人はだれでも幸せになりたいと願っていると思います。どうすれば幸せになれるのでしょうか。聖書を読むと「幸せ」という言葉はなく、「幸い」という言葉が多く使われています。神が与える幸せと人間が自分で獲得する幸せを区別しているのかも知れません。神が与える幸せを「幸い」と呼んでいるように思います。今日の聖書では、27節、群集の中から一人の女性が声高らかに言います。

「何と幸いなことでしょう。あなたを宿した胎、あなたが吸った乳房は」。

悪霊を追い出しているイエス様の働きの素晴らしさに感動しての言葉です。悪霊を追い出し、人々を救う、そのような素晴らしい働きをする人を自分の子供とする人は何と幸いな人でしょう、とこの女性は声高らかに言ったのです。

しかしイエス様は、彼女の言葉を打ち消すように言います。

「むしろ幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である」。

私どもは、幸せになるために、何をしたらいいのか。何を手に入れればいいのか、どういう状態になればいいのか、と考える傾向があります。家族が皆健康で元気であれば幸せと考える人は多いと思います。趣味に生きることができれば幸せ、と考える人も多いと思います。自分の家があり、自由に過ごせれば幸せという人もいるでしょう。なすべき仕事があるそれが幸せと考える人もいるでしょう。

イエス様は、私どもと全く違う考えを持っておられます。私どもがどういう人であるか、それが幸せであるかどうかを決めるというのです。ルカ福音書の6章には、こんな表現があります。「貧しい人は幸いである」。「今飢えている人は幸いである」。「今、泣いている人は幸いである」。これらの言葉は、私どもの常識に反するように思えますから、説明が必要となりますが、どういう人が幸いかを語っています。そして今日の聖書では、「神の言葉を聞き、守る人」が幸いな人だというのです。これならだれでも幸いな人になることができると言えるのではないでしょうか。

それでは神の言葉とは一体何なのでしょうか。今日のルカ福音書では、イエス様の言葉と言い換えることもできます。イエス様は神ですから、イエス様の言葉は神の言葉となります。私どもは、聖書を神の言葉と言うこともあります。神の言葉とはそもそも何なのでしょうか。神様が語られる言葉のことです。聖書を読むと、神様は、アブラハム、モーセに語っています。神様に語りかけられた人、神様に語りかけた人が何人もいます。聖書が伝える神は、人間に語りかける神なのです。この神様の語る言葉を聞いて、それを守る人が幸いなのだとイエス様は教えられました。

直接神から語りかけられる人は実は多くはなく、多くの人は間接的に神の語りかけを聞くのです。つまり仲介者がいるのです。モーセは神の言葉を直接神から聞き、それをイスラエルの民に伝えました。モーセは、イスラエルの民にとっては仲介者です。イエス様が話すのを聞いた人にとっては、イエス様が神の言葉を語る仲介者です。私どもも仲介者を通して神の語りかけを聞くのです。たとえば説教は説教者が語るものですが、説教者を通して神の語りかけを聞くと私どもは考えます。説教者を通して神は語られると信じるのです。あるいは、聖書もまた神の言葉を仲介するものです。私どもは聖書を読み、神の語りかけを聞きます。神を信じるとは、神が、私どもに語りかける神であることを信じることです。信仰生活とは、神の語りかけを聞きつつ生きることと言うことができます。

説教は人が語るものであり、聖書も人間の言葉で書かれたものです。どうしたら、聞いたことが神の言葉だと分かるのでしょうか。どうしたら、読んだ聖書の言葉が、神の言葉だと分かるのでしょうか。ファリサイ派、律法学者と呼ばれる人は、イエス様の語る言葉を神の言葉とは信じませんでした。

創世記12章によれば、神はアブラハムに言われました。「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて私が示す地に行きなさい」。聖書を読む私どもは、「神が言われた」とあるので、神がアブラハムに語りかけたことが分かります。でもアブラハムは、自分の聞いた言葉が神の語りかけた言葉だとどうして分かったのでしょうか。私どもにその理由は分かりません。分かるのは、アブラハムが神の言葉と受けとめたということです。神の言葉だと信じたということです。

