今日はペンテコステの礼拝です。教会の誕生日と呼ぶことのできる日です。私たちには三つの特別な日があります。イエス・キリストの誕生を記念するクリスマス、そしてイエス・キリストの復活を記念するイースタ、そして教会の誕生を記念するペンテコステの日です。ペンテコステとは、ギリシャ語で数字の50を意味します。昔イスラエルでは、春に過越の祭りと呼ばれる祭りが祝われました。これはイスラエルの民が、昔、エジプトの国で奴隷状態で辛い生活をしていた時、神様によって奴隷状態から解放されたことを覚え、祝う祭りです。この祭りから、7週間後に行われたのが、刈り入れの祭りとか、七週の祭りとか呼ばれた祭りで、小麦の収穫を祝う祭りです。イエス様は、過越の祭りの時に十字架で死に復活されました。それから七週間後、50日後の刈り入れの祭りの時に、イエス様を信じる弟子たちの上に聖霊が降りました。これがペンテコステの日の出来事でした。

ペンテコステの日に弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちは聖霊に満たされました。聖霊というのは、神です。イエス様も神です。聖書で通常神とされる神は、父なる神と呼ばれ、イエス様は神の子で、子なる神、そして聖霊なる神。この三つの神が、一つの神であるというのが聖書の教えです。今日は、聖霊なる神がテーマです。

聖霊なる神は、とても大切な働きをなさいます。神を信じさせ、私どもを信仰に導くのは聖霊なる神の働きです。信仰を持ちたいと願うなら、「信じさせてください」と聖霊様に祈ることをお勧めします。聖書が神の言葉であり、真理の言葉であると悟らせるのも聖霊なる神の働きです。そして信仰者を新たに生まれさせるのも聖霊様の働きです。さらに神の言葉を確信をもって信じて神の言葉に従って生きるようにさせるのも聖霊の働きです。聖霊の働きを受けることは、信仰生活を豊かにするために大切なことです。言い換えると、聖霊に満たされることが大切だということです。

ペンテコステの日に何が起きたのでしょうか弟子たちが一つになって集まっていました。その弟子たちの上に聖霊が降り、弟子たちは聖霊に満たされたとあります。弟子たちの上に聖霊が降る、これは神の約束でした。イエス様は言いました。

「エルサレムを離れず、父の約束されたものを待ちなさい。ヨハネは水で洗礼を授けたが、あなた方はまもなく聖霊による洗礼を授けられるからである」(使徒言行録1:4〜5)。

父の約束、即ち、父なる神の約束が実現し、弟子たちの上に聖霊が降りました。

次に弟子たちは聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、他の国々の言葉で話し出しました。これは人々を驚かせました。7節、

「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。どうして私たちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか」。

エルサレムに巡礼できていた人たちが、自分の国の言葉で弟子たちが語っているのを聞いて不思議に思ったのです。ガリラヤ出身のイエス様の弟子たちが、外国語を話せるはずがないのです。だから不思議な出来事なのです。しかも弟子たちは、神の偉大な業を語ったというのです。これは神様によって引き起こされた出来事です。弟子たちが聖霊に満たされたために起きた出来事です。しかし人々は戸惑い、驚き怪しんだのです。中には、弟子たちはぶどう酒に酔っているのだとあざける者さえいました。

この出来事は一体何を意味しているのでしょうか。神様の約束の実現でした。使徒言行録1:8にはこう書かれています。

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなた方は力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。

イエス様の弟子たちの上に聖霊が降ると彼らは、イエス・キリストの証人となるというのです。しかも力強い証人になるというのです。つまり彼らは、イエス・キリストが救い主であることを力強く宣べ伝える者になるというのです。聖霊に満たされた弟子たちが外国の言葉で神の偉大な業を語ったことは、イエス・キリストが全世界に宣べ伝えられることを意味します。ここにイエス・キリストを宣べ伝える教会が誕生したのです。

