私は、クリスチャンの家庭で生まれたわけではありません。家庭には誰もクリスチャンはいませんでした。そして若い日に教会に行きました。礼拝に出席している内に、イエス様が復活したということを聞きました。復活、信じられないな、と思いました。信仰に入るための一つの壁だと感じました。不思議なことに、神を信じることができるように導かれた時、復活も信じました。でもそれは、神が引き起こされる奇跡の一つとして復活を信じたに過ぎなかったのです。復活にどんな意味、意義があるのか分かっていませんでした。しかし、復活を信じることができるだけでうれしかったのです。牧師となり聖書を読む中で、イエス様の復活の意義を理解した時、単なる奇跡の一つとしてではなく、とてつもない神の恵みが秘められたものであることがわかりました。

36節。「こういうことを話していると」。イエス様の弟子たちが何を話していたかというと、イエス様が復活したらしいと話していたのです。34節。「本当に主は復活して、シモンに現れた」と話しているのです。35節。別の二人は、「道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった次第を話した」とあります。主イエスの復活が話題になっていたのです。皆さんの中にも、教会の礼拝に出席し、イエス様の復活を聞き、戸惑った方もおられるのではないでしょうか。「信じられないよ」とか「これを信じるにはどうしたらいいんだ」とか「こんなこと信じられるか」と礼拝に行くのをやめようと思ったり、「もう少し様子を見よう」と考えたことがあるかもしれません。

イエス様は十字架で処刑されて死んだのです。墓に葬られたのです。主が復活したと言われても、にわかには信じがたいのです。そこに突然、イエス様が姿を現すのです。それだけではなく、「あなたがたに平和があるように」と挨拶をするのです。

誰もいないと思っていたのに自分のすぐ近くに人がいることに気づくと私どもは驚きます。自分の知らない間に人が近づく、これは不気味です。イエス様が突然現れ、自分たちの間に立って語りかけるのを聞いた弟子たちは驚きました。しかも現れたのが、イエス様なのです。十字架の上で死んだはずなのに、その人が目の前にいるのです。弟子たちは亡霊を見ているのではないか、と思いました。いるはずのない人が、しかも死んだ人がいるのですから、幽霊、亡霊と思っても不思議ではありません。

イエス様は、言います。38節。

「なぜうろたえているのか、どうして心に疑いを起こすのか」。

イエス様からすると、苦しみを受けて死に、三日目に復活することは既に弟子たちに告げていたことなのです。だから、復活したイエス様に会った時、弟子たちが恐れ、うろたえ、疑いを起こしたことは、弟子たちが何も理解していないようにイエス様には思えたのです。だからイエス様は弟子たちを咎めたのです。そして39節。

「わたしの手や足を見なさい」

と命じます手には、イエス様が十字架につけられた時に打たれた釘の跡があります。ですから、手の傷跡を見れば、目の前にいる人がイエス様であることが分かります。さらに「触ってよく見なさい」と言って弟子たちに触らせます。亡霊ではなく、まさしく肉体を持ったイエスであることを分からせようとします。さらには焼いた魚の一切れを食べ、ご自分がまさしくイエス様であり、十字架の上で死んだが、復活して生きていることを示されたのです。

44節。そしてイエス様は言います。

「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなた方と一緒にいた頃、言っておいたことである」。

イエス様は、3回、ご自分が苦しみを受け、死者の中から三日目に復活されることを弟子たちに話していたのです。ルカ9:21で、イエス様はこう述べています。人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている」。あるいはルカ18:31〜33で、イエス様はこう述べています。

「人の子について預言者たちが書いたことはみな実現する。人の子は異邦人に引き渡されて、侮辱され、乱暴な仕打ちを受け、つばをかけられる。彼らは人の子を、むち打ってから殺す。そして人の子は三日目に復活する」。

イエス様が話をされた時弟子たちは、それがどういうことなのか理解できませんでした。こわくてイエス様に質問できませんでした。でもようやく今、弟子たちは分かったのです。イエス様が十字架で死に、三日目に復活することはイエス様が前もって話されたことであり、それが今や実現したのだと分かったのです。

45節。イエス様は、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いたとあります。その結果、弟子たちは、メシアが苦しみを受け、三日目に死者の中から復活すると聖書に書いてあることは真実であったと悟るのです。でもメシアの死が何を意味しいているのか、メシアの復活にはどんな意味があるのか、弟子たちにはまだ分かりません。でもメシアの死と復活が、前もって聖書に書かれていたこと、言い換えると、これが神の計画であり、それが今、実現したことを弟子たちは悟るのです。

ところで「聖書を悟る」、これはどういうことなのでしょうか。私どもは、「聖書を悟る」というような言い方はあまりしません。聖書を読むとか、聖書を学ぶとか言いますが、「悟る」という言葉は使いません。悟ると訳されたギリシャ語は「理解する」と訳されますが、この言葉が用いられる時、否定形で使われることが多いです。弟子たちは理解できない、という形で用いられるのです。この言葉には、ただ理解するだけではなく、見抜く、洞察するという意味があるように思います。イエス様が、弟子たちの心の目を開けることによって聖書を悟るというのです。悟るとは、ああそうなのか、と分かることですね。それは努力して分かると言うより、気づきが与えられて分かるということです。では何が分かるのでしょうか。

弟子たちはここで何が分かったのでしょうか。神様は計画を持っておられるということを悟ったのです。イエス様はメシアとして神の計画をご存じであり、ご自分が苦しみを受けて死ぬこと、そして三日目に復活することを自分たちに前もって話してくださったことを分かったのです。聖書には神の計画が書かれており、神の計画が実現したことが書かれていると悟ったのです。メシアの死と復活、これも神の計画であったと悟ったのです。神を信じるとは、神の計画を信じることだと悟ったのです。さらに突き詰めると、自分はこの神の計画と無関係に生きることはできないと悟ったのです。ただこの時点では、弟子たちはメシアの死と復活にどんな意味があるのかわかっていません。