礼拝説教を聞いていて、説教者の語る声が、神の語りかけにふさわしいような響きを持っているわけではありません。神の語りかけと思えるような権威がいつもあるとは限りません。神の言葉として聞こえてくるわけでもありません。なぜ神の言葉だと分かるのでしょうか。なぜ、神の言葉だと信じることができるのでしょうか。第一に、神様が信じさせてくださるからです。第二に、神の言葉と信じて聞くからです。神の言葉と信じて聞くことを通して、さらに神様が信じさせてくださる中で、私どもは神の言葉を聞くのです。

そうはいっても、牧師の説教は、信仰の話かも知れないけど、感動するわけでもないし、知っていることが話されるし、神の言葉と受けとめようにも、人間の言葉にしか聞こえない、そういうこともあるでしょう。だから、私どもは、説教者のために祈るのです。祈りをもって聞くのです。イエス様は救い主として世に来られました。イザヤ書53章には、イエス様のことがこのように言われています。「見るべき面影はなく、輝かしい風格も、好ましい容姿もない」。救い主らしい姿をしていないというのですね。イエス様は最後には十字架で処刑されるのですから、救い主とはとうてい思えない姿をさらしたわけですね。この方が救い主と私どもは信じます。神の語りかけは、直接聞こえません。仲介者を通して聞くのです。神の語りかけらしく聞こえるとは限りません。信仰によって聞くのです。神の言葉を聞かせてくださいと祈って聞くのです。

とはいえ人間には、自分が聞いたことが本当に神の言葉なのか、証拠を見せて欲しいという願望があります。イエス様に対して、お前が救い主なら、しるしを見せろと要求する人がいました。イエス様は、しるしを求める人をよこしまだと言いました。しるしを見せてくれれば信じるというわけですね。しるしを求める人は信じる人ではありません。ある夫婦がいて、妻がいつも夫に私を愛しているしるしを見せて、と言ったとしましょう。しるしがなければ夫が自分を愛していると信じられない、それは夫の愛を信じていないということです。夫が自分を愛していると信じているなら、しるしを求める必要はないのです。

しるしを見せて欲しいと言われてイエス様は、ヨナのしるしの他には、しるしは与えられないと語られました。ヨナは旧約聖書のヨナ書に登場する人物です。彼は神から、ニネベという町に行き、神がこの町を滅ぼそうとしていると告げるように命じられます。ニネベの人たちは、ヨナに語った神を信じているわけではありません。でもヨナが、

「あと40日すれば、ニネベは滅びる」

と告げた時、ニネベの王がこれを聞き、民に命じるのです。

「おのおの悪の道を離れよ。そうすれば神は思い直して、怒りを静め、我々は滅びから免れるかもしれない」。

ニネベの人々はヨナに、お前が語っていることが神の言葉である証拠を見せよ、とは言いませんでした。ただ信じたのです。

でも不思議ですよね。ニネベの町の人からすれば、突然一人の外国人がやってきて、この町は滅びると言い出すのです。普通なら、おかしなことを言っている人がいると受けとめるんじゃないですか。皆さんが自動車に乗っていると、道路脇の家の壁に黒字の板に黄色の字で「神に対する罪を悔い改めよ」とか「死後さばきにあう」とか書いてあるのを見たことがあるでしょう。それを見て、神からのメッセージだと受けとめる人はほとんどいないでしょう。ああ、あれか、と見過ごします。そう思えば、ニネベの王、ニネベの人々が、ヨナの話を受けとめたことは信じがたいことと言えます。神の言葉は、人の心に訴える力を持っていて、生き方を変えるように促す力があるのです。神様は、しばしば密かな声でささやかれるのです。そこで私どもは、聞き流すことがあります。ニネベの人々は聞き流すことなく、ヨナの語る言葉を受け入れ、信じたのです。

ニネベの人はヨナが語った時、それを神の言葉と信じたのです。イエス様も言うのです。32節。「ここにヨナにまさる者がいる」ニネベの人たちがヨナの言葉を信じた。私はヨナにまさる者だから、あなたがたも私が神の言葉を語っていると信じなさい。私が救い主であると信じなさい、とイエス様は言われたのです。