弟子たちは、かつてイエス様と生活を共にしました。聖霊を受けなくても、彼らはイエス・キリストの証人として、イエス・キリストを宣べ伝えることはできます。だから、なぜ、聖霊を受ける必要があるのかという疑問が生じます。なぜ聖霊を受け、聖霊に満たされる必要があるのでしょうか。私は牧師で、聖書をもとに説教をします。礼拝の司式者は、聖霊に導かれて説教するように、あるいは聖霊に満たされて説教をするようにと祈ります。なぜ、聖霊の導きを祈るのでしょうか。

神を信じるには、聖霊の助けが必要なのです。パウロという伝道者は、こう語っています。

「わたしの言葉も、わたしの説教も、知恵にあふれた言葉によらず、霊と力の証明によるものでした。それは、あなたがたが人の知恵によってではなく、神の力によって信じるようになるためでした」(コリント一3:4〜5)。

パウロは、知恵にあふれた説得力ある言葉で人を信仰者にしたのではない、と述べているのです。神の力によって人が信仰者となるようにしたというのです。人が神を信じるようになるのは、神の導きによるのです。

「聖霊によらなければ、だれも『イエスは主である』とは言えないのです」(コリント一12:3)

とあるように、聖霊なる神が、人を信仰者にするのです。ある人がこう言ったとします。「私はイエス・キリストを信じたいのですが、復活がどうしても信じられません」。私は答えます。「『信じさせてください』と祈りなさい」。どんなに言葉を尽くして説明しても、信じさせることはできません。人の心を変えるのは神です。神が信じさせるのです。信じさせるのが聖霊なる神なのです。

また神を伝えるには、聖霊の導きが必要なのです。今、信じるには聖霊の働きが必要だと言いました。実は、神様のことを伝える者が聖霊に導かれることが大切です。大切というか、聖霊の導きなしに、神様を伝えることはできません。ペンテコステの日、聖霊に満たされて、弟子たちは神のみ業を人々に語りました。弟子の筆頭格のペトロは、聖霊に満たされ、人々にイエス・キリストを宣べ伝えました。すると沢山の人が信じました。イエス様を信じる人が沢山いるのを見てねたみを起こした宗教指導者たちはペトロを捕らえ、説教するなと脅しました。するとペトロは祈るのです(使徒言行録4:29〜30)。

「主よ、今こそ彼らの脅しに目を留め、あなたの僕たちが、思い切って大胆に御言葉を語ることができるようにしてください。どうか御手を伸ばし、聖なるしもべイエスの名によって病気が癒やされ、しるしと不思議な業が行われるようにしてください」。

すると弟子たちは、聖霊に満たされて大胆に神の言葉を語り出しました。聖霊に満たされて語る時、その言葉に力があるのです。

私が牧師となって赴任した教会は、三重県の鳥羽教会でした。夏、地区の中高生のキャンプがあり、奉仕をしました。終わってしばらくして、そこに参加した他の教会の教会員の方から本が届きました。

「あなたの説教には力がありません。是非、聖霊のバプテスマを受けてください」

と手紙が添えられていました。送られた本の題名は「聖霊のバプテスマ」です。説教で力ある言葉を語るためには、聖霊の導きが必要なのです。聖書の言葉が、神の言葉であることを証しできる力ある言葉を語るためには、聖霊の導き、聖霊に満たされることが必要なのです。聖書が真理であるとの悟りを得なければ、聖書を教えることはできても、真理の言葉を伝えることはできないのです。

聖霊なる神は、信じる者の心を照らす働きをします。パウロはこう語っています。「『闇から光が輝き出でよ』と命じられた神は、私たちの心の内に輝いて、イエス・キリストのみ顔に輝く神の栄光を悟る光を与えてくださいました」(コリントに4:6)。十字架につけられたイエス様はみじめな姿をしていました。そのイエス様の顔に救い主としての栄光の輝きを見ることができるのは、神が私たちの心を照らしてくださったからだというのです。聖霊なる神は、信じる者の心を照らす働きをします。その結果、聖書の言葉が神の言葉であると悟ります。悟ってこそ、聖書を神の言葉として、説教できます。聖霊の働きがなければ、聖書を教えることはできても神の言葉として伝えることができないのです。聖霊は真理の霊とも呼ばれ、聖書を真理の言葉と悟らせるのです。

