちを鷲の翼に乗せて、わたしのもとに連れてきたことを。今、もしわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るならば、あなたたちはすべての民の間にあって、わたしの宝となる。・・あなたたちは、わたしにとって、聖なる国民となる」(出エジプト19:4〜6)。

イスラエルはエジプトにおける奴隷状態の苦しみから救い出され、神の宝の民として生きる招きを神から受けたのです。聖なる国民として生きるよう招かれたのです。聖書が伝える神は、私どもを招く神なのです。神は私どもを招き、使命を与えるのです。生きる意味、生きる目的が私どもに与えられるのです。

では、イスラエルの民はその後どのように生きたのでしょうか。神から与えられた使命にちゃんと生きたのでしょうか。残念ながら、神から与えられた使命に生きることができませんでした。彼らの歩みは、次のように言っていたも同然でした。「神様、わたしは自分の思い通りに生きていきます」。「あなたの教えは必要ありません。あなたが私どもに使命を与える?余計なことはしないでください」。彼らは、神なしに、自分のしたいように生きようとしました。聖書は神を神と認めず、神の心を考えず、自分の思いに従って生きることを罪と呼びます。罪の根本は、神を信じないことです。

すると神は預言者を送り、自分の思いをイスラエルの民に伝えさせます。「神の民として生きよ」。神は言うのです。「わたしは、恵みをもってあなたを選び、諸国の光として、あなたを形づくり、あなたを立てた」。諸国の光です。世界の人々に対して光となるのです。神を信じて生きることの幸い、大切さを知らせる光となるのです。しかしイスラエルは神の招き、神の召しに応えることに失敗しました。失敗したというより、応えようとしなかったのです。

神は救い主としてイエス様をこの世に送りました。イエス様は、私どもを罪から救うかたです。そして今日の聖書はいうのです。「神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩みなさい」。イエス様の弟子のペトロは、「わたしに従ってきなさい」とのイエス様の招きの声を聞きました。そしてその招きに従ったのです。使徒パウロ、彼は最初クリスチャンを迫害していました。彼もまた復活のイエス様に出会い、イエス様を宣べ伝える者とされました。聖書が伝える神は、信じる者たちを招く神なのです。神を信じるとは、神の招きに応えることなのです。私どもは頑ななイスラエルの民のようになりたくはありません。イスラエルの民は心を頑なにして言いました。「神様、わたしは自分の思い通りに生きていきます」。「あなたの教えは、必要ありません。あなたが私どもに使命を与える。余計なことはしないでください」。

では、神はどのような招きを与えているのでしょうか。この手紙の1章4〜5節にこう書かれています。

「天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、ご自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです」。

私どもはイエス様を救い主と信じて神の子とされます。そして神の子として生きるようにとの招きを受けているのです。この招きに応える、それが信仰に生きるということなのです。パウロは、1章18節でこう祈っています。「神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているかを悟らせてくださるように」。信仰者は神が与える希望に生きるように招かれているのです。

今日の聖書の2節以下で、神の招きにふさわしく歩むためにどうするかが教えられています。3節では、

「平和の絆で結ばれて、霊による一致を保つように努めなさい」。

私どもは、神の子として生きるように招かれ、さらには、一致を保つという目的を目指すように招かれているのです。私どもが生きているこの歴史には、神のご計画があります。それが、1章10節に書かれています。「あらゆるものが頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです」。すべてのものがキリストのもとで一つになる、これが神のご計画なのです。

私どもの世界は、一致がなく、争いに満ち、人は苦しみの中にいるのです。野田首相は、社会保障と税の一体改革のために民主党が一致することを願っています。一致できないので、苦労しています。夫婦が一致できない、親子が一致できない、それが私どもの現実です。私どもが喉から手が出るほどに欲しいもの、それは一致です。プロ野球チームが優勝した時に、「チームが一つとなったので優勝できた」と聞くことがあります。この一致は、ある意味で偶然に生まれたものです。勿論、一致してさらに努力を重ねたことは言うまでもありません。では翌年またチームが一丸となって優勝できるかというとそうでもありません。一致というのは、保つことが簡単ではないのです。お互いに足を引っ張り合うことは日常茶飯事です。神様の計画が、キリストを中心として一つになることというのは、人間の思いを超えた、素晴らしい神さまの計画です。そう思いませんか。