さらにイエス様は、

「南の国の女王は、ソロモンの知恵を聞くために地の果てから来た」

と言います。彼女は、喜んで、進んで、ソロモンの知恵を聞くために旅をしたのです。ここにソロモンにまさるものがある。ソロモンが語る知恵よりも、すぐれた福音があり、それをイエス様が語るのです。これを神の言葉として、喜んで聞いたらどうか、とイエス様は言うのです。神様の言葉を聞いた人は思うのではないでしょうか。神様の言葉ってありがたいと。私は、ありがたいと思っています。神様の言葉を受け取れることをうれしく思います。

神様は何のために、私どもに語りかけるのでしょうか。私どもを救い、私どもを生かすためです。私どもが幸いになって欲しいからです。天の父が、神の子供たちを愛し、神の子供たちが互いに愛し合い、幸いな人生を歩んで欲しいから神は語られるのです。

私どもは、神の言葉を聞くのです。神の言葉は、恵みの言葉です。神の言葉、神の教えというとそれを守るのは窮屈だとか、守るのはむずかしいとか言って、私どもはなかなか守ろうとしないことがあります。あるいは自分は守れないと言って、言い訳をしたり、守れない自分を卑下する人がいます。神の言葉は、私どもを苦しめるものではないのです。規律の言葉ではなく、恵みの言葉なのです。神様は、神の言葉を守れない人をだめな信仰者だと言ったり、守れないのだから、といって祝福を与えないなどとは言いません。神様はしつけの厳しい親のような方ではありません「心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず、常に主を覚えてあなたの道を歩け、そうすれば主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる」(箴言3:5〜6)。あなたの進む道が幸いな道であるように、まっすぐにしてくださるのです。

私どもはイエス様を信じ、神の子供とされました。だから、神の子供らしく生きるために、神の言葉を守るのです。私どもは、神の恵みのご支配の中に生きるものです。神の恵みのもとに生きるので、神の教えを守るのです。神の言葉を守るのは、何かを得るためではありません。神の罰を恐れるからでもありません。神の恵みのもとにいるのがうれしいから、神の言葉を守るのです。神のご支配のもとにいるから、神の教えを行うのです。そして神の言葉は恵みの言葉で、私どもに幸いをもたらす言葉です。

私どもが神の教えを守れないことを責める人はいません。神様は責めません。守れないことについて言い訳や弁明をする必要もありません。神の言葉は恵みの言葉なので、守らないことが損になるのです。神の教えは、幸いな教えなのです。幸いな教えだからこそ、神の言葉を私どもは慕い求めるのです。

神の言を聞いて守る、それはむずかしくはありません。神様が「しなさい」ということはすればいいのです。神様が「してはいけない」ということはしないのです。行うのがむずかしいと思ったら、行う力を与えてくださいと祈るのです。行うのはむずかしいというあなた、行う力が与えられる経験をしたらどうなると思いますか。

さらに神様の言葉を思いめぐらすことを楽しむのです。神様の言葉が自分をどのように励ますのか、神様の言葉にどのような慰めを見いだすのか、神様の言葉は自分の歩みをどのように正してくれるのか。神様がどんな方なのかを思いめぐらすのです。すると神を信じることが幸いなことと思えてきます。幸いなのは、神の言葉を聞き、それを守る人です。神様は、私どもが幸いになる道を備えておられるのです。私は神様の言葉を聞いて歩むようになって、本当に幸いです。あなたにもこの幸いを知って欲しいです。それはあなたが信じる神様の願いです。この幸いを求めて、私どもは日々、聖書を読むのです。

祈り 私どもに語りかけ、私どもを生かしてくださる天の父、 あなたの語りかけに聞くことができますように あなたの言葉が私どもに幸いをもたらす言葉であると悟らせてください。 あなたの言葉を聞き、守るものとなり、幸いな者にしてください。 ヨナの説教を聞いた人々のように、 あなたの言葉を聞いて生きるように、私たちの心をあなたに向けさせてください。 イエス・キリストの御名により祈ります。