イエス様はさらに話を進めます。罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。このことも聖書に、つまり旧約聖書に書かれているというのですが、どこに書かれているのか、探し当てるのは簡単ではありません。文字通り、そのまま書かれている箇所はありません。イエス様が旧約聖書のどこかの箇所を引用して弟子たちに話されたかも知れません。でもそれは書かれていません。ですから、私どもは旧約聖書のどこに書かれているのかと探します。メシアの三日目の復活にしても、そのまま書かれている箇所はありません。旧約聖書のどこに、三日目の復活が書かれているのかと質問されたら、困ります。

使徒言行録を読むと、ペトロはイエス様の復活について説教する時、詩篇16:10を引用します。そこにはこう書かれています。

「あなたはわたしの魂を陰府に渡すことなく、あなたの慈しみの生きる者に墓穴を見させず」。

陰府にとどまることがない、墓穴を見ない、という言葉を引用して、だから、イエス様は復活したのですとペトロは説教しました。弟子たちも旧約聖書を読み、復活を語っていると思われる聖書の箇所を探したのだと思います。

罪の赦しを得させる悔い改めがすべての国の人々に宣べ伝えられるというのも、直接的に聖書に書かれているわけではありません。たとえばイザヤ書49章6節。

「わたしはあなたを国々の光とし、わたしの救いを地の果てにまで、もたらす者とする」。

「あなた」はメシア、救い主を意味します。神は、メシアを国々の光とし、メシアを通して、地の果てにまで救いをもたらすというのです。このイザヤの言葉は、罪の赦しを得させる悔い改めがすべての国に宣べ伝えられることと結びつくと受けとめることができます。

そしてイエス様は、弟子たちはこれらのことの証人になると告げます。弟子たちは、イエスの死と復活、そしてイエス様が救い主であることを宣べ伝える者となるというのです。しかしこの時点で、弟子たちはまだ、イエス様の死と復活が何を意味しているのか、どんな救いをもたらすのか、理解していません。それなのに宣べ伝える?「そんなの無理です」と弟子たちが言っても当たり前です。自分が分かっていないことを人に伝える、そんなことはできません。

そこでイエス様は言います。49節。父が約束されたものをあなたがたに送るとあります。これはそれに続いて言われていること、つまり高いところからの力に覆われることを指します。これは弟子たちが神の力をいただき、神の力に満たされることを意味します。この力に満たされて弟子たちは、イエス様を救い主、メシア、キリストと宣べ伝えるようになるというのです。そこで、今しばらく都にとどまり、聖霊を受け取るのを待ちなさいと命じられます。

弟子たちからすれば、意味の分からないことをイエス様が話しているように思えるのです。イエス様は死んで復活したと伝えることはできるかも知れない。しかし、それがなんなのだ、と問われたら、答えることができません。おまけに高いところからの力に覆われる?意味が分かりません。以前、イエス様が苦しんで死に三日目によみがえると言われた時と同じです意味が分かりません。でもあの時の弟子と今の弟子は違います。ここには神の計画がある、今はそう信じて、高いところからの力に覆われることを待ち望むことができるのです。

高いところからの力、それは聖霊のことです。聖霊は、神です。単なる力、エネルギーのようなものではありません。聖霊こそ、聖書を悟らせてくださる方です。弟子たちはやがて聖霊を受け、聖書に基づき、イエス様こそ神が送られた救い主であることを宣べ伝えていきます。さらに、聖霊により、イエスの死と復活が何をもたらすのか、その意味を知ることとなります。でも今は、聖霊を受けることの期待が弟子たちの心に芽生え、それが大きくなっていくのです。聖霊なる神に対する期待、これを私どもも学びたいと思います。

聖霊を受けた弟子たちはやがて、イエス様の復活に秘められた大いなる恵みに気づきます。それ故、大胆にイエス様を宣べ伝えることになります。最初に申し上げましたが、私もイエス様の復活に秘められた大いなる恵みを知り、この恵みに生かされることを喜び、これを伝えたいと願い、また伝えてきました。聖霊なる神が働く時、信仰の世界が開かれていくのです。神を信じて生きる世界が開かれていくのです。このことに期待して、弟子たちは、聖霊が与えられるのを祈りつつ待ち望みました。

私どもは、待つ必要はありません。イエス様を信じ、洗礼を受けた者は賜物として聖霊を受けています。聖霊なる神は、私どものうちに住んでおられます。この聖霊の大切な働きは聖書を悟らせることにあります。「真理の霊が来ると、あなた方を導いて真理を悟らせる」(ヨハネ16:13)。聖書が真理であると悟った時、何が起きるのでしょうか。私どももまた神の計画の中に生かされていることが分かるのです。神の計画に用いられるために生かされていることが分かるのです。信仰の世界が開かれていくのです。神を信じて生きる世界が開かれていくのです。

祈り
救いの計画を定め、一つ一つを実行し、私どもを救いに導かれる神様、あなたを崇めます。あなたのみ心に従いイエス様は十字架で死を遂げ、三日目に復活されました。そしてイエス様を救い主と宣べ伝える働きが今日まで続けてこられました。 聖霊を受けた弟子たちは聖書を悟り、聖書からあなたのみ心を知り、福音を宣べ伝え、教会を築いてきました。私どももまた聖霊の導きにより聖書を悟り、真理の言葉として受けとめることができるように導いてください。既に聖霊様が私どものうちに住んでおられることを感謝します。聖霊のお働きを祈り求めつつ聖書を読み、あなたのみ心を知って生きることができるように導いてください。ここに集うすべての人が真理を知ることができますように。