「一致を保つように努めなさい」とあります。「一致を造り出しなさい」というのではありません。一致を保つのです。つまり、一致はあるのです。その一致をより強固なものに、破れることのないようにしなさいというのです。

私どもの教会では、礼拝堂が雨漏りしないように防水工事をすることを教会総会で決議しました。それに必要な費用のために教会債を募ることにしました。教会員が一致して、このことのために努力しています。ある人は教会債の募集に応じ、またある人は献金をしています。ある人は祈ります。神を信じる者として、教会のために、防水工事という課題の前に一つになっているのです。一つになれるということは、一致があるということです。

教会は神様から福音を伝える使命を与えられています。また教会に集った信仰者が、信仰の生涯を全うできるように支えるという務めを教会は持っています。ここにおいても一致が求められます。残念ながら私どもは、教会のすべての働きにおいて一致しているとは言えません。一致できない破れはあります。それ故に、一致を目指しなさいというのです。この一致は、「霊による一致」とあるように、聖霊なる神が与えてくださる一致です。そのために大切なことは、「平和の絆」で結ばれることです。

エフェソ教会は、ユダヤ人とそうでない人たち、つまり異邦人と呼ばれる人々が混在していました。生活環境、宗教の環境の違う人たちが一つになることは簡単ではありません。違いを超えて「平和の絆」で結ばれる必要があります。違いを乗り越えるために必要なことがあります。2節では「一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。愛をもって互いに忍耐し」とどのような態度を取るべきかが教えられます。

一致をもたらすのは、神様です。4節では、「一つの希望にあずかるように招かれたのと同じです」とあります。5節では、「主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、神は唯一」とあります。同じ神を信じ、同じ信仰を持ち、同じ希望を持つので、一つになれるというのです。同じ神を仰ぎ、同じ神の思いに心を向けるので、一つになれるのです。神こそ、私どもを平和の絆で結び合わせるかたです。

この世の人々は、一致に憧れても、一致を得ることに困難を覚えます。一致団結を求めて努力していますが、簡単なことではありません。一致を着実に築く方法を知りません。私どもは知っています。

教会において二人または三人が心を一つにして祈る、大切な一致です。何人かが集まって聖書の素晴らしさを分かち合う、これも大切な一致です。教会の働きを共に考える長老会の一致、これも大切な一致です。教会の働きを担う、委員会のメンバーが一つになって働く、それも大切な一致です。心を開いて語り、祈り合い、支え合う信仰者の交わり、これも大切な一致です。新来会者がこの教会の礼拝に来て、また来てみたいと思ってもらえるように、心配りをみんなでする一致、これも教会にとって必要な一致です。教会の働きのために自分にできることは行おうと皆が一致できる、これも素晴らしい一致です。子供たちに福音を伝える教会学校のために祈り、また教師として共に働く、このことにおいて皆が一つになる、これも大切な一致です。東日本大震災の復興のために祈り、募金を献げる、そのために一つになる、これも大切な一致です。やりたい人がすればいい、という考えは教会にふさわしいものではありません。このような一致がある、人々が一つになる、それが教会です。この一致を生み出すように私どもは招かれているのです。

多くの人が一つになれる、これは理想ではありません。教会はキリストの体であり、私どもはその部分です。一人一人がそれぞれの働きをすることを通して、教会がキリストの働きを行うのです。

私どもが少しでも一つになることを経験したのなら、私どもはそれをこの世に伝えることができます。私どもの家庭に一致をもたらす努力ができます。職場に一致をもたらす努力ができます。私どもが祝福の源になることができます。これこそ神が私どもに願うことです。神の子として、一致を生み出すために生きるという使命、この使命に生きるよう私どもは招きを受けているのです。あなたはこれまで、神に招かれているという意識を持たなかったかも知れません。でもこれからは、神に招かれているという思いをもって生きていきませんか。あなたは神に招かれているのです。聖書によれば、信仰とは、神の招きに応えることなのです。

祈り
天の父、わたしどもに一つとなる素晴らしさを教えてください。一つとなる幸いに喜び震える者としてください。この幸いを身近なところで作り出す者としてください。分裂、対立で苦しんでいる人々が一つとなれるように祈る者としてください。父、子、聖霊なる神様ご自身が一つであるように、私どももキリストの体として一つとなることができるように祝福してください。イエス・キリストの御名により祈ります。