「あなたの話す言葉に力がありません」と言われて私は、何と生意気なことを言う人だと反感を感じました。まだ謙遜に批判を受けとめることができませんでした。しかし、送られた本は読みました。その時から、私は聖霊なる神について学びをするようになりました。色々な本を読みました。聖書を読み、祈り求めました。聖霊について教えてくれる人がいなかったので、神様に導きを求めるしかありませんでした。神様は導いてくださいました。聖書に書いてあるとおり、私のうちに聖霊様が住んでおられ、聖書が神の言葉であるとの悟りを与えられました。それ以来、確信をもって説教ができるようになりました。

でも大事なことは、聖書を真理の言葉と悟り、聖書の言葉によって生きるようになることです。皆さんにとって一番確かなものはなんですか。何にもまさって信頼できるもの、最も支えにできるものはなんですか。自分ですか。自分の考えですか。私にとってそれは、神の言葉です。聖書が語るとおりです。「人は皆、草のようで、その華やかさは、すべて草のようだ。草は枯れ、花は散る。しかし主の言葉は、永遠に変わることがない」(ペトロ一24〜25)。

人間の心は変わりやすく、人は当てになりません。人を頼れば裏切られることもあります。だから人は、信じられるのは自分だけと言ったりします。人の考えがいくら正しく見えても、やがて別な考えに取って代わられます。人々は流行の思想、発想、方法を追いかけますが、それらは一時的なものです。神の言葉こそ、本当に確かで信頼に足るものです。この悟りは聖霊の導きと感謝をもって受けとめています。

パウロは、エフェソの信徒への手紙の中で、「聖霊に満たされなさい」と述べています」(エフェソ5:18)。あるいは「聖霊を悲しませてはいけません」(同4:30)あるいはテサロニケの信徒への手紙では、「霊の火を消してはいけません」と警告しています。聖霊なる神は、私たちが、聖霊に満たされることを願っているのです。これを願わないこと、これは聖霊様を悲しませることになります。

聖書には聖霊に満たされた人として紹介される人がいます。ステファノ。彼は「信仰と聖霊に満ちている人」(使徒6:5)です。アナニアという人はパウロのために祈りました。「聖霊で満たされるように」。バルナバ。「立派な人物で、聖霊と信仰とに満ちていた」(使徒11:24)。聖霊に満たされている人とはどんな人を言うのでしょうか。それは神様にすべてをゆだねている人です。生活のすべての面で神様にゆだねている人です。神様にゆだねるというのは別の言い方をすると、神様の言葉を頼りにするということです。神様にゆだねればゆだねるほど、私どもは聖霊に満たされていくのです。神様の言葉こそ、私どもを幸いにしてくれます。イエス様は言いました。「幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である」。神の言葉を聞き、それを守らせるのは、聖霊なる神様です。

祈りをもって聖書を読み、聖書の言葉を神の言葉と受けとめ、聖書の言葉を導きの光、あるいは導きの杖として歩むなら、私どもの心は聖霊で満たされるのです。御言葉を何ものにも妨げられずに確信し信頼できるすがすがしい気持ち、これは聖霊に満たされたしるしです。

教会が誕生した日、それは聖霊に満たされた人が誕生した日です。聖霊に導かれるところに、信仰に生きる幸いが満ちています。喜びに満たされるのも、平安に満たされるのも、聖書の言葉を真理と悟らせる聖霊のお働きです。わたしに求めなさい、と聖霊様はあなたを待っておられます。

祈り
 ペンテコステの日に聖霊が弟子たちの上に降りました。それ以来、教会は聖霊の導きによって歩んできました。私どももまた聖霊に満たされてることを求め、真理に根ざして歩むことができるように導いてください。私どもに信仰を与え、聖書を悟らせる聖霊なる神様を心からたたえます。イエス・キリストの御名により祈